第十六章「連鎖する事件」(日尾木一郎の記録)

   

 駐在所を飛び出して、私と木田きだ巡査は緋蒼屋敷へと向かう。

 途中までは花上はなうえ医師も同行して、事情を聞かせてくれた。蒼川そうかわ華江はなえから「相談したいことがある」と呼び出され、華江の部屋まで出向いたところ、彼女は既に死んでいたのだという。場所こそ違えど、死体そのものの様子は、妹の陽子ようこが殺された時と酷似していたらしい。

「胸に刺さっていたのは、陽子の事件と同じ模様のナイフじゃった」

 つまり、蒼川家の客間にあったナイフセットのうちの一本だ。陽子が殺された後で調べた時には、三本セットのはずが二本になっていたが……。ならば、今確認したら、さらに一本盗まれて、残り一本という状態なのだろうか。

「まったく、こんなことが続いたら、こっちの気まで変になってしまうわい」

 今まで花上医師は、あまり暗い顔など見せる人ではないというイメージだった。しかし今は、はっきりと悲壮感に溢れる表情を示している。

「殺されたのは、午後二時前後じゃろうて。死体の発見が早かったので、まず間違いないじゃろう」

 花上医師は、いつもよりも口数が多い。まるで、黙っていたら心の中に嫌な気持ちが充満するから、とでも言いたいくらいに。

「屋敷でバタバタしているうちに、蒼川そうかわの御当主と珠美たまみには出くわしたから、午後二時頃どこにおったか、聞いておいたぞ。二人とも、自室で一人きりだったそうじゃ。そうそう、もちろん村長とも会ったが、彼には聞きそびれてしまった。その時は死体発見のまさに直後で、それどころじゃなかったし、彼も忙しそうにしていたからのう。確認はしておらんが、おそらく華江が殺された時間も、村長は一人で忙しく働いていたのじゃろうて」

 浜中はまなか大介だいすけは、名目上は村長であるが、ここ緋蒼村においては、緋蒼屋敷の使用人に過ぎない。この時間帯ならば、毎日の行動から考えて、色々と仕事があるのは当然だった。

 花上医師の言葉に頷いてから、木田巡査が尋ねる。

規輝のりてるさんは?」

「知らん。屋敷におったかもしれんが、わしは会っておらん」

 花上医師の話は、そこまでだった。村はずれで急患が待っている、ということで彼は去っていった。その村人の名前も告げていたが、私には聞き覚えもなく、記憶にも残らなかった。この事件において、花上医師は警察医のような役割に見えていたが、実際は一介の村医者に過ぎないのだということを、今さらながらに思い知らされた気になる。


「あとは規輝さんだけですね」

「……え?」

 花上医師のことを考えていたせいか、木田巡査の言葉に対して一瞬、私は間抜けな対応をしてしまった。

「きいちろうさん、しっかりしてください。蒼川の御当主も珠美さんも部屋で一人きり、村長も一人で働いていたならば、この三人にはアリバイはないと判明。華江さん殺しに関して、アリバイが不明なのは規輝さんだけでしょう」

 その言葉の意味を、もう一度よく考えてから、私は発言する。

「ちょっと待ってください。村長が一人で働いていたというのは、花上医師の推測ですよね?」

「もちろん、後で確認します。でもね、私だって何度も――特に最近は頻繁に――緋蒼屋敷を訪れています。だから昼間、村長が忙しいのは知っています。あれだけ広い屋敷で、全ての世話をしているのが彼ですからな。今では、かつての朝子さんの分まで仕事が増えたのだろうし……」

 木田巡査が『朝子さん』と口にした時、少し苦々しい口調だったように聞こえたのは、私の気のせいだろうか。

「そういうことなら……」

 私が話の続きをしようとしたタイミングで、緋蒼屋敷が見えてきた。


 屋敷に着いた私たち二人は、まずは華江の部屋へ行き、殺害現場を調べた。しかし死体も花上医師が検分した後であり、特に重要な手がかりが出てくることもなかった。とりあえず入念な捜査は後日ということで、アリバイ不明の規輝を探すことになったが……。

 ちょうど華江の部屋から出たところで、規輝が近くを通りかかった。探す手間が省けたわけだ。そのまま殺害現場で話を聞くというわけにもいかないので、私たち三人は場所を移した。


 私の部屋が、臨時の取調室となった。自分の寝泊まりする部屋が、こうした使い方をされるのは、少し落ち着かない気分だ。

 そんな私の隣に座った木田巡査は、テーブルを挟んだ対面で胡座あぐらをかいている規輝に対して、じっと刺すような視線を向けている。駐在所で木田巡査の規輝犯人説を聞かされた後だけに、私には、木田巡査が証拠を欲しがっていることがよくわかった。どんな些細な失言も聞き落とさないぞ、とでも思っているのだろう。

 規輝にも、木田巡査の様子がいつもと違うのは明白だったらしい。木田巡査を見たかと思えば、少し視線を外して、結果、木田巡査の横にいる私と目が合ってしまう。慌てて視線を戻すが、プレッシャーに耐えかねたのか、また視線をらして、私に……。そんな感じで、不安そうな目を頻繁に動かしていた。

 この状態が、尋問の間、ずっと続いていた。目的のアリバイに関してだけでなく、今までの事件に関して既に聞いている話まで「あらためて確認の意味で」と言って、木田巡査は何度も質問していた。矛盾した発言が飛び出すのを期待したのだろうか。しかし、以前の事件に関連して新しい情報は出てこなかったし、今までと矛盾する話も何も現れなかった。

 ただし、肝心の華江殺しのアリバイについて規輝が話した内容は、木田巡査を驚かせたに違いない。問題の時間帯に、規輝は村長と一緒だったと述べたからだ。たまたま出会って、そのまま三十分くらい村長の仕事を手伝っていたそうだ。


 この、ちょっとした尋問は、一時間くらい続いたと思う。ようやく木田巡査が規輝を解放して、彼が部屋から出ていった後で、私は口を開いた。

「どうやら規輝さんには、アリバイがあったようですね」

「ええ。もちろん、確認しないといけないから、次は村長に話を聞きに行きましょうか。おそらく、この時間ならば……」

 そう言いながらも、木田巡査は立ち上がろうとせず、私の部屋に座り込んだままだった。何か考え込んでいるらしく、じっと黙っている。別に、村長の居場所を考えているわけではないだろう。また頭脳をフル回転させて、何か推理を捻り出しているに違いない。

 彼が口を開くまで、私も余計なことは言わずに、黙って待つことにした。私が寝泊まりする部屋で、男二人で、無言で並んで座っているのは、あまり面白いものではなかったが……。

 この静寂は、長くは続かなかった。

 突然、叫び声が聞こえてきたからだ。

「火事だ!」

 その言葉を耳にして、木田巡査が、慌てて部屋を飛び出す。

 一瞬だけ遅れて、私も彼の後を追った。

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます