やっぱりずぶ濡れ女子高生に家の風呂を貸した俺は間違いだったのだろうか

作者 赤木良喜冬

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全47話

更新

  1. 第1話 水落花火
  2. 第2話 風呂
  3. 第3話 無理な依頼
  4. 第4話 消え去れ俺の高校時代
  5. 第5話 彼女には効かないようだ
  6. 第6話 クリスマスイブ
  7. 第7話 何故か彼女は現れる
  8. 第8話 この女子高生がうざい
  9. 第9話 ガムシロ、入ってないぞ
  10. 第10話 女子高生と潜入調査
  11. 第11話 掴んでいるのは本当に手か
  12. 第12話 むしろ後者だったらどうしようかと思った
  13. 第13話 俺の無双劇 
  14. 第14話 ファミレスでいいのか
  15. 第15話 探偵さんにだったら集れるでしょ?
  16. 第16話 むしろちょっとラッキー
  17. 第17話 答えはまだ、出したくない
  18. 第18話 残念だけどそんなもの、俺には通用しない
  19. 第19話 侮蔑兵器(ディスパイズウェポン)
  20. 第20話 そんなこと言えない身体にしてあげる
  21. 第21話 前傾姿勢で上目遣い
  22. 第22話 俺の家にいた方が安全だろう
  23. 第23話 やることだらけ
  24. 第24話 うん、気のせい
  25. 第25話 爆乳なのだ。花火と比べ物にならない程に
  26. 第26話 彼女!? ……花火のことだろ?
  27. 第27話 探偵さん、あの女誰ですか?
  28. 第28話 花火がひっぱって瀬渡がそれに抗う
  29. 第29話 彼女の声だけが響く
  30. 九年前の火事の記憶 
  31. 第30話 深夜、店内は深閑としている。
  32. 第31話 黒髪に黄色と緑色のチェック柄ヘアピン……
  33. 第32話 しかし、そんな意図が伝わるはずもなく
  34. 第33話 正しいのは花火らしい
  35. 第34話 あー、ゴミのことか
  36. 第35話 もしかしたら、そうかもしれない。
  37. 第36話 つまり、全部問題ない。
  38. 第37話 さらば、侮蔑兵器だった物たちよ……
  39. 第38話 気づけば、爆乳低身長とまな板高身長に挟まれていた
  40. 第39話 ――花火!!
  41. 第40話 私の依頼を……上書きしてください!
  42. 第41話 そこにいたのは、神々しく光り輝くオーラに包まれた少女。
  43. 第42話 海斗、そろそろ殺してもいいよな
  44. 第43話 それにしても「またな」か……。
  45. 第44話 花火はふいと視線を逸らした。
  46. 第45話 亜井川花火
  47. 最終話 やっぱりずぶ濡れ女子高生に家の風呂を貸した俺は間違いだったのだろうか。