今日は何の日?

作者 古博かん

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 一月十九日 平治の乱が勃発した日へのコメント

    この辺は大河の「清盛」でやってたのですが、見てなかった。視聴率は悪かったけど、内容はよかったので見ればよかったです。
    今の鎌倉殿は見てます!

    作者からの返信

    澄田こころ様 清盛……どうしても後世ヒールのイメージなのか、視聴率は芳しくなかったですよね……
    マツケン(サンバじゃない方)の清盛も小ネタに若干のNG臭(笑)を感じましたが、割と好きでした。

    2022年1月19日 23:12

  • 一月十八日 118番の日へのコメント

    118にはかけたことないですけど、110にはかけたことあります。
    家に泥棒がはいって、なかなかドキドキする瞬間でした。
    でも、その後の家にきた警察官の人数に圧倒されて、電話しなけりゃよかったと軽く後悔しました笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 えっ、家に泥棒はいったんですか!
    ご無事で何よりです……そこは電話して正解ですよ……!
    でも、そんなに大挙してやって来るもんなんですね、警察の方々って。あ、でも警官の他に鑑識さんとか刑事さん(?)とか色々手配されるからでしょうか? 確かにドキドキですね。

    2022年1月18日 23:43

  • 一月十七日 阪神淡路大震災が発生した日へのコメント

    京都に住んでいても、あの日は激しく揺れましたね。
    朝起きて、テレビをみて唖然としました。
    いつもは、さっさと早起きして趣味の畑にいく父が、食い入るようにテレビをみてました。えらいこっちゃといいながら。

    作者からの返信

    澄田こころ様 地盤や立地で、公式発表以上に体感として強く揺れた地域は多かったですもんね。
    うちも、階段脇の壁はバッキバキになってました。あと風呂場のタイルも総崩れでしたが、(賃貸物件だったし)1/4壊くらいで済んだし何よりライフラインが生きていたので生活できましたが、被災地の初期の状況は本当に……酷かったです……。

    2022年1月17日 22:35

  • 一月十六日 アメリカで禁酒法が施行され…へのコメント

    禁酒法といえば、映画「アンタッチャブル」ですね❗何度も観ていますが、禁酒法と聞いてすぐに連想するのが、かの作品。

    あと、アニメですが「91Days(2016年)」も禁酒法時代のアメリカが舞台の作品。こちらも、面白い作品でした。

    作者からの返信

    鉄弾さま 名作ですね! 若かりしショーン・コネリーやロバート・デ・ニーロ……マフィアの暗躍とガンアクションがアツいですね!
    おそらく禁酒法=アンタッチャブルって図式で十分まかり通るかと思います。私も連想しました^^

    91Daysは知らなかったです。ちょっとググってきます!

    2022年1月17日 00:09

  • 一月十五日 いい手の日へのコメント

    ほんと、このサポーの話はローマ人ありがとう!っていいたくなるはなしですよね。

    でも、なんで汚れが落ちるって気づいたんでしょうね。雨の後にその土から泡でも出でたのかな。

    作者からの返信

    澄田こころ様 本当に古代と言いつつ、石畳や建築技術、コンクリートの開発に公共上下水道の完備……未来(?)が日常に溢れてますね。
    雨でもこもこ泡、ありそうですね^^ 私は粉石鹸的な感じで土くれ触ってたら手のひらキレイキレイ♪ になったのかなって思ってました。

    2022年1月15日 23:11

  • 一月十三日 初虚空蔵(はつこくうぞう)へのコメント

    十三まいり、いきましたねー
    でも、春にいった記憶があります。
    真言って○○ソワカってよーくいいますけど、ソワカってなんだろ?

    作者からの返信

    澄田こころ様 元はサンスクリット語のsvaha(a の上に横棒あり)=スヴァーハーが漢語に置き換わった感じでしょうか。
    真言の末尾に持ってくる定型句みたいなもんだと思いますが、火に供物を焚べる時の掛け声的な感じで、「(神聖な)お祈り」みたいな意味合いかなって思ってます。
    多分、キリスト教だと「アーメン」に相当する聖句かなと。

    2022年1月14日 23:10

  • 一月十二日 桜島が大噴火して大隅半島と…へのコメント

    桜島みましたー
    仙厳園からみたのですが、雄大な景色ですね。火山灰をまきちらす困った存在だと他府県民は思いますけど、鹿児島県民の桜島愛は熱いです(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 おお、ご覧になりましたか!
    勝手にモクモクゴツゴツした火山をイメージしてましたが、実は緑豊かなんですよね、自然ってすごい。

    確か、天気予報の感じで桜島の降灰量とか毎日予報出してるんでしたっけ? すっかり生活の一部なんですね^^
    他府県民にしたら、恐々としてしまいますが……半笑

    2022年1月13日 22:26

  • 一月十一日 冠位十二階やってみたへのコメント

    蘇我氏は渡来人だったらしいので、半島情勢にくわしく無視できなかったのかもしれませんね。

    作者からの返信

    澄田こころ様 なるほど、外交パイプ大事ですね! そう考えると、何だかしっくり納得できます^^
    連立与党みたいなものかな……

    2022年1月11日 22:53

  • 一月十日 十日戎(えべっさんの日)へのコメント

    今日、このお話を読んで調べました。すると、昨日の神戸新聞・電子版に西宮戎を15連覇した人の記事がありました。

    記事では、「伝説の男」として紹介されていました。「伝説の男」と聞くと、昨今のライトノベルの主人公みたいに思えました😅

    作者からの返信

    鉄弾さま 確か福男も一番福から三番福まであって、毎年三名選ばれていた気がします。
    この日のためにトレーニングしたり、当日のコースどり(参道は途中カーブもあり)を入念にシミュレーションしたりと、常連さんになるともはや福男ガチ勢です(笑)

    まさにラノベの主人公感万歳ですね^^;

    2022年1月10日 23:52

  • 一月九日 風邪の日へのコメント

    2、3年前の今頃、「インフルエンザに気をつけましょう」なんて言っていられた時代が懐かしくすら思えます。

    もうインフルエンザどころの話ではない昨今。コロナが、世界と人類の歴史に与えた影響は大きいです。

    作者からの返信

    鉄弾さま 本当に、例年のインフルエンザの猛威が可愛く思えるレベルですね……凹

    これだけ短期間に変異するコロナウィルスにギリシャ文字足りるのかな……とか思ったりします。
    そのうち、アルファアルファ株とか言い出したらヤだなあ……。

    2022年1月10日 00:55

  • 一月八日 元号が「平成」になった日へのコメント

    そして、今や「令和4年」。平成も遠くなりつつありますね😅

    作者からの返信

    鉄弾さま そうなんですよ、もう四年 !? ふえっ !?!? って感じです。
    既に平成31年が西暦何年だったか、ふわふわっとしてます(滝汗)

    2022年1月10日 00:57

  • 一月七日 世界初「消救車」を千葉県松戸…へのコメント

    株式会社モリタ。これだけは言わせてください!あの某サングラスの有名元司会者が脳裏に浮かんだ😅読み間違いはしていませんが、まずあの方を想像してしまいました。

    「消救車」とは全く関係なくて、すいません🙏

    作者からの返信

    鉄弾さま 分かります、分かりますよ! だって、森田さんですもの!
    世間的認知度はサングラス司会者の圧勝ですよ。
    だから、想像していいとも〜なのです(力説)

    2022年1月10日 01:00

  • 一月八日 元号が「平成」になった日へのコメント

    昭和天皇が崩御されてからしばらく、テレビが昭和の歴史映像一色でしたね。
    そのころから歴史好きだったので、わりとみてました。
    大正天皇の葬列の映像とかなかなかみれないですよねー
    棺を担ぐ人が、たしか代々きまってて、京都の北の地域に住む人(八瀬だったかな)ってのを聞いて、ほーーってなりました(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 担ぎ手さんも世襲で代々決まってるんですね!
    すごいです!(へぇ〜ボタン連打)
    大正天皇、昭和天皇と確か土葬でしたよね。喪狩りの儀式ってなかなかハードそうだなあと思ってみたりしますが、上皇様は火葬をご希望なんでしたっけ? その場合、担ぎ手さんのお役目はどうなるんだろう……。火葬場まで? 気になりますね……。

    2022年1月8日 23:37

  • 一月七日 世界初「消救車」を千葉県松戸…へのコメント

    消救車? 聞いたことないですけど、うちの自治体にはいってる……
    見たことないけど(笑)

    世の中二つのものをくっつけると、おのずとどちらも中途半端で……ゲフンゲフン

    作者からの返信

    澄田こころ様 ご当地カスタムが加えられているそうなので、もしかしたら京都の街並みに合うように……ごふっ(吐血)

    実際、かなり偏ったニーズになるので、財力のある広範囲をまかなう自治体なら消防車と救急車それぞれ持つのがセオリーかな……と。
    アイディアは悪くなかったんですが……おっと、誰か来たようだ。

    2022年1月7日 22:57

  • 一月六日 風月堂がケーキの広告を打った日へのコメント

    おータイムリー。今明治5年にどんなお菓子が流行ってたかしらべてたんですが……ようわからん!

