「助けてお母さん」システムのせいで異世界に召喚されたようです

作者 ひよっと丸

小説の累計PV数

784 PV

エピソードごとの累計PV数

第1話 事情はまだ分かりません、多分 52 PV
第2話 とりあえず、助かったみたいです 41 PV
第3話 事実を受け止めるにはまだまだでした 1 41 PV
第4話 諸事情を踏まえて、今後を考えます 33 PV
第5話 いわゆる進路指導的なもんです 32 PV
第6話 本格的に進路指導します 28 PV
第7話 とりあえず、使えるものは使いましょう 25 PV
第8話 実力も権力もあると便利なようです 22 PV
第9話 この世界につい考察する必要があります 21 PV
第10話 やっぱり、権力は便利なようです 24 PV
第11話 権力者と交渉したいと思います 23 PV
第12話 主要人物に入れていただきたいです 22 PV
第13話 一件落着ということにします 23 PV
第14話 多分、黒い人が楽しんでると思います 24 PV
第15話 みんな仲良くて大変よろしいようです 22 PV
第16話 ちょっとしたピクニックかもしれない 25 PV
第17話 とりあえず、閑話休? 19 PV
第18話 それが1番許せないんですよね 18 PV
第19話 それが1番許せないんですよねって 18 PV
第20話 だから、誰かが収拾しないとダメだって 19 PV
第21話 忘れ去らているので、みんなで考えたいと思います 19 PV
第22話 みんなまとめてお仕置します 22 PV
第23話 とりあえずお母さんの邪魔はさせません 20 PV
第24話 だから、どーしてそうなった? 19 PV
第25話 前に進む方法を全力で考えてみます 16 PV
第26話 とりあえず本気だすので覚悟してください 21 PV
第27話 本物の魔女とは何たるか教えます 19 PV
第28話 神様って、どこにいますかね 17 PV
第29話 お母さんは怒ってますよ 18 PV
第30話 回収するから邪魔するなよ 15 PV
第31話 ひとのものに手を出すやつは容赦しねー 17 PV
第32話 おしおきするから覚悟しな 16 PV
第33話 寝坊助は起こすでしょう 14 PV
第34話 さて、どうなった? 1 19 PV