【詩集】月の道標(つきのみちしるべ)

作者 つきの

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 真っ白でなくていいからへのコメント

    純度が高くてよいお酒はそんなに煽るように飲むものではないですね。なのでもう少しゆっくり読ませて頂こうかな。そんな風に思いました。素敵です。

    作者からの返信

    翼さん

    そんなふうに大切に読んでくださるお気持ちが嬉しいです。
    いつも、本当にありがとうございます(ぺこり*ˊᵕˋ*)

    2021年9月28日 03:36

  • 澄んだ一滴へのコメント

    やはりそうですよね。そう思います。つきのさんはすごいですね。今更ながら。あらためてそう思いました(◡ ω ◡)🍀

    作者からの返信

    翼さん

    同感してくださってありがとうございます。

    存在としてはちっぽけな、時の流れの中に消えていくほどの儚い存在だけど、一滴のしずくとしてでも誰かの胸に沁みこんで残ることができるなら……幸せだなと思うのです。

    2021年9月28日 03:32 編集済

  • 風の行方へのコメント

    思い残すことなく生きて。そしたら風みたいに。風にはなれないけど。色んな「きれいだなあ」と思える場所を訪ね歩いて。その色に溶けてしまえたらいいな。そんな風に思います。

    作者からの返信

    翼さん

    これは実はカクヨムに来る前に創った詩なんです。
    色々あってかなり人間不信になっていた頃でした。
    風に託して哭いていたのかもしれません。

    今は翼さんのように、風と共に旅して優しい風景の中に溶けていけたらいいなぁと思います*ˊᵕˋ*

    2021年9月28日 03:24

  • 空に残る月へのコメント

    コーラの一気飲み。冷蔵庫の白。炭酸の気泡のように感情が溢れます。泣けるなら。泣きたい気持ちの夜があるなら。また笑えるかもしれない。何も答えてくれない月。人に夜。ありがたい。ありがとうございます。そんな気持ちです。読んでよかった。心からそう思う自分がいます。

    作者からの返信

    翼さん

    コーラの炭酸と白い冷蔵庫。

    この情景に込めた思いを読み取ってくださってありがとうございます。

    穏やかに絶望していきながら、それでも……と思う気持ち。
    夜明け前の空にみえる月は心に残る希望のような気がしました。

    2021年9月28日 03:07

  • 月の道標へのコメント

    この夜を往こう。心にしみる言葉です。つきのさんの言葉を読む度に自分の心の素直な言葉が溢れるます。私にとってかけがえなのい作家さんです。

    作者からの返信

    翼さん

    この詩集はカクヨムにきてから一番最初に書いたもので愛着もひとしおなので、読んでいただけて、嬉しいです。

    わたしの方こそ、尊敬する作家さんからの身に余るお言葉、しみじみとこの出会いに感謝です(ぺこり( ᵕᴗᵕ ))

    2021年9月25日 03:54

  • 空に残る月へのコメント

    初めまして、羽谷と申します。
    なんだか、すごく良いなあ…というか、上手く言葉にならない感動を頂きました。諦めたような、突き放した、突き放された印象の言葉の中に暖かさが残っていた、そんな心地よさを感じます。

    作者からの返信

    羽谷さん、コメントありがとうございます。

    >諦めたような、突き放した、突き放された印象の言葉の中に暖かさが残っていた

    詩に込めた思いを読み取ってくださって嬉しいです。
    拙い言葉ですけれど、お心に何か伝えられることができたなら幸いです(ぺこり)

    2021年8月22日 12:27

  • 煙草へのコメント

    私も好きです♡

  • 棘(とげ)へのコメント

    泣いてたまるか……カッコいい、つきの様発見です。

    つきの様の詩、今日はたくさん拝読させていただきます。(*^▽^*)
    コメント返信は大丈夫です。先にお伝えします(o^^o) ペコリ

  • 詩集「月の道標」あとがきとこれからへのコメント

    遅ればせながら辿り着きました・゜゚(>ω<。人)ゴメンチャィ
    とても心地良くて充実した時間を過ごさせてもらいました❤
    どうもありがとうございます(*╹◡╹*)アリガト
    では、続編の方へいかせていただきます☆彡

    作者からの返信

    RAYさん、「月の道標」を最後まで読んでくださって、お星様に素敵なレビューまで書いていただいてありがとうございます(ぺこり)

    カクヨムに来て最初に投稿したのがこの詩集だったので、思い入れも深いです。

    続編の方も楽しんでいただけたら嬉しいなぁ^^*

    2020年7月12日 05:20

  • 砂糖菓子みたいにへのコメント

    これからでもOK(´ー`*)ウンウン
    この世界なら何でもできます☆彡

    作者からの返信

    うふふ。。。
    確かにこの世界なら自由ですもんね
    ( *´꒳`* )

    2020年7月12日 05:16 編集済

  • もし、わたしがいなくなったらへのコメント

    泣くって(*´;ェ;`*)ウウウウ

    作者からの返信

    忘れてしまっていいんだよと言いながら、でも心の隅っこに置いてて貰って、いつかどこかでいいから想いだしてもらえたら……なんて思ったり。。。

    2020年7月12日 04:58

  • 僕の青い鳥へのコメント

    青い鳥がいないと幸せになれないと考える人。
    青い鳥がいればもっと幸せになれると考える人。
    スタート地点が不幸か幸せかでとる行動も変わりそうです。ポジティブになったりネガティブになったり。青い鳥が来るのをただ待っていたり自分から追い求めたり。他力本願になったり自分で道を切り開こうとしたり。
    幸せかどうかなんて極めて曖昧なもので、実は前述の二人の生活レベルに差はないのかもしれません。差が付くのは、心の持ち方ひとつ。
    幸せの象徴のはずのブルーバードはブルー(憂鬱)な存在にもなり得ます。それが目の前に現れないことで、社会を恨み、他人を妬み、ひいては、その存在自体を憎んだりする。
    希望って二面性があって厄介な存在ですね(笑)
    でも、ニンジンがあるからがんばれることもあるけど。

    作者からの返信

    RAYさん^^*

    幸せって、ある意味、とても主観的なものだなぁって思います。

    >心の持ち方ひとつ。
    本当にね、そうなんですよねぇ。
    傍から見て全てを手にしているように見えても、本人が不幸だと思えば、それは幸せじゃないし、何も持ってないように見えても、そのひとが満足なら、それはきっと幸せなんだろうなぁって思います。