    新聞広告もみたいのですが、いいのがヒットせず。どっか明治の新聞広告見えるサイトあります?

    そして、上京は京都へいくこと。老舗と名乗るならせめて元禄以前をなのらないと、みとめられない!
    京都あるあるですねー(笑)
    友達のところのお茶屋も創業元禄年間です。披露宴でドヤ顔で司会者が紹介してました。

    作者からの返信

    澄田こころ様 明治の新聞が残っているとしたら、国立国会図書館が一番保存数に期待が持てるかと。
    一般人も利用登録できるので、オンライン閲覧できるかもしれません。(無理でも、公共の図書館や大学図書なんかが大半加盟してるので、その辺を通して取り寄せできる資料の複写もあるかと)

    あとは、森永や明治の歴史沿革を当たりながら関連記事を引っ張るというのも手かもしれません。(自社広告なら資料として保管してることを期待)

    元禄年間のお茶屋さん……わーい、いえもーん(違うよ、落ち着け)
    ドヤる進行の姿がすごく目に浮かびました(笑)

    2022年1月7日 22:52

  • 一月六日 風月堂がケーキの広告を打った日へのコメント

    風月堂さん、ハイカラですねぇ。創業二七五年というと、徳川家の没落から、第一・第二世界大戦などなど、数々の大惨事を生き残ってきたわけなので、本当にどえらい話ですね。創業八百年越えなんて、もうどんだけすごいのか、SF並みです。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 風月堂のリキュールボンボン気になります。復刻とかしないかなー(と期待)
    幕末から現代……本当に時代の節目節目を見てきたどえらい企業だと改めて思います。
    創業八百年越え談:「平家が滅亡した時はさすがに店を畳もうかと思いました」という感じでしょうか……(・・; レベルガ違ッタ!

    2022年1月6日 23:30

  • 十二月一日 一万円札が発行された日へのコメント

    聖徳太子の一万円は余り見たことないです。聖徳太子、つまり王族(今の皇室)の大政治家の肖像画でしたね。それが、大教育者、福沢諭吉。経済人の渋沢栄一と続くわけですが、やはり日本資本主義の父が一万円になるのはしっくりきますね。

    そういえば、お札の肖像画になるには髭が必要だったとか昔聞いたことがあります。でも、曖昧な記憶なのでそこは話半分で聞いてくださると嬉しいです。

    作者からの返信

    化け猫ニャン吉さま 私も聖徳太子の一万円は実物を見たことないです。両親や祖父母は「懐かしい」と言ってましたが^^;
    一応手元には諭吉旧バージョンは資料として一枚だけ置いてます(笑)
    言われてみれば、歴代お札の顔って確かに男性のヒゲ率高いですね。
    諭吉さんが例外だったのか……

    2022年1月5日 23:37

  • 一月三日 鳥羽・伏見の戦い勃発へのコメント

    お久しぶりです。
    鳥羽・伏見の戦いと聞くと、何故か新選組を思い出します。この正月三ヶ日にも新選組の再放送とかやってましたし。
    戊辰戦争の由来が戊辰の年というのすっかり忘れてました。思い出せたのでありがとうございます。
    西欧列強の帝国主義の波と複雑な世界の情勢など、何とも言えない時代です。

    燃え尽き症候群から復帰しました。今まで全ての日を読もうとして疲れてしまったので興味ある日を読ませてもらいます。
    後、レビューも書かせていただきます。

    作者からの返信

    化け猫ニャン吉さま わーい、ご無沙汰してます!
    明けましておめでとうございます^^
    レビューまでいただき、ありがとうございます。

    わあ、全部読もうとしてくださってたんですね。
    私自身が基本能天気なので、気負わずにまったりつまみ読みノープロブレムです!
    特にコメントで補足してくださる歴史がらみの情報(勝手に知識武装と呼んでます)も勉強になって嬉しいです。
    今後とものんび〜りよろしくお願いいたします!

    2022年1月4日 22:23

  • 一月三日 鳥羽・伏見の戦い勃発へのコメント

    いま、鳥羽伏見の近くにおります(笑)
    ほんと、錦の御旗はチートアイテムはなはだしいですよね。
    あれ考えたらやつ(岩倉卿)天才!

    作者からの返信

    澄田こころ様 おお、何とタイムリーな(笑)
    錦の御旗は、本当に現実世界の最強チートアイテムですね。

    トモミ ハ タイギメイブン ヲ トナエタ。 ドウスル?

    ニゲル
    タタカウ
    チョ……チョ、マテヨ! ト サケブ

    2022年1月3日 22:47

  • 一月二日 初夢へのコメント

    このエピソードを読んで、初夢を思い出そうとしても、思い出せない😂

    作者からの返信

    鉄弾さま 私も結局、何の夢を見たのか分からない(覚えてない)ので、とりあえず自分にとって都合の良い夢を見たことにしておきます(笑)

    2022年1月2日 22:34

  • 一月一日 元日(がんじつ)へのコメント

    あけましておめでとうございます。

    学生時代に先生から教わった「間違いあるある」の思い出といえば、結婚していない学生が帰省するときに「実家に帰る」というのは、謝りと習ったことですね〜。結婚してから、堂々と「実家に帰る」と言えるようになったのに、「実家」と言うたびにこの指摘を思い出します。

    毎日、勉強になる更新をありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 あけましておめでとうございます!
    こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします^^

    なるほど、「実家」は籍を離れてようやく使えるわけですね!( ..)φメモメモ
    未婚の場合は「生家」とか「親元」あたりが本来の意味って感じでしょうか。何か、英語だと全部homeでまかり通りそうな気がしますね。

    2022年1月1日 22:53

  • 一月一日 元日(がんじつ)へのコメント

    あけましておめでとうございます~

    今年も、よろしくおねがいします。毎回のウンチクに興味津々でございます。

    作者からの返信

    澄田こころ様 あけましておめでとうございます!
    こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いします^^

    楽しんでもらえるよう、今年も頑張ります!

    2022年1月1日 22:28

  • 一月一日 元日(がんじつ)へのコメント

    明けましておめでとうございます❗これで正しい新年のご挨拶になるのですね😅

    確かに、学生時代のこういった指摘は、大人になっても覚えているものです。私も、「色々わかりました」というのは、何もわかっていない証拠だと先生に言われたことを覚えています。

    作者からの返信

    鉄弾さま 明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いいたします^^

    色々わかりした=何も分かっていない うぐっ。
    言い訳を許さない清々しい愛の鞭ですね。返すシナリで私もオリオン座くらいまで飛んで行きそうです(半笑)

    2022年1月1日 22:26

  • 十二月三十一日 大晦日(おおみそか)へのコメント

    こちらのエッセイで、クリスマス・イヴがクリスマス・イブニングの略で、昔は日の入りとともに日付けが変わっていたから、とおっしゃってなかったです? だから、ニューイヤーズ・イヴも同じ理屈なのかなぁと勝手に思っていました。

    ユダヤ人の義母が、イスラエルでは今でも日の入りとともに日付けが変わると言っていました。

    言われてみれば理にかなっていますね。日の出とともに日付けが変わる文化もありそうです。

    このエッセイ、いつも興味深く拝読しています。古博さまもよいお年をお迎えください。

    追記:ああ〜、ごめんなさい。日の出と日の入りを読み間違えてて、トンチンカンなコメントしてしまいました。日本こそ、日の出とともに日付けが変わる文化だったのですね。まるッと納得です。失礼しました(汗)

    作者からの返信

    かしこまりこ様 おそらくクリスマス・イヴと同じ意味合いでのニューイヤーズ・イヴだと思います^^
    宗教色は薄そうだから、イベント的に楽しんでいるのかなーとタイムズスクエアーの集まりなんか見てて思います。(寒そうだけど、楽しそう)

    やっぱりユダヤの暦は今も日没ベースなんですね!
    日本の場合はきっと太陽信仰が影響しての日の出ベースなんだろうなあと思うと、案外宗教と日常生活って現代でも意識せず密接してるのかもですね。

    まりこ様も、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!
    いつもありがとうございます(^▽^)

    2021年12月31日 18:37

  • 十二月二十九日 福の日へのコメント

    京風の真っ白なお雑煮大好きなのですが、ここ何年も食べてない……
    九州は、おすましなので。
    あの真っ白なお雑煮食べ慣れてないと、めっちゃ食べづらいらしいです。

    作者からの返信

    澄田こころ様 九州もお澄ましなんですね!
    なんか、勝手にラーメンとか唐揚げの印象で雑煮もコッテリしてるのかと思っていました^^;

    白いお雑煮、ほんのりと甘みがあるの良いですよね。
    でも、言われてみると食べ慣れないと確かに違和感あるのかも……?

