第3話-疑問-

スミス&ウェッソンM36、見た目からして古臭い拳銃だ。ティエラに支給された拳銃は、このM36の改良版らしいが、それにしても旧世代の代物あることに間違いはない。回転式リボルバーに装填できる実弾はたった5弾のみ。これで想定される有事とはいったいどんな状況なのだろうかと考えざるを得ない。


人間が音を感知したときに、耳の痛みを感じる閾値は130デシベルと言われているそうだ。そして、この旧式の拳銃を発砲した時に発生する、乾いた轟音は僕の体感的には180デシベルと言ったところだろう。防音のためのヘッドセットをしていないと気が狂いそうになる。


僕とティエラは午後から、かつては府中と呼ばれていた地域ににある警視庁警察学校お術科訓練棟に来ている。ここは東京都第1区の西側になるが、付近には警察学校以外の建物はほとんどない。


術科訓練棟は高校時代、毎日のようにバスケットボールをした、あのなつかしい体育館を彷彿させる施設だ。そしてこの訓練施設の射座数は12射座。他に射撃訓練をしている警察官はいなく、僕たち二人だけだ。


5弾すべてを撃ち終えたティエラは、こちらを振り返って、何か言いたそうにしている。僕は轟音から耳を保護するためのヘッドセットを外した。


「どうだい、調子は」


返事を聞かなくとも、20メートル先の的を見れば、なんとなくダメそうなのは分かる。5弾全て同じ場所を撃ち抜いているのに、標的から完全にずれている。つまり、射撃制度は非常に高いが、照準の妥当性に問題あり……といったところだろうか。


「優樹、ごめん。手伝ってほしい」


ティエラはいつも唐突に話し出す。僕はそんなティエラの言葉に戸惑うのだけど、なんだか少しだけ懐かしい気持ちにもなる。アメと一緒にいたころはいつもこんなふうだった。


「ああ。どうすればいい?」


実際に拳銃を見たのも、その銃声を聞いたのも今日が初めての僕に、いったい何ができるんだろう。そう思いつつも射座に立っているティエラに近づいた。


「私の腕を持って、あの的、中心を狙って」

「俺が?」


もちろん僕は拳銃など使ったことが無い。いつも使ってるバークパルサーは無抵抗なアンドロイドに至近距離から適当に発射しているだけだ。それに、そもそも僕が射撃訓練を手伝うことは法律上、問題ないのだろうか。そんなことを考えながら僕はティエラの後ろに立った。そして、銃を構える彼女の両腕を外側から抱えるようにして、真正面を向いた。


――狭い肩幅、低い身長、長い後ろ髪。

間近でティエラを見ると、この子はアンドロイドではなく、本当は来宮アメなのではないかと思えてくるくらい、何もかもそっくりだ。


「俺もあそこまで距離のある標的を狙うのは初めてだよ。上手くいくかな」

「大丈夫。優樹が位置を定めたら教えて」

「ああ」


僕は20メートル先の的を睨めつけながら狙いを定める。

――確信は無いが、こんなものだろうか。


「ここかな」


その瞬間、空気を切り裂くような短い轟音が僕の鼓膜を震わせた。

――ああ、うるせぇ

ヘッドセットをしてこなかったことをひどく後悔した。ひどい耳鳴りと、硝煙のにおいが鼻をつく。


「もう少しだけ左」


ティエラの声がものすごく遠くで聞こえる。至近距離からの爆音が僕の聴覚を鈍化させたのだ。


「このあたり?」

「あと2ミリ」


――2ミリってどのくらいだよ

僕はわずかに腕をずらした。


「そこ」


ティエラの言葉が先か、銃声が先か。とにかくもう1弾発射。

――ああ、鼓膜が…。

正面に目を向けると、見事に標的の中央を打ち抜いていた。そして間髪入れずにティエラはその後、3弾を連射した。


「これで大丈夫。照準センサーがちょっとずれてたみたい。平均誤差半径をマニュアルモードで修正したからもう大丈夫。ありがとう」


―――なにが大丈夫だ。

何がどう修正されたか知らないが、僕の耳は全然だめだろう。


************************


術科訓練棟から外に出ると、もう日が暮れかけていた。最近は夕方6時を回るともう日が落ち始める。そしてこの時期、特有の涼しさが僕たちを包む。


「あまり帰りが遅くなると、整備課の石上にまた怒られるだろうから早く帰ろう」


僕は小声でつぶやくと、車に乗り込み、ティエラが助手席に座るのを確認してからエンジンをかけた。


甲州街道を新宿方面に向けて走る。東京の幹線道路で渋滞という現象が見られなくなったのは最近のことだ。オートパイロットの自動車も増えてきたことが原因かもしれないが、交通量自体が年々減少している。ティエラは助手席で東京の夜景をずっと眺めていた。


