私が消えてなくなる前に〜警視庁捜査第一課密室特捜班〜

作者 庵(いおり)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • ■あれから、そしてこれからへのコメント

    最後まで楽しませていただきました。
    エピローグの二人良いですね。薄井さんのドキドキが伝わってきます(^_^)
    でも、琴子さんには言葉で伝えないとねw 彼女の鈍さは筋金入りのようなので。

    頭に手を置くというか置かせるのは女性ならその関係は察せるかも知れないですね。作者さんの言うとおり。
    そのうち捜査疲れでうとうとしている琴子さんの頭を薄井さんがポンポンする日がするんでしょうかねw

    志穂は殺人被害者としては同情するけど、彼女自身の行いは多少の不快感を伴うものもありました。もちろん犯人目線というフィルターを通してですが。その辺り、生きた人間としての被害者の多面性が感じられ人物の厚みとしてとらえました。
    船木の性格から二人の別れた原因が彼女に有ったのではないかとか、それでも船木が彼女に思いを残すのは志穂にそうさせる魅力があったのだろうとかも。

    ミステリーでは翻弄され振り回されっぱなしでしたが(^_^;)キャラの人間性とか色んな楽しみ方もさせてもらいました。

    素敵な作品をありがとうございます❤

    作者からの返信

    最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。
    薄井と琴子の仲がどのように変化していくか、作者としても気になるところです。
    つかず離れずが書いてて楽しくはあるのですけれど。

    志穂の男性遍歴に不快感を覚えられるのは仕方なしと考えています。
    彼女としては夢の実現が第一目標なのであって、パートナーがついてこれないなら夢を選ぶような人物として描きました。
    それが伝わっていたのであれば充分です。

    本作では、本格ミステリであまり重視されていない人間ドラマを丹念に描くことを意識しました。
    ミステリ以外の部分でも楽しんでいただけたということは、大変ありがたい褒め言葉です。
    重ねて、この度はどうもありがとうございました!

    2019年3月19日 07:00

  • ■刑事の矜持へのコメント

    薄井の成長、鷹野も嬉しいでしょうね(^_^)
    組織に何人かダメな人間がいたからといって、組織自体がダメと決めつけるのは間違いという主張も同意!

    作者からの返信

    鷹野も嬉しかったでしょうね。
    教え子の成長は、経験のある方なら胸が熱くなるはず。
    組織一部の人間が駄目でも、それ以上の人間が頑張っている。本作ではそれを伝えたかったです。

    深夜から早朝まで、お付き合いありがとうございました。
    寝不足でしょうから、どうぞご自愛を。

    2019年3月11日 07:33 編集済

  • ■動機へのコメント

    冒頭のしたたるような悪意は彼の思い上がりと勘違いの産物だったんですね。そう思うと彼も不幸な人だなと。

    逆に恋愛絡みの恨みに感じられた冒頭の言葉が、実は近所トラブルのクレーマーとその度に呼び出される警察官との関係から生み出されたものというフェイクかなと考えていたんです。船木がサイコパスならあり得るかと。途中で元々の知り合いと分かり、その路線は無いなと思いましたけど(^_^;)

    やはり全てを外しまくって、個人的には意外性の嵐で楽しかったです(^_^)

    作者からの返信

    冒頭の独白は彼の動機に繋がっていたわけです。
    気付いて頂けてよかった!
    意外性の嵐、とのお言葉が嬉しいです(*^^*)

    2019年3月11日 07:29

  • ■真の解決編5へのコメント

    髪形がビデオと違っていたからではなく髪の根元の色が違っていたからだったんですね。髪形だと思っていました。それなら、うっかりカットしてしまった八代が証拠隠滅したのかなとも考えてました。
    犯人は船木が怪しいと思ってたんですけど、彼は全く髪形を変える動機に結びつきませんでした。
    そして🍮の謎も……。

    それにしても管理人室に事前に忍び込むとは、用意周到な犯人ですね。そこまではとても思いつきませんでした(伏線はありましたよね)。

    作者からの返信

    プリンの謎はこのような理由から作られました。
    ちなみに、この状態をプリンと呼ぶのは、うちの相方が出展元になっていまして。
    図らずも執筆に貢献してくれたことに感謝しています。

    2019年3月11日 07:26

  • ■真の解決編4へのコメント

    そこで髪を刈った動機が……。
    それにしても、発見された後に鍵をかけるとはどういう意味なのだろう?

    作者からの返信

    髪を刈った理由は、この後すぐ!

    2019年3月11日 07:17

  • ■真の解決編3へのコメント

    そうですね。
    ここまでは犯人が5人の中にいることも、消去法で彼しか考えられないことも彼の犯行という直接的証拠ではないですものね。
    ここからが勝負ですね!

    作者からの返信

    逃げる犯人、追う琴子。
    この直接対決が本作の見せ場のつもりでした。
    頭脳戦はまだ続きます!

    2019年3月11日 07:13

  • ■真の解決編2へのコメント

    船木の挙動がおかしかったのもフェイクだったんですね。
    やられました。
    さて、密室と🍮!

