目指せ「カクヨム甲子園」入賞!ニコニコ生放送で特別番組が放送されます!

カクヨム運営です。

明日17日(木)より、

ニコニコ生放送にて「カクヨム甲子園」の特別番組が4日連続(毎回20:00開始)で放送されます!!

第1夜目
『メッタ斬りコンビ』に学ぶ文学賞必勝法と題し、 小説の魅力と文学賞について、その道のプロである「メッタ斬りコンビ」、大森望さん豊崎由美さんに メッタメタに教えてもらいます。 カクヨム甲子園に参加を考えている高校生の方は必見! 高校生じゃなくとも文学賞に興味ある方には是非ご覧になっていただきたい内容となっております! 我らがカクヨムの編集長も出演しますよ!
live.nicovideo.jp



そして2夜目以降は、
小説の魅力に目覚めた2人の高校生が執筆し、 「カクヨム甲子園 ショートストーリー部門(~4000字)」の応募にチャレンジ。 2通りのやりかたで小説執筆にのぞむ2人の行方をそれぞれ見守る生放送を実施します。

まず1つ目は、
「小説を書く17歳JKをコメントで援助する枠」
「カクヨム甲子園」に応募するため、女子高生がニコニコユーザーの力を借りながら 3日間で小説を作り上げるという番組です。 ユーザーの皆さんは、アンケートやコメントを使って女子高生の小説創作を手助けすることができます。

皆さん!ぜひご協力ください! live.nicovideo.jp

続いて2つ目、
「文学賞をとるべくスパルタ小説講座を受けるN高生を見守る枠」
こちらは「カクヨム甲子園」に応募するため、男子高校生が3日間にわたりプロにアドバイスをもらい、小説を完成させる番組です。

※男子高校生が書いた作品はこちら

男子高校生の書いた作品に”編集者”、”書評家”、”小説家”がそれぞれの視点からアドバイス! 第1回目は、常に小説家の原稿を添削している、角川スニーカー文庫の編集者が登場! 編集者は高校生の書いた小説に対して一体どんなアドバイスを送るのか!?

live.nicovideo.jp



絶対にお見逃しなく!



NOVEL 0「大人が読みたいエンタメ小説コンテスト」中間選考結果発表

NOVEL 0「大人が読みたいエンタメ小説コンテスト」中間発表を公開しました。

応募総数1072作品のうち、今回は読者選考によるランキング上位作品、及びNOVEL 0編集部が選出した合計40作品が選考を通過いたしました。最終選考は、こちらの結果を元に進めさせていただきます。 (※選考は7/16 23:59時点の結果をもとに進め、読者選考終了後の更新・ランキング内容は反映されません)

結果は中間発表ページよりご確認ください。

なお、最終選考の結果発表は2017年9月頃に本サイト上で行いますので、楽しみにお待ちください。

多数の力作を投稿してくださった皆様、並びに読者選考にてご参加頂いた皆様には、改めて深く御礼申し上げます。

「月刊ムー」2017年9月号に「カクヨム異聞選集」の広告が掲載されています

「カクヨム異聞選集 ~本当にあった怖い話・不思議な体験コンテスト~」の広告が、8月9日発売の雑誌「月刊ムー」(学研プラス)に、掲載されています。



この広告にはコンテスト情報の他に、某K出版社を舞台にカ×ヨム編集部が実際に体験した怪談実話が掲載されています。読み物としても楽しめる広告として、「本当にあった怖い話」を募集するコンテストの宣伝ならではという内容なのではないかと、ちょっと自画自賛の思いです……(照)。



月刊ムーは全国の書店でお求めいただけるほか、電子版も発行されています。
ぜひお手にとって読んでみてください。


「カクヨム異聞選集 ~本当にあった怖い話・不思議な体験コンテスト~」は8月31日まで開催中です。

kakuyomu.jp































……いえ、創作です。

この広告に記されていることは全てフィクションですし、
誰も不思議な体験などしていませんし、
不審な噂のあるビルなんて聞いたこともありませんし、
某出版社は実在しません。
東京はいい街です。

この広告には作り話しか書かれていません。もし読んだとしても、それは決して信じないでください。

そういうことです。

「カクヨム甲子園」県代表作品を応援しよう!