「そういえば、東京の夜景を見るのは初めてか?」

「うん」


なんとなく気まずい空気が漂う中、新宿が近づいてきた。このあたりは東京の中心地だ。新宿というと一般的にはどんな印象があるだろう。東京の行政を支える都庁第一、第二本庁舎ビルが存在する場所。首都圏の高層ビルを縫うように設置された高架道路、首都高速。夜の首都高速は明滅する高層ビル群の間を流れる川のように多くの人や物資を運び、寝ることを知らない。日が落ちれば、夜空に点滅する赤い航空障害灯が高層ビルのシルエットを描きだす。


「新宿の夜景、きれいだろ?」

――何言ってるんだ僕は。

アンドロイドにも僕たちと同じように夜景の綺麗さとか、風景の壮大さとか、そういう景色を前に同じ感動を共有することができるのだろうか。情景というようなものが、人とアンドロイドで同じかどうかなんて、きっと誰にも知りようがない。僕はそう思う。


「優樹、あそこのビルの上から、この街を見てみたい」


ティエラは正面に見える日本通信代々木ビル、新宿では都庁ビルに次いで高いビルを指さしている。


「今から?」

「うん、だめかな」


5区管理局は品川にある。ここからはそれほど遠くはない。あのビルには展望台があったはずだし、まあ、少しだけなら大丈夫だろうと僕は考えていた。


「わかった。じゃ、少しだけな」

「うん」


ティエラから何かを提案されたのは多分、この時が初めてだったかもしれない。

新宿の夜景は僕が好きな風景の一つだ。実際、展望台に行こうと思ったのも、ティエラが行きたいから、というよりは自分が見たかったから、という方が正解だ。日本通信社の代々木ビルは建物の形も気に入っている。巨大な時計塔、といった外観は、この街と良く似合うように思うから。


日本通信社は田邉重工の子会社であり、通信技術を専門する大手企業である。この国のネットワークサービスを一手に握り、その社会的影響力は大きい。この代々木ビル最上階には観光用の展望台がある。新宿の街並みを地上55階から鑑賞できる隠れた東京の観光スポットだ。


僕たちはビルの中に入ると、エントランス正面にあるエレベーターで展望台を目指した。30階を通過したあたりから、エレベーター昇降路の壁が、ガラス張りになり、新宿の夜景が僕たちの眼下に広がった。


高層ビルが立ち並ぶ新宿。ビルの明かりが夜空に浮かび上がる。だけれども、都会の夜空に星は見えなかった。東京上空は街の灯に照らされ夜でも明るい。星の存在など、ここに住む人たちはとうに忘れかけている。エレベーターのガラス窓に、ティエラの顔が反射していることに気が付いた。悲しそうな、寂しそうな、そんな感情が織り交ざった表情を浮かべ外の夜景をじっと眺めている。アメも昔こんな顔をよくしていた。


展望台は思ったより空いていた。平日だからかもしれない。ティエラは眼下に広がる新宿の街を眺めていた。まるでミニカーのように走る自動車の流れ、新宿駅を行きかう鉄道車両のシルエット、立ち並ぶ新宿のビル群と赤く点滅する航空障害灯。気が付けば僕もこの景色に見入っていた。


「もう行こう、石上先輩に怒られる」


腕時計を確かめ、僕は歩き出した。

その時、突然ティエラに腕をつかまれた。


「優樹、あれ見て」


ティエラが指差す方向に、30代くらいの男性が非常階段の扉を開けようとしてるのが見えた。


「あの人、人間じゃない」

「このビルに配備されているアンドロイドだろう。ここは1区の管轄だから、配備されているアンドロイドも東京都の中で一番多い。別に不思議なことじゃないだろ?」


実際、街のいたるところにいるアンドロイドは場所によっては人間よりもその個体数が多い。このビルにアンドロイドがいても全く不自然なことはない。


「ちがう、管理用ネットワークシステムに接続されてない。個体識別番号が不明」

「まさか、そんなわけないだろ。じゃ、あれは東京都の起動承認を得てないアンドロイドってことになっちまう。それは違法行為……って、おい」


ティエラは男が消えた非常階段へ向けて走り出していた。


「おい、まて。そもそも本当にアンドロイドなのかよ。俺には人間に見えたぞ」


そういった後で、僕は自分でもおかしいことを言っていることに気が付いた。アンドロイドと人間を瞬時に見分けることは、僕たち人間には不可能だ。そして、管理用ネットワークシステムに繋がれていないアンドロイドとは、つまり東京都の起動承認を得たアンドロイドではないことになる。違法製造あるいは違法起動。いずれにせよ犯罪行為だ。