    青い鳥の姿形もだから、自分自身にしか見つけられないし、見えないのかもしれませんねぇ。

    2020年7月12日 04:54

  • 雨が降り続いているへのコメント

    雨には二種類ありますからね。
    空から降る雨と心に振る雨。
    止まない雨はないなんて言うけれど、後者は、止まないこともあります。

    作者からの返信

    RAYさん^^*

    心の雨……静かに降る中を歩いていくのも、また人生かもしれませんね。

    2020年7月5日 17:44

  • 往生際が悪いのでへのコメント

    自慢じゃないけれど、ボクも時として無茶苦茶往生際が悪いですゞ(≧m≦●)ププッ
    でも、それでいいかと思っています。
    格好つけて気持ちと違う態度をとって……死ぬ瞬間に後悔したくないから。

    作者からの返信

    RAYさん^^*

    うんうん、もうねぇ、カッコ悪くても、みっともなくても、足掻くだけ足掻いて……それがわたしらしい気がするから。。。

    2020年7月5日 17:41 編集済

  • 金平糖へのコメント

    この詩を読んでふと思いました。
    そう言えば、ボクも金平糖の詩を書いたことがあるって。
    ボクの「詩みたいなもの」の第64話(甘くないコンペイトウ)です。
    機会があれば、見てみてください。同じ金平糖でも味付けが全然違うのは面白いです。ボクのは甘くないので(笑)

    作者からの返信

    RAYさん^^*

    コメントのお返事の前に、作品を読みに伺ってきました^^*

    テーマにしているものが同じでも、違った物語があるから、面白いですよねぇ。

    そして、こんな風に作品を通じてお話できるのって楽しいなぁと改めてしみじみと。

    ありがとうございました^^*

    2020年7月1日 20:48

  • わたしの夏へのコメント

    最後の一文が最初に戻ってループする。
    いつまでたってもそこから抜け出せないでいる。

    行方不明には2種ある。
    1つは、神隠しのように消え失せてしまったもの。
    もう1つは、存在するけれど見えないだけ。または、見ようとしないだけ。

    彼女はどちらなのだろう?

    彼女は現実は見えている。それが消えてしまったのもわかっている。
    でも、わからないふりをして、必死に探している。

    傍から見えれ、それは空虚で無駄な時間。
    でも、彼女にとっては、それが生きる意味なのかもしれない。

    作者からの返信

    RAYさん^^*

    詩を読んで色々と思いを巡らせてくださってありがとうございます。

    読んでくださった人に物語を感じていただけるのは嬉しいです^^*

    彼女にとっての、この「夏」にはどんなことが秘められているのか……は多分、彼女だけが知っているんでしょうね。

    2020年7月1日 20:44

  • 昏い紅(クライアカ)へのコメント

    相手に自分のことを忘れて欲しくないという思いがあるのだから、その逆があるのは当たり前。忘れた瞬間、すべてが終わる気がするから。
    思いが形を変えて存在することが理想。苦しみや後悔から思い出に。
    それは自分一人の力では難しい。誰かの力が必要。

    作者からの返信

    ああ、そうですね。。。
    思えば忘却というのは究極の優しさであり、残酷さであるのかもしれませんね。

    >思いが形を変えて存在することが理想。苦しみや後悔から思い出に。

    そう思います。
    そうなった時、救われる気がします。

    2020年6月28日 23:08

  • エゴイストへのコメント

    言葉が心に染み入ります(´ー`*)ウンウン
    サヨナラしても忘れて欲しくない。
    何も変わらないと思われがちですが、その人と繋がっている気がします。
    気持ちが離れてしまったのですが、まだ望みがあるような気がします。
    忘れてしまったら元に戻る可能性は0%だけれど、忘れなければ1%ぐらいあると思ってしまいます。
    0と1――天と地ほど差があると感じてしまうのは、ボクのエゴでしょうか?

    作者からの返信

    RAYさん

    わたしも完全に忘れられてしまうって寂しいって思うのです。

    >0と1――天と地ほど差があると

    0は無だから……1はそこに何かが残っているのですものね。
    だからわたしはエゴイストなのだと思うのです。

    2020年6月28日 22:59 編集済

  • 夜明け二時間前へのコメント

    夜明け前が一番暗い。
    その時間を乗り切れば光が差す。
    ある意味、魔の刻?(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

    作者からの返信

    RAYさん^^*

    そうなんですよねぇ。
    あと少し、の時が一番暗さを感じるんですよね。
    ここを乗り切れば。。。

    魔の刻!まさにそうかも!
    ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

    2020年6月27日 18:28

  • パズルへのコメント

    なかなか見つからないのは最後のピース。
    似たような形はいくつもあるけれど、ぴったりはまらない。
    ボクは一生探し続けるのだろう。キミというピースを。
    人生というパズルを完成させるために。

    作者からの返信

    あなたはわたしにとって最後のピース。
    わたしだけの唯一無二のピース。。。
    あなたがいないとわたしのパズルは完成しないから。
    わたしを見つけてね。
    わたしもきっとあなたを見つけるから。。。

    2020年6月6日 03:33 編集済

  • 梅干しと煮麺へのコメント

    ご飯食べたばかりなのにお腹がすいた気になりました(笑)
    メシテロポエムに認定しますゞ(≧m≦●)ププッ

    作者からの返信

    ふふふ^^*ありがとうございます。
    メシテロポエム認定、嬉しいなぁ!
    美味しそうな文章って目標なんです(笑)

    2020年6月6日 03:10

  • 躓き連鎖へのコメント

    大抵のことならリカバリー可能です(´ー`*)ウンウン
    人間は失敗する生き物です。失敗を生かして先に進むんですよ。
    自分に甘く他人に厳しい人間にはそれが理解できません。

    作者からの返信

    RAYさん^^*

    ですよね。
    失敗してはじめてわかることって沢山ありますもんね。

    失敗するのが怖くて、失敗したらもうダメだって思い込んで萎縮していた昔を思い出します。

    >人間は失敗する生き物です。失敗を生かして先に進むんですよ。

    はい、失敗を沢山することで、わたしも、それを知ることができました^^*

    2020年5月27日 03:11 編集済

  • 我慢という名で心を殺してへのコメント

    そのとおりです(´ー`*)ウンウン
    傍から見れば本末転倒なのに、本人の感覚が麻痺していてそれに気づかないこと、結構あります。

    作者からの返信

    RAYさん^^*

    我慢することが呪縛のようになっては本末転倒なのに、その時はそれしか道が無いような気がしてしまうんですよね。
    簡単なようだけど呪縛を解くのって難しい。でも解くことができたら……って思います。