    2021年12月29日 23:20

  • 十二月二十七日 童話劇ピーターパンが初…へのコメント

    いやー19世紀の大英帝国の闇が凝縮なカンジのピーターパンですな(笑)

    ハリポタも、児童虐待された子供のざまーですもんね。私はアメコミヒーローより、薄暗い闇しょったイギリスヒーローの方が好きです。
    あっ、秘密の花園も児童虐待のはなしですね。

    作者からの返信

    澄田こころ様 本当に、闇が深いです(笑) でも、それがいい!
    不遇だけど、主人公自身も割とエエ性格しとる(笑)というあたりが癖になるんでしょうねえ、決してクリーンじゃないけどハマるという。

    最終的に拳がモノを言うアメコミヒーローもエンタメ性高くて嫌いじゃないんですけど……なんで、未確認生物とかゾンビに対して普通の人があんな超人的に? という疑問は付き纏います(笑)

    2021年12月28日 23:26

  • 十二月十九日 ディケンズ著「クリスマス…へのコメント

    冒頭、不意に某ケンタッキーを思い出しました😅

    作者からの返信

    鉄弾さま 私も、某ケンタッキーのつもりで書きました(笑)
    伝わって嬉しいです!

    2021年12月26日 23:40

  • 十二月二十六日 ボクシングデーへのコメント

    日本では、サンタさんより年神さまが来られることの方が重要だったのに、負けとるやん年神さま(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 笑
    年神様はきっと心が広いので、苦笑いしつつ「楽しんどるか〜」と許してくれると勝手に思ってます^▽^;
    とりあえず、今日は二時間かけて家中の窓拭きやりました(寒かった〜)

    2021年12月26日 23:39

  • 十二月二十四日 クリスマス・イヴ(クリ…へのコメント

    いやー中2の息子にさっき、なんでキリストの誕生日は25日なのにイヴの方が派手に祝うの? 
    と、聞かれたばかりです。適当に前夜祭っていったんですけど、これ読んどいたらよかった(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 素朴でありながら、実に鋭い質問ですね(笑)
    そして、「プレゼントは?」と聞かずに「キリストの誕生日」の発想がすぐできる息子さん、なかなかに思慮深い……素晴らしいです。

    朝より夜が先にくるという偏屈な暦(違)が招く誤解ですね^^;

    2021年12月24日 23:52

  • 十二月二十四日 クリスマス・イヴ(クリ…へのコメント

    へ〜! 今回も知らないことばかりでした。六歳の息子が、クリスマスはサンタさんが生まれた日だと思ってました。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 ふふ、小さいお子様にとってはクリスマス=サンタさんになりますよね^^
    商業サンタが生まれた日という意味では、あながち間違っていないような気もします^^;

    2021年12月24日 23:45

  • 十二月二十三日 東京タワー完成の日へのコメント

    今ってもう、東京タワーから電波とんでないんですか?
    万博終わった時のエッフェル塔みたいに、解体の危機を迎えないといいですけど(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 一応テレビ電波としてはお役御免でスカイツリーにバトンタッチしたのですが、災害時なんかの緊急無線電波としては、まだ現役稼働してるっぽいです。
    都民と関東地方一帯は、東京タワーの見守り入ってます(^-^)

    エッフェル塔は生き残りましたが、グランド・ルー・ド・パリ(でしたっけ?)はイギリスが作ったからって理由(?)で跡形もなく消えましたよね……残念。
    (ロンドンアイはリベンジマッチだと勝手に思ってます)

    2021年12月23日 22:51 編集済

  • 十二月二十三日 東京タワー完成の日へのコメント

    東西鉄骨ブラザーズ(笑)
    毎回、どっかの小ネタで、ふふっと笑っております。
    東京タワーの大がかりな塗装作業など、知らなかったことばかりでした。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 東西鉄骨ブラザーズは、私のお気に入りワードでもあります^^ ふふっとなっていただけて本望です!

    実はとっても手の掛かる東京タワーは、剥き出しですが完全なる箱入り息子だったという事実(笑)に、私も「ほえー」ってなりました。

    2021年12月23日 22:44

  • 十二月二十一日 遠距離恋愛の日へのコメント

    九州と京都で遠距離を3年続け、結婚した私からしたら、今の遠距離は恵まれてる! と思います(笑)

    だって、電話ただでかけ放題でしょ。顔を見てしゃべれるでしょ。めっちゃ、近くに感じられますよね。電話代だけで、むかしは月1万は軽くきえてましたよ。

    文明の利器を上手に使えば、乗り切れると思うんですけど。

    作者からの返信

    澄田こころ様 確かに、通信インフラに関しては本当に比べものにならないくらい便利になりましたよね。
    もしかして、それが逆に災いしているんでしょうか……あんまり身近に感じすぎると、遠距離の醍醐味は薄れるのかもしれませんね(残念な話)^^;

    今の若い世代って生まれた時からインターネットが当たり前の環境ですから、むしろ一時的にでもネット環境取り上げちゃった方が盛り上がったりして( !? )

    2021年12月21日 22:20

  • 十二月二十日 果ての二十日(斎日)へのコメント

    お後がよろしいようで。笑

    今日は、京都では罪人を処刑する日だったのですね。ひえええ。
    どのくらい遡る話なのでしょうか? 市中引き回しなんて聞くと、なんとなく江戸時代を思ってしまいますが、江戸じゃない時代や場所でも、罪人は市中を引き回されたりしてたんだよなぁ、とおバカな感想を持ってしまいました。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 仰るとおり、市中引き回しは江戸時代に行われていたようで、分かってるだけで15,000人ほど公開処刑されてるみたいです。
    必ずしも罪人ばかりじゃなく、キリシタン狩の犠牲者なんかも含まれてたようですね……。
    戦国まで遡ると、明智光秀の遺体も晒してたそうで……。
    明治に入ると刑場こそ撤廃されたものの、代わりに解剖施設になってたみたいです。

    2021年12月20日 22:55

  • 十二月二十日 果ての二十日(斎日)へのコメント

    平野神社の社殿は、倒壊してからどうなったんでしょうね?
    うちの旦那さんがこの近くで下宿してまして、北野天満宮や平野神社でよくふたりで散歩しました。


    作者からの返信

    澄田こころ様 2018年の台風被害ですよね。台風後に私が参拝に行けたのは半年後くらいだったんですが、倒壊した拝殿は束石を除いて全撤去済でした (T-T)
    当時の価格で再建費用の概算、軽く一億超えしてて寄付募ってました。

    その後はコロナで行けてないのですが、どうやら今年の九月に無事に拝殿完成したそうです! 先月、完成を祝う竣工祭も無事に行われたそうですよ (^-^)
    あの苔むした渋い檜皮葺は見る影もなくなってましたが……本殿や他の被害箇所はこれから順次改修するみたいです。

    2021年12月20日 22:37

  • 十二月十九日 ディケンズ著「クリスマス…へのコメント

    チャールズ少年にそんな過去が! ディケンズはあまり読んでいないのですが、かなりダークだよなぁという印象があります。生い立ちを考えれば納得ですね。クリスマス・キャロル、好きな物語です。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 仰るとおり、ディケンズ作品は片手間に読むには内容が重いです……^^; トラウマが昇華されたと思えば、少しは救われる気がします。

    きっと「お金はこんな風に使ってよ、父さん!」って思ってたのかな、なんて思ったりします。
    だからこそ、スクルージが改心して良かった(ほろり)

    2021年12月19日 23:18

  • 十二月十八日 東京駅完成記念日へのコメント

    舞台裏でそんな努力が! 知らなかったです。そういう事情を知っていると、東京駅を利用するときの感慨もひとしおですね。コロナで、いつ帰国できるのかまだ見通しが立っていないのですが、できれば来年のうちに、東京駅を利用したいと思っております。