僕は急いでティエラを追いかけ、非常階段の扉を開けた。


「ティエラ?」


階段の下にティエラが横たわっていて、こっちを見上げていた。


「ごめん、見失った」

――見失った、というか、お前それ転んだんだよ。


ティエラの見たものが人間なのか、アンドロイドなのか、良く分からなかったが、僕は念のため上司の高地に連絡を入れておいた。


************************


ティエラと機動捜査課のオフィスに戻ると守月しかいなかった。


「守月、高地さんは?」

「定時であがりましたよ。なんでも今日は、娘さんの誕生日パーティーだそうで。プレゼント買わなきゃだ、何とか言って、なんだか楽しそうに帰っていきました」

――こんな時に、のんきな上司だ。


報告書を片付けなければならなかったけれど、時間も時間なので、僕はティエラを先に整備課へ送り届けることにした。


「星崎、何してんの、ティエラさん転んじゃったじゃないの」

「ああ、すみません。階段で、その……」

「あのな、ティエラさんに無理させんなと、これで何回目ですか」


毎回予想通りの展開にうんざりする。石上の怒鳴り声は想定内といえど、さすがに1日の終わりでは疲労感が増す。


「ルナ子、大丈夫、優樹は悪くない」


ティエラは充電ポッドに座りいつものように膝を腕で抱えると、そういった。


「何言ってのティエラ、こいつがちゃんと見てないから、こういうことになったのよ」

「私が展望台に行きたいっていったから。ごめんなさい。」

「は?展望台?あんたらデートでもしてたの?」


デート、まあそういわれれば、そうかもしれない……いや違うだろう。


「違いますよ、何かの誤解でしょう。とにかくティエラは大丈夫そうでしょうか?」


めんどくさくなって僕は話題を変えた。でも、なんで僕はこの時、機械の心配などしたんだろうか。機械に心が宿る、もしそうなのだとしたら、それは受け手の人間の問題なのかもしれない。僕がそう感じるから、機械に心があるように思う。それはつまり、心が機械に存在論的な仕方で宿っているのではなく、どちらかといえば、僕の認識論的な仕方で宿るものなのではないだろうか。僕はこのとき、漠然とだけど、そんなふうに考えていた。


「うん、まあ特に問題は無いと思うけど、いちおう見ておくね」


僕は整備課を出ると、報告書を書くため、自分のデスクに向かった。


************************


「アンドロイド不法投棄の入電だ。場所は川崎にある田邉重工の旧京浜工場跡地。星崎、ティエラと一緒に現場に行ってくれ」


またあそこか。不法投棄というか、あの辺りは、アンドロイド所有法人がもはや事実上、消滅している。うろうろしているアンドロイドの全てうちで回収してしまえばよいものを……。


非効率的だと僕は常々思っているが、法律上、一度配備したアンドロイドは正常に起動している限り、所有法人の承諾が無いと回収できないことになっている。しかし、承諾を取ろうにも、法人代表者が、あの場所にはいない、なんてことがざらにあるわけだ。あそこのアンドロイドたちは自分らの意志で充電し、自分らの仕方で生活している。ある意味でアンドロイドたちの生活圏なんだ。人が関わるような場所じゃない。


「星崎、聞いているか?」

「あ、はい」

「それから、昨日ティエラが見たとかいうアンドロイドの件は、上野局長にも報告してある。まあ、まず大丈夫だとは思うが、ありえん話でもないのでな。また状況が分かったら連絡する」


田邉重工が保有する製造拠点はかつてはここ、京浜工業地帯にいくつもあったそうだ。しかし今現在は、事業の縮小と労働人口の減少により、京浜地区には稼働している工場は一か所もない。不法投棄されていたのは、そんな工業団地の一画、産業廃棄物処理センタ-の隣だった。この場所は、そもそも様々なゴミの不法投棄が多く、当然ながらアンドロイドも含まれる。経年劣化や事故で壊れてしまったアンドロイドは、見かけが人だろうが、ただのゴミと同様なのだ。実際、この場所に来るのはこれで何度目だろう。いつもと違うのは、隣に守月ではなくティエラがいることぐらいだ。