    作者からの返信

    そうです、フェイクだったんです。
    伏線回収、まだまだ行きますよー。

    2019年3月11日 07:10

  • ■真の解決編1へのコメント

    なんだかコナン君のようなトリックだなと思ってたらテグス、フェイクだったんですね。なるほど、奥が深いです。
    そしてこの後🍮🍮🍮が!

    ここでお詫び申し上げます。船木さんなじってごめんなさい(>_<)

    作者からの返信

    コナンのトリックは機械的な仕組みを使ったものが多いので、あまり好きではないんです。
    単純にして読者の意表をつくトリックが理想的ですね。

    船木なら大丈夫です。
    後ほどフォローが入りますので。

    2019年3月11日 07:07

  • ■違和感へのコメント

    えっ!
    もしかしたら慌てて伏せ字にした箇所はネタバレではなかった……!

    それにしても辰巳はノーマークでした。髪を刈った動機も謎ですね。八代ならぼんやりと動機が見えてくるんですが。
    先が楽しみです(^_^)

    作者からの返信

    ミスリードが効いたようですね。
    髪を刈った理由は後ほど(^_-)ー☆

    2019年3月11日 07:02

  • ■解決編5へのコメント

    琴子さんの初めの態度には犯人に同情の余地があるように感じましたけど、これでそれもなくなりましたね。
    琴子さんを刺すなんてなんて奴なんだ!

    作者からの返信

    なんて奴だ!(某、芸人風に)
    琴子の運命やいかに。

    2019年3月11日 06:58

  • ■解決編4へのコメント

    やはりあの人かな?
    でも、そうすると髪を刈った動機が……。なぜ彼がそうする理由があるのだろう?

    続き読むまで寝られなくなっちゃいました(>_<)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    コメントの投稿時刻が……(^_^;)

    続きを気にして頂けて嬉しいです。
    この後のコメントからすると、あの人を犯人として考えていらしたようですね。
    真剣な推理、ミステリ作者として大変ありがたく思います。

    2019年3月11日 06:56

  • ■解決編3へのコメント

    なるほど、だから窓の位置というわけですね。となると犯人はあの人かな?
    でも、トリックが全くわからない😧

  • ■解決編2へのコメント

    窓の位置と鍵の種類……。頭にφ(._.)メモメモ。

    さあいよいよですね(^_^)

  • ■解決編1へのコメント

    動機としては○○を疑ってたんですよね。でも、×が××××というところで動機はみごとに外れちゃいました。でも、怪しげな挙動はしてますね。犯人かどうかはまだなんともですね。
    髪を刈った理由はちょっと心当たりはありますけど当たってるかどうか……(タブンハズレ)
    トリックは皆目見当がつきません(^_^;)

    さてこれからは琴子さんの推理ショーを楽しむとしましょう。

    (すみません、ネタバレしていたことに気付き後から伏せ字にしました💦)

  • ■動機へのコメント

    琴子ちゃんカッコいい!!

    作者からの返信

    今回の彼女は、カッコいいモードです(>_<)

    2019年3月8日 11:31

  • ■情報の整理と推理6へのコメント

    プリン?
    髪を刈った理由にたどり着きそうなヒントですね。
    でもプリン🍮プリンプリン🍮🍮🍮……なんだろう?

    今のところ犯人は密室を考えたらあの人、髪のトリックを考えたらあの人と分かれてしまい困りました。でもきっと蓋を開けたら別の人の可能性がMAX!

    作者からの返信

    プリンの情報から真相にたどり着いた方もいらっしゃいます。
    これがどのような意味を持つか、推理してみてください。

    プリンの絵が並んでるの、可愛いですねw

    2019年2月20日 07:57

  • ■情報の整理と推理5へのコメント

    3時に殺害したとしたら、自殺偽装をして髪を刈って洗面所に捨てる←これを全部終わらせたら1時間ちょっとかかったってことではないのかな?
    二人の話では犯人はその時点ではもう現場にいないのが前提ですね。どこかで読み落としてる可能性も……(^_^;)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    防犯カメラの映像によれば、被害者しか部屋に出入りしていないわけですから、死亡推定時刻よりも後に部屋の照明が消灯するということは、被害者以外の人物が部屋にいる可能性を表しています。
    しかし部屋に出入りした人物が映像に映っていないので、矛盾が生じているわけですね。
    この矛盾を新たな謎と考えるか、ヒントと捉えるかは読者次第です。

    2019年2月20日 07:53

  • ■情報の整理と推理4へのコメント

    ディンプルキー!
    そうなんですよね、これ。ミスターミニットに合鍵を作りに行ったら「うちでは作れない。製造元にNoを言って合鍵ではなく新しい鍵をつくってもらうことになるけどいいか?」と言われました。おまけに「とてもデリケートな鍵だから、ドアを開けた状態で使えるかどうか何度か試してから使ってほしい」と言われました。
    現に高いところから落としたら使用が困難になったこともあります。
    ということは、力がかかる小細工もできないというミステリー泣かせの鍵でもありますねw
    鍵のトリックは無しかなぁ~。