    ちなみに、こんなに内容が濃い知的なエッセイを書かれるのは、すごく大変なのではと感心しております。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 私も「え、地下鉄浮いてんの !? 」とびっくりしました。
    何年か前に上野駅で線路が(ポンプ詰まりで)水没して大変なことになったというニュースの事情もやっとこ意味が分かりました^^;
    リニューアルした東京駅舎もコロナが収束したらじっくり見てみたいです (^-^)

    広く浅くみんなの雑学になればいいなあと思って、私も勉強になって一石二鳥です、ふふ(時々、下調べ中にポンコツが爆発してます・笑)

    2021年12月18日 21:14

  • 十二月十六日 念仏の口止めへのコメント

    えーー念仏口止め、知らない風習でした。
    しかし、ほとんどすたれた風習でしょうね。うち、来週法事ありますし(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 私も、「えー、そんなん知らーん」って感じでした。

    年末の法事は普段以上に忙しそうですね^^;
    どうぞお体ご自愛ください。

    2021年12月16日 22:07

  • 十二月十五日 ザメンホフ先生の誕生日へのコメント

    エスペラント語、偶然知ってました(えっへん)。夫がユダヤ人なのとは関係ありません。そんな経緯で発明された言語とは知りませんでした。「へー」の連続の勉強になるエッセイありがとうございます。ポーランド、切り刻まれ、侵略され、地図からなくなったこともありますもんね……。知人の結婚式でクラクフに行ったことがありますが、そんな歴史が嘘のようにオシャレで食べ物がおいしく、素敵な街でした。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 何と、エスペラントをご存知でしたか! 素晴らしい!(私の周囲は「ナニソレ?(きょとーん)」って感じでちょっと寂しかった^^;)
    と言っても、私自身も学生時代の授業で少し聞き齧った程度だったので、詳しくは理解していなかったのですが(ごにょごにょ)

    ポーランドの刻まれても踏まれても復活するさまは本当に逞しいというか、不死鳥のような国だなあと惚れ惚れします。
    生きてる間に訪れたい国の一つです^^(羨ましい)

    2021年12月15日 19:49

  • 十二月十四日 赤穂浪士四十七士、吉良邸…へのコメント

    ほんと、年末に忠臣蔵をみなくなりましたねーー

    最近読んだ本に、バカ殿ランキングという項目があり、一位は浅野内匠頭でした……
    そっか、今の感覚じゃあバカ殿なのかと、ちょびっと昭和がなつかしくなりました。

    作者からの返信

    澄田こころ様 がーん。バカ殿第一位なんですね (((((∑(°Д° )))))

    でも、まあ、支店長クラスとしては一番やってはいけない悪手を打ったのは確かですね……無念、浅野内匠頭。
    モラハラと刃物、ダメゼッタイ。
    上野介さんも大人気ないと思うんですが、「いちいち突っかかってくる言うこと聞かない部下、もういや」とか思ってたかもですね(。。;

    2021年12月14日 23:11

  • 四月一日 エイプリルフール(万愚節)へのコメント

    白米とカレーの缶詰の苗、クリスマスプレゼントに欲しいです(笑)。サンタさんにお願いしてみようかと思います。

    こんなところでなんですが、拙作を読んでくださって、評価をありがとうございました。こころさんのレビューのおかげでしょうか? 「カクコンは祭り」とはこころさん談ですが、カクコンのおかげで普段のエッセイの「常連さん」以外にも読んでいただけてうれしいです。

    作者からの返信

    かしこまりこ様 こちらこそコメントありがとうございます!

    はい、こころ様のレビューから気になってこっそり伺いました^^
    ユダヤ人の割礼を実体験で取り上げているなんて! というコアなネタを等身大で分かりやすく紹介されていて素晴らしかったです。

    カレー缶詰の苗は国家機密プロジェクトなので、現時点ではサンタさんもフィンランドでサウナ入りながら順番待ちしてるそうです(笑)
    でも、マハラジャダンスで盛り上げたらこっそり融通してくれるかもしれません。

    2021年12月14日 23:03

  • 十二月十三日 大掃除の日へのコメント

    うっ、掃除しないと〜〜
    むかし、うちの家では父が餅つきの音頭とり、大掃除も陣頭指揮をしておりました。

    なつかしいです。

    作者からの返信

    澄田こころ様 おお、まさにお父上「年男」ですね!

    一気に全部掃除するのは無理なので(諦め早)、今日は玄関周りだけこそこそ掃除しました^^;
    少しずつ、少しずつ……うん。

    2021年12月13日 20:33

  • 十二月十日 近江屋事件が起こった日へのコメント

    「薩摩藩とかおまいう」

    これ、どういう意味でしょう?

    室内での近距離の乱闘にはピストルはあんまり意味がないそうですよ。
    一人打っても、次を打つ前にもうひとりに切られるからとか。

    日本にくる外国人はことのほか日本刀にびびってたようです。カミソリソードっていって。
    なんか、いいですねカミソリソード(笑)中2くさくて。

    作者からの返信

    澄田こころ様 おっと、またやらかしてしまった……
    おまいう ← お前がそれ言う?(てか、言うなよ)
    みたいな意味合いの狭い界隈の略語っぽい何かです……(平謝)

    なるほど、当時のピストルあんまり性能良くないんですね……
    諸説ありですが、近江屋には七、八人押しかけてきていたような証言もあるそうなので、全然間に合わないですね^^;

    カミソリソード(笑) もうそれだけで戦隊モノの必殺技っぽい。
    それにビビってた諸外国勢の皆様のリアクションも想像できて、何というか……ふふってなってしまいます。

    2021年12月10日 20:48

  • 十二月九日 漱石忌(夏目漱石の命日)へのコメント

    両親があまりにも年をとった時に産まれた子だから、恥ずかしという理由で養子にだされたとどこかで、読んだ気がします。

    ひ、ひどい……恥ずかしいなら、子作りすんなよと思います。

    作者からの返信

    澄田こころ様 本当に、特にお母上は高齢出産(今の世の中どうなるんだよって感じですが)を恥じて、本人もあまり表に出たがらなかったとも言われていますし、本当に生まれた子供が不憫です……

    今と時代が違うと言ってしまえばアレですが、ひどい話ですね、全く。

    2021年12月10日 17:38

  • 五月六日 国際ノーダイエットデーへのコメント

    結論にセンスを感じます笑 そして、今参加されている企画を見て、たしかに・・!と納得してしまいました。

    作者からの返信

    @ichikaYU_98様 えへへ。「あかーん」は「ちがーう」と思ったもので(笑)
    本当に、このジャンル一体なんなんだろう……と続ければ続ける程わからなくなっています^^;
    企画主には感謝しかないです。

    2021年12月9日 00:23

  • 十二月六日 聖ニコラウスの日へのコメント

    クネヒトって、なまはげみたいですね(笑)

    「悪ぃ子は、いねーがー」

    作者からの返信

    澄田こころ様 本当に、「なまはげを過激にした感じ」だと思いました^▽^;
    あちらでは、本当にトラウマになって成長する方々が一定数いるそうです……お察しします……ですね。

    2021年12月7日 17:07

  • 十二月三日 カレンダーの日へのコメント

    祭礼なんかも、旧暦じゃないとしっくりきませんよね。

    月の満ち欠けに合わせて、祭りなんかをおこなってきて、クライマックスの満月15日が、お祭りの日になっているところが多かった。満月と祭りというコンボで幻想的で盛り上がる!

    それなのに、太陽暦にあわせて祭りをするようになると、満月とずれる。そうすると、祭りがすたれてきたんだ!
    と怒っていた民俗学の先生がいました(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 その民俗学の先生のお気持ちお察しします……(笑)
    確かに、島国日本は漁業も月の満ち欠けによる「潮」の満ち引きが重要だったりしますもんね。
    何でもかんでも欧米に合わせた弊害が、こういうところで顕在化するんだなあと。

    祭り好きには辛いです;; それでも何とか盛り上げるんですけどね……っ(熱)

    2021年12月3日 23:48

  • 十二月二日 古都奈良が世界遺産に登録さ…へのコメント

    近鉄乗ってると見えますね。
    平城京あと。子どもたちに帰省のときここに、平城京があったんだよ!って力説してもあまりにもなんにもないので、うそだーっていわれました(笑)

    それより、鹿せんべいに群がる鹿のインパクトがすごかったみたいです。

    作者からの返信

    澄田こころ様 むしろ、かつての都跡をぶった斬るように線路通しちゃった近鉄の「やっちまった感」ですね(笑)
    いや、あの状態の宮跡見ても「何もないやん」って思っても仕方ないかと^^;

    鹿って、割とせんべいタックルかましてきますよね。
    あんまり小さい頃にアレを経験すると、鹿トラウマ(表現ややこしい)になるのも納得です。(うちも、当時園児だった妹が鹿トラウマになりました)

    2021年12月2日 22:13

  • 十一月二十八日 鹿鳴館がでっかくオープンへのコメント

    鹿鳴館の華たちのほとんどが、もと芸者さんというのもおもしろいですよね。
    幕末の志士の奥さんたちほとんど、芸者さんですから。
    でも、武家のお嬢様たちでは外国人に顔をさらし、接待するなんてとうていできなかったから、適材適所だったのでしょう。

    作者からの返信

    澄田こころ様 さすが、この辺りの時代背景お詳しいですね^^
    広義的には芸事の一環かもですが、当時白羽の矢が立った方々は事前準備大変だったでしょうね……
    洋服あつらえるのカネかかり過ぎるってんで、自分たちで作り始めたエピソード個人的にすごく好きです(笑)

    2021年11月28日 22:09

  • 十一月二十四日 ダーウィンさんが満を持…へのコメント

    私にも、ダーウィンさんの言葉がブスッ!