    2020年5月27日 03:05

  • 見えない星を探してへのコメント

    情景が浮かぶ綺麗な文章ですね*:.。☆..。.(´∀`人)
    短いのにしっかり綴られています。尻尾まで餡子が詰まったタイ焼きみたいに❤

    作者からの返信

    情景浮かんでくださいましたか^^*

    >尻尾まで餡子が詰まったタイ焼きみたいに❤

    嬉しいなぁ!ありがとうございます(*^^*)

    2020年5月17日 02:56

  • ある告白へのコメント

    逃げることで解決することって結構あります。
    嫌なことから逃げる→後ろ向き→悪徳といったイメージがあるため、自己嫌悪に陥ることがありますが、そこは割り切って考えるのがいいです。
    すべてから逃げていては、いつか逃げ道が無くなって八方塞がりになります。それはさすがにNGです。でも、危機が迫っているのに何もしないのは、自己防衛本能が麻痺している証拠だし、危機管理能力が欠如しています。人としてどうなのかと思います。
    そう考えれば、逃げること=人間らしく生きることですよ(≧▽≦)

    作者からの返信

    RAYさん、ありがとうございます。
    そうなんですよね。全部から逃げることはできないけど、どうしても立ち向かえない時に逃げる=退くことも一つの方法ですよね。

    逃げられないっていう言葉の呪から一旦自由になってみることが必要なのかも知れませんね。

    2020年5月17日 02:51

  • 歩く。へのコメント

    カラダだけじゃなくココロも外出したくないときってあります。
    普段はココロのアウトドア派を自称するボクですが、なぜか手を伸ばせません(ノ_-)ハア…
    ココロは正直なのかな。

    作者からの返信

    ありますねぇ。身体のコンディション以上にココロのコンディションがどうにも整わない時。
    確かにココロって正直なのかもしれませんねぇ。。。

    2020年5月17日 02:31

  • そんなお年頃へのコメント

    森高千里さんはおばさんになっても全然おばさんじゃなかったです。
    気持ちの持ち方ひとつだと言うことが証明されました。
    彼女は全国のおばさんの希望です(笑)

    作者からの返信

    森高千里さんの歌にそういえばありましたね(笑)

    確かに気持ちの持ち方は大切!^^*

    森高さん、素敵な女性ですもんねぇ
    (´ー`*)ウンウン

    2020年5月2日 02:37 編集済

  • 言葉のリズムへのコメント

    文字どおり、身体の一部ですね。
    物書きとしては、そうありたいところ(≧▽≦)

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    はい、もう切り離せないですね^^*

    2020年4月19日 00:48

  • 卯の花腐しへのコメント

    すごくタイムリー。
    今日は一日こんな感じかな。

    作者からの返信

    RAYさん、ありがとうございます。
    こんな時ってありますよね

    2020年4月19日 00:36

  • オトナトコドモへのコメント

    自分の中にある子供の部分。それは悪いことばかりじゃない。そんな部分を持っている人をうらやましく思うときもある。いつの間にか無くしてしまった、大切なもの。純粋さとか無邪気さとか素直さとか。
    たぶん心の奥にあると思うけれど、なかなか取り出せない。

    作者からの返信

    純粋な子供の気持ちを持ち続けられる人は羨ましいですね。
    わたしはどうも自分のバランスをとるのが下手なので、わたしの中の子供は不安がって泣きべそかいてしまうみたいです。

    2020年4月13日 04:45 編集済

  • 優しい言葉だけでへのコメント

    厳しさの中に隠れた優しさ。気づく人はちゃんと気づいています(≧▽≦)

    作者からの返信

    そうですね、心ある言葉は、きっと伝わりますよね^^*

    2020年4月11日 07:52

  • 虚無へのコメント

    気づいたことは、ある意味進歩(♥ó㉨ò)(♥→㉨←)ウン
    大きく前進するための大切な一歩だと思います。

    作者からの返信

    そうですね。気づかない振りをしないと乗り切れない時はあるけど、それから気づいて向き合って前を向いて歩き出すことも大切なことですよね。

    2020年4月11日 06:34

  • 人としてへのコメント

    おかしな言い方かもしれないけれど、個人的に、生まれることと死ぬことって大差がない気がします。始まりと終わりだと考えれば180度違うけれど、無の状態を基準にして輪廻している気がします。
    そうそう、生を尊ぶ気持ちは忘れちゃダメね。
    そういった気持ちをなくして命を粗末にする人は、二度と生にたどり着けないから。
    がんばって生きた証があればそれでいいと思う。

    作者からの返信

    >生まれることと死ぬことって大差がない気がします。始まりと終わりだと考えれば180度違うけれど、無の状態を基準にして輪廻している気がします。

    そうだなぁって、すごく思いました。
    一生懸命生きて、それからちゃんと、自分のくるべき”その時”に死んでいけたらと思っています。

    2020年4月11日 06:29

  • ひとりよがりへのコメント

    そもそも「心」っていかにも揺れる感じがしない?(笑)
    見た感じ、分胴を乗せる秤みたいだし……って、そう見えるのボクだけ?
    冗談はさておき、機械じゃないから当たり前だと思う。
    認識を当たり前にしちゃえば、悩むこともナッシング(♥ó㉨ò)(♥→㉨←)ウン
    苦しいのは、心が機能している証拠だよ。きっと。

    作者からの返信

    RAYさん、ありがとうございます。

    >苦しいのは、心が機能している証拠だよ。

    うん、そうですよね。
    血が通った思いがそこにあるから、ですね^^*

    2020年4月11日 06:20

  • 父へへのコメント

    ボクは、悪いところは「この父にしてこの娘あり」と割り切っています(おいおい)

    作者からの返信

    他人なら受け流せても親子だから拗れてしまうこともあるのかもしれないなぁなんて思ったりもします。変なところが引っかかってしまったり、難しいものですね(苦笑)

