鐘を撞くのはデリンジャー

作者 山田恭

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全26話

更新

  1. かくて決闘は始まった
  2. 第1章 花が散る
  3. 第1話 新米刑事、記憶喪失の男を拾うこと
  4. 第2話 新米刑事、挑むような目つきの女に出会うこと
  5. 第3話 新米刑事、射撃練習をすること
  6. 第4話 新米刑事、挑むような目つきの女と再会すること
  7. 第5話 新米刑事、先輩刑事と記憶について考えること
  8. 第6話 デリンジャー、新たなる不幸を望むこと
  9. 第2章 真紅の道
  10. 第7話 新米刑事、汗臭いままに挑むような目つきの女性に近くこと
  11. 第8話 新米刑事、挑むような目つきの女性に護身術を教えることになること
  12. 第9話 老練刑事、新米刑事を値踏みすること
  13. 第10話 新米刑事、挑むような目つきの女の手を握ること
  14. 第11話 新米刑事、偽造書類を作ること
  15. 第12話 新米刑事、記憶喪失の男とともにキャバクラに入ること
  16. 第13話 新米刑事、挑むような目つきの女と筋トレをすること
  17. 第14話 新米刑事、記憶喪失の男の先輩の引越しの手伝いをすること
  18. 第15話 新米刑事、記憶喪失の男が記憶を失う前の日記を見つけること
  19. 第16話 新米刑事、挑むような目つきの女を強姦することを考えること
  20. 第17話 デリンジャー、次の殺人機会を夢想すること
  21. 第3章 鐘が鳴る
  22. 第18話 新米刑事、記憶喪失の男に他人との食事の情景を説明すること
  23. 第19話 新米刑事、記憶喪失の男の行動について疑問を持つこと
  24. 第20話 新米刑事、銃を持ったまま夜を彷徨うこと
  25. 第21話 新米刑事、己をそれと知らぬままに挑むような目つきの女をストーキングすること
  26. 第22話 記憶喪失の男、己の罪を思い出すこと
  27. 第23話 記憶喪失の男、己が罪を告白すること
  28. 第24話 デリンジャー、念願の瞬間に対面すること
  29. 夜よりほかに聴くものもなし