    作者からの返信

    防犯性の高い鍵は複製にも手間がかかります。
    この情報が果たしてヒントになるかどうか……。

    2019年2月14日 12:58

  • ■情報の整理と推理3へのコメント

    ぱっと思いついたことはみんな琴子さんに否定されてしまうw
    発想力が小五郎のおっちゃん並なんですね、きっとorz

    髪のことはとても気になりますね。ちょっと無い頭を振り絞って推理してみます。

    作者からの返信

    どうして髪を刈らなければならなかったのでしょうね?
    頑張って下さい(*^.^*)

    2019年2月10日 11:55

  • ■情報の整理と推理2へのコメント

    となると犯人は志穂と旅行に行く可能性がある人物ですね。容疑者3人とも彼女と一度は恋愛関係にあったのだから、これだけではまだ絞れないですね。ただ○○が事実だとしたら▽▽は除外……でも事実とは限らないか……。
    ♪♪♪♪は#&@※●★
    あくまで斜め後ろから新人物が浮かび上がらなければですが。でも、たぶんそれはないな。
    (この時点では犯人が分からなくなってます)

    作者からの返信

    犯人は、ここまでに登場している人物です。
    さて、誰が犯人かレッツ推理(^_-)-☆

    2019年2月10日 11:53

  • ■情報の整理と推理1へのコメント

    何を言ったのでしょう?w
    たぶん琴子さんのことだからド天然のキラキラ笑顔で相手を串刺ししたんでしょうね。
    想像するとちょっと楽しい(^_^)

    死亡したみなさんに合掌🙏

    作者からの返信

    たちばなさんの中で琴子が腹黒キャラになりつつあるような……(^_^;)

    2019年2月10日 11:50

  • ■写真が語るものへのコメント

    わお!
    と心の中で叫んでしまいましたw

    それとは別に。
    長く会えなかった娘の訃報を聞いてから日が浅い母にはこの作業辛かっただろうなと。
    むしろ前章よりこの章の方が泣けてきます(T_T)

    作者からの返信

    写真は重要なツールです。
    写っている内容にどんな意味があるのか推理してみて下さい。

    2019年2月8日 07:29

  • ■両親の想いへのコメント

    お母さんの話は新たな手がかりになるのでしょうか?
    アルバムは重要なツールになるかもですね、なるほど。

    作者からの返信

    人間ドラマパートはここまで。
    再び推理に必要な情報が積み上がっていきますよー。

    2019年2月8日 07:27

  • ■真の解決編5へのコメント

    琴子ちゃんさすが!!

    作者からの返信

    そうかなぁ、えへへ……(お前じゃない

    2019年2月7日 21:45

  • ■被害者の両親へのコメント

    志穂は家業が好きだったんですね。だんだん彼女のイメージがぼやけてきて別の輪郭が浮かび上がって来たような……。
    だって冒頭のあの言われよう。
    まあでもあれはそれだと読んでいるので(へぼ推理だけど一応伏せておきますね)。

    作者からの返信

    冒頭の言われようは犯人の主観ですからね……。
    人によって見方が変わるのでしょうね。

    2019年2月6日 07:46

  • ■被害者の墓参りへのコメント

    ミステリーゲームならここで思わぬ手がかりが!←となるところですが、さてどうでしょうw

    駅前の様子から志穂の閉塞感が垣間見られたような気がします。派手好きの様でしたから。

    作者からの返信

    作中には書いていませんが、志穂は寂れていく商店街の中で昔ながらの理容店を続けようとする父に反発していました。
    彼女は父の影響を受けながらも、自分なりに進む新しい道を見出していたのです。
    古きよきものを守る者と、新しい躍進の道を選ぶ者は、得てして反発し合うものなのでしょうね。
    親子が互いに背を向けたままでの別れ、これを想像しながら読むと更に遺族の悲壮感が理解できると思います(たちばなさんなら、そこまで想像していらっしゃると思いますが

    2019年2月6日 07:44 編集済

  • ■薄井の過去へのコメント

    そういえば昔「正義の味方」という交番のお巡りさんのドラマがあったなとぼんやり思い出したところで出てきたのが踊る大捜査線!w
    私も夢中で見てました。特に2話、爆弾椅子の神回が忘れられません。
    言われてみれば薄井さん、青島君と被るところありますね。
    彼に憧れる気持ち分からなくもないです(^_^)

    (ちなみに正義の味方は国分太一さん主演、危機に陥っても誰にも助けもらえない警察官という立場の孤独を描いたドラマで、タイトルはちょっと皮肉が入ってます)

    作者からの返信

    「正義の味方」ってドラマありましたね。観てはいないのですが(^_^;)

    刑事ドラマといえば「踊る大捜査線」ですよね。
    私もよく観てました。
    青島さんには熱くさせられましたね。
    いい思い出です。

    2019年2月6日 07:36

  • ■あれから、そしてこれからへのコメント

    何とか完読出来ました笑
    執筆お疲れ様でした!

