アメのソラ

青嶋俊作

第1話-再会-

東京……。かつてこの街は23区という、おおよそ今では想像もできないくらい細かな行政区分で仕切られていた。高齢化が進み、この国の総人口が8000万人切ってしまった2050年代、こうした行政区分にとりわけ大きな魅力はない。市町村合併はもとより、関東地方のほぼ全域が東京都と呼ばれるようになってもう20年がたつだろうか。


星を眺めたあの日は、朝から少し雨が降っていた。灰色の空に包まれた渋谷の街に、鮮やかさはなく、無機質な雑居ビルがところ狭しと立ち並んでいる。


道玄坂を下る。渋谷駅はあと少し。僕は傘をさすのが苦手だ。アスファルトに点在する水たまりをよけながらも、気をつけて歩くのだけど、どうしてもズボンのすそが濡れてしまう。


「首都高の下を歩けばよかったな……」


東京の風景も、この50年で大きく様変わりしたそうだ。21世紀初頭に比べれば半減したといわれる総人口、そしてそのほとんどが高齢者だから、街の景色が変わるというのは、当然といえば当然かもしれない。都心でも郊外でも、人通りは少なく、使われなくなった建物ばかりが残っていく。でも僕はこの閑散とした東京が好きだった。そう、だぶん君がいたから。


僕は君の待つ、東急東横線渋谷駅の自動改札を目指していた。東京と横浜をつなぐ私鉄路線。そして都内で唯一となってしまった私鉄路線。


ああ、10分ほど遅刻だ。この雨のせいで、アメに怒られる……かも。


いつもの改札の、そしていつもの場所に君はいた。駅構内を歩く人たちの足元を眺めるように、君はうつむいたまま立っていた。


「ごめん、遅くなった」

「大丈夫。雨だしね」


僕に気づいて顔を上げた彼女の表情は少しだけ和らいだように見えた。来宮きのみやアメはあまり感情をぶつけてこない。怒っているのか、楽しいのか、僕は未だに良く分からなくなる。この時の返事もなんだかそっけなくて、僕は一瞬、自分は嫌われているのかな、と不安になったことを覚えている。


彼女は、列車に乗っていても、車の助手席に座っていても、流れていく街の風景を見ている。言葉数は少なく、無表情でいることの方が多いのだけれど、でもたまに見せる笑顔が素敵で、僕はいつしか君に魅かれたんだ。


僕たちは渋谷駅をいったん出ると、明治通りを挟んで駅の反対側にそびえるビルへ向かった。このビルの屋上には東京でも珍しいプラネタリウムがある。


優樹ゆうき、またズボンぬれちゃってるね」


エスカレーターに乗り、僕が雨に濡れた傘をたたんでいると、アメは小声で言った。


「ああ……」


僕は、自分のズボンのすそを確かめると、なんだか少し恥ずかしくなって、生返事を返した。


東京にはかつてプラネタリウムが2か所あったらしい。僕が物心ついたときには、ここ、渋谷にしかプラネタリウムはなかった。なんとなく星空を見たい人なんて、結局のところ少なくなってしまったのかもしれない。でも僕は星が好きだ。特に理由があるわけじゃない。いつだったか、アメにその理由を聞かれたとき、僕の名前が“星崎ほしざき”だからかもしれないと言ったら、彼女は珍しく笑っていた。アメとはここに何度も足を運んだ。


ドーム・スクリーンは直径20メートル。巨大な天球の真下にある400以上の座席に人の姿は少なく、観客はまばらだった。プラネタリウム投影機は田邉重工製のレンズ式投影機で、デジタル式投影機が当たり前のこの時代、世界的にも珍しいものらしい。中心までの高さが3メートル、重さが2トンもあるこの古びた投影機はデジタル投影機では絶対に見ることができない有機的でどこか懐かしい夜空を描き出す。


ドーム・スクリーンに投影されている昼の光が、夜の闇に変わっていくその間に、小さな星が一つ、また一つ、そうして気づけば僕たちは約9000個の星々に囲まれていた。


「この夜空のどこかに落ちていきそうな感覚が、少しだけ怖いんだ」


アメが小さな声でつぶやいた。僕がアメの手をそっと握ると、握り返してくれる彼女の手の力が、そのぬくもりが、僕にはとても心地よかった。このまま夜空に落ちていきたい、僕はむしろそう願った。