    >「この父にしてこの娘あり」

    うん!この考え方、いいですね^^*

    2020年4月5日 22:00 編集済

  • ヤミへのコメント

    ボクも飼っています(・ω・)ノ
    時々呑み込まれそうに……。

    作者からの返信

    RAYさんも?ヤミはなかなかに気難しいので、わたしもハッと気づくと呑みこまれそうになってます(¯―¯٥) ՞ ՞ ՞

    2020年4月5日 21:45

  • しりとりへのコメント

    完全に意表を突かれましたゞ(≧m≦●)ププッ
    目が覚めたので小説も書けます(*╹◡╹*)アリガト

    作者からの返信

    RAYさん、笑っていただけて良かった(笑)
    (๑>؂•̀๑)テ

    2020年3月22日 02:18

  • 意地っ張りへのコメント

    言えないことってあります。
    大切な人ほど言えないこともあります。
    小さい頃は何度も言えたけれど……。
    大人の事情って面倒ね。いろいろと。

    作者からの返信

    RAYさん、ありがとうございます。
    そうですね。子供の頃は、そのままの感情を出せても大人になるとそうもいかなくなって……。
    考えないといけないことが増えてくる、大人って切なくて不自由なものですよね。

    2020年3月16日 18:06

  • 迷いの森へのコメント

    大丈夫です。
    巡り合う運命にある二人(ベターハーフ)には、生まれたときに、心に専用の磁石が埋め込まれていて、どこにいてもそれらが引き合います。
    NとS――NOとYES。もしかしたら、交わす言葉によっては、遠回りしたり、紆余曲折があったりするかもしれませんが(笑)

    作者からの返信

    RAYさん、心に埋め込めれた専用の磁石、素敵な例えですね(笑)
    そんな風に考えると、遠回りしても、きっと……と信じられる気がします。
    ありがとうございます^^*

    2020年3月15日 06:20

  • 澄んだ一滴へのコメント

    ボクも詩(もどき)を書くとき、リズムを大切にしています。
    後は、読み手に意図が伝わることと読み手がストレスを感じないこと。心地良さを感じてもらえたら言うことナッシング。
    つきのさんの詩は、ボクのポイントを全部クリアしてる感じですごくいい感じ❤
    勉強になります...φ(・ω・´*)メモメモ

    作者からの返信

    RAYさんありがとうございます。

    RAYさんもリズムを大切にされてるのですね。
    わたしも、書く時は声に出してリズムに違和感がないか確かめたりします。

    後は、漢字とひらがな、カタカナの使い分けというか、自分なりの拘りとか。

    表記の仕方でイメージってかなり変わる気かするので。

    そういうのを考えるのも詩作の楽しみですね^^*

    2020年3月14日 03:57

  • 月の道標へのコメント

    はじめまして。
    通りすがりのRAYと申します。
    真夜中が好きなもので、月との相性もばっちりです(笑)
    詩は書き手の心の中まで見えると言われますが、流れるような文章と言葉遣いにビビッときました。
    ボクも詩を書いていますが、詩もどきです_」 ̄乙(、ン、)_
    勉強を兼ねて、拝読させていただきます<(_ _)>
    よろしくお願いします☆彡

    作者からの返信

    RAYさん、足を止めて読んでくださって嬉しいです。
    ありがとうございます。

    わたしも先程、RAYさんの作品を拝読して、とても感銘を受けました。

    沢山の作品、ゆっくりと拝読させて頂きたいと思います。
    こちらこそ、これからもどうそ、よろしくお願いいたします(ぺこり)

    2020年3月14日 02:47 編集済

  • 詩集「月の道標」あとがきとこれからへのコメント

    心が満たされ とても心地良い心境です ありがとうございました。
    そして、お疲れ様でした。

    では、第二詩集「月想うひとありて」を拝読してまいります。

    作者からの返信

    沢山に読んでくださってありがとうございます^^*

    少しでもお心を癒すことができたら嬉しいです。

    2020年3月10日 21:27

  • 意地っ張りへのコメント

    痛いといってしまったら
    心配させて 負担になるから
    意地張っちゃって 

    泣いています

    作者からの返信

    よりこ☆さんは優しい方ですね。

    相手を思いやるから、心配させまいとする、負担になるまいとする、そんな優しい意地っ張りさんなのでしょうね。

    泣ける場所で少しでも泣くことが出来ますように。。。

    2020年3月10日 21:24

  • 棘(とげ)へのコメント

    ありがとうございます

    凸凹だったとしても

    もう 泣きません

    作者からの返信

    よりこ☆さん、お星様にコメントまでありがとうございます。

    はい、凸凹でも。泣いてたまるか!ってちょっと強がってみたりしながら、涙を拭いたら顔をあげて。。。往きましょう^^*

    2020年3月10日 21:18 編集済

  • ある告白へのコメント

     そうなんですよね……一息つきたい。でも出来ない。やらないとダメなことが山積みなので……一息つける日ってなかなかないですよね💧

  • 言葉の呪へのコメント

    言葉って難しい。

    すぐに凹んでしまう私は
    その度につきのさんの作品の優しい言葉に励まされています。

    これからもお世話になります^^

  • ひとりよがりへのコメント

     難しいですよねぇ💧 人によりますからねぇ💧 相手に合わせてちゃんと言葉を選べればいいんですけど……私よく空回りしてしまうので💧

  • ワガママな要望へのコメント

     暑さも寒さもどっちも苦手だったり……💧 ついでに露も苦手だったり💧 更には、花粉症もあったり💧(←トホホな私💧)
     寒さにお強いのは羨ましい(本気で)

  • しりとりへのコメント

    マリカ「きゃー💕 素敵ー💕 マリカ新作でこんなしりとりしてみたい~♪」

     いきなり出てくるんじゃ、ありません!!(というか、私もびっくりした💧 何でいきなりマリカが……💧 暴走気味だな💧 マリカ💧)

     ーーいやいやっ!! させませんからご安心を!!