「優樹、生体反応の無いアンドロイド、あそこにいる」


ティエラの視線の先には投棄されたと思われるアンドロイドの両足が見えた。見た目は人の死体のように見えるが、あれは人ではない。


「おかしい。個体識別番号が設定されていない」


ティエラはそう言って走り出した。


「おい、待てって。個体識別番号が設定されてないってどういうことだ?」


ティエラの歩行速度が極端に遅いことに僕は昨日初めて気が付いた。僕が普通に歩く速度と、走るティエラの速度に大差はない。きっと歩幅の問題なのだろう、と考えていたが、そもそもティエラの身体能力はどう考えても人並み、いやそれ以下だ。


”待てっ”て言いたくなるのは、ティエラの移動速度が速いからじゃない。彼女の行動が毎回、唐突過ぎるのだ。たしかクロノス型アンドロイドは空気が読めるとか言っていた気がするが、こいつに限ってそんなことはない気がする。いやクロノス型はティエラしか存在しないんだったけか……。


「個体識別番号がどうとかって、確か昨日も……」


横たわっているアンドロイドの全身を見て僕は驚愕した。頭部が鈍い鈍器のようなもので破壊されている。顔は原型をとどめておらず、後頭部はえぐられたようにくぼんでいる。


個体識別番号がどうあれ、この状況は、アンドロイドの製造及び管理に関する法律におけるアンドロイド保護条項違反である事には間違いない。


「ティエラ、これはまずいことになりそうだ。とりあえずこの機体は回収するが、現場の状況を画像データで残しておく」

「わかった。3D画像で保存しておけるから大丈夫」


ティエラが現場の画像を保存しているあいだ、僕はアンドロイドの後頸部に設置されているインターネットアクセスポートを開いた。本来ならば、そこには個体識別番号の刻印があるはず……。

――まずいことになっている。

僕は携帯通信端末を取り出すと、高地に緊急連絡した。


「高地さん、ちょっとまずいことになっています。」

『どうした、何かトラブルか?』

「ティエラが今、画像を送ります」


僕はティエラの方を見ると、彼女は軽くうなずいた。


『送られてきたぞ。こりゃひでえな。アンドロイド保護条項違反であることには間違えなさそうだ』

「それと、後頸部、アクセスポート見てください。このアンドロイド、個体識別番号が付与されていません」

『――分かった。お前たちはそのアンドロイドを回収してすぐに帰投してくれ』


************************


機動捜査課に戻ると、上野局長より会議室に集まるよう指示があった。この会議室が使われるのは、何年振りだろうか、あまり良く思い出せない。ここは昼休みに漫画を読んだり、昼寝をしたりと、少なくとも、本来意図された目的でこの部屋が使われたことはここ数年で1回もない。


少し遅れて上野局長が会議室に入ってくると説明を始めた。


「田邊重工より、承認手続き前アンドロイド3体の盗難届が本日付で提出された。ただ、実際に盗難被害があったのは1週間ほど前だ。また同じタイミングで田邉重工のシステム開発部長、近藤至こんどういたるが失踪したらしい。」

「1週間も放置していたんですか、田邊重工は」


高地が大きな声で上野の説明を遮る。

アンドロイドが盗難された場合、所有法人は可及的速やかに盗難届けを管理局に提出しなくてはならないことになっている。この可及的速やか、という表記があいまいすぎるのだ。


「自社内でこのトラブルを解決しようとしたらしい。そのせいで都への届け出が遅れたと報告を受けている」

「近藤至って何者なんですか?」


守月も相変わらず空気の読めるような読めないような質問をするが、その問いに対する答えはしばしば重要だ。


「近藤はリバティーの開発者よ。今、東京都で実用化されているアンドロイドのすべては彼の手で作られた、と言っても良いわね」


石上が補足した。で、結局のところ近藤至という人物が失踪が意味することは何なのだろうか。僕にはこの時、話の文脈がいまいち呑み込めなかった。


「昨日、ティエラと星崎が新宿で目撃したアンドロイドもおそらくこの盗難機体の1つだと思われる。個体識別番号が付与されていない、ということは東京都の管理用ネットワークにアクセスされていないということだ。」