    変化に適応せよ、かー。そうですよねー私も、カクヨムの変化に対応して、ラブコメでも書いてみようかな(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 刺さりましたか(笑)
    本当に、どストレートすぎて避ける間もなく矢ガモからの矢だるまです……いや、言ってることは確かにごもっとも^^;

    おお、こころ様のラブコメも何だか面白そうな予感がしてます!

    2021年11月24日 21:48

  • 十一月二十三日 勤労感謝の日へのコメント

    今日は今年最後の祝日だそうです。2021年も、もう終わりが近いと感じさせられました。

    というか、コロナの影響か、時間の流れも早く感じる今日この頃です。

    作者からの返信

    鉄弾さま いつもコメントありがとうございます^^

    年内最後の祝日……本当に、一年が早いです。
    早すぎて、実は何日かどっかに落としてるんじゃないかと疑っていたりします(苦笑)

    2021年11月23日 23:11

  • 十一月二十三日 勤労感謝の日へのコメント

    こちらこそ、毎日豆知識をありがとうございます!!

    語り口が軽妙なので、おもしろいです。

    作者からの返信

    澄田こころ様 いつも応援とコメントありがとうございます(深々)

    基本性能ポンコツ能天気を遺憾なく発揮しております!
    (自分も楽しい・笑)

    2021年11月23日 23:10

  • 十一月二十一日 世界ハロー・デーへのコメント

    中東問題など全然関係ないのですが、近所のスーパーの名前が「ハローデイ」なのです(笑)

    今日、安売りとかしてるかな。

    作者からの返信

    澄田こころ様 思わぬところに、身近な平和運動(笑)
    偶然なのか、意図してなのか気になるところですね。
    安売りしてたら、心の平穏は満たされそうな予感がしますね^^

    2021年11月21日 21:10

  • 十一月二十日 多肉植物の日へのコメント

    多肉植物は、雑貨界では数年前からブームですよね。
    かわいい、ブリキの缶とかにセンスよく寄植えされたものが、イベントなどでは、飛ぶように売れておりました。

    多肉植物ってもともとは、サボテンみたいに砂漠の植物でしたっけ?だから、お手入れ楽チンなのかも。

    作者からの返信

    澄田こころ様 本当、寄せ植え可愛いですよね^^
    寄せ植えセンスないので、私の場合は単一品種がただモシャモシャ育ってる感じですが(半笑)

    乾燥に強い地域の植物なので、過保護にしなくていいっていうのは本当に楽チンです^^

    2021年11月20日 19:27

  • 十一月十七日 スエズ運河が開通した日へのコメント

    うちの娘がいうには、イギリスのやりたい放題。ジャイアンも泣き出すレベルの酷さを、ブリティッシュカス。略してブリカスと申しておりました(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 さすが、よく的を得ていらっしゃる(笑)
    まあ、紳士的な表現をするなら「老練であり狡猾」って感じなんですよね、かのお国様は^^;
    あれだけ派手に一時代築いて散らかした後も、少々大人しくしてるだけで第一線をキープしてるってのは確かに凄いことだなあと感心します。

    2021年11月17日 21:56

  • 十一月十五日 七五三へのコメント

    えっ、千歳飴がミルキーだったんですか?

    えーーいーなー
    子どもたちの千歳飴、昔ながらの甘み控えめな飴(おいしくない)当然子どもたち食べない。
    神様からもらったもの 粗末にできないと母が食べる……

    ミルキーがよかった(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 はい、確か紅白のロングミルキーだったかな、と。袋の絵柄も和装のペコポコちゃんだった気が……
    でも、ミルキーはやっぱりコロコロサイズが一番美味しいです(笑)
    (不二家が不祥事起こさなければ、今もロングミルキー千歳飴が存在したかもしれませんね……残念)

    2021年11月15日 23:41

  • 十一月十三日 茨城県民の日へのコメント

    茨城より、水戸の地名の方が馴染みがあります。わたしは。
    水戸黄門とか、水戸納豆とか。

    ところで、関西人は納豆苦手であたりまえですよ!
    私は家族全員食べてても、いまだに食べられません!
    というか、あんなくさいもん食べ物じゃねーー!

    あっ、怒られそう(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 確かに水戸の方が馴染みありますね^^

    納豆、栄養価高くて体に良いっていうのは理解してるんですが……
    あの食感と匂いがどうしても苦手なんですよね……
    臭わない系とか、小粒系とか色々出てるんですけどね……

    以前テレビで、パスタに納豆かけて食べてたのは衝撃でした。
    (私は撃沈しました)

    2021年11月14日 09:45

  • 十一月十二日 ネッシー撮影できたで、と…へのコメント

    ネッシーといったら、某・東スポ(?)と思い、件の新聞社の電子版を見ました。案の定、ネッシーの記事がありました😅しかも、今年の記事💦

    やはりネッシーには、未だに人々を呼び寄せるロマンス(?)があるのですね🎵

    作者からの返信

    鉄弾さま さすが東スポ、余念がない(笑)
    21世紀でも相変わらず購買意欲(違)を掻き立てるネッシー、集客力が違いますね。

    かくいう私も、しっかりネッシー記事あさりに行きました!(おい)

    2021年11月12日 22:06

  • 十一月十二日 ネッシー撮影できたで、と…へのコメント

    ネッシーは、くまモンの親戚ってことで(笑)
    ゆるキャラは地方を救う!

    作者からの返信

    澄田こころ様 確かに、ネッシー、ゆるキャラ化してますね。
    緑色ボディ&どこか空とぼけた感じなのに、タータン柄のベレー帽被ってるというオシャレっぷり(笑)
    ありゃ、確かに売れるはずです。
    東のくまモン、西のネッシーってことで!

    2021年11月12日 22:02

  • 十一月十一日 西陣の日へのコメント

    今年の夏、新作の舞台が西陣なので、このあたりを歩きまわりました!
    昔に比べると、機織り機の音がへったなーと、感慨深かったです。

    玉の輿神社は、綱吉の母桂昌院が、ここの近所だったからでしたかね。(うろおぼえ)

    作者からの返信

    澄田こころ様 最近、無事に完結されましたよね!(そろそろ拝読に伺います、ふふふ)
    狭くて入り組んだ路地に入って、時折聞こえてくる忙しないのにどこかリズミカルでのんびりした機織りの音、テンション上がりますね!
    西陣らしくて嬉しくなります。

    玉の輿神社は、おっしゃる通り! 御母堂様、西陣の八百屋お玉さんが文字通りお輿に乗った逸話に因んでいるそうです。
    今宮さんのお守りは、だからなのかお野菜モチーフが多くて何だかほっこり可愛かったです^▽^

    2021年11月12日 21:58

  • 十一月十日 良いトイレの日へのコメント

    トイレをきれいにすると、かわいい赤ちゃんに恵まれるといわれてますね。トイレの神様はお産の神様でもあるからです。

    そうそう、江戸時代は女性も立ちションしてたそうです。裾をからげて前かがみになってる絵をみたことあります。

    そんなんで、うまく出せるのだろうか……

    作者からの返信

    澄田こころ様 庶民のトイレ事情が大らかだったのは何となく知ってたのですが、まさか女性も立ちションしていたとは……凄いですね。
    何か……足元すごく汚れそう……。

    トイレの神様、調べてみるとよその国にも結構いらっしゃいますね、びっくり。
    そういえば、正月飾り(メガネ)もちゃんとトイレの水回りに飾りますもんね。何か、納得です。

    2021年11月10日 23:23

  • 十一月九日 ベルリンの壁崩壊へのコメント

    へーーこういう経緯だったんですね。
    でも、飛び地の西ベルリンの住民って物資とかどうしてたんでしょうね。
    飛び地内に、飛行場があったのでしょうか?

