僕のダンジョンは、モンスターへのお触りが禁止となっております

作者 如月 仁成

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全18話

更新

  1. 僕のダンジョンにはラスボスがいない
  2. ボンテージが似合いそうだったからスカウトしてみた
  3. 僕史上一番の冒険なのに、ヒロインはイナカもの
  4. 密輸品って、手荷物にバラバラに隠すものじゃない?
  5. イナカの国の、高貴なお方。……つまりプラマイゼロ
  6. そして誰かの書いたシナリオが、僕の物語を華やかに彩る
  7. 僕のダンジョンには中ボスがいない
  8. ラスボス、ちょー怖え
  9. どこかに、弱みを握らせて下さる美女はいませんか
  10. 僕はこれから急用がある予定になってるんだ。じゃ、そういうことで
  11. 僕の後ろには誰もいないけど、あたし「たち」って?
  12. 壮大なウソは、彼女を傷つけたのか。それとも……
  13. 中ボス、思ってたのと違う
  14. 僕の人生にはヒロインがいない
  15. 何となく何かが止まるってなんだよ怖いよ
  16. 誰だよファンブル出したの。あれ倒すの、無理よ?
  17. 誰かのハッピーエンドへ至るための、僕の人生
  18. 一番きれいだったアヒルの子が劣化してどうする
  19. あれつええ。って、今時珍しいジャンルじゃない?
  20. なに言ってるの。告ってないよ
  21. そして僕は、ベストエンドを目指してRPGをプレイする