    挑戦状を叩きつけられた時は焦りましたが、私のゴーストの囁きが正しかったようで安心しました。

    数々の提示された事実は、犯人に繋がる手掛かりというよりは、犯人にさせない為の防衛線って感じました。

    作者からの返信

    完読ありがとうございました!

    ご指摘の通り、本作にはミスリードを多く配置しています。
    その中から真相に至る情報を取捨選択されたようで、正しい解答を導き出されたのでしょう。
    おめでとうございます(*^.^*)

    2019年2月5日 07:27

  • ■刑事の矜持へのコメント


    多い!

    作者からの返信

    はい、実は多いんです。

    2019年2月5日 07:25

  • ■真の解決編5へのコメント


    あと気になった点は、別れているのに部屋を追い出さなかった事…なんですよね。

    作者からの返信

    そこに着目されていたとは。
    よい着眼点です。

    2019年2月5日 07:25

  • ■真の解決編4へのコメント


    フフフ

    作者からの返信

    ふふふ。

    2019年2月5日 07:23

  • ■真の解決編3へのコメント

    必要時以外のサイレンは違法だったような…?笑

    作者からの返信

    フィクションということで……何とぞご勘弁を(^_^;)

    2019年2月5日 07:23

  • ■真の解決編1へのコメント

    ですよねー。
    それがあったから現実的に考えて彼はその手段を取れないと思いました。

    そして何より、落下死するリスクもありますからね。

    作者からの返信

    そうなんです。
    欠陥に気付かれたのはさすがでした。

    2019年2月5日 07:22

  • ■解決編5へのコメント


    違和感が…って!次のタイトル違和感?!

    作者からの返信

    違和感を覚えたということは、正しい解答を導き出せたということですね!

    2019年2月5日 07:22

  • ■解決編4へのコメント

    ですが…その方法、リスクもあるんですよね。

    作者からの返信

    はい、この方法にはリスクと欠陥があるのです。

    2019年2月5日 07:21

  • ■解決編3へのコメント

    そこしかないですよね、あらゆるルートが否定される二重密室。

    作者からの返信

    そこが二重密室の面白さなのです。

    2019年2月5日 07:20

  • ■推理の完成――そして読者への挑戦状へのコメント


    もし、私の仮説が合っているのだとしたら…なんと巧妙に仕掛けられたミスリードなのか!

    外れてたら…それはそれでミスリードに引っかかったと言うことに笑

    挑戦状…売られた喧嘩は買いました。
    そう、この事件は一ヶ月前に始まっていたのです?←ネタバレなど怖くてこれぐらいしか言えない。

    いや、もう少し要点をコピペした内容を見返してから次の話読もう。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    真剣に推理して下さっているようで、作者としては嬉しい限りです。
    解答編をお楽しみに(^^)

    2019年2月2日 12:35

  • ■情報の整理と推理5へのコメント

    タカテンさんの応援コメントが迷推理過ぎて笑

    作者からの返信

    リアルタイムで更新していた頃は、毎日楽しく読ませて貰っていました(^^)

    2019年2月1日 12:31

  • ■情報の整理と推理1へのコメント

    琴子「リボルバーってこうやって撃鉄を上げないと撃てないんですよ。あ、安心してください、弾は六発、きちんと装填済みです」

    一同「……(やばい)」

    作者からの返信

    琴子がヤバすぎる( ̄□ ̄;)!!

    2019年2月1日 12:30

  • ■両親の想いへのコメント

    殺人で家族を失った被害者家族はこの先ずっと理不尽な死と無念、犯人への憤りを抱えて生きていかないといけません。

    けど、時間がいくら経とうが、残された家族の時間はその時のまま何ですよね。世間から事件と被害者が忘れさられた後も。例え犯人が逮捕され、刑を受けても、被害者は生き返らない。

    被害者遺族が少しでも報われる世界になるといいですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    おっしゃる通りです。
    被害者の遺族にとっての救いとは何なのでしょう。
    現実世界でも永遠のテーマです。

    2019年2月1日 12:28

  • ■薄井の過去へのコメント

    ・・・・ほ、本作では結構、バンバンと他作品の名称が使われてますが、だ、大丈夫ですか?笑(著作的に)

    ですよねーという展開笑

  • ■琴子の過去へのコメント

    琴子さん、完全にPTSD状態になっていましたね。そこから立ち直れたのは父の言葉なのでしょうね……。

  • ■聞き込み捜査へのコメント

    薄井さん、これはちょっとまずったんじゃないですかね……刑事としては。

  • ■遺体の引き渡しへのコメント

    被害者、被害者遺族、彼等の為にも犯人を捕まえないといけないですよね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そう感じて頂けたのは幸い。
    ここから先は薄井と琴子に感情移入すると、より楽しめると思います!

    2019年1月31日 23:34

  • ■防犯カメラ映像の精査へのコメント

    バグった?!