    作者からの返信

    澄田こころ様 どうやら、アメリカ軍が空輸して物資を調達していたようです。(着陸というより、物資をぶん投げてた感じかと)

    元々ソ連側は、西ベルリンを兵糧攻めにして西側諸国を追い出そうと画策していたもようです。(そしたら西ベルリンも俺らのモンやんな☆みたいな感じで)

    2021年11月9日 17:59

  • 十一月六日 馬琴忌(曲亭馬琴の命日)へのコメント

    傾城水滸伝(日本版ほぼ登場人物の性別男女逆転水滸伝)」と「近世説美少年録」
    えっ?そんな楽しそうな話あるんですか?
    すごい、よしながふみさんの大奥と戦国BLを200年ぐらい先取りしてるなんて!!

    すばらしい。エンタメ作家の神様のような方ですね。

    ちゃっと、調べてみます。戦国BL(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 凄いですよね、過去のはずなのに近未来を生きている江戸の人々! 素晴らしい!
    タイトルも凄いけど(笑) 元就(メインヒーロー)VS 晴賢(ヒール)という構図で周りを固める武将さんたちもイケメン化されてるとか、いないとか。

    それを御歳八十を超えるおじいちゃんが精力的に書き綴っていたことが、何より凄い。正真正銘エンタの神様ですよ。

    2021年11月7日 02:09

  • 十一月二日 阪神タイガース記念日へのコメント

    カーネルおじさんもあんなドブ川に放り込まれたら、そりゃ呪いたくなりますよね。
    だれやねん、放り込んだの。

    作者からの返信

    澄田こころ様 本当に、カーネルおじさんもお店もびっくりしたでしょうね……真面目な話、多分、器物損壊と窃盗で捕まる案件……。

    さて、今年はリーグ優勝を逃しましたが、「日本一」の可能性はギリ残ってるので、どうなることやら。

    2021年11月3日 19:20

  • 十月三十日 たまごかけごはんの日へのコメント

    私のオススメは、卵かけごはんとすき焼きふりかけのコラボ🎵ささやかですが、絶品です😁

    作者からの返信

    鉄弾さま すき焼きふりかけ! 美味しいですよねえ、簡易すき焼き気分^^
    あ、夜中なのに食べたくなってきた(待て早まるな)

    2021年11月1日 22:59

  • 十一月一日 ハローキティの誕生日へのコメント

    私がはまってる、乙女ゲーがキティちゃんとのコラボ週間なんです。

    なんでーと思ってたら、なるほど誕生日でしたか。
    おめでとう、キティちゃん。私より年上だよ(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 さすが、親会社も看板娘のイベントに余念がないですね!
    そして、トレンドをしっかり押さえておくあたりがさすがです。
    (果たして乙女ゲーの場合、キティちゃんは誰得なんだろう?)
    ホワイト家は永遠の美魔女ということが判明して、私も若干動揺しています。(まさかのアラフィフ世代〜という・笑)

    2021年11月1日 22:57

  • 十月二十八日 上野にカンカンとランラン…へのコメント

    むかーし、上野動物園でパンダを見た時、おしりしか見えませんでした。
    大人のパンダってほとんどうごかないですよね!
    せめて、生でお顔を拝見したかった(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 おしりしか見せないとは……プロぱんだ失格ですね(笑)
    大物感はすごいけど^^
    まあ、デーンと座って笹もしゃもしゃしてるだけでも可愛いし、何だったら人目につきにくいモートで寝そべっているだけでも可愛いんですが(←毒されている人)

    2021年10月29日 18:49 編集済

  • 十月二十七日 読書の日へのコメント

    数年前まで子どもたちが通う小学校の図書館ボランティアをしてました。

    で、毎年この読書週間は、一大イベントだったんですよ。子どもたちにいかに本を読んでもらうか。

    スタンプカードつくったり、プレゼントのしおりつくったり。いろいろしました。

    作者からの返信

    澄田こころ様 おおー、すごいです。保護者の皆さんの努力の賜物ですね! ボランティア……って、響きは良いですが中々大変ですよね、お疲れ様でした m(_ _)m

    褒めてもらったり、プレゼント貰ったりって、小さいことのようで結構読書のモチベーションアップに繋がったりしますよね^^

    2021年10月27日 21:43

  • 十月二十五日 第一回世界パスタ会議やる…へのコメント

    何年か前、某人気キャンプアニメのヒロインがパスタをへし折って料理するというのが海外(特にイタリア)で物議を醸したそうです。パスタは私も好きですが、食べ物由来の価値観、文化の違いは意外に根深いもの。でも、食べ物で争うのはやはり悲しい。やっぱり、食事は美味しく、楽しみたいものです。

    作者からの返信

    鉄弾さま パスタへし折り料理……う、私も時々やってます(自爆)
    鍋が小さいもので……っ><
    イタリア人の友人がいたら殴られそうですね。
    うーん、日本人に置き換えたら、寿司をぐちゃぐちゃにかき混ぜて「ニュースーシー」とか言っちゃう感じでしょうか?
    ご飯でケンカはしたくないですね、確かに(・_・;

    2021年10月25日 22:31

  • 十月二十三日 降霜(こうそう)へのコメント

    急に寒くなりましたね。10月になったばかりの頃は、まだ暑いくらいの日もあったのに、今や昼も夜もすっかり秋です😅

    作者からの返信

    鉄弾さま 本当に急に寒くなるので衣替えのタイミングが完全に狂いました(苦笑)
    いやはや、体調管理を気を受けないとですね。鉄弾さまもどうぞご自愛くださいませ。

    2021年10月24日 01:07

  • 十月十六日 四元数ととのいましたへのコメント

    学生の頃から、数学が超にがて、今日のおはなし……
    まったくわからん!!(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 すみません……。私が数学大好きっ子なら、もう少し分かりやすく文字起こしできたかも……orz

    とりあえず、衛星が上手に軌道に乗るのも、トイ・ストー◯ーやア◯雪が制作できたのも、根底では四元数が大活躍してるんだゼ☆
    「え、まじで。四元数すげー」という感じの理解で大丈夫です(笑)

    2021年10月16日 23:29

  • 十月十四日 原作「クマのプーさん」発売日へのコメント

    100エーカーの森のモデル、観光地になってるんですね。

    へーー、いってみたいな。子どものころプーさんの物語大好きでした。
    穴につまったプーさんのおしりがなんともキュートで(笑)

    作者からの返信

    澄田こころ様 私もお尻詰まっちゃった事件(それも他人=ラビット)の家で(笑)回好きです^^

    背中ほつれたりする「ぬいぐるみ」仕様なのにハチミツで太る……という矛盾を、矛盾と感じさせない作者の筆致、改めて凄いなあと感心しています。

    コロナが終息した暁には、海外渡航先にぜひ加えてくださいな〜♪

    2021年10月15日 00:00

  • 十月十一日 新橋横浜間で脱線事故起こし…へのコメント

    舎人ライナーの件は、よくない意味でタイムリーな話題になってしまいましたね。

    脱線事故ではないですが、この前の和歌山の水道管崩落とか、私たちの当たり前の生活は、想像以上に脆弱なのかもしれません。

    作者からの返信

    鉄弾さま 本当に、舎人ライナーは残念なタイムリーネタになってしまいました (。。;

    先人たちの公共事業は確かに偉大だけど、それを正しくメンテナンスできる力もまた重要だなあと痛感しています。
    私たちの生活って本当に多くの人の影の努力で成り立ってたんだなあと思うと、感謝しつつも「しっかりして><」って思ってしまいます。

    2021年10月11日 23:53

  • 十月六日 世界最古のオペラが上演された日へのコメント

    1600年、トスカーナ大公国から遥か東の島国でも、歴史を動かす戦いがありましたね。そのときの西軍大将のTwitterアカウントが、最近では有名なようですが・・・😅

    作者からの返信

    鉄弾さま あ、なんかそれ総集編がYouTubeに上がってるの見たことある気がします。
    バイク乗り(?)らしくスマホ触れる手袋してたのが印象的だったような……(あれ、違うかな?)