  • 0ではなくてへのコメント

    つきのさんの詩は勇気をもらえます。

    作品が上手くかけなくて、前に進めてない自分が
    もどかしくて、

    だけど、苦しくても書き続けたら、
    見えてくるものもあるかなと思いながら。

    凹んだ時、つきのさんの詩を見て勇気をもらってます。

    これからも応援しています。

  • 詩集「月の道標」あとがきとこれからへのコメント

    第二詩集にも近々、追い付きたいと願います。

    月の美しさを愛する、つきのさんの詩には、そのときどきの、お気持ちが表れているようでした。
    それを一方的な気持ちの押し付けに感じさせないのは、システマティックな国語の美学を踏まえて、言葉が並んでいる故なのでしょうか。

    綺麗ごとでは終わらない、しかし、美しく優しい詩の世界を、ありがとうございました。

    作者からの返信

    沢山読んでコメント、ハートにお星様に素敵なレビューまでいただいて、感激です。ありがとうございます。

    わたしもまた、ひいなさんの感性溢れる世界に触れに伺わせていただきますね。

    本当にありがとうございました。

    2019年10月24日 03:12 編集済

  • 優しい言葉だけでへのコメント

    私の求める「透明」は、こういうことなのかもしれません。
    優しい言葉、綺麗な言葉だけで生きていけたら、いいのに。
    現実は、待合室のテレビが流す騒音の世界だったりする故、物語の中では、透明な静謐を求めてしまうのでしょうね。
    御訪問ありがとうございましたm(__)m

    作者からの返信

    なかなかに現実は厳しくて、だから
    >優しい言葉、綺麗な言葉だけで生きていけたら、いいのに

    思っちゃいますね。。。

    こちらこそ、沢山、読んでくださって、凄く嬉しいです。
    ありがとうございます。

    また、わたしも伺わせていただきますね^^*

    2019年10月24日 02:48

  • ごめんなさい へのコメント

    『雨ニモマケズ』を読んだ日のことを思い出しました。

    暑さにも負けず、時々は毒も吐きながらで、いいんですよね?
    ずっと良い子でいるなんて、身体に悪いでしょうから。

    作者からの返信

    『雨ニモマケズ』意識していたので、連想していただけて嬉しいです。

    ずっと良い子は、しんどすぎますもんね。
    ヘタレたり、時に毒吐いたりして、ガチガチになった心をほぐしちゃいましょうね^^*

    2019年10月24日 02:44

  • ワガママな要望へのコメント

    つきのさん、はじめまして。
    フォロワーになってくださって、ありがとうございます。
    申し遅れまして、すみません。
    繋がっていたはずの方と、繋がらなくなって動揺していたところ、
    つきのさんのノートで察しました。共に御無事を願うばかりです。

    さて、賛同者です! 私の御先祖様も雪女なのでしょうか?
    人混みと暑さが重なると、心臓がドキドキして具合が悪い感じ、
    つきのさんに、似ているかもしれませんね。
    外出先の暖房が、徐々に強くなる季節です。
    御身体には気を付けて、お過ごしください。

    作者からの返信

    ひいなさん、こちらこそ、ありがとうございます。

    >繋がっていたはずの方と、繋がらなくなって動揺していたところ、

    お気持ち、同じです。
    ご事情はわからないけれど、お身体の不調でありませんようにと思っています。


    暑さが苦手に賛同していただけて、心強いです。
    暖房は空気が重くなる感じがして息が上手く吸えなくなります。

    冬は好きなのに、暖房は苦手なので困りますが、お互いになんとか上手にやり過ごしていきたいですね。
    優しいお心遣い、ありがとうございます。

    2019年10月23日 04:49

  • 振れる景色へのコメント

    そういう時ありますよね~

    作者からの返信

    ですねぇ。
    そこからズレを話してわかってもらうのも気力を必要として。
    だから、敢えてそのままで聞いてる。
    良かれと思って……がズレている時はきついですねぇ。

    2019年9月30日 05:26

  • 眠れない夜にへのコメント

    息が出来なかったら……強烈に欲しいものは、空気。
    そんな気がした、詩でした。

    作者からの返信

    ですね。その時は多分、なりふり構わずだと思うのです。

    ひりつく様なもがく様な思いだと。

    2019年9月30日 03:40

  • 三日月を背にしてへのコメント

    あたたかな詩ですね
    とても好きです

    作者からの返信

    ありがとうございます^^*

    温もりを感じていただけて嬉しいです。

    2019年9月30日 03:30

  • 梅雨景色へのコメント

    雨の日のアンニュイな気分や、世界に紫陽花と自分だけしかいないような雰囲気に惹かれました(*´ω`*) 素敵です♪

    作者からの返信

    拓さん、ありがとうございます(*^^*)

    世界観を読み取ってくださって嬉しいです。
    紫陽花好きなんです(笑)

    2019年9月18日 19:31

  • 詩集「月の道標」あとがきとこれからへのコメント

    連載お疲れ様でした‼︎

    連載中に新しい更新に追いつきたかったけれど、ここまでの長い連載……大変な時もあったかと思いますが、言葉のひとつひとつが温かく時には美しかったです‼︎


    ✨素晴らしい詩の数々をありがとうございました😊✨

    作者からの返信

    璃子さん、温かなお言葉、心に沁みます。

    読んでいたたけることが、力になってここまで書き継いでくることができました。

    ありがとうございます。
    これからもよろしくお願いします。

    2019年9月15日 18:54

  • ひとりとひとりへのコメント

    こんにちはです🍀

    暗闇を纏う男……纏うという表現が儚さと暗闇という寂しさとも孤独とも感じられる響きを包み込んでいるような。
    こちらの連載を読み終えたら、《夜ヲ想ウ、ウタ》読ませて頂きますね‼︎

    作者からの返信

    璃子さん、いつもありがとうございます。

    暗闇を纏う男、別作品なのですが、何故か詩の方までも^^;

    ダークつきの(のつもり)の世界もお楽しみいただけたら嬉しいです(ぺこり)

    2019年9月15日 18:51

  • 詩集「月の道標」あとがきとこれからへのコメント

    印象的な詩集ばかりでした!