    作者からの返信

    バグじゃありません。
    ちゃんと理由があるのです(^^)

    2019年1月30日 12:36

  • ■マンションの管理人へのコメント

    こういうのは女性の方が得意ですよね。生真面目な刑事さんは苦手そうな。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    様々な人に対して行う事情聴取には、しなやかさが求められそうですね。

    2019年1月28日 07:21

  • ■現場観察へのコメント

    探究心には真っ直ぐ、上目遣いでお願いする琴子さん。おじさん達はきっとメロメロ。その事も本人は自覚している?いや、どっちだろう。頼んだら、何故かは知らないけど聴いてくれた程度?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    琴子は基本的には真面目な子なので、誠心誠意お願いしたら通じたと考えてます。
    計算高いヒロインは短編にいますので、よろしければそちらもどうぞ(^^)(さりげなく宣伝

    2019年1月27日 08:50

  • ■真の解決編4へのコメント

    琴子すごい!!

    作者からの返信

    琴子の凄さはまだまだこんなものじゃありません。
    真髄は次回に。

    2019年1月24日 07:35

  • ■琴子の過去へのコメント

    そういえば、銃撃事件の目撃者インタビューではみんな「パーンという音を聞いた」って言いますものね。TVで聞く音はズキュンとかバキュンとかなのにって違和感を覚えてました。
    そうか。納得。

    警察では暴力への対処法を教えるから、ただ怯えていなくてもよいという発想ですね。こちらも納得。
    ただ、心がかなり強くないとできない選択ですね。琴子さんの芯の強さの伏線でしょうね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    今回は琴子の芯の強さを示すエピソードでした。
    ただの密室フリークじゃないんです(*^.^*)

    2019年1月23日 01:31

  • ■あれから、そしてこれからへのコメント

    最後まで楽しく拝読しました!
    個々のキャラクターは引き立ち、また内容も濃密で、カクヨムでは貴重な本格ミステリーかと思います!

    また、皆様の応援コメントと庵さまの返信も、ちゃっかり楽しませて頂きました!

    僭越ながら後程、レビューさせて頂きたいと思います♪

    作者からの返信

    最後までお付き合いしてくださってありがとうございました!

    色んなところで楽しめていただけて、作者としては本望です。
    画面の前で正座してレビュー待機させて頂きます(*^^*)

    2019年1月20日 17:21

  • ■真の解決編3へのコメント

    ついに来た! 最後の琴子さんのセリフ、かっこいいです!
    既にベテラン顔負けの風格ですね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    犯人と直接対決している時の琴子は「格好いいモード」なので、そう言って頂けて嬉しいです(*^^*)

    2019年1月20日 07:14

  • ■あれから、そしてこれからへのコメント

    最後まで楽しく読ませて頂きました。
    こう言った良作が増えていけば、カクヨム界のミステリーもレベルアップしていくと思います。

    他の方もコメントしていますが、シリーズ化を楽しみにしています。(^^)/

    作者からの返信

    読了と★をありがとうございました!

    楽しんで頂けて良かったです。
    これからもレベルアップしていきたいものですね。
    シリーズ化は考えています。
    ただ、次回作が完成するのはいつになることやら……(^_^;)
    頑張りたいと思います。

    2019年1月19日 15:27

  • ■真の解決編1へのコメント

    よかった(^^♪

    今のサッシではテグスが使えないはずだし、補助錠の件もあるし、幹線道路に面しているのに昇る訳ない! と思っていたので、安心しました。


    でも、この謎解きありきの建物構成が、やっぱり残念ですね。
    ここまで進めばネタバレでもOKかな。

    最初に触れた見取り図の最大の違和感は方位でした。
    南面に外廊下を配置して、北面にバルコニーというマンションは、基本的に作りません。
    特に今回の立地であれば、騒音もある幹線道路側に外廊下、細い路地に面した南面にバルコニーを配置するのが通例です。
    三一七号線を挟んで向かい側の敷地に代え、幹線道路に面した南側にバルコニーを配置した建物にすると、よりリアリティーが増します。

    作者からの返信

    お気遣いありがとうございます。

    先の返信で述べた通り、勉強不足で申し訳ありませんでした(^_^;)
    代替案をありがとうございます。

    2019年1月19日 15:22

  • ■推理の完成――そして読者への挑戦状へのコメント

    丸刈り、プリン、幽霊で密室の謎はクリア出来ました。
    犯人については一つの答えに絞れない気が……どこかで見落としてるのかも(^^;)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    密室の謎が解けましたか( ̄□ ̄;)!!
    さすがです!

    2019年1月19日 15:20

  • ■写真が語るものへのコメント

    彼への聴取の時に、同郷の出身で年も近いのが引っ掛かってました。
    被害者の出身校が分かった時点で、捜査本部が彼への再調査を行わなかったのは少し不自然な印象を受けました。

    さて、この先も楽しみ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    同じ出身校であることに早くから気付かれたのは流石でした。
    伏線を分かって頂けて作者冥利に尽きます(*^^*)

    2019年1月19日 15:18

  • ■現場到着1へのコメント

    見取り図の作成、ご苦労様です。

    冒頭の独白でも感じたのですが、いくつか違和感が……。
    重箱の隅をつつくようで申し訳ないのですが、ここまでリアリティのある世界を描かれているので余計に気になってしまいました。
    密室のトリックとも関係していそうな気もしているので、読み進めてから改めてコメントするようにします。
    すいません、思わせぶりなコメントで<(_ _)>