    2021年10月6日 22:46

  • 十月五日 達磨忌(達磨大師の命日)へのコメント

    今日はどうしたんですか?
    青少年に語り聞かせるような感じですね。

    あっ、説法ですね。なるほど。

    作者からの返信

    澄田こころ様 ふへへ。深い意味はないんですが、四月八日のお釈迦様バースデーで同系統のライトな文体だったので、たまにはいっかーと形体合わせてみました^^;
    少しは宗教ネタも、とっつきやすくなるといいなあと思いまして。

    2021年10月5日 23:26

  • 十月四日 ソ連が世界初の人工衛星を打ち…へのコメント

    へっ? 左門くんて誰ですか?

    作者からの返信

    澄田こころ様 左門豊作くんは、星飛雄馬のライバルであります!
    飛雄馬の大リーグボール二号をスパイしに行った弟たちをド正論で叱責したアツいお兄ちゃんです^▽^

    2021年10月4日 18:12

  • 十月三日 東西ドイツが再統一された日へのコメント

    東西ドイツというと、現在連載中の漫画「SPY×FAMILY(著・遠藤達哉先生) 」を連想しますね。あの作品の雰囲気は、冷戦中の東西ドイツを彷彿とさせます。

    ちなみに、進撃の巨人との関係性は知りませんでした😅

    作者からの返信

    鉄弾さま SPY×FAMILY 面白そうですね! 探してみます^^
    電子書籍あると嬉しいなあ〜
    東西ドイツ時代……ほんの30年余り前って考えると、何だか最近の出来事に思えます。そういや、地図帳もDDRとWGって略記号載ってた気が(←うろ覚え)

    私も進撃との関係性は調べるまで知りませんでした^^;

    2021年10月4日 00:06

  • 十月三日 東西ドイツが再統一された日へのコメント

    へー進撃とベルリンの壁にそんな因縁が!

    進撃の作者さん、大分出身でご実家の近くに大きな壁の施設があって、それから着想したというのはよんだことあります。

    そっから、ベルリンの壁に発想を飛ばしたんですかね。


    私も子供心に、ベルリンの壁によじ登って(今までならそんなことしたら、撃ち殺される)、ハンマーでぶっ壊してる映像は衝撃的でしたねー

    なんか自由が、映像として可視化されたみたいでした。

    作者からの返信

    澄田こころ様 身近な「壁の施設」からベルリンの壁に発想を飛ばす……なんだか、某テレビ番組の俳句コーナーみたいですね。
    この発想が、才能アリなのか! と改めて実感します。

    ベルリンの壁によじ登ってる姿、どっから持ってきたのかツルハシやショベルカーで壁をガリガリしてる光景——衝撃でした。
    でも血は流れなかった、それがすごい。
    本当に、「あ、自由ってこういうことか」って私も思いました。

    2021年10月3日 23:58

  • 十月一日 夢の超特急が運行開始へのコメント

    徐々に最高速度が上がる夢の超特急🚄

    しかし、自衛隊のジェット戦闘機なら東京→大阪間が10分弱と聞いて、文字通り「上には上がいる」と思ったことがあります😅

    作者からの返信

    鉄弾さま 新幹線は老若男女テンション上がる乗り物だと思っています^▽^

    しかし、上が凄まじいですね。有事の際にはある意味心強いですが、10分弱——地上じゃ太刀打ちできませんね^^;
    さすが戦闘機。

    2021年10月1日 23:26

  • 九月二十九日 洋菓子の日(サン・ミシェ…へのコメント

    今や洋菓子界も戦国時代です。何よりコンビニスイーツの存在がありますからね。ホント、時代の流れが激しい😅

    作者からの返信

    鉄弾さま 本当に、コンビニスイーツの躍進はすごいです!
    新作出ると、ついつい手が出てしまいます^^;
    いわゆる駄菓子スイーツも、世界的に見てもびっくりするくらいクオリティ高くて困ってしまいます。(太れと言わんばかりです・苦笑)

    2021年9月29日 22:37

  • 九月二十九日 洋菓子の日(サン・ミシェ…へのコメント

    そういえば、私がちいさいころ、バタークリームのケーキありました!
    いまほとんど、みませんね。
    そりゃ生クリームの方がおいしいですけど、あのなんとも油っぽい味がなつかしい。

    作者からの返信

    澄田こころ様 バタークリーム美味しいですよね^^
    日持ちもするし、あれはあれで私も好きです。
    たまにケーキ屋でバタークリームのケーキ見かけると、逆にテンション上がります。

    2021年9月29日 20:30

  • 九月二十八日 パソコン記念日へのコメント

    そして、時代は「スマホ」に。というわけですね😅最近はYouTubeとかも、パソコンよりスマホから観る機会が圧倒的に多いです。

    作者からの返信

    鉄弾さま 本当に、スマホとSNSの進化は凄まじいですね。
    パソコン一家に一台って言ってたのが、つい20〜30年ほど前の話なのに、そこから一人一台スマホになる移行期の短さですよ^^;

    2021年9月28日 23:31

  • 九月二十八日 パソコン記念日へのコメント

    小学生のときに、父が買ってきたパソコン。
    カセットテープで何かを読み取り、立ち上がるのにものすごく時間がかかったのをおぼえています。
    黒い画面に、緑のわけわからん文字列。近未来だーと思った記憶があります。

    作者からの返信

    澄田こころ様 黒画面に緑文字——プログラミングのデフォルトですね、無駄にかっこいいやつ(笑)
    私も主にマトリックスにどハマりした時期、パソコン画面のスクリーンセーバーをプログラミングで作って、黒背景にひたすら緑文字流して満足してました(黒歴史)

    2021年9月28日 23:28

  • 九月二十六日 台風襲来の日へのコメント

    ある意味、台風は日本人にとって地震以上の脅威になりつつあると思います。いつ起こるか、わからない地震も怖いですが、台風の方がより身近に感じる自然災害です。

    ですが、事前に備えるという視点から、多くのこと(防災に関して)ができるのも台風です。今週も天気予報には要注意ですね。

    作者からの返信

    鉄弾さま 確かに、毎年必ずやってくる自然の脅威と考えると、余程身近で怖い災害ですね。

    気象観測の技術が飛躍的に進歩して、遠い海での発生段階から動向を把握できるのは本当にありがたいです。
    一応、非常食のストック状況と予備電池の場所は確認しました!
    こういう機会って大事ですね。

    2021年9月26日 22:39

  • 九月二十四日 世界ゴリラの日へのコメント

    おー京都の動物園、小さい頃から何回もいきました。
    あそこ、ゴリラいましたっけ?
    象とぺんぎんとキリンの記憶しかない。

    作者からの返信

    澄田こころ様 平成21年からゴリラのおうちがオープンしてるようです。
    同動物園のブログでは、イケメンゴリラのグラビア写真(ゴリラ日記)が堪能できますよ(笑)

    2021年9月24日 23:36

  • 九月二十三日 秋分の日へのコメント

    「ハーベスト」といえば、あの平べったいクッキーを思い出します😋「オータム」といえば宝くじと思いHPを観たら、思いきりハロウィンジャンボ仕様でした😅

    作者からの返信

    鉄弾さま ハーベスト美味しいですよねえ。あの薄さと適度なパリッと感が好きです。(特に発酵バター味)

    宝くじ、ハロウィン商戦に完全に乗ってますね(笑)

    2021年9月23日 23:31

  • 九月十日 カラーテレビの放送開始へのコメント

    「総天然色テレビジョン」って素敵ですね。
    大滝詠一の「君は天然色」は、この辺からインスピレーションを受けたのかも知れないと思いながら読みました。

    作者からの返信

    塩塚不二夫さま おーもいでーは モーノクローム♪ いーろをつけてくれ〜えぇえ〜(←しゃくり)
    名曲ですね。
    確かに、サビの最後にも美わしのカラーガールってありますし、言葉選びが何とも鮮やかに感じます。
    今でもCMソングに起用されてますし、全然色褪せてないですね!

