僕のダンジョンは、モンスターへのお触りが禁止となっております

作者 如月 仁成

36

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

異世界系ファンタジーもの。

異世界と通じた現代にて、ゲームのシナリオを生み出し続ける主人公。異世界からスカウトしてきた面々が個性的であり、ファンタジー作品でありながらもラブコメものとしても楽しめる内容となっております。

全編を通して「シナリオ」がテーマである作品。「誰かが書いたシナリオ」という言葉は、きっと読み手の何かしらに刺さるワードではないでしょうか。笑いがありつつも読ませるストーリーはいいですね。

多くの方がハマるであろう要素が詰め込まれた作品。是非一読を。

★★★ Excellent!!!



 異世界とゲートで繋がってしまった東京。

 そしてそのゲートの向こうで開催される異世界の冒険を模したRPG。アンシラリー・リアル・ロールプレイングゲーム。

 RPGのシナリオ作家である高校生・大河は、自分の趣味で自分のRPGを作りたいと、かねがね思っていた。そんなときこっそり覗きに行った異世界深奥のサード・ランドで彼は、金髪ツインテの透き通るような美人アーシェと出会う。

 彼は思わず彼女に頼み込んでしまうのであった。

「ぼくのダンジョンにキャストとして参加してください! ラスボスとして!」

「ざけんな!」

 顔面に蹴りをくらってしまう。


 というような冒頭から始まるダンジョン作りの物語。
 異世界にいき、キャストをスカウトし、着々と自分のゲーム作りを進める大河だったが……。

 本作は、パズル作りの名手にして、おかしなヒロイン(でもすごく可愛い)を作らせたら右に出る者のない作者による異世界作品。

 RPGすなわちロール・プレイング・ゲームとは、参加した者たちがその役になりきって演じる遊びだ。そこにはゲームマスターがおり、全体の話の管理をする。シナリオを作るのだ。
 だが。
──所詮人生は、誰かの書いたシナリオに過ぎない。
 ゲームのシナリオを作る大河は、、神の描いたシナリオに即して、自らのダンジョンのラスボスとの運命の出会いを果たし、自分の夢に向かって突き進むのだが……。


 異世界に繋がった世界で、異世界の住人になりきったゲームを作る。そしてそのために、異世界にキャストを探しに行く。という異世界の中に虚構の異世界をつくり、シナリオを作成するというのが本作のシナリオ。

 作者お得意の、絶対に読者に先を読ませない気概の伏線が絡まり、最高のアホヒロインはダブル。軽妙洒脱で捧腹絶倒の掛け合い。ちょっとうるっと来る話。

 これは一体だれの書いたシナリオ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

本当に読みながら感心すること頻りでありました。ショートショートの諸作でも湯水の如く湧き出るそのアイデアの数々に驚嘆させられておりますが、こちらは若きゲームマスターを主人公に、テーブルトークRPGリプレイを模した異世界構築系コメディとなっております。しかも構築するのは物語そのもの! カクヨム世界において、より楽しい物語の創作に呻吟している方々には共感できる点も少なくないでしょうし、何より仲間たちが織り成すハチャメチャなトークバトルはここでも健在です。シリアスな導入部から演者たちがどう転がり出るのか、そんな〈出オチ予想〉的な新たなヨミも楽しめる、とことんエンタメに徹した心躍る傑作です。

異世界ダンジョンものにしてリプレイもの、しかしてその正体は……!

★★★ Excellent!!!

そうだとすれば、「私たち」というキャストはただ踊らされているだけなのか?

主人公はE3DRPG(アンシラリー・リアル・ロールプレイングゲーム)のマスター。
彼の書いたシナリオの中で、キャストは演じ、ゲストは冒険を楽しみます。
そんな彼の前に現れたのは、理想のラスボス。金髪ツインテのかわいい女の子ですが、実は!

当初、リアルとE3DRPGは明確に区別されています。
リアルはリアル。シナリオはシナリオ。
だけど繰り返される印象的なフレーズがそれをあやふやにさせてゆき……

人生は所詮、誰かの書いたシナリオ。
そうだとすれば、今楽しいと感じているこの感情も作り物なのか?
生きてゆくことに意味はあるのか?