    作者からの返信

    鋭いご指摘ありがとうございます。

    恥ずかしい話ですが、建物に関する知識が乏しいままで架空のマンションを考えてしまいました(^_^;)
    リアリティにこだわるなら、多くの知識が必要になりますよね。
    勉強になります。

    2019年1月19日 10:39

  • ■事案の認知へのコメント

    他の方と同じように、名前の響きからは室井さんを連想してしまいますが、設定からはドS刑事の黒井マヤを想像してしまいました。
    この先も楽しみにしながら、読ませて頂きます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    様々な作品のコメントで、流々さんのお名前を拝見しています。
    こちらでは初めましてですね。
    これからも宜しくお願いします!

    本作にも女性刑事が登場しますが、記憶に残るほどの個性を感じて頂ければ幸いです。

    2019年1月19日 10:35

  • ■解決編2へのコメント

    塩崎さん、ピリピリした推理ショーに似つかわしくない言動で、私は好きです!
    前エピソードの『吉川さん』で、笑ってしまいした☆

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    塩崎さんは本作唯一の癒しキャラです(笑

    2019年1月17日 22:59

  • ■聞き込み捜査へのコメント

    死者にここまで辛辣な言葉を浴びせられる……。
    普通は、嫌に思っていてもそこまでは口に出さない(ましてや警察に対して)ので、何か関係がありそうですね……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    深く考えながら読んで下さっているようなので、それが嬉しいです(^_^)
    彼女に辛辣な言葉を言わせたのは、薄井の人間性を出す為でもありました。
    祥子にとって志穂は、他人である上に嫌悪の対象なので容赦しなかったのでしょう。

    2019年1月12日 22:31

  • ■事案の認知へのコメント

    はじめまして、銀鏡さんの小説経由で読ませて頂いています。密室解明の為の係、面白そうですね。先が楽しみになる設定です。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    それからフォローも。
    こちらこそよろしくお願いします。
    最後まで楽しんで頂けたら幸いです。

    2019年1月11日 21:04

  • ■真の解決編3へのコメント

    琴子ちゃんがんばれー!

    作者からの返信

    応援ありがとうございます。
    そうだそうだ頑張れー、負けるなー。

    2019年1月10日 07:40

  • ■真の解決編2へのコメント

    この後の辰巳の反撃に期待!

    作者からの返信

    彼と琴子の直接対決にご期待ください。

    2019年1月9日 13:04

  • ■ここから二人でへのコメント

    琴子さん小悪魔😈

    作者からの返信

    からかい上手の琴子さんw

    2019年1月8日 19:37

  • ■密室講義3へのコメント

    勉強になります。
    ここまでくると一つの学問ですね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    密室は学問と言っていいほど、多くのミステリ作家が取り組んできた課題です。
    その片鱗を紹介できて良かったです。

    2019年1月6日 19:12

  • ■琴子の秘密へのコメント

    密室に昂ぶってしまう性癖の美人上司と、二人だけの〈特別室〉。
    これは任務の度に、薄井さん、煩悩に乱されそうですね……(^^;)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうですねw
    しかも煩悩に負けたら、どのような処分が下るか。
    彼にしてみれば生殺しの状態になりそうです。

    2019年1月6日 19:10

  • ■琴子は一人でへのコメント

    責務ではなく趣味だからでは?と思わず突っ込んでしまうのはたぶん自分が心が汚れてるからでしょう😌

    ここからトリックのあぶり出しが始まるのですね。
    楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    好きじゃなければ、こんなに地味な作業を1人で続けるなんてとても。
    私には無理ですw

    2019年1月6日 19:08

  • ■つまずきへのコメント

    琴子さん何かやったなw

    作者からの返信

    コメント遅くなりました(;^_^A

    部下の不始末は上司が責任を取る。
    彼女なりのやり方で実行したのです。

    2019年1月6日 19:06

  • ■真の解決編1へのコメント

    いよいよ真犯人追求!!

    作者からの返信

    ここからが本番、琴子の真骨頂です。

    2019年1月4日 07:58

  • ■聞き込み捜査へのコメント

    気持ちは分かるけど、これはまずいことになりそうですね。
    ちょっと意外な展開でした。この先の展開が楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    先の死体受け渡しシーンから、作品の雰囲気が少しずつ変わっていきます。
    推理の手を休めて、読み込んでみて下さい。

    2019年1月4日 07:57

  • ■遺体の引き渡しへのコメント

    わかり合えないまま遠いところに行ってしまった娘に、お父さんは心の中でどんな言葉をかけていたんでしょうね。物語の中ではひとつのモチーフに過ぎない被害者の背景を両親の様子で描き出すことにより、死体は物ではない、人間なんだよと再確認させられます。
    こういう所を丁寧に描かれた作品、好きです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    通常、ミステリの被害者は舞台装置に過ぎません。
    でも本作では、それをしたくなかったのです。
    琴子と薄井に、捜査することの意味を再確認させる為に、このシーンが必要でした。