    2021年9月22日 00:19

  • 九月二十一日 賢治忌(宮沢賢治の命日)へのコメント

    宮沢賢治のおはなしは、どれもむずかしく理解できたようでわからない。でもそういう曖昧さは、詩情ゆたかなイメージで帳消しにされます。
    銀河を走る機関車、あるく電信柱。

    オノマトペも、意味不明だけど心に心地いい。ほんと、不思議な作家です。

    作者からの返信

    澄田こころ様 本当に、一見ファンタジーなんですけど、どこか陰があって登場人物の言動が意味深で、
    時々「うん? どういう意味だろう……」って頭捻るんですが、
    最終的に風景画のような余韻で読み終わる、あの不思議さ。

    例えがややこしくなりそうですが、ミレーの「晩鐘」とかも、私の中では賢治作品と限りなくリンクするんですよね。
    宗教的背景を感じながらも、実世界に忠実でリアル。全体は幻想的なのに、最後に強烈なインパクトを残す感じが、毎回鳥肌立ちます。

    2021年9月22日 00:04

  • 九月二十日 第一回お手玉遊び大会開催日へのコメント

    お手玉ふたつは、できるけどみっつはどうがんばってもできませんでした(笑)

    そんなおたおたする娘を見た母が、かしてみい、といってみっつのお手だまをしだしたら……
    手に吸い付くがごとくスムーズな玉運び、はじめて母を尊敬した瞬間でした。

    作者からの返信

    澄田こころ様 私も三つ目は空中分解して、どっか行きます(笑)

    祖母も母もお手玉ジャグリング簡単にこなしてましたが、不器用な私はいまだに習得できてません。
    手遊び一つとっても、奥が深いですね……。

    2021年9月21日 23:56

  • 九月三日 王貞治が最多本塁打を達成した日へのコメント

    引退した年にも30本ホームランを打ったらしいので、凄いものですね(私は巨人ファンではありませんが…)。

    作者からの返信

    塩塚不二夫さま 本当に、衰え知らずというか「あっぱれ」の一言です……私も巨人ファンではありませんが、「何て選手だ!(小峠風)」って思います。

    2021年9月21日 23:53

  • 九月二十日 第一回お手玉遊び大会開催日へのコメント

    もしかしたら、50年後の世界では、お手玉がオリンピックの種目になっているかも😅

    作者からの返信

    鉄弾さま あり得ますね^▽^
    お手玉、けん玉、あやとり、めんこ!
    あ、個人的にはトントン相撲も世界競技になってほしいです(笑)

    2021年9月20日 13:07

  • 九月十九日 アイスマンが発見された日へのコメント

    アイスマンは、衝撃的でしたねー
    日本にも来てたんですね。おかしいな、見てない(笑)

    ロウランの少女のミイラは、見た記憶があります。

    作者からの返信

    澄田こころ様 「世界で最も美しいミイラ」でしたっけ? 髪の毛やまつ毛までちゃんと残ってる発掘当初の写真は見たことがある気がします。

    アイスマンは愛・地球博のイベントの一環で日本にやって来たのですが、万博会場じゃなくて関連施設の名古屋市内の博物館に展示されてたもようです。(便乗かーいって思いました^^;)

    2021年9月19日 19:49

  • 九月十八日 満州鉄道を爆破した日へのコメント

    「リットン調査団」と聞いて、この事件を連想するか、お笑い芸人を連想するかの、2パターンがありますね。

    作者からの返信

    鉄弾さま 同じこと思いました^▽^;
    私は、身近なのはお笑い芸人、本家はこの事件……という順番で脳内巡りました(笑)

    2021年9月18日 23:18

  • 九月十六日 JRA発足記念日へのコメント

    今の競馬場は家族でピクニックにいく場所ですよー

    私もこどもをよくつれていってました。芝生の上にレジャーシートしいて、遠くにお馬さんをみる。
    パパは馬券片手にレースになると柵に近づいていく。

    子供は、パドックでみるお馬さんに興奮。おまけに、お子様はお馬さんに乗れるというイベントをやってることも。

    滑り台などの大型遊具もありますしね。昭和のおっさんがたむろする、馬券が飛び交い罵声が飛び交う競馬場は、ふたむかしぐらい前のはなしです。

    作者からの返信

    澄田こころ様 わあ、そうなんですね!
    じゃあ、やっぱり日本の施設水準って高いんですね。(確かに、私が連れてってもらったのって、ふた昔くらい前の話です・笑)

    しかも、現役サラブレッドに乗れるんですか?
    凄い! お子様にとっても貴重な経験になりますね。(馬体高ありそうだから、ちょっと怖いかな……?)
    イメージ払拭というか、ちゃんとレジャー施設になってるんですね。

    2021年9月16日 22:14

  • 九月十六日 JRA発足記念日へのコメント

    競馬は確かに活況です(競艇もですが)。某ウマ娘の効果もあるでしょうし、今はネット投票という方法がありますから😅

    ですが、私は地道に競輪道を行きますよ🚴ちなみに、競輪場でも謎の新聞場所取りはあります😅すぐ、清掃員さんが片付けてしまいますが。

    作者からの返信

    鉄弾さま 某ウマ娘(笑) あれは私も衝撃でした。
    可愛らしい萌え女子キャラ(雄馬も女子になるあたりが、もう)で、はじめは「はい?」と思ったけど、個体の特徴はむちゃむちゃ作り込んでて感心しました。
    なんだったら、予後不良の往年の名馬とか、逆に懐かしくてほろっとしてしまいました。(したんかい)

    新聞紙のあの独特ルール、最初わけ分からなくて常連の先輩に聞いたら「勝手に動かしたらヤバいで。ほっとき」と忠告されて、ようやく理解しました(半笑)

    競輪場は未経験ですが、やっぱり似たような光景ってあるんですね。

    2021年9月16日 22:30

  • 九月十五日 老人の日(旧敬老の日)へのコメント

    私「じゃあ、オールドマンデイ!」
    いかりや長介「ダメだ、こりゃあ(/--)/」

    作者からの返信

    鉄弾さま ふふふ、一周回って戻ってきた感が良いですね^^
    とりあえず、集合時間は八時ですね!

    2021年9月15日 23:14

  • 九月十四日 生麦事件が起こった日へのコメント

    薩摩がちゃっかりしているのは、この薩英戦争で負けて、外国マジパネーって思ってイギリスに近づくとこですよね。

    その柔軟さ見習いたいです(笑)

    幕府も、ここで間に入って薩摩を守ってたら、イギリスと薩摩のカップリングを阻止できたのに。

    作者からの返信

    澄田こころ様 まさに、「痛い目見たけど学習した!」という感じが時流に乗ったなあと思いますね。

    幕府のグダグダも、最終的な着地点(賠償金)は間違ってなかったはずなのに途中のプロセスで結果残念という……国政って難しいですね。
    地方を庇って男気見せたら……カッコいいけど、きっと、ここぞとばかりに VS 英米仏(もしかしたら独露蘭あたりも追随してきたかも)という泥沼展開も起こり得たかもと思うと恐ろしいですね^^;

    やっぱり幕府にはそんな体力残ってなかった気がするので、薩英カップリングからの明治は、なるべくしてなったと思ったりします(笑)

    2021年9月14日 22:40

  • 九月十三日 明治ミルクチョコレート発売日へのコメント

    カールって、今は愛知県以東では売ってないんですよね。つらい😢

    作者からの返信

    鉄弾さま 確か、物流費と販売価格が折り合わなくて出荷無くなったんでしたっけ。
    大阪工場でカールも作ってるようなので、近畿一円と近隣他府県には流通してますが、テレビCM見なくなった気がします。
    「それにつけても、おやつはカールっ♪」ってやつ好きだったのに。

    2021年9月14日 22:45

  • 九月十三日 明治ミルクチョコレート発売日へのコメント

    ミルチ? なんですかそれ……若い子はなんでも、略すから(ブツブツ)

    JR京都線の巨大看板見たことない!
    っておもったら、最近の話だったんですね。新大阪京都間の新幹線からでも、見えるのかな。今度、目を皿のようにして車窓を見てみます。

    作者からの返信

    澄田こころ様 私も「はて、ミルチ?」ってなりました^^;

    巨大板チョコ看板、凄い存在感ですよ(笑)
    JR在来線ならばっちり目視できますが、この辺りの区間は新幹線と私鉄阪急線が並走してるんじゃないかなあと、ふと思ってみたり……。

    2021年9月13日 22:30

  • 九月十一日 自動公衆電話が初めて設置さ…へのコメント

    今は公衆電話を見つけること自体が難しいです。小さい頃に、駅やコンビニの前には当たり前にありました。確かに、災害時のことを考えると、これからも残してほしいインフラです。

    あと、映画「男はつらいよ」シリーズでは、渥美清さん演じる車寅次郎が、柴又への連絡手段に赤い公衆電話をよく使用していましたね。懐かしいです。
    それだけに、「お帰り 寅さん(2019年)」を観たとき、否応なしに今が令和なのだなと痛感させられました😅だって、さくらさん(倍賞千恵子さん)がスマホを使ってるんですもの(;゜0゜)衝撃でした😅

    作者からの返信

    鉄弾さま 寅さんの赤電話! 駅から電話するシーンありましたね^^
    レトロ可愛いなあと思って(父が借りてくるビデオ)を見てました。
    2019年版は見逃しましたが、さくらさんがスマホ……っ!
    何というか、時代ですね……

    2021年9月12日 18:52