    第二詩集も読みます

    作者からの返信

    令和さん、いつもありがとうございます。

    第二詩集という形ながら相変わらずヘッポコは続くと思いますが、お付き合いいただけると嬉しいです(ぺこり)

    2019年9月15日 18:47

  • 月の道標へのコメント

    初めまして。初コメント失礼します。
    月に想い入れの深い方だなと推察しました。

    ワタシも月が大好きです。
    心に響く詩集、拝読いたします。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    今さっき、そちらに伺わせていただいたところでした。
    魅力的な作品の数々に宝の山を見つけた気分で(笑)

    今日子さんも、月がお好きなんですね。
    何だか嬉しいです。
    これからもよろしくお願いします。

    2019年9月14日 23:52

  • 詩集「月の道標」あとがきとこれからへのコメント

    もちろんです!
    これからも押し掛けます〜♡

    とりあえず、お疲れ様でした!!
    (続きがあるとわかっていると、安心してコメントできます(笑))

    作者からの返信

    嬉しいなぁ^^*
    読んでいただけるって本当に有難いことだってしみじみと。
    こんな拙い作品だったり、わたしだったりするけど、そうして書くことの力を日々いただいています(ぺこり)

    いつも、ありがとうございます^^*

    2019年9月14日 14:10

  • 終わりと始まりへのコメント

    2連めがすごく好きです。
    一人の人間の中でも、日々、終わりと始まりを繰り返していたりするのでしょうね、無意識に。

    つきのさん、輪からいなくならないで(笑)

    作者からの返信

    みさえさん、ここはわたしも好きな部分なので、そう言ってくださると凄く嬉しいです。

    ふふふ、わたしももう少しばかり、しぶとく輪にいるつもりです(笑)
    (`・ω・´)ゝきりっ

    2019年9月14日 14:04

  • 何処までへのコメント

    わかります〜そういうこと思うトシごろです。
    少し先が見えかけてきても、そこまですら往けるのか?って。

    作者からの返信

    そうなんです。そういうお年頃ですもん。

    なんとか往けるとこまで……って。

    2019年9月14日 12:06

  • 砂糖菓子みたいにへのコメント

    ここにも、砂糖菓子タイプからほど遠い約一名が〜!!

    なんだか、マザーグースを思い出してしまいました。
    ほんとなら、女の子はお砂糖やスパイスや、リボンやレースやで
    できてるはずなのに(笑)

    作者からの返信

    みさえさんも?
    いやもう、可愛くても自己申告の方で仲間ということに……(ΦωΦ)フフフ…
    (とにかく仲間が増えて嬉しいわたし
    σ( ̄∇ ̄;))

    ふふふ、ホントにねぇ、どこで成分間違えた?それとも足りなかったの?って思っちゃう(笑)

    2019年9月14日 12:03

  • ひとりとひとりへのコメント

    暗黒を纏う男に伝わるといいなぁ。

    孤独だと思ってても、求めれば返ってくるぬくもりがあったり、
    一人じゃないと思っていても、ふと孤独を感じたり。
    人間って、そうやって右往左往してるのかな。
    少なくとも私は、そうかな。
    あまり折り合えてる感じはしないです(笑)。

    作者からの返信

    何だかね、暗黒を纏う男ってすごく不器用なんだろうなと思えて仕方なくて。

    >人間って、そうやって右往左往してるのかな。

    そうなんですよね。
    みんな両面抱えてるんだと思うんです。
    外からは見えないだけで。

    折り合いつけるのわたしも下手です^^;
    それらしくは出来ても下手っぴ(笑)

    伝わるといいなぁ……まだ、知らないこと気づいていない事もきっとあるよ、って暗黒を纏う男に……。

    2019年9月14日 11:57

  • 秋の暮らしへのコメント

    あぁ、よかったですね、つきのさん!

    夏も好きな私ですが、
    「秋の暮らし」……ステキな響き!!

    作者からの返信

    みさえさん、ありがとう^^*この夏の終わりから秋が始まっていく日々って何だか懐かしいような切なさにかられます。

    不思議な感覚です(笑)

    2019年9月14日 11:48

  • いいえ、花はへのコメント

    可憐な花との出会い、ですね。
    見つけた方もうれしいけど、見つけられた方もうれしいんですね!

    作者からの返信

    うんうん^^*見つけることも、見つけられることも、嬉しくて。
    出会いの幸せですね!

    2019年9月14日 11:44

  • もし、わたしがいなくなったらへのコメント

    かの優作さんは、人は二度死ぬ、肉体が滅びた時と、人々に忘れ去られた時、
    みたいなことを言いましたよね。

    どちらも恐ろしいことだと思ってしまう私です。
    でも、去る者日々に疎し、なんですよね。
    自分だって、そうです。
    故人をどれくらい思い出しているか。

    哀しいし、切ないし、つらいけど、
    人は順繰りにそうなっていくのでしょうね。

    せめて、少しでも長く覚えていてくれる人がいればうれしいけど、
    「うれしい」という感情すら持てるものなのかどうか。。。
    (別れをもたらすは、死のみではないけれど)

    でも、やっぱり、忘れないで!という気持ちは捨て切れないなぁ〜(笑)

    作者からの返信

    >かの優作さんは、人は二度死ぬ、肉体が滅びた時と、人々に忘れ去られた時、
    みたいなことを言いましたよね。

    深い言葉ですよね。

    昔、言葉としてはわかってるつもりでも、心ではわかってなかった気がします。

    これは、それなりに色々なこと体験してきて初めて身に沁みてくる事なんですよね。

    >哀しいし、切ないし、つらいけど、
    人は順繰りにそうなっていくのでしょうね。

    そうですね、忘れていいよ、と忘れないで、の間でずっと揺れ動いているわたしです^^;

    2019年9月14日 11:42

  • 雲のまにまにへのコメント

    おはようございます🍀

    『まにまに』なんかとってもほっこりする響きですね。可愛らしくて好きな響きです。

    メモメモ_φ(・_・

    作者からの返信

    おはようございます(*^^*)

    「まにまに」って何だか可愛い響きでわたしも大好きな言葉なんです。

    日本語って沢山の美しい心を揺さぶる言葉がありますねぇ。

    2019年9月11日 09:32

  • 終わりと始まりへのコメント

    詩はあまり読まないのですが、この作品は心に残りました。
    始まりと終わりって、親と子の関係を想像しました。
    自分が生まれ、人生が始まって、子供ができて、成長する過程で、自らの生が終わり、子供がまた始まりとなる。そうやって生命は生の螺旋を登っていくんですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    確かに、始まりと終わりって親子の関係も連想しますね。

    >生命は生の螺旋を登っていく

    荘厳な情景が浮かびました。

    2019年9月11日 08:24

  • 本の不思議へのコメント

    こんにちはです🍀
    私はハッピーエンドの物語がすごく好きですけと、本の魅力は色々な世界が(文章という情景が見えない中、自分の中で情景が膨れ見えてくる)広がっていくことだと思っているので、色々な答えが見えてくるものも好きですね。

    この頃は紙媒体の本を、あまり読めていないのですが、本という存在そのものが大好きです😊🌸

    作者からの返信

    璃子さん、いつも、ありがとうございます(*^^*)

    >本の魅力は色々な世界が(文章という情景が見えない中、自分の中で情景が膨れ見えてくる)広がっていくこと

    ああ、この感じ、すごくわかります。
    想像する楽しさと答えの多彩さの魅力。

    わたしも本という存在が大好きです(*^^*)

    2019年9月10日 22:31

  • 砂糖菓子みたいにへのコメント

    私もー!!

