学園覇王の一堂君は男になりたいっ!

作者 小林歩夢

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全35話

更新

  1. 1 学園覇王の一堂君は、男になりたいっ!
  2. 1章 ヒロインの一堂君は、学園の覇王をしている。
  3. 1-1 ”僕は学園の覇王をしているけれど、現在部下に頭を踏まれている。”
  4. 1-2 ”ここは法治国家日本。話し合いで解決する優しいホットな世界。だから素敵だよね、アイラブジャパン!”
  5. 1-3 ”第五十代覇王は一堂龍馬君、あなたに決定しました”
  6. 1-4 ”僕は学園で、最高権力の『覇王』という称号を得た”
  7. 1-5 ”ダメだ! しょうぶの さいちゅうに あいてに せなかは みせられない!” 
  8. 1-6 ”見えない何かに、彼は殴られていた”
  9. 1-7 ”ああ、言ってやるよ俺がそうした理由を! ……いいえ。言います、僕がそうした理由を!”
  10. 1-8 ”な、なんだと! エーか、いや違う。これは未開の伝説の新大陸。トリプルエーというやつなのか?”
  11. 2章 要約すると、変わり者たちをまとめている。
  12. 2-1 ”こんなことされたら、にーの美貌なら間違いなしに男子はイチコロだよ? 気を付けてね?”
  13. 2-2 ”王華院さんの表情が僕的に作画崩壊している。”
  14. 2-3 ”今日のうちにお墓の相談をしておいた方がいいのかもしれない。”
  15. 2-4 ”女性に告白されたのは初めてだったからだ。そう、女性にはね。”
  16. 2-5 ”QED.”
  17. 2-6 ”喉がはじけ飛ぶような超新星爆発”
  18. 2-7 ”パタン”
  19. 3章 覇王な僕は威張り散らしている。
  20. 3-1 ”もし一人でも入ってきたら男子が数人異世界転生することになるだろう。”
  21. 3-2 ”この子ったら何を言ったって自殺ルートを提示してきちゃう。”
  22. 3-3 ”必要なのは青春を放棄する覚悟と忍耐力と雑草魂といつでも死ねる心意気と、あと紅茶を直で喉に流し込むハイテク技術”
  23. 3-4 ”僕は女の子が好き、なはずだーッッッ!”
  24. 3-5 ”俺様は強い・俺様ナンバーワン主義・俺様に逆らうものは死ぬ”
  25. 3-6 ”僕を男にしてください!”
  26. 4章 僕がオトコになるための、歓迎(?)合宿を開いてくれている。
  27. 4-1 ”彼女が普通で、本来市販の紅茶には毒が仕込んであり、その他の人全員が毒消去スキルを所持しているという何とも面白くない超大作SF”
  28. 4-2 ”なんで女子五人なのにこの子だけ一人部屋なのかしら”
  29. 4-3 ”過呼吸で僕の肺胞が大活躍している”
  30. 4-4 ”なぜ水面に移っている僕はそんな顔をしているんだよ”
  31. 4-5 ”金目的? 怨恨? 興味? 突発的衝動?”
  32. 4-6 ”ちなみに背後霊君は架空の生き物だ”
  33. 4-7 ”さんずのかわのじゅうにん”
  34. 4-8 ”カタストロフィは突然、僕たちに襲いかかる。”
  35. 5章 覇王に危機が襲い掛かる。
  36. 5-1 ”そんなことやってたら整形外科クリニックの診察時間が終わってしまう”
  37. 5-2 ”一般生徒にあって、東皇四天にないものってなーんだ?”
  38. 5-3 ”龍馬ちんも罪な女”
  39. 5-4 ”威圧”
  40. 5-5 ”帰ろうぜ、オレらの部室へ!”
  41. 6章 無事に、一か月限定覇王はお役目を終える。
  42. 6 ”これは三年間東皇学園に君臨したかわいい覇王の、序章を綴った物語である。”