    2019年1月4日 07:54

  • ■捜査会議へのコメント

    そうかそれでは警察への非難はあっちと考えた方がいいのかな。そして琴子さんのあの依頼の理由は分かりました。そこがポイントかどうかは皆目分かりませんが(^_^;)

    作者からの返信

    おおぉ……たちばなさんが本気で推理してくれている……。
    ありがとうございますっ(>_<)

    2019年1月2日 19:02

  • ■関係者からの事情聴取6へのコメント

    この人も一応あの中の一人で、そうなると動機が……。でも色々と想像することはできますね。私としてはあの伏線が一番気になります。
    ……と、ぼかしすぎてわけわかんないコメントですね(^_^;)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    気になる伏線とは何なのか、作者のほうが気になってますw

    2019年1月2日 19:01

  • ■関係者からの事情聴取5へのコメント

    この時点ではまだあれがどちらかの判断は付かないですね。とぼかして言ってみますが、考えたらネタバレが嫌な人は他人のコメントなんて読まないですねw
    Twitterのら偶然目に入ってしまうこともあるでしょうけれど。

    作者からの返信

    その調子です。
    どんどん推理して下さい(←何様

    2019年1月2日 19:00

  • ■関係者からの事情聴取4へのコメント

    警察の不祥事をあげつらっているのか、それとも警察が事件に関わっていることを仄めかしているのか。早速かき回してくれますね、辰巳さんw
    さいごの方で辰巳vs徳田の構図がまた出てくるのでしょうか? でもvsラスボス琴子ってのも見たいですねw

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ラスボスと戦うのは徳田か、それとも琴子か。
    ……それとも薄井?

    2019年1月2日 18:55

  • ■関係者からの事情聴取3へのコメント

    徳田さんまたまたナイスプレー。そしてうさん臭さが服を着ているような辰巳。キャラ的にはとても好人物ですね。どうかき回してくれるのかw
    (リアルでは、関わりたくない人ランキング上位ですけど(^_^;))

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    辰見は私もあまり関わりたくないタイプですね(汗

    2019年1月2日 18:53

  • ■関係者からの事情聴取2へのコメント

    徳田さんいぶし銀のナイスプレー……かな

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ベテランの活躍が光りますね!

    2019年1月2日 18:52

  • ■関係者からの事情聴取1へのコメント

    冒頭との対比ですねw
    ここはミスリード狙いの可能性もあるので少し離れた所に置いておいた方が無難かなw
    楽しい楽しいわくわくします(^_^)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    正解に近づく為の情報とミスリードへ誘う情報、色んなものを組み込んであります。
    情報を取捨選択して、真相に近づいて下さい。

    2019年1月2日 18:51

  • ■捜査開始へのコメント

    さあ捜査開始!
    それにしても琴子さんこの段階でもうヒントを掴んでるのか……。ということは、この段階で注目すべき伏線が(たぶん多数)あるわけですね。
    うーんどこなんだろう。気になるところはあるけどまったく判らない(-_- )

    作者からの返信

    琴子の頭の中には、様々な密室のパターンが記憶されている(という設定)なので、幾つか当たりを付けたのでしょうね。
    この時点では証拠が足りていないので、明言を避ける発言に留まったのです。

    2019年1月2日 18:48

  • ■密室講義3へのコメント

    琴子さんのメモ保存しました。
    さしづめテーブルの上に辞書と地図と計算用紙、鉛筆を置いてスタンバイと言ったところでしょうかw
    そして随所に琴子さんの性癖が見え隠れw

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    たちばなさん、推理する気まんまんですねw
    ありがとうございます。
    ミステリ作者として嬉しい限りです。

    2019年1月2日 18:47

  • ■密室講義2へのコメント

    人間以外の生物利用による密室。
    +心理的密室なら細菌を使ってる作品あるかも知れないですね。
    琴子さんの講義を読みながら色々想像するの楽しいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。


    古今東西、密室には色んなものがありますから、それを体系化する作業は楽しいです。
    今回、一番楽しんだのは多分、私だと思います(笑

    2019年1月2日 18:45

  • ■違和感へのコメント

    衝撃の展開!!

    作者からの返信

    ショックですね!

    2018年12月28日 07:38

  • ■赴任初日3へのコメント

    意外な人物が室長!?
    薄井さんも思わず『え、じゃあ君が……!?』だなんて言ってしまっていますね(笑)!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    彼女がどんな人物なのか、おいおい明らかになっていきますので、よろしければ続きもどうぞー。

    2018年12月27日 19:43

  • ■解決編5へのコメント

    琴子ちゃんがーー!!

    作者からの返信

    大変だー!

    2018年12月25日 07:47

  • ■解決編4へのコメント

    犯人はおまえだー!

    作者からの返信

    誰だー!( ̄□ ̄;)!!