    と心から叫んでしまいました(笑)

    でも、私は天邪鬼で
    そうされたいのに、
    そうしてくれない人に魅力を感じちゃうんですよね〜。

    でも、今は心から叫びました(笑)

    作者からの返信

    ねむこさん、わたしも全然砂糖菓子タイプじゃないので憧れも強くて時々、叫びたくなるのです(笑)

    >でも、私は天邪鬼で
    そうされたいのに、
    そうしてくれない人に魅力を感じちゃうんですよね〜

    ふふふ、そのジリジリしちゃう感じも良いかもですね(*^^*)

    2019年9月8日 06:24

  • もし、わたしがいなくなったらへのコメント

    つきのさん、こんばんは。

    私はどちらだろうなと考えました。

    私を忘れて欲しい気もするんですよね。
    というか、
    忘れるだろうなと前提でもあって。

    忘れないでと言える可愛い女の人に
    なれたらいいのですけどね。

    作者からの返信

    ねむこさん、
    多分、わたしも忘れられるのだろうなと思っていて、その方がいいのだろうし仕方ないことだと知っているのだけど。

    忘れないでと言葉にできる可愛いひとにはなれそうになくて、でも忘れて欲しいと潔くもなれなくて。
    心の中できっと叫んでしまうのでしょうね。忘れないで、と。

    2019年9月7日 20:39

  • 夕焼け懐旧へのコメント

    夕焼け、いつも学校の帰りに眺めていました。
    私は気をつけます3月上旬の夕方生まれですから、そのせいで尚更、好きなのかも。

    作者からの返信

    夕焼けへの慕わしさ。胸のキュッとするような想い。あの頃の風景を一緒に思い出すから尚更かもしれません。

    2019年9月7日 20:23

  • るるらりらへのコメント

    いいですね! 詩は歌になります

    作者からの返信

    ですね!詩と歌は繋がって広がる気がします。

    2019年9月7日 19:41

  • 月長石へのコメント

    昔の恋人に贈られたムーンストーンの指輪を思い出します。月長石とは、やはりつきのさんは、さまざまな意味で、月を見てきた方なのですね。あなたは、そういう目をしてらっしゃると思います

    作者からの返信

    ムーンストーンの指輪を贈って下さった方はロマンチストで素敵な方だったのでしょうね^^*

    わたしにとって月は不思議に特別な存在です。
    人生の色々な場面で月はそこにあり、見守ってくれていた気がします。

    2019年9月7日 19:32

  • 存在意義へのコメント

    あなたは少なくとも、愚かではありません。
    天才は自分を疑い、愚か者は疑わないのですから

    作者からの返信

    はい、天才にはなれませんが、自分を振り返って見つめていくことは忘れたくないなと思っています。

    2019年9月7日 19:19

  • カゲロウ(その日一日を)へのコメント

    せつない詩ですね。でもこういうのも、嫌いではありませんよ

    作者からの返信

    ありがとうございます。色々読んで下さって嬉しいです。

    2019年9月7日 19:07

  • 夏病みへのコメント

    病状から、最後にカメラが引いていって、夏がはじまる・・・すばらしい

    作者からの返信

    情景を読んでくださって、ありがとうございます。

    2019年9月7日 18:57

  • 言葉のリズムへのコメント

    素敵な歌ですね。私の中にもリズムは響いています

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    言葉のリズム響きあうと嬉しくなりますね。

    2019年9月7日 18:54

  • 卯の花腐しへのコメント

    このタイトルには、どんな意味が表されているのでしょう?

    作者からの返信

    お返事遅くなってすみません。

    卯の花腐し(うのはなくたし)は
    卯の花を腐らすというところからで「うのはなくだし」ともいうようです。
    卯の花の咲いているころに降りつづく長雨のことですね。

    2019年9月7日 18:42

  • やさしいことばへのコメント

    好きな詩です。ありがとう。

    作者からの返信

    こちらこそ、ありがとうございます。

    2019年9月7日 18:35

  • 途方に暮れるへのコメント

    砦は強いようで目には見えない弱さがあるものですね。

    作者からの返信

    お返事遅くなってごめんなさい。

    そうですね。砦って、もしかしたら、弱さを隠す為のものなのかもしれないななんて思います。

    2019年9月7日 18:17

  • わたしの歪みへのコメント

    本当にそうですねぇ〜
    歪みまくっている私ですが、
    いつからかいっしょに生きられるようになりました(笑)

    作者からの返信

    歪みやら澱みやら、沢山抱え込んじゃっているわたしですが、長年かけて、そんな膝を抱えてうずくまっているような存在も自分なんだよなぁと気づきました。

    わたししか側にいてやることが出来ないわたしの分身。

    わたしも、それから一緒に生きています(笑)

    2019年9月4日 09:50 編集済

  • 僕の青い鳥へのコメント

    お馴染みの(?)テーマですが、
    つきのさんにかかるとどう料理されるのかな、と、興味津々で読みました。

    自分の中に「いる」のではなく、「作る」んですね!
    材料が揃ってないかもしれないけど…今あるもので作る、
    時には外に材料を見つけにいく。
    うん、そのとおりですね。
    ストンと胸に落ちました!

    作者からの返信

    自分の中でも色々な想いや解釈が湧き上がることがあり、ある時にふっと「作る」ってことが浮かびました。

    そして、幸せって見つけて作っていくものでもあるのかな、なんて。

    きっと、見つけ方も作り方もそれぞれなんでしょうね^^*

    永遠のテーマかもしれませんね。

    2019年9月4日 09:43

  • 蚊(mosquito)に捧ぐへのコメント

    私も子供のころはやられてましたが、
    北上し、また私の血も不味くなってから(?)は、
    とんとご無沙汰でした。

    屋外はしかたないけれど、室内へは立ち入り厳禁にしたいものです(笑)
    蚊取り線香はないけれど、張り紙で効果あるかな??(←ないって!)