これが意味することは良く分かる。東京都の製造承認、起動承認を得ていないアンドロイドは、都の管理用ネットワーク、つまり僕ら管理局の監視下にないということ。僕らの監視下に無いアンドロイド(その存在は許されないが)は自由に歩き、自由に行動する。充電設備さえあれば、国内旅行はおろか、海外旅行にだって行ける。万が一、故障しても、動力システムが生きている限り、彼らは自立的に行動できる。電子頭脳がいかれちまっても、動力システムだけが正常に作動していれば、どんな行動でもとりうるだろう。さらに何らかの要因でセーフティープログラムのリミッターが外れてしまえば、人間を殺傷することも容易だ。


「本件は警視庁との合同捜査となる。高地課長と守月君は旧京浜工業地区エリアの捜索を、星崎君とティエラは田邊重工本社システム開発部の家宅捜査を頼む。押収物が多いかもしれないから、うちの経理課の人間も使ってくれていい。」


************************


捜索差押許可状を受け取ると、僕たちは田邉重工本社ビルへ向かった。田邉重工本社ビルは、管理局のある東京都第5区品川の隣、大崎にそびえる高層ビルだ。今回捜査するは同ビル25階のシステム開発部である。近藤至が率いる同社システム開発部は、世界で初めて「心」を持つアンドロイドの基本プログラムを産み出した部署。近藤至の名は一躍世界に知れ渡ることとなった。そんな近藤がなぜいなくなってしまったのだろうか。盗まれたアンドロイドと、何か関係があるのか。この時、僕の頭の中は疑問だらけだった。


僕たちは本社ビルにつくと、1階の総合受付で東京都の職員証を見せ、事情を説明し、そのまま25階のシステム開発部のオフィスへ向かった。


「アンドロイド製造及び管理に関する法律違反の疑いで強制調査を行ないます。皆さんこの部屋から出ないでください」


このオフィスにあるパソコン端末を全て押収。書類なども全て持ち帰る予定だった。デスクの上にあるいくつかのパソコンの電源を落としながら、押収作業を進めていると、部屋の奥にあるパソコン端末をティエラが触っているのが見えた。


「ティエラ、あんまり触るな。全て押収して、管理局で精査するから」

「優樹、これを見て?」


まったく、こいつは、人の話を聞かないやつだ。いつものことだったが、勝手に証拠品をいじられては困る。僕はティエラが覗き込んでいるパソコン端末のモニターを見た。


「このパソコン、すべてのファイルがフォーマットされていた」

「つまりどういうことだ」


今日は良く分からないことだらけだ。みんなちゃんと説明してくれ、頼むから。


「意図的にデータがすべて消されたと言うこと。今、復元ソフトで消されたデータを再構築している」


――やはりティエラは人並み外れた能力があるのだな。

僕はよくわからないことに感心しながら、押収すべき証拠品に対して勝手にこんなことして良いのかと少し不安になった。


「修復完了」


僕はパソコンのモニターを覗き込んだ。デスクトップにいくつかのフォルダが貼り付けてあったが一番下に「来宮文書」と名付けられたファイルを見つけた。


来宮!?それはアメの名字……。僕は無意識にそのフォルダを開けていた。中にはいくつかファイルが入っている


『[原著]脳内記憶シグナルの電気的アルゴリズム構築について』

『[原著]宣言記憶の神経シグナルパターン解析』

『[原著]人工生命自立型安全システムに関するプログラムの開発』

『[最高機密(Top Secret)]強化セーフティープログラム解除手順』


学術論文の類だろうが、4つ目のファイルは明らかに違う。これはアンドロイドのセーフティプログラムを解除するためのマニュアルだろう。最重要機密扱いのファイルということなのだろうか。ファイル自体はロックがかかっていて開くことはできなかったが、ファイルのプロパティを開くことはできた。僕はプロパティに表示されているファイルの作成者を確認した。


“来宮隆”


「ティエラ、この人物が何者かわかるか?」

「東京都に住民登録があれば……。まって今検索をかけている」


ティエラの電子頭脳は常時インターネットに接続されており、東京都の特別司法警察職という立場にあるティエラは、東京都のデータであれば、いつでも住民登録に関する情報にアクセスできる。


来宮隆きのみやたかし 62歳 男性 元田邉重工 人工生命開発研究センター長」

ってどういうことだ?」

「2年前に死亡届が出されている。死因は自殺」

「すまんティエラ、分かったらでいい。来宮隆の家族構成に関する情報はあるか?」

「家族構成に関する登録データは6年前から更新されていない。来宮隆、長女……“来宮アメ”」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料