助けての言い方を知らない君。

作者 キコリ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全30話

更新

  1. 特別な夏のはじまり。
  2. 8月1日―――この日、僕は君と出会った。
  3. 8月1日② ―――僕は屋上で君を見た。
  4. 8月2日―――僕は君が「佐藤」であると知った。
  5. 8月2日―――佐藤は僕にお願いをした。
  6. %&$?>*+―――①
  7. 8月5日―――葛藤を始めた僕。
  8. 8月7日―――危機と、気づきの片鱗。
  9. 8月8日―――矛盾と、混沌と。
  10. %&$?>*+―――②
  11. 8月10日―――彼女の手紙
  12. 8月11日―――電話番号
  13. %&$?>*+―――③
  14. 8月13日―――離れた場所にあった「鍵」。
  15. 8月13日②―――離れた場所にあった「鍵」。
  16. %&$?>*+―――④
  17. 8月14日―――日記。
  18. 8月14日②―――すべては最後の文章に。
  19. %&$?>*+―――⑤
  20. 8月17日―――再度の訪問者。
  21. 8月17日②―――再度の訪問者。
  22. 8月18日―――本当の彼女。
  23. 4~8月―――私が、山本に残した言葉。
  24. %&$?>*+―――日記①
  25. %&$?>*+―――日記②
  26. %&$?>*+―――日記③
  27. %&$?>*+―――日記④
  28. 彼女と僕は、縛られていた。
  29. 8月18日―――僕は彼女と同じだった。
  30. 8月18日②―――僕は彼女と同じだった。
  31. 8月19日―――君が「助けて」と言わないなら。
  32. 8月19日②―――君が「助けて」と言わないなら。
  33. 【end】8月23日―――僕たちの夏。