    作者からの返信

    みさえさん、わたしも大人になって山を降りて(?)からは、ご無沙汰していたんですが、珍しく遭遇しました(笑)

    室内への立ち入り厳禁!まったくです
    〜٩(๑`^´๑)۶
    ↑まだ、プンプン丸(笑)

    2019年9月4日 09:34 編集済

  • 微笑みを集めてへのコメント

    こんにちはです🍀
    【微笑みを集めて】……タイトルに秘められる意味というか、メッセージ性が言葉のひとつひとつに込められているように感じます。


    私この頃、笑うことを忘れているというか、忙しさに流されがちなのでこの詩のタイトルに励み・気づきを頂いたように思います。

    ✨ありがとうございます😊✨

    作者からの返信

    璃子さん、こちらこそ、ありがとうございます(*^^*)

    忙しかったり疲れて笑う事を忘れた時に、いつかの微笑みを思い出せたら……そんなことを考えながら。

    タイトルに込めた思いを受け取ってくださって嬉しいです。

    2019年9月4日 09:22

  • ポンコツへのコメント

    行けるとこまで、行ってみよう! 好きな言葉でした。

    作者からの返信

    ありがとうございます(ぺこり)

    >行けるとこまで、行ってみよう!

    日々そう思いながら……。

    2019年9月2日 19:34

  • 僕の青い鳥へのコメント

    そうですね、青い鳥は自分にしか作れないもの
    ですよね。

    ついつい、外にいる青い鳥を羨んで
    外に探しに出てしまうけれど、
    例え誰かと同じ青い鳥を手に入れても
    幸せにはなれませんよね。

    本当にそうだなぁと思います。

    作者からの返信

    ねむこさん、

    >例え誰かと同じ青い鳥を手に入れても
    幸せにはなれませんよね。

    そうなんですよね。
    青い鳥(幸せ)って自分の中に見つけて、気づいて、作っていくものなのかもしれない、なんて思ったりします。

    2019年9月2日 19:32

  • 蚊(mosquito)に捧ぐへのコメント

    蚊取線香、煙が立ち上る姿か良いですよね。
    私は今年、プッシュ式を買って、無実の蚊を退治しましたが、なんともやはり風情に欠けて、来年は蚊取線香に戻ります

    作者からの返信

    ゆるくさん^^*

    この所は暫く、蚊とも顔を合わせて無かったので、慌てて常備していた蚊取り線香使いました。

    あの匂いが懐かしかったです。
    煙の立ち上がる姿、風情ありますもんね……わかります。

    2019年9月1日 08:36 編集済

  • 花を一輪へのコメント

    これもすごく好きです

    作者からの返信

    こちらにもありがとうございます。
    作品を好きだと言っていただけるのは書く力をいただいた気がして本当に嬉しいです(ぺこり)

    2019年9月1日 08:30

  • 寄す処 (よすが)へのコメント

    これ、すごく好きです

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    嬉しいです(*^^*)

    2019年9月1日 08:28

  • 雨が降り続いているへのコメント

    雨に濡れるのキライです。
    雨の中出かけるだけでイヤです。

    でも、室内から見る雨は好きです。
    何日も続くのはイヤですが。

    作者からの返信

    わたしも雨に濡れるの苦手です(汗)
    あの湿気とベタベタ感がどうにも(><)

    室内だと雨の風情だけが感じられるから好きなんですよね。
    長雨になると気が重くなるので嫌だなぁ。ワガママですけど(^_^;)

    2019年8月31日 06:17

  • 往生際が悪いのでへのコメント

    うぁ、また言い当てられた気がして、
    ドキドキしちゃいました。
    ほんと、綺麗になんぞは退けません!
    その時の自分の無様さがよみがえります(汗)

    作者からの返信

    みさえさん、そうなんですよね。

    綺麗に退ける人はすごいなぁと思いますが、わたしはヘタレなので最後までみっともなく足掻くタイプです(汗)

    2019年8月30日 09:42

  • 晴れでも雨でも曇りでもへのコメント

    リズム感がすごく心地いいです。
    暗唱して、時々口ずさみたいような(笑)。

    空を仰いで、元気出して、今日も飄々と生きたいと思います。

    作者からの返信

    リズムに拘って書いたので、そう言っていただけるとすごく嬉しいです(*^^*)

    2019年8月29日 08:24

  • 晴れでも雨でも曇りでもへのコメント

    最後の三行でしびれました。

    作者からの返信

    橙さん、いつも、ありがとうございます^^*

    2019年8月28日 22:24

  • 心積もりへのコメント

    確かに。
    言われてみれば、自分もそんなふうに備えてる気がします。
    ノーテンキに突き進んで、終わったらパッと割り切れる。
    そういうのがラクだけど。

    でも、臆病そうに心積もりしてる人の方が、人間くさくて魅力的だったりして!?

    作者からの返信

    みさえさん、きっと、みんな大なり小なり心積りしているんでしょうね。

    >でも、臆病そうに心積もりしてる人の方が、人間くさくて魅力的だったりして!?

    そうかもしれませんね。全く迷いのない人よりも、迷いながら探している人に、やっぱり共感しますもの^^*

    2019年8月27日 13:18

  • 心の回線へのコメント

    無線で話してるオジさんたちを思い浮かべてしまいました。
    少年のようにうれしそうに、でも、言葉はどこか淡々としてたりして、
    それがリアルでおもしろいんですよね。

    回線がつながって、しかも相手が応答してくれる。
    確かに、奇跡ですよね!
    そんなふうに日常生活でも、応答してもらえることのありがたさを意識したら、
    もっとステキな世の中になりそうです。

    作者からの返信

    ふふふ、無線……まさにそんな感じかも(笑)

    当たり前みたいに応答があるんじゃなくて、繋がる偶然や奇跡、カクヨムでのやり取りもそんな感じですね(*^^*)

    だから、ありがとうって思う気持ち、大切にしたいです(*^^*)

    2019年8月27日 13:12