変態パラドクス

作者 蒼風

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全40話

更新

  1. プロローグ
  2. 第1話 変態の作り方
  3. 第一章
  4. 第2話 誰だって好きな作品に対しては饒舌だ
  5. 第3話 “僕”と“私”の境界線で
  6. 第4話 王「むしろ目の前は死角になるぞ」
  7. 第5話 デートの定義なんて、大抵曖昧だ
  8. 第二章
  9. 第6話 好きな作者についてって何となく調べたりするよね
  10. 第7話 お勧めの席は十人十色
  11. 第8話 バストは見れば分かります
  12. 第9話 ランチビュッフェ1480円(税別)
  13. 第10話 大体こういう人の栄養は胸に集中している
  14. 第11話 実害の及ぶドジっ娘を愛せるか
  15. 第12話 日没、センチメンタル
  16. 第三章
  17. 第13話 友人の友人は変態
  18. 第14話 「何でもする」は禁句です
  19. 第15話 枕投げだって立派な使い方だ
  20. 第16話 琴ちゃん、襲来
  21. 第17話 あなた大盛、僕並盛
  22. 第18話 描く力と、読む力
  23. 第四章
  24. 第19話 まずは押し倒して、後は流れでお願いします
  25. 第20話 トマトとトマトソースは別物
  26. 第21話 踏み出された、一歩
  27. 第22話 沸点50%オフ
  28. 第23話 愛のカタチ
  29. 第五章
  30. 第24話 動き出した、歯車
  31. 第25話 終止符は突然に
  32. 第26話 嘘だけではない僕たちの事
  33. 第27話 “僕”は今、一歩目を踏み出す
  34. 第28話 ママは心配性
  35. 第29話 埃まみれの過去
  36. 第30話 世間は案外狭い物だ
  37. 第31話 並び立てなかった者の苦悩
  38. 第32話 誰にだって知られたくない過去はあるものだ
  39. 第六章
  40. 第33話 プリントを届ける役割はご近所さん
  41. 第34話 人前に出るのだって準備が必要だ
  42. 第35話 ここから始まる“僕”たちの関係
  43. 第36話 誓いの儀式
  44. 第七章
  45. 第37話 突然の知らせは大抵凶報
  46. 第38話 貴方の為は、誰の為?
  47. 第39話 お姉ちゃんは独占したい
  48. 第40話 大事なのは結論ではなく

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!