白日《snow blind》──傷付けられた少年と傷付けた少女──

作者 黒須

463

168人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

きわめて読者を選ぶ作品です。
恋は甘く爽やかなもの――そんな幻想だけではない、ビターな恋模様を楽しんでみたい人は、ぜひご一読ください。

少女の一途な恋物語のはずなのに、掛け違えたボタンの如くことごとく裏目に出る序盤が、主人公とヒロインとの関係を、ひどく歪んだものにしたまま展開してゆく。

特に、序盤はやや過激な性的関係を示す描写も多く、そういったものが苦手な方にはお勧めできません。また、処女信奉者には即回れ右をお勧めします。

けれど、きれいごとだけでないもどかしい恋模様、傷つけあってしまってからの人間ドラマを楽しみたい方にはお勧めです。
えぐみのある、どうしようもない二人の関係を、心の内面を、繊細な筆で描き出していく表現が、実に味わい深いです。

★★★ Excellent!!!

出てくるキャラのそれぞれの立ち位置や年齢や個性を鑑みての心理や行動がとてもリアルです。
取り扱う内容的に拒絶してしまう方がいるかもしれないのがもったいないと思います。
ただただ難しい言葉や表現を使う訳ではなく、適切な表現に留められています。通常は漢字で表現される部分もシーンによってはひらがなを使われていたりと、その多様な手法に溜め息すら出てしまいます。
没入できる作品です!

★★ Very Good!!

最新話の48話まで読んだレビューになります。

始めにお伝えしたいのですが、短くて5話、長く引っ張って10話までは、読むのがキツイと感じる方がいるかもしれません。
正直言うと、僕も10話まで読み進める際に、2度読むのを止めようと閉じました。

でも!その先からは一言で言わせてもらうと『心理描写の塊』という表現がピッタリだと思える程で、僕もそこから一気に引き込まれて気が付けば最新話まで追い付いてしまったって感じでした。


トラウマを抱えた事に気付かずに、新しい環境で生活を始めた主人公。
罪意識がない犯罪行為に気付かされた、ヒロイン達の後悔と、背徳感に苦しむ模様。
どこから切り取っても、心理描写の塊!

あまり多く書くとネタバレになってしまいますので、これ以上は語りませんが、ライトポップな作品に飽きられている方!
是非!この作品を読んで頂きたい!

そう思える作品でした。


★★★ Excellent!!!

この物語は、心をえぐる凄い衝撃的な作品です。
全てのエピソードが全てネタバレになってしまうほどの、何を書けば伝わるのかと思うほどに、心に衝撃と傷を残します。

主人公の総司は、ある日、母親が浮気していることを知り、そのせいで東京からとある場所に行くことになる。
そこで出会うのは、とある明るく、天真爛漫さが目立つ「素敵だと思っていた」少女だった。

その出会いが、彼の人生を大きく動かすとも知らずに、狂いだす歯車に飛び込むのであった。
人生の価値観を変えるかもしれないと感じた衝撃作品、賛否両論あると思いますが、一言で言うのであれば、やめられない読者の心のえぐり方に、書いている作者様が心配になるレベルで、凄かったです。

★★★ Excellent!!!

ひとこと紹介をなぜこう名付けたかというと、ただ単純に主人公が恋愛感情的に好きという訳では無い人とその友人がS〇Xをしていたからです。もしここで主人公の想い人がヤっていたなら読むのはかなりキツかったかとは思いますが、この作品ではなんか読めてしまいます。心理描写もとてつもなくひきこまれますし、納得します。胸糞悪いのは最初ら辺だけです!あとはもう怒涛の描写と言った所でしょうか。
まだ現段階で2つ目の'ある事'が起こってないのでそれが胸糞悪いかは分かりませんが読み進めてみてください。読んでよかったと思うと思います。

絶対にオススメです!

Good!

ありそうでなかった切り口で面白いです。でも巷にはこういう節操なく誰とでもやるヤリマンやりチンはいるのが現実ですよね。私の昔の高校時代にはいましたよ。友達同士とまではいかなくとも。
そのときの一人の女と口論のときについつい見境なく何人とでもやるメス!とののしってケンカなりましたがねw

でもこういう話をなまなましく書いてるのはないし今後に期待します。

★★★ Excellent!!!

主人公に関しては正しく正常な価値観をもっていて自己投影しやすい
春たち猿共は読んでて気持ち悪いです。そこが作品の味でもありますが、、、

春がヒロインっていうのがんー、とは思う。キモいし主人公が言う通り汚いし。タグにハッピーエンドとあるが春とくっつくのなら正確にはバッドエンドが正しいと思って読み進めた方がいいかもです。