「優樹、今日はありがとう、楽しかったよ」


プラネタリウムを出ると、アメは少しだけ嬉しそうな顔でそういった。あまり感情を出さない彼女が楽しいという言葉を使うことはめったにないから、僕もうれしかった。


「僕も楽しかった。また帰ったら連絡するよ」


そう、それがアメの笑顔(それが笑顔と呼べるのかは良く分からないが)に出会えた最後の瞬間だった。あの時、なぜ彼女を自宅まで送らなかったのだろうか。そんな自責と後悔にまみれた想いを、僕はその後もずっと背負っていくことになる。


***********************


当時、僕は東京都第1区にあるアンドロイド管理局整備課のエンジニアだった。人工知能が人間の頭脳をこえるという”シンギュラリティ”、いわゆる技術的特異点は、2045年に起こると予測されていたが、人間による技術開発は、人間の脳が予測した時代よりも前倒しで発展したようだ。2030年、東京都はアンドロイドの試験運用を開始している。


2055年の今、アンドロイドと人を見分けるのは困難である。田邉重工が開発したミネルウァ型と呼ばれるアンドロイドは、同社が開発した人工生命「リバティー」を搭載することより、世界でも初めて、心を持つアンドロイド、とまで賞賛された。別に機械を擬人化する必要はなかったのかもしれない。ただ、減少していく人口に対して、人はやはり人らしきもの、を求めていたのかもしれない。


高齢化が深刻な東京都では全国に先駆け、アンドロイドの実用化計画を積極的に進めた。医療、介護福祉、教育分野、あるいは建設現場にミネルウァ型アンドロイドが積極的に導入され、そのアンドロイドは東京都が管理することになった。


現在、東京都第1区から第5区にそれぞれ1か所ずつアンドロイド管理局が設置され、アンドロイドの管理、監視業務が行われている。また同局、機動捜査課は東京都の特別司法警察職であり、アンドロイドの異常行動や暴走、また犯罪行為に対処する唯一の組織でもある。


各地区のアンドロイド管理局機動捜査課にも、試験的にアンドロイドが1体ずつ配備されており、そのアンドロイドの整備を行うのが、僕の仕事だった。


その日のうちに済まさねばならい報告書を書くために、アメと星空を眺めた後、職場に戻ったことを思い出すと、今でも胸が痛くなる。職場に戻った数分後、僕はその場でアンドロイド暴走の入電を聞いたんだ。


建設現場の多い東京都第1地区は、建設作業に従事するアンドロイドが多く配備されていた。旧目黒・世田谷地区周辺であるこのあたり一帯は、人口の過疎化に伴い、街の再整備が積極的に行われている地域だったからだ。


自宅へ帰る途中のアメは建設作業用アンドロイドの転落事故に遭遇してしまった。暗闇の中、アメは人が転落したと勘違いしたようだ。アンドロイドはやはり人間と見分けがつかない。


高所から転落の衝撃で頭部を強打したアンドロイドはセーフティーモードが破壊されたうえに、自己防衛プログラムが作動状態であった。アンドロイドの体に触れようとしたアメを、その”機械”は力の限り払いのけた。建設作業用にカスタマイズされていたアンドロイドの腕力は、小柄なアメの体を10メートル近くも跳ね飛ばしたといわれている。


運悪く、アメの身体の真下には先のとがった建築資材用の鉄骨が地面と垂直にたてかけられていて、宙を待ったアメの身体が重力のなすがままになったその直後、彼女の頭部に鉄骨が突き刺さった。


即死だったそうだ。僕は彼女の死を知った翌日、職場に退職願を提出した。


***********************


旧大田区、品川区、から川崎、横浜にかけて現在、東京都第5区と呼ばれている。そして東京湾沿岸には、かつて日本の高度経済成長を支えた京浜工業地帯が廃墟として残っている。今となっては荒れ果てた文化財となってしまった工場団地は、財政がひっ迫する東京都の経済事情ではどうにも対処することができず、もう何年も放置されている。おそらく、東京都の治安悪化はこの旧京浜工業地区エリアが原因だろう。犯罪発生割合は第5区がずば抜けている。


そう、みんな分かっている。だけどこの場所には誰も関心がない。関心を向けるほど、この世界の人たちは心に余裕があるわけじゃないんだ。それは僕も含めて。


そんな廃墟の中を僕たちは速足で歩いている。


「星崎さん、あそこ見てください」


5区アンドロイド管理局機動捜査課捜査員、守月隆秀もりつきたかひで。彼は新人だが、なかなか頭がいい。彼の指さす方向には清掃用と思われるアンドロイドがいた。朽ち果てたコンクリート壁の脇に座り込んでいるアンドロイドは、こぎれいな40代くらいの男性に見えるが、あれは人ではない。


全く動こうとしないのは電子頭脳に何らかのエラーが生じてセーフティーモード機動状態なのだろう。おそらく定期メンテナンスもろく受けれずに何年も稼働し続け、その経年劣化のなれの果てなの姿なのだ。この地区の清掃用アンドロイド所有法人はアンドロイドの管理を事実上放棄してしまっている。


「守月、お前はここで待っていろ」

「大丈夫ですよ、あれセーフティーモードが起動していますから、自立歩行できないですよ」


アンドロイドによる人身事故はこの5年間起きてはいない。それはあの事件以来、アンドロイドには強化されたセーフティ-プログラムのインストールが義務づけられたからかもしれない。アンドロイドに深刻なエラーが発生した場合、安全な場所で待機するようプログラムされているうえ、アンドロイドの強力な収縮力を生み出す人工筋肉には可動制限リミッターがかけられている。かりに電子頭脳が壊れ、自己防衛プログラムが暴走したとしても、待機モードが優先されるため、近づかなければ人に危害が加わることは理論上なくなった。


機動捜査課捜査員は、回収対象となったアンドロイドが、人に危害を加える可能性がある場合、当該アンドロイドの強制起動停止実行権が認められている。しかし、拳銃などの銃火器携帯許可権を有しているわけではない。万が一のケースでは、小型の電磁パルス発生装置を用いて、至近距離からアンドロイドへ発射する。バークパルサーと呼ばれるその装置は、拳銃のように見えるが、いわゆる音響兵器の一種だ。2メートル以内の距離であれば、人体に危害を加えず、標的アンドロイドを電子頭脳を破壊することができる。これが機動捜査員に許可されているアンドロイド強制起動停止の基本的な手段である。


僕は動けなくなっているアンドロイド近づき、歩きながらパルサー腰から引きぬいた。


「星崎さん、そこまでやる必要ないです。そのまま回収しましょう」

「アンドロイドをなめるなよ守月。あいつらに心なんてないからな」


僕はもの言わず、うずくまっている清掃用アンドロイドの背後、わずか数センチのところから、パルサーを構え、その引き金を引いた。鈍い音がして、パルサーから電磁パルスが発射された瞬間、アンドロイドがこちらに顔を向けたように見えた。しかし放たれた電磁パルスは、容赦なく彼の電子頭脳を破壊した。


「機動停止完了」


人工筋肉が弛緩し、ゆっくりと横たわっていくアンドロイドの姿はまるで人が死を迎えるその瞬間のように見える。しかし、それは人ではない……ただの機械なのだ。


***********************


「星崎さん、いつも派手っすね」


アンドロイド回収専用車を5区管理局のある品川へ向けて運転している守月があきれたように言った。


「守月、すまん適当に報告書いておいてくれ、俺はちょっと用事が有るんで、ここらで降りるよ」

「あ、星崎さん、それはないすよ。仕事さぼるんですか?」


そう言いながらも守月はゆっくりとブレーキを踏み込み車を路肩に寄せた。夏が終わるからだろうか。この時期になるとどうしても5年前を思い出してしまう。僕は、ただただ繰り返される単調な日々にとても疲れていたんだ。出先から自分のオフィスに戻るのがたまらなく嫌になる日があった。


「今度、飯でもおごってやるから勘弁しろ」

「はい、わかりましたよ。でも星崎さん、明日は新規配属アンドロイドのお披露目ですよ。遅刻しないで下さいね」

「そういえば、明日はそんな日だったか」


新規アンドロイドの配属。僕にとってはあまり興味のない話だった。


第一京浜、この道は今も昔も変わらない国道15号線。僕は一人で歩いた。あの時の退職願は受理されなかった。僕はこの第5区で、エンジニアではなく機動捜査課の捜査員として現場にいる。僕はいったい何をしているんだろう、と自問自答し続けながら、5年の月日が流れていた。


雑居ビルの隙間に太陽が吸い込まれていく。秋が近いこの時期は、昼間の暑さとや衣装的にこの時間は少しひんやりする。車通りなんてほとんどないこの第一京浜に、僕の影だけが長くアスファルトに横たわっていた。



***********************


職場に戻る気をなくした僕は、自宅近くの行きつけの飲み屋で一人飲むことにした。ここにはよく来ていた。この世界で生きていくことの希望を見失いかけたとき、かろうじてその生を肯定してくれるのはアルコールだけだった。


「おい星崎、お前仕事さぼってこんな所にいるとは、なめてんのか」

「ああ……」


なぜ上司の高地がこの店にいるんだ。高地孝祐たかちこうすけ、第5区アンドロイド管理局機動捜査課の課長をやっている。こいつとは腐れ縁だ。5年前から僕の上司だった。


「いえ、その、情報収集ですよ。アンドロイドの不法投棄とか、この辺は多いですから」

「ふん、まあいい」


高地は特に追及もせず、僕の隣にやってきた。

――こいつはいつでもなれなれしい。

僕はグラスにわずかに残っていたマッカランを飲みほした。


「今日も強制起動停止か。守月の報告書、ざっくり読んだぞ。何もそこまでしなくてもなあ。今のアンドロイドの身体能力にはリミッターがかけられてるうえに、セーフィティーモードが誤作動する確率も極めて低い。パルサーなんて振り回す必要ないんだよ」


僕はこの話題が好きではない。特に今日はそんな話を聞きたくなかった。それに報告書はざっくりではなく、しっかり読んでほしいといつも思う。


「高地さん、明日、新型アンドロイドが配備されるって聞きましたが、どんな機体なんですか?」


高地を無視するわけにもいかず、僕は話題を変えた。


「気になるの?俺も良く知らん。が、なんでも女性型モデルらしいぞ」

「機械に性別なんてないでしょう」

「でも、男性型よりいいだろう?」


高地は僕の顔を覗き込みやにやしながら言った。

――機械の性別に興味はない。あれはただの機械だから。


「そういえば、今回配備予定なのは田邉重工の最新モデルらしいぞ」

「最新モデル……ですか」


何がどう最新なのか、それが分かったとしても僕にはあまり興味の無い話だ。だがしかし、アンドロイドというのは、外見も内面も人間とほとんど変わらないということは確かかもしれない。


人間にはまねのできない知的営為を可能とする工知能でさえも「心」を感じることは少ない。でも人間に比べて、ましてや人工知能に比べたら、はるかに知的なことを成しえない犬や猫に心を感じるのはなぜだろうか。アンドロイドがただの機械だとは僕は思う。だけど、そこには人の面影を感じざるを得ない何かが、存在するようにも思えるのは事実だ。田邉重工の作った「リバティー」という人工生命プログラムが機械に「心」を宿す、と称賛されたのもよくわかる。


「機動捜査課に配備されているアンドロイドはそもそもが試験運用であることはお前も知っているよな?」

「はい」

「本来は陸上自衛隊や警察に配備したいんだよ、国や東京都としてはね。ただ、いきなり実践配備というのは少々心もとない。だから俺たち機動捜査課がアンドロイドのしつけ教育を担当しているってわけさ」

「めんどくさい話ですね」

「まあな」


********************


東京都第5区アンドロイド管理局、機動捜査課に新たにアンドロイドが配備された。この日のこと、そう彼女と初めて会ったことを、僕は今でも鮮明に覚えている。整備課にてメンテナンス中の新型アンドロイドを高地に誘われて見に行った時の衝撃は、一生の中で、もう二度と味わう事はないだろう、というほどに強烈なものだった。


整備課の専用充電ポッドの青い光に包まれ、両足を抱えたまま、静かに着座している新型アンドロイド。機動捜査を担当するアンドロイドにしては小柄であり、高地が言っていたように確かに女性型のようだ。そして”彼女”の横顔を見た瞬間、僕の頭は真っ白になった。心臓が飛び出しそう、なんていうのは何とも味気ない形容だが、それ以外にこの衝撃を何とたとえたらいいだろう。


大きな瞳。肩まで伸びている後ろ髪、身長150センチしかないであろう小柄の体型。

童顔といえば童顔な顔立ち、髪型、背格好。それは5年前の――23歳の来宮アメそのものだった。


「アメ……!?なぜ……」


僕の隣で高地は平然を装っているが、内心はかなり動揺していたにちがいない。この職場で僕の過去を知る唯一の人間。ズボンのポケットにつっこもうとしていたであろう、彼の手は震えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料