緋蒼村連続殺人 ――転生したら殺人事件の真っ只中――

烏川 ハル

プロローグ「事件の渦中に飛び込んで」(転生者『俺』の独白)

   

 目が覚めた時、俺は不思議な感覚だった。

 まず気づいたのは、自分が寝ていた場所の違和感だ。

 俺は、ベッドで横になっているわけではなかった。畳敷きの和室に敷かれた布団の中で、俺は眠っていたのだ。古い映画に出てくる日本人を思い出して、まるで他人事のように感じてしまう。

 そして、傍らには一人の女性が正座しており、心配そうな目で俺を見下ろしていた。俺が目覚めたのに気づくと、彼女の顔がパッと明るくなる。

「まあ! ようやく意識を取り戻したのですね!」

 見た感じ三十歳くらいだから、明らかに俺より年上だろう。『きれいなお姉さん』という感じでもなかったが、すらりとした体つきで、整った顔立ちをしている。俺は今まで、スレンダー美人よりも肉付きの良い女性に惹かれることが多かったのに、そんな俺でも、彼女は魅力的に見えた。

 まつ毛が少し長い以外、顔のパーツに特徴はない。だが、昔どこかで「日本人女性全員の顔を画像処理コンピュータグラフィックスで混ぜ合わせて、平均的な顔立ちを作り上げると『美人』になる」という話を聞いたことがある。だから、彼女のように目立った点のない人こそ『美人』と呼ぶべきなのかもしれない。

 白い清楚なブラウスが良く似合っており、洋服にも関わらず『和装美人』という雰囲気のある女性だった。


「きいちろうさん、丸三日も眠り続けていたのですよ。あんなことがあった後だけに、もう心配で心配で……。きいちろうさんが、十一人目の犠牲者になってしまうのではないかと……」

 思わず周りを見回してしまうが、俺と彼女以外、部屋には誰もいない。ならば、彼女は俺に対して『きいちろうさん』と呼びかけたのだろう。だが、俺の人生において、そのようなニックネームを使われたことは一度もなかった。誰かと間違っているのではないか、とさえ思えてしまう。

「きいちろうさん……? 誰のことです?」

 初めて彼女に向ける言葉が、これというのは、少し間抜けな気もするが……。

「あら!」

 彼女は驚いたような表情を見せた後、眉間に皺を寄せて、俺の額に手を伸ばしてきた。その温もりが、俺の肌に伝わる。それだけで、なんだか俺は心地よくなった。

「熱はないようだけど……。きいちろうさん、記憶が曖昧になっているのかしら? もしかして、私のことも、誰だかわからないのでしょうか」

 確かに、頭の中が混乱している感じだった。俺が何も言えないでいると、その様子から彼女は察したらしい。

「やっぱり……。では『きいちろうさん』ではなく『一郎さん』とお呼びすべきかもしれませんね。とにかく、私は先生を呼びにいってきます。まだ安静になさってね」

 彼女は立ち上がり、

「そうそう。机の上に、一郎さんが村に来て以来の、事件の記録がありましたね。あれを読めば、色々と記憶も蘇るのではないかしら」

 そう俺に告げてから、部屋を立ち去った。

 一人残された俺は、まだ理解に苦しんでいた。俺は『一郎』という名前でもないのだが……。

 とりあえず俺が覚えている限りでは、昨夜は友人たちとの飲み会があって、泥酔して、途中からの記憶が全くない。しかし今の女性が『丸三日も眠り続けていた』と言うからには、それは『昨夜』ではなかったのだろうか。『あんなことがあった後だけに』という言葉から考えて、飲み会の途中あるいは帰り道で、俺は事故にでもあったのだろうか。

 まあ、今一人で考えても答えは出そうにない。俺は彼女の勧めに従って、机の上の記録とやらを読もうと思って、布団から起き上がった。

 確かに、机の上には、分厚いノートのようなものがあった。その隣に置かれた手鏡も目に入ったが、それを見て、俺は愕然とする。

 鏡に映し出された顔は、俺の顔ではなかったのだから。


 その瞬間、なんとなく俺は理解した。

 自分の魂が他人の体に入っている、ということを。

 そして一度それを認めてしまうと、少しずつ、元の体の記憶も蘇ってきた。


 いつのまにか別人になる、というのは非常識な話だが、ネット小説ではお馴染みの概念だろう。

 そうした小説で一番ありふれているのは異世界転生だが、ここは別に異世界というわけでもないらしい。普通に日本だ。ただし俺にとっては、異世界のようなものかもしれない。何しろ、おぼろげに思い出してきた記憶によれば、ここは過去、それも昭和の日本なのだから。

 テレビは白黒ではなくカラーだが、まだ家庭用ビデオデッキもない時代。そんな昔の、田舎の村。平成を生きる俺にとっては、それこそ小説の中でしか知らない世界だった。

 しかも。

 自分の姿のまま転生したわけでもなく、赤ん坊からやり直すでもなく、成人男性の体に魂だけが入り込んだ状態だ。

 これも、普通の『転生』とは少し違う気がするが……。

 まあ、時間移動を描いた小説で過去へ移動する時だって、肉体を伴って過去へ行く場合――狭義の時間移動タイムトラベル――と、過去の自分に意識だけが入り込む場合――時間跳躍タイムリープ――と、両方あったはず。だから、この後者のような形で、魂だけが転生しても構わないのだろう。

 そもそも異世界ではなく過去への転生なのだから、ある意味「転生した」というより「時間跳躍タイムリープした」という方が近いのかもしれない。だが別人になっている以上、俺としては、やはり「転生した」という表現の方が相応しく感じるのだった。


 元の体――『きいちろうさん』あるいは『一郎さん』と呼ばれる人物――の記憶が少しずつ蘇ってきたといっても、まだまだ虫食い状態でツギハギだらけの記憶だった。

 はっきりしているのは、この村はクローズド・サークルのような閉鎖環境にあって、連続殺人事件の真っ最中だということ。

 そして、もう一つ。その『きいちろうさん』は、事件の過程で、一人の女性に恋をしたということ。

 その惚れた相手こそが、先ほど俺の横に座っていた女性だった。

 どうやら、この殺人事件によって、彼女の命も脅かされていたらしい。『きいちろうさん』は、そんな彼女を守りたいと思ったらしい。

 ならば。

 今や『きいちろうさん』となってしまったこの俺が、代わりに事件の謎を解いて、その意志を引き継ごうではないか!

 はたして、俺も彼女に惚れるかどうか、それはまだ断言できないが……。

 ともかく。

 今、俺の目の前には『きいちろうさん』が事件に関して記した、詳細な記録がある。

 先ほどの女性の言葉通り、これを読むうちには、さらに『きいちろうさん』の記憶も蘇るに違いない。だんだん魂が肉体に定着して、俺と『きいちろうさん』が一体化していくに違いない。

 そう考えて。

 俺は『きいちろうさん』の手記を読み始めた。

 最初のページを見た感じ、どうやら、この村へと向かうローカル線の旅から話は始まるようだ。それは、この体の持ち主が、まだ『きいちろうさん』と呼ばれるようになる前のことで……。

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます