第三章「緋蒼村の中へ」(日尾木一郎の記録)

   

 蒼川そうかわ信子のぶこは、私たちから少し離れた座席に腰を下ろした。私から見て、斜め後ろの方向だ。

 彼女が来てから、緋山ひやま一義かずよしは、口を閉ざしてしまった。黙ったまま、ずっと窓の外に視線を向けている。関係者がいる前では、事件の話も出来ないのだろう。続きは、村へ着いてからになりそうだ。

 仕方がないので、私は再び本を読み始めた。二度と後ろを向かなかったので、信子の様子はわからなかった。


 私たち三人は、終点の駅で降りた。駅前まで迎えの車が来ており、運転手は、信子と同じくらいの年齢に見える、やせ気味の男だった。彼は車から降りてきて、信子と一義に挨拶した後、私に対して不審げな視線を送る。彼は私に向かってではなく、二人に尋ねた。

「こちらの人は……?」

「僕の客だ。まあ、探偵のようなものかな。直次なおつぐ良美よしみを殺した犯人を突き止めてくれる、大事な客人だ」

 どうやら私は、村では『小説家』ではなく『探偵』として扱われるらしい。心の中で苦笑していると、

「何を言ってるのかしら。直次君は事故だし、良美ちゃんは、あなたが殺したようなものでしょう?」

「蒼川の御当主は、僕のせいで良美が自殺した、と言いたいのですかな。良美は確かに、僕の結婚には反対だった。あいつは頭が固いから『蒼川の人間を義姉あねと呼ぶくらいなら死んだ方がマシ』とまで言っていたそうだが……。そんなの口だけだ。あいつは自殺なんて出来る女じゃない。殺されたに決まっている。直次と同じく」


 車に乗ってからは、誰も一言も発しなかった。列車の中の再現だった。

 いつまで続くのだろう、と思いながら、私は外を眺める。

 いくつかの山を越え、いくつかの村を過ぎていった。集落が見える度に、私は「これが緋蒼村か?」と思ったものだが、車は立ち寄る気配すら見せずに、通り過ぎるだけだった。しかし大きな山々の背後に、何度目かの村が見えてきた時、ようやく一義が口を開いた。

「あれが緋蒼村だ」

 何の変哲もない、ごく普通の農村のようだった。異常な連続殺人の舞台には、とても見えなかった。

一郎いちろう君は、木田きだ巡査から詳しい話を聞くために、駐在所で降りることになっている。ああ、荷物は、僕が屋敷まで運んでおこう。村長、いったん駐在所で車を止めて、彼を降ろしてくれ」

 勝手に私の行動まで決めてしまう、緋山一義。彼の言葉を聞いて、この車を運転していたのが村長であることを、私は初めて知った。


 私を降ろすと、車は、すぐに走り去ってしまう。

 そこは、小さな建物の前だった。いや『建物』というのも、少しおこがましい。むしろ『小屋』という言葉の方が、相応しいかもしれない。入り口の扉は開いていたので、近づくだけで、中の様子が見てとれた。五十歳くらいの男性と、四十近くに見える女性が、親しそうに話している。

 にこやかな表情のせいだろうか、男の方は、温和な空気を漂わせていた。女の方は、やはり笑顔で、歳の割に可愛らしい感じがする。

 邪魔をするのも悪いと思ったが、

「すいません」

 声をかけながら、私は小屋へ入っていく。

「木田巡査……ですよね?」

 緋山一義の紹介状を、私は男に手渡した。まあ紹介状といっても、私を降ろす直前の車の中で、サッと書かれたものだ。大した内容ではあるまい。それでも木田巡査は丁寧に目を通し、その肩越しに、女もそれを覗き込んでいた。しかも、その女の方が、木田巡査よりも先に口を開く。

「へえ。一義さんのことだから、何かびっくりするような行動を起こすとは思ったけど……。まさか、探偵さんを連れてくるとはねえ」

 仰々しい口ぶりだ。まるで一義が、都会から名探偵でも引っ張ってきたかのような言い方だ。

 しかし私は、そんな立派な存在とは違う。一介の素人に過ぎないので、恐縮してしまった。

「まあ一義さんには『探偵として事件を』と言われましたが……。実のところ私は、日尾木ひびき一郎いちろうという名の、しがない探偵作家に過ぎないわけでして……」

「やっぱり探偵さんなのね! しかも作家さん!」

 どうやら『探偵作家』という表現が、かえって誤解を助長することになったようだ。『探偵小説を書く作家』ではなく『探偵である作家』と受け取られたらしい。例えば『素人作家』という言葉ならば、『素人小説を書く作家』でも『素人である作家』でも、同じような意味になるのに……。

 しかも、今の私の発言は、新たな誤解まで生み出してしまった。おそらく、私の外見――髭や髪やサングラス――からの連想もあったのだろう。

「それにしても、変わったお名前ね。『ヒッピーきいちろう』ですって? でも探偵さんの世界では、普通なのかしら。それとも、作家としてのペンネーム? よくわからないけど、私がいたらお邪魔でしょうから、今日は帰りますわ。駐在さん、また明日」

 それだけ言って、女性は駐在所から立ち去った。


 私が呆気にとられていると、軽くポンと肩を叩かれた。振り向けば、木田巡査が笑っている。

朝子あさこさんは、一度こうと思い込んだら、もう間違っていることにすら気づかなくなる女性ひとです。まあ、あまり困らないんですけどね。なにしろ直感で真実を見抜く人ですから、彼女が間違っているのではなく、実は周りが違っていた、なんてことも頻繁に……」

 どうやら先ほどの女性は『朝子』というらしい。緋山と蒼川の人間として一義が挙げた中には、いなかった名前だ。ならば、事件に関わる人物ではなさそうだ。

「とにかく、彼女に『ヒッピーきいちろう』と命名された以上、他の者からも、そんな感じで呼ばれることでしょう。それに、彼女があなたを探偵とみなしたからには、あなたは立派に探偵役をこなすのでしょうね」

 そこまでは笑顔だったが、突然、木田巡査の表情が暗くなる。

「ただし、あれが『事件』なのかどうか、私も半信半疑でして……。良美さんは自殺、直次さんは事故というのが、一般的な見方のはず。一義さんは、どちらも殺人事件だと言い張っていますが……。彼に雇われた探偵であるなら、まず最初の仕事は、それらが殺人であるという証拠を見つけることでしょうね。それも、蒼川の御当主を納得させるほどの証拠を」

 別に私は、一義に雇われたわけではないが……。それでも、蒼川信子の頑固そうな視線を思い出して、少し憂鬱になった。

「迂闊なことは言えませんが、もし殺人であるというなら、怪しいのは蒼川の人間ですからね。基本的に、緋山家と蒼川家は仲が悪いですから……。しかも緋山家には往年の力もない以上、あやふやな証拠では、誰も説得できないでしょう。まあ両家の勢力という話に関しては、一義さんと陽子ようこさんの婚儀が上手くいけば、状況も少しは変わりそうですが……」

 つまり、緋山家の客人である私の立場は、あまり良いものではないらしい。

「だから、きいちろうさん。村の駐在として、私も出来る限りの協力はしますが……。あまり期待しないでくださいよ」

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます