第5話-変化-

東京都第2区。かつての東京都と埼玉県の境目付近であったこの地区は、都心のベッドタウンとして広大な住宅街が形成されていた。しかし、急速に進む高齢化は郊外の住宅街にも深刻な影響を及ぼし、ベッドタウンとして形成された街並みは年月とともに寂れていってしまった。


陸上自衛隊の朝霞駐屯地は、そんな住宅街跡地を侵食し、日本最大規模の自衛隊施設となっている。この駐屯地では主に首都圏防衛が想定されているが、その広大な敷地には様々な自衛隊関連施設が存在し、関東甲信越地方及び中部地方の一部を管轄する東部方面総監部もここにある。


近藤至はやや肩を落とし、覇気のない表情で車を走らせている。東京都心から北西部へ向けて1時間ほど、朝霞駐屯地の正門でいったん車を停止させると、ドアの窓を開け、守衛から通行許可証を受け取る。そして、エンジンをかけ直し、そのまま敷地内へ入っていった。巨大な演習施設の横を通り過ぎ、駐屯地内の北側にある装備施設本部棟の駐車場に車を止めた。


秋の風は冷たい。たまに吹き向ける風に、落ち葉が舞う。近藤は重たい足取りで3階建ての灰色の建物に入っていった。


「例のものは無事だったか」

「はい、佐々木部長。無事に回収できました。しかしながらアンドロイド1体が機動捜査員の手によって破壊、回収されました」


佐々木と呼ばれた、椅子に腰かけている男の胸元には一等陸佐の階級章がつけられている。


「近藤至君、慎重に行動してくれと、あれほど言ったじゃないか。いくら私が東部方面総監部の装備部長であろうと、できることと、できないことがあるだよ。たまたま機動捜査員がアンドロイドを破壊してくれたから良いようなもので、もし無傷で回収されたら、こちらの計画は全て筒抜けになってしまうのだぞ。事の重大性を理解しているのかね、君は」

「はい。申し訳ございません、佐々木部長……」

「これを見たまえ」


佐々木は1通の書類を机の引き出しから取り出して、近藤に渡した。書類の表紙を見れば東部方面総監部の装備部長である佐々木孝之ささきたかゆきに宛てた命令書であることは分かる。


「災害救助用アンドロイド5体が私の管理下に入った。まあ実際の管理・監視業務を行っているのは5区管理局だがな。近藤君、今回のミスは水に流してやろう。その代り、遠隔操作システムの起動を急げ」

「はい。承知しております」

「新宿で、あの捜査員たちにアンドロイドを目撃されたことも今回の失敗を招いている原因のように思われるのだがな。君はつくづく運の無い男だ。あそこのビルは引き払った方がいい。しかし、なんだってクロノス型アンドロイドを管理局に配備させたんだ?私の想定外だよ」

「東京都が数年前から配備を急いでいたもので。今回、災害救助用アンドロイドの申請書類などの手続き上、クロノス型アンドロイドの配備を拒否することはできませんでした」

「とにかく、もう失敗は許されん。君も覚悟したまえ」

「はい。十分に気を付けます……」


近藤は佐々木に頭を下げると、来た時と同じように肩を落とし、ゆっくり部屋から出ていった。


********************


僕は高地の後を追いながら、薄暗い廊下を歩いている。

――これはきっと何かの間違えだ。そうだろう?だってさっきまで……。

さっきまで……。


「ここだ。星崎、無理しなくていい。お前はそこの椅子で休んでていい」


ステンレス製のベッドのわきには、見慣れた鞄と、靴と……。

――こんなの勘弁してくれ。この記憶を消してくれ。頼むから。誰か、頼むから。

高地が塩化ビニル製の納体袋のチャックを開ける。


「アメ……うそだろ、おい。何かの間違えだろ?」


灰色の納体袋が開いた箇所から、青白いアメの顔がのぞく。大きな瞳は閉じられ、長い髪は乱れている。


「やめろ」

「やめてくれ」

「やめてくれよ」


目を開けると、そこに高地がいた。蛍光灯の明かりがまぶしい。僕は顔をしかめた。


「おい、大丈夫か?星崎、随分寝てたな」


身体を起こそうとすると足に鈍い痛が走る。ここは病院なのだろうか。自分の置かれた状況をまだ把握できないほどに、夢で見ていた過去の記憶のインパクトに、脳内を支配されている。


「足は骨折してないようだ。ただの捻挫だってよ。まあしばらくは歩きにくいだろうが湿布を貼っていれば大丈夫だと」


――捻挫?

そうだ。僕はティエラと共に製鉄所の中で盗難アンドロイドに襲われた。そして、そのまま意識を失ったのだろう。あの後のことを僕は全く覚えていない。


「どのくらい寝てたんですか?」

「さあ、まる1日ってとこかなぁ。お前寝不足だったのか?」


――まる1日か。別に寝不足と言うほどでもない。

高地の間抜けな質問に、ようやく頭が整理され始めてきた。

そうだ、ティエラはあの後どうなったのだ?


「高地さん、ティエラは、ティエラは無事ですか?」

「ふん、お前が俺の命令を無視したおかげで、ティエラは無事だ」


命令?あ、そうか、あの標的アンドロイドは僕が破壊してしまったのか……。


「高地さん、すみません。俺、大切な証拠を持ち去られた上に、重要な手がかりも破壊してしまったんですね」

「お前があやまるなんて珍しいな。なんだか気持ち悪い。まあ、しょうがないさ。俺がお前でも、きっとそうしただろうよ。それはそうとティエラは無事なんだが、今は長期メンテナンス中だ」

「メンテナンス?」


アンドロイドが長期メンテナンスになるという話は聞いたことがない。長期にメンテナンスが必要なほどのアンドロイドにシステム異常が起きた場合、基本的には当該アンドロイドは回収対象となる。


「ああ。ティエラはあの時、盗難アンドロイドに頚部を締め付けられていたんだ。アンドロイドは呼吸をしているわけではないから、首を絞められたところで人間のように致命傷になることは無い。ただ、圧迫により内部が損傷して、何らかのシステムにエラーが起きてしまうと回収対象になってしまうだろ。今のところ、エラーは見つかっていないが、法律上、十分な調査をしないといけないらしい」


アンドロイドが身体のどこかに重大な損傷をうけると、システム全体としてどこに支障をきたす可能性があるのか、もはや判別することが困難なのだ。システムエラーがいつどこで起こるかわからないアンドロイドは、東京都が一度回収したのち、田邊重工で全システムをクリーンインストールする。そして、その際はアンドロイドのこれまでの記憶や人格は消えてしまう。


「ティエラはクロノスモデルという特殊な機体なんで、法律上もかなり特例が認められているそうだ。詳しくは俺も分からんが、整備課で問題なしと判断されれば、現場に復帰できる。」

「そうですか。それは良かった」


――本当に良かった。

安堵の溜息が無意識にでた。


「それと星崎、お前は明日にでも退院できると言ったが、しばらく謹慎処分だ」

「謹慎?こんな時にですか?残り1体の盗難アンドロイドも見つかってないんじゃないですか?それに近藤至が持ち去った例の物についての捜査もしなけらばなりません」

「お前な、本部局長命令無視というのは本来クビになってもおかしくないんだぞ。全く、俺がどれだけ頭を下げたことか」


高地はこれまでの捜査で分かった事を教えてくれた。僕が破壊したアンドロイドの電子頭脳は完全に破壊されたわけではなく、断片的な記録が残っていたらしい。電磁パルスの着地点がかなり狭い範囲だったから、電子頭脳のすべてが破壊されたわけではなかったようだ。


ティエラの開発者はやはり来宮隆だった。そしてティエラは来宮隆の長女、来宮アメをモデルに作られていることはもはや疑いようがない。また来宮のこれまでの研究論文から、アメの記憶の一部を、断片的にではあるけれど、ティエラと共有している可能性があると言う。そして、近藤至が持ち去ったのはハードディスクというより大型のコンピューター端末らしい。クロノスプログラムについては、アンドロイドの遠隔同期システムということらしいが、それが意味するところについても良く分からないようだ。


「高地さん、最後に一つだけいいですか」

「なんだ?」


病室を出ようとした高地がこちらを振り向く。


「高地さんはアンドロイドに感情や心みたいなものがあると思いますか?」

「お前がそんなことを聞くとは予想外だな。ティエラのことか?さあな。それを心と呼べるかはわからないが、お前から見れば、ティエラの行動の一つ一つが心そのものといえるかもしれないな」

――ティエラにも感情はあるのかな。

「ただなあ、アンドロイドに恋愛感情というようなシステムは想定されていないからな」

「恋愛だと?」

「冗談だよ、おれはもう帰るぞ」


心とはなんだろうか。それは社会的な相互作用に宿る主観的な現象といえるものではないだろうか。アンドロイドと人が織りなす関係の中で育まれる何か……。


心がどこにあるのか、という問いは生命とは何かという根元的な問いと不可分であるように思われる。機械と生命のあいだの境界が曖昧なこの時代、心のありかを人間だけに設定することの方が無理があるのかもしれない。不安、曖昧性、あるいは懐疑。それを解消し、他者に安堵を与える力、それが機械であろうと生物であろうと、その力こそが心の働きなのではないだろうか。


********************


翌日、僕は朝から病院を追い出されるように退院した。謹慎処分中であったが、自宅に帰る気にはならなかった。この5年、僕は寝るためだけに自分の部屋に帰る、そんな生活をしていたから。今更、持て余した時間をあの空間で過ごす気にはなれなかったんだ。僕の足は自然と、5区管理局の整備課へ向かっていた。


「おい星崎、お前は謹慎中だぞ?」


機動捜査課の前を通り過ぎると、後ろから高地の大きな声が聞こえた。


「機動捜査課に用はありませんよ」


僕は振り返らず、適当に答えておいた。機動捜査課のオフィスに隣接する整備課のメンテナンスルームに行くと、石上が忙しそうにパソコンのキーボードを叩いていた。


「石上さん、ティエラは大丈夫でしょうか」


また怒られるかな、と内心穏やかではなかったのだが、石上はパソコンのモニターから目を話し、淡々と説明をしてくれた。例の盗難アンドロイドによる頸部圧迫での部品損傷は軽微であり、ティエラの内部システムに異常はないとのことだった。


「ティエラの全システムは問題なく動いている。でももう少し確認が必要だけど」

「石上さん、俺ここにいてもいいですか?」

「ティエラはこのメンテナンスが終わるまでずっとスリープ状態。ここにいてもティエラと会話できるわけじゃないし、作業の邪魔よ」

「作業の邪魔はしません。だから、ここに居させてくださいっ」


石上は僕の声にちょと驚いた顔つきをしたが、彼女は了承してくれた。


「邪魔したらたたき出すからね。あ、もうこんな時間。私、お昼食べてくるから」


そう言って石上は外に出ていった。一人、整備課に残された僕は、部屋の隅に乱雑に積み上げられている折りたたみ椅子を一つを持ってきて、ティエラのいる充電ポッドの近くに置いた。ティエラは青く光る充電ポッドに深く腰掛けて瞳を閉じている。


ティエラは人ではない。そしてアメはもう死んでいる。前者の事実は容易に受け入れられるものであったけど、後者の事実は受け入れることが難しい、そんな思いを僕は持ち続けていた。だけどティエラと行動を共にするようになり、自分でも何かが変わっていく気がしていた。ティエラにアメの姿を重ねざるを得ないことは確かだけれど、そこにはティエラとしての存在もしっかりと感じている。だから僕はあの時、本部局長命令を無視したんだ。


「無事で良かった。ティエラ」


********************


「あ、石上先輩、またコンビニ弁当ですか?」

「なんか文句でもあんの?」


管理局の裏口をでると、そこには自動販売機とベンチが置かれている。昼休みになると、石上は大抵ここで、コンビニ弁当をほおばっている。そこに守月が通りかかったのだ。昼休みの行動パターンなんて誰でも毎日同じ、これはどの職場でもたいてい変わらない。


「いや、文句なんて無いですけど、栄養バランス悪いすよ」

「男が栄養バランスなんて気にしてんじゃないわよ。ああ、そう言えば星崎、今日なぜかうちに来てるわよ」

「へ?星崎さん、謹慎中じゃないんですか?」


守月は石上の隣に腰を下ろし、缶コーヒーのプルトップを開けると一口飲んだ。


「整備課にいきなりきてさ。ティエラにべったりしてて。なんなんだあいつは。最初から気持ち悪いやつと思ってたけど、やっぱりだね」


守月の表情から笑みが消えていく。守月はあまり暗い表情をしない。彼はどんなに疲れてても明るく振る舞う。そんな彼の表情に石上も気づいたようだ。


「どうしたの?守月君」


守月はうつむいたまま、缶コーヒーを両手で握りしめている。


「石上先輩、来宮アメさんのこと聞きました?」

「うん?ティエラを作った来宮隆の娘さんでしょ?自分の娘そっくりにティエラを作ったって話は聞いたよ」

「そうなんですけど、彼女、もうとっくに死んでるんですよ」

「それも聞いたわよ。アンドロイドの暴走事故に巻き込まれたあの事件でしょ?」

「星崎さん、5年前、彼女と付き合ってたって。星崎さんと会っていたその日にあの事故に巻き込まれたんだって、高地さんが教えてくれました」

「……」

「だからティエラと星崎のことはそっとしてやれって」

「う、うそ」


石上の目から大粒の涙が落ちていた。


********************


整備課に帰ってきた石上は終始無言だった。


「石上さん、なんかごめんなさい。邪魔して」

「いや、いいのよ」


――なんか雰囲気がいつもと違う。やはり機嫌悪いのかなぁ。

僕は彼女の邪魔にならないように折りたたみ椅子を部屋の隅に置き直した。その後も石上は無言で作業を続けていた。


結局、僕は午後もずっと整備課にいた。ティエラの横顔を眺めながら、今はただ、彼女が無事に目覚めることを祈っていた。ティエラと出会って僕は変わったように思う。アンドロイドなんて所詮は消耗品、ただの機械だと思っていた。システムに異常が起きたアンドロイドを回収するのが僕の仕事だと、ずっとそう思っていた。アメのような事件を二度と起こしてはならないと。


ティエラは無表情で言葉数は少ないけれど、愛想笑いばかりを作り、無駄なことばかりじゃべる他のアンドロイドよりもよほど人間らしいと思った。この差異がミネルウァ型とクロノス型の違いなのか僕には良く分からない。でもティエラを助けようとしたあの時、僕はティエラをアンドロイドとしてではなく、人間として見ていたことは確かだ。


「星崎、私は帰るけど、あんたはどうする?」


僕は腕時計を見た。もう19時を回っている。


「石上さん、今日は仕事の邪魔してすみませんでした。もう少しここにいてもいいですか?」

「ティエラのシステムは全て正常よ。明日の早朝から自動で復帰するよう設定したから、朝にはもう普通に会話できる。ここにいたいなら、そうすればいい」


そう言って、石上はこの部屋の鍵を僕にくれた。


「戸締りよろしくね~。あとパソコンはシャットダウンしなくていいから。じゃね」


管理局にはもう誰も残っていないようだ。経理課はもちろん、機動捜査課も電機が消えている。

――今日はみんな早いなぁ。

いや、定時で帰るのが普通だろう。残業代も出ないのに残業せざるを得ない、この職場環境がおかしいのであって、これがむしろ普通だ。


僕はティエラのそばに座りなおした。うつむいたまま座り続けるティエラ。このままずっと目が覚めなかったら、と考えると、僕はいつの間にか自分が涙を流していることに気が付いた。

――なにしてんだ俺は。

機械を相手に泣いている自分はおかしいのだろうか。パソコンの調子が悪いからと言ってなく人は少ない。でもティエラを前に僕は泣いている。機械とは違う何か。それは言葉にはできないけれど確かに存在するように思えたんだ。


僕はティエラの手を握ってみた。アンドロイドの体温は約30度ほど。少し冷たい手だけど、その感触は人間の手と変わらない。

――誰かの手を握るなんて5年ぶりだな。


********************


誰かにそっと頭をなでられている。

そんな夢を見た気がした。


意識が現実に戻りかけている。深夜だろうか。窓の外はまだ暗い。やはり僕は寝てしまったようだ。ティエラの充電ポッドが放つ青い光が部屋をわずかに照らしている。この青い光に包まれた空間はどことなく幻想的で、そして優しい。目の前には小さな手がある。これはきっとティエラの手だろう。その手に力を感じる。握り返しているんだ。ティエラが起きている?


「ティエラ?」


どうやら僕は、ティエラの膝にうつぶせたまま寝てしまったらしい。


「あ、ごめん」


反射的に僕はごめん、なんて言ってしまった。


「優樹、ずっとここにいたの?」


まさかティエラが起きていると思わなかった僕は、とっさにどうしてよいかわからず、ティエラの顔を見つめていた。ティエラの声をずいぶん長い間聞いていなかった気がする。


「良かった。無事で」


ティエラは相変わらず無表情だけど、大きな瞳は確かに開いて、時折ゆっくりと瞬きをしながら僕を見ている。それでいい。


「優樹、一つ聞いてもいい?」


ふと我に返り、あわてて握っていたティエラの手を放すと、僕は折りたたみ椅子に座りなおした。


「ああ。どうした?」

「あの時、どうしてわたしを助けたの?」

「どうしてって、そりゃ……」

「あの時、応援がくるまで待っていれば、あの盗難機体を無傷で回収できたかもしれない。でも優樹はそうしなかった」

「……」

「優樹、わたしは優樹に辛い過去を思い出させてしまっている?」


――アメのことか。そう言えば僕はティエラにアメの写真を見せたんだっけな。

話さなければならない、という衝動があの時の僕には確かにあった。その理由についてはうまく言葉にできないのだけど、たぶん僕は、自分のことをティエラに知ってほしかったのだと思う。


「そうであれば、わたしはここにいない方がいい」


ティエラは僕から視線を反らし、うつむきながら言った。


「つらい過去。つらい記憶。そうつらい記憶だよ。こんなことなら最初から全部なかったことにしたいって、ずっと思っていた。5年間ずっと。でも忘れる事なんてできないよ。思い出なんて誰かの救いになることはないかもしれない。むしろ誰かを一生苦しめ続けるものかもしれない。だけど、その苦しみを背負いながら毎日あがいて、もがいて生きていく。そういう決意をしないと前に進めない人間はたくさんいる。俺だけじゃない。きっとたくさんの人がつらい過去を背負っているから。だからティエラが気にすることじゃないよ。大丈夫。心配しないで」


ティエラはしばらくうつむいていたけど、やがて顔をあげ僕を見つめながら言った。


「優樹は、とても強いね」

「そんなこと……ないけど。ただ、俺にはあの時、君を見殺しすることなんてできなかった」

「どうして、そこまで……。わたしはただの機械。他に優先されるべきことはたくさんある。わたしのシステムはいくらでもクリーンインストールできる」

「君の記憶や人格がなくなってしまったら、そうしたら俺は悲しい。とても悲しいことだよ。」


僕は椅子から立ち上がって、部屋の窓から外を見た。夜が明けかけている。もうじき朝が来る。


「俺、一度帰るな」

「うん。優樹?」


僕はティエラをふりかえった。

「どうした?」

「ありがとう」


********************


なんとなく気まずくなって、僕は自分の家に帰った。シャワーを浴び、歯を磨き、鏡で自分の顔を見てみる。

――少しやつれたかな。


僕は部屋のカーテンを開けてみた。朝日のまぶしさをこの部屋で感じるのは何年振りだろうか。窓を開けると少し冷たい風が吹き込んでくる。ベッドに座り、机の上にあるアメの写真を眺めた。この過去を背負って生きていくのだと言うこと。それが僕が生きるということとほぼ同義であることを受け入れるよりほかない。


携帯通信端末が鳴っている。僕は少し寝てしまったらしい。高地からだ。


「星崎、お前の謹慎処分は明日までだ。明後日から来ていいぞ。お前にしてはおとなしくしていたじゃないか。やればできるんだから、今後はしっかり俺の言うことを聞け」

「高地さん。今回は本当にすみません。いろいろ迷惑かけました」

「まあ、気にすんなよ。ああ、そうだ、それでお願いなんだが、明日、ティエラを外に連れ出してやってくれないか?ティエラはずっとスリープ状態だっただろう?石上が言うにはリハビリが必要らしいんだ。ティエラにはまだそのこと言ってないから、お前から言っておいてくれ。あ、じゃちょっとあれだ、切るぞ」


唐突に通信が切れた。

――なに言ってんだ高地は。明日、ティエラを外に連れ出す?リハビリってなんだよ。なんで僕から言わなければいけないんだ?それは整備課の仕事だろう。

時計を見ると午後の3時。石上の携帯通信端末に連絡を入れたが、応答がなかった。


「しょうがない、整備課へ行ってみるとするか」


時間の使い方というものを僕はあまり良く知らない。仕事以外に何か趣味があるわけでもないし、友人だって多い方じゃない。だから持て余した時間と言うのが僕は苦手だ。海を見たり、空を眺めたり、昔はそういう時間も好きだったけど、なんだか最近はそんな暇さえなかったから。だから用事があると言うのは悪い気がしなかった。


僕は一度、機動捜査課の自分のデスクにもどり、パソコンを起動してメールの受信ボックスを確認した。休みの間に大量のメールがたまっている。ややうんざりしていると、背後から高地の声がした。


「おお、星崎。ティエラなら整備課にいるぞ」


何故か、にやにやしている。

――気持ち悪い男だこいつは。


「みんなはどうしたんですか?」

「ほれ、例の盗難機体、まだ見つかってないんだよ。みんな捜査、俺は留守番」

「暇そうですね。で、リハビリって何のことですか?」

「暇じゃねぇよ。ああ、リハビリ。それはあのそれだな。石上に聞いてくれ」

「なんすかそれ」


僕はパソコンをシャットダウンすると、自分のオフィスを出て、整備課に向かった。整備室のドアを開けると、ティエラがいた。もう何も問題なく稼働しているようだ。


「あれ、石上さんは?」

「外でてる。優樹はどうしたの?」


――石上もいないのかよ。

これじゃリハビリが何なのか全くわからない。


「あいつが外で用事とかあまり聞いたこと無いんだけどなぁ。コンビニでも行ったのか……」


「ティエラ、高地さんから何か聞いてないか?」

「なにも聞いてないよ」

「あれ、おかしいな。ティエラはずっとスリープ状態だったろう?だからリハビリも兼ねて、明日どこかに連れて行ってほしいって頼まれたんだよ」

「リハビリ?わたしにはリハビリは必要ないよ。アンドロイドの筋力は低下することが無いの。ずっと寝ていたとしても」

「あ、そうなの?」


おいおい、これじゃ話が全然違うぞ、どういうことだ……


「そっか。じゃ、まあリハビリじゃなくて、俺とどこか行くか、明日」

――僕は何を言ってるんだろう。これじゃまるでデートの誘いじゃないか。

それはおかしいだろう。それは。


「うん、わかった」

「へ?分かったって。仕事じゃないぞ?」

「優樹となら大丈夫」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料