さて、この物語のキャストたちはどのような結論を導き出すのでしょうか。
彼らを踊らせるゲームマスターとは一体?
胸踊る冒険と、美しい情景描写。
引き込まれるシナリオ。

あなたも参加しませんか?
素敵なE3DRPG。

★★★ Excellent!!!

いや、期待を裏切らない面白さに大満足です!

RPGマスターである少年が異世界からスカウトして来た女の子はどうにもミスキャスト!?
だが彼女をラスボスに任命したその日から、波乱の生活が幕を開いた!

まさにあらすじ通り。キャストとの軽妙なかけあいに笑撃を受け、最後の最後に気持ちよくどんでん返し。
予想を越えた各章のラストに衝撃を受けること間違いなしです!

ゲームマスターである非戦闘要員の主人公が、キャストのために数々の困難を乗り越える姿は、思わず手に汗握り応援したくなってしまいます。
シリアスパートもコメディーパートも疑って読まねばなりません。それは、ミスリードかもしれませんから。

そして、主人公はスカウトしたキャストとともに自分の描くベストエンドを目指すのです。

明確に記されたそれすらも、実は……答えは是非ご自分の目で確かめてください!
でも、これだけはネタばらしさせてください。すっごく面白い!!読み終えた後大満足すること間違いなしのオススメ作品です!

★★★ Excellent!!!

現世界とゲートでつながる三つの異世界。
そこに住まう異世界人をキャストにし、自作シナリオでRPGを運営する高校生マスターの大河が、ある日自分のRPGのラスボスに相応しいと見込んだフェアリー、アーシェに出会うことから始まる物語です。

ラスボスにぴったりと言いつつも、天真爛漫な金髪ツインテのイナカ娘、アーシェのキャラはとってもチャーミング。
口数が少ないくせに毒舌の大河にいつも罵倒されていますがへこたれず、とある事情で仕方なしラスボスを請け負っています。

そんな大河が次に見つけたのは、中ボスにぴったりの妖艶なジュエル。
クールビューティの彼女ですが、ゼロ・ランド(東京)から持ち込まれたとある本を聖典とするお国柄の王女であるため、その言動はちょっとズレていてドキドキさせられます(笑)

そんな二人が大河のシナリオに踊らされる最中、彼らの前に十三魔剣と呼ばれる最凶の敵が現れて──

「所詮人生は、誰かの書いたシナリオに過ぎない」が口癖の大河ですが、自分の描くシナリオどおりに事を運ぶことができるのか。
それとも誰かのシナリオに踊らされるのか。

最後には驚きのカラクリが待っています!
ぜひ貴方も作者様とマスター・タイガーのシナリオに踊らされてください☆

★★★ Excellent!!!

学生の頃、『ロードス島戦記』が友人たちの間で流行って、TRPGをやってみたことがあります。
キャラクターを考えるあたりはすごく面白かったのですが、なんせゲームマスターを含めて全員が初めて。当然上手くいくわけもなく、途中でダレてしまい、みんなして投げ出そうとした時のことでした。
「スライムの攻撃が女戦士にヒット。サイコロ振って」
「はいはい(メンドクサー」
「サイコロの目は1。レジスト失敗。女戦士の胸当てが溶かされて、おっぱいがポロリした」
うん、一瞬にしてみんなゲームに夢中になったね(ぁ
その後もゲームマスターが機転を効かしてスライムばっかり出てきて、大いに盛り上がりました。

さて、今作にそんなシーンはありません。が、主人公であるゲームマスターの手腕にそんな遠い昔の事を思い出さずにはいられませんでした。
てか、自分のダンジョンのラスボスにフェアリーの女の子(ただしクィーン・オブ・ザ・デストロイヤーの異名を持つ)をスカウトするとか、目の付け所が斜め上を行ってますw
いや、ラスボスって言ったらもっとこう仰々しいのを配置しません? それが今作ではカップラーメンが大好きで、「ってゆーな」が口癖の、なんというかちょっぴり残念な感じの人なんですよ。
うん、この主人公がゲームマスターを務めるのなら、そのTRPG(正確には違いますが)絶対に面白いだろとこのチョイスだけで自分は確信しました。

毎回この作者さんの作品には笑わせてもらっていますが、今回もいい仕事をされています。是非。