    2018年12月22日 07:37

  • ■現場到着2へのコメント

    現場の状況と検死でおおよその事は分かるとは思うのですが…それを踏まえた犯人の工作が潜んでいたら、厄介ですよね。

    殺人事件は兎に角、失敗が許されない厳しいものだと思います。監察医さんも頑張って!ですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    現場には必ず犯人が残した痕跡があるはず。
    小説でも現実でも、それに気付く確かな観察眼が求められるのでしょうね。

    2018年12月21日 12:37

  • ■解決編3へのコメント

    きた、ベランダ!!

    作者からの返信

    来ました!

    2018年12月20日 07:37

  • ■解決編2へのコメント

    塩崎さんいい人w

    作者からの返信

    毎度のコメントありがとうございます!
    謎が解ける瞬間を楽しんで頂けたらと思います。

    2018年12月19日 12:40

  • ■解決編1へのコメント

    おお、真相解明!!

  • ■推理の完成――そして読者への挑戦状へのコメント

    開眼しました!
    この物語の答えを知る確実な方法をあみだしました。
    解決編を読めばいいのです(ぇ

  • ■情報の整理と推理6へのコメント

    プリン幽霊の登場か!?(違

  • ■情報の整理と推理5へのコメント

    謎が謎を呼ぶ!!

  • ■情報の整理と推理4へのコメント

    おお!
    まさに時間を解く鍵となるか!?

  • ■あれから、そしてこれからへのコメント

    読了しました。

    ただのミステリーではない、しっかりとしたドラマも味があったと思います。特に被害者の親族とのやりとりは、胸にくるものがありました。

    解決編は焦りました(^_^;)最初に提示された犯人はミスリードと考えてましたので、真犯人が提示されてよかったです。

    トリックは、とても論理的で楽しめました。この楽しさは、幅広い層に受け入れられるだろうなと思いました。

    謎解きにつきましては、第一発見者の入室時間が報告されなかった為にわからないというところから、消去法でたどり着きました。第一発見者の入室記録はビデオをみればわかりますが、その点の記述がなかった為に、ビデオ本体に何らかの仕掛けがあると思いました。仕掛けができる内容となると限られてきますので、こういうことかなと思いました。違っていたらすみませんm(__)m

    ただ、最後まで本当に楽しく読むことができました。改めて、密室モノの楽しさを味わせていただいて感謝しかありません。

    これからも、レベルの高い作品を創作し、できればカクヨムではマイナージャンルと言われるミステリーを盛り上げていかれることを、応援させていただけたらと思います。




    作者からの返信

    改めてご挨拶を。

    初めまして。
    カクヨムに作品を投稿して依頼、素晴らしい読者さまに恵まれて幸せです。
    この度は最後まで読んで下さった上に心のこもった感想をありがとうございました。

    謎解きを楽しんで頂けてミステリ作者としては本望です。
    本格ミステリの風が呼び込めるよう、これからも頑張ります!

    2018年12月19日 12:37

  • ■推理の完成――そして読者への挑戦状へのコメント

    キャラのやりとりが面白く、一気に読んでしまいました(^_^;)

    防犯カメラについては、専門的に扱っていた経験と、オートロックのマンションについても取り扱いがありましたので、知識を総動員して推理しながら読んでみました。

    今の推理状況、こういうことかなと漠然としているだけです。ちょっと真面目に考えてみたいと思います。

    久しぶりに、密室モノに熱くなりました。作中に出てきた作品も、懐かしくてまた読みたくなってます(^_^;)

  • ■赴任初日3へのコメント

    コメント失礼します。

    カクヨムコンテストが始まり、ホラミスを探しまくってようやく見つけた!と思えました。

    密室モノにはかなりハマったこともありまして、レビューを読んで、本当か?と思いつつ(すみません、レビューに多々裏切られてましたので、猜疑心になってました)、読み始めてこれは本当だと思いました。

    一体どんな密室なのか、楽しみながら推理に挑戦してみたいと思います。

    作者からの返信

    コメントが遅くなりすぎました。
    ごめんなさい!(>_<)

    レビューから、楽しんで頂けた様子が伝わってきました。
    作者として嬉しい限りです。
    ありがとうございました!

    2018年12月27日 19:42

  • ■情報の整理と推理3へのコメント

    おおお、琴子ちゃん名推理!

  • ■赴任初日3へのコメント

    警察庁長官の娘って!
    ほぼ聖人…レベルですね…。
    別世界の人間…。

    たんぽぽ娘…

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    大企業CEOの娘みたいなものですから、同じ職場の人は気を遣うでしょうねー。
    彼女がどんな人物か、これから明らかになっていきます。

    2018年11月9日 12:35

  • ■情報の整理と推理2へのコメント

    おおぅ、すごい推理ー!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    推理はまだまだ続きますよー。

    2018年11月7日 11:35

  • ■情報の整理と推理1へのコメント

    琴子ちゃんすごい!!

    作者からの返信

    彼女はまだまだこんなものじゃありませんよ!(親バカ

    2018年11月1日 08:08

  • ■写真が語るものへのコメント

    これから怒涛の急展開となる気がします!

    作者からの返信

    はい、お察しの通りです!
    次回から情報の整理が始まりますよー。

    2018年10月25日 18:16