胸糞悪いのに胸糞悪くない不思議な小説

ひとこと紹介をなぜこう名付けたかというと、ただ単純に主人公が恋愛感情的に好きという訳では無い人とその友人がS〇Xをしていたからです。もしここで主人公の想い人がヤっていたなら読むのはかなりキツかったかとは思いますが、この作品ではなんか読めてしまいます。心理描写もとてつもなくひきこまれますし、納得します。胸糞悪いのは最初ら辺だけです!あとはもう怒涛の描写と言った所でしょうか。
まだ現段階で2つ目の'ある事'が起こってないのでそれが胸糞悪いかは分かりませんが読み進めてみてください。読んでよかったと思うと思います。

絶対にオススメです!

その他のおすすめレビュー

せんがっぽださんの他のおすすめレビュー273