カクヨム運営です。


今回はユーザーさんにひとつ提案をさせていただきます。


……と、その前に

本日、高校野球選手権が開幕しましたね!


これから数日間、甲子園では全国から集まった高校球児たちの熱戦が繰り広げられます。 カクヨムユーザーさんたちの中にも”地元代表校の活躍を願う!”という人、少なくないのではないでしょうか?

しかし忘れてはいけません!


カクヨムでは全国の高校生を対象としたとした文学コンテスト「カクヨム甲子園」が開催中であることを!


カクヨム運営としては、野球も素晴らしいですが、文学で青春をすごす高校生も応援してほしいという思いがあります。

高校生作家たちの書く小説・エッセイを読んで、文学に向ける熱意を是非感じ取っていただきたい!

そこで、「カクヨム甲子園」に応募中の高校生のみなさんにちょっとした提案です。


応募作品のタグに「〇〇県代表」と入れて、地元に縁ある方々にアピールしてみませんか? (例:東京都代表、北海道代表、静岡県代表、大阪府代表)

https://cdn-ak2.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kadokawa-toko/20170808/20170808162813.jpg

「カクヨム甲子園」では星の数やPV、ランキングは選考の際に影響しませんが、 せっかく思いを込めて書いた作品ですので、少しでも多くの人に読んでもらうために、企画を立ち上げてみました。

運営からも、こころばかりですがアピールのお手伝いをさせていただきます。

よろしくお願いします。

「カクヨム甲子園」【ショートストーリー部門】の「代表」を含む小説
「カクヨム甲子園」【ロングストーリー部門】の「代表」を含む小説

カドカワBOOKS×カクヨム “日帰りファンタジー” 短編コンテスト 開催決定!

新しいコンテストが決まりました。

カドカワBOOKS×カクヨム “日帰りファンタジー” 短編コンテスト

今日は異世界で冒険、明日は涼しい自宅でゲーム!
そんな”ファンタジー”な小説を募集します!

f:id:fujinami-er:20170807122308j:plain

今回のコンテスト、ファンタジーはファンタジーでも “日帰り”なんです。

異世界に「行ったきり」ではなく、
現代と異世界を「行ったり来たり」

”日帰りファンタジー”についてはコンテストページで詳しく触れていますが、
異世界か現代か、どちらがメイン舞台か選ばなくてもいいなんて、贅沢な設定じゃないですか!?

この”日帰り”設定に創作意欲を掻き立てられたみなさまのご応募、お待ちしております!


大賞
最優秀賞(1名):賞金10万円
※受賞者には、連絡先等の確認のため、株式会社KADOKAWA(以下「KADOKAWA」といいます)よりカクヨムに登録しているメールアドレス宛にご連絡を差し上げます。当該通知の記載内容に従い、必要事項(書類の提出を含みます)をご連絡ください。所定の期日までにご連絡いただけない場合、受賞が取り消される場合があります。

応募方法
応募作品を、「カクヨム」の投稿画面より登録し、小説投稿ページにあるコンテストの応募欄で『カドカワBOOKS×カクヨム“日帰りファンタジー”短編コンテスト』を選択し、公開することで応募完了となります。

応募の時点で、応募者は本応募要項の全てに同意したものとみなされます。

作品形式等
・本コンテストでは自ら創作したオリジナル作品(一次創作)のみ応募可能です。
・応募受付期間終了時点までに本文が5千文字以上2万文字以下であること。
・既にカクヨム上で公開されている作品についても、2017年9月1日(金) 00:00以降に、小説作成画面から本コンテストに参加することが可能です。
・お一人で、2作品以上の応募も受け付けます。
・応募作品の内容は、日本語で記述されたものに限らせていただきます。
・応募作品が受賞した場合、当該作品の元データ(保存形式は問いません)をご提供いただくことがありますので、データを削除・紛失等しないよう、ご注意ください。

スケジュール
応募受付&読者選考期間: 2017年9月1日(金) 00:00 〜 2017年10月1日(日) 23:59
最終選考対象作品発表: 2017年10月下旬頃 発表
最終選考結果発表: 2017年12月頃 カクヨムにて発表します。

審査方法
応募された作品の中から、読者選考によるランキング上位作品と編集部からピックアップされた作品が最終選考対象作品としてエントリーされます。編集部内で最終選考を行い、最優秀賞作品を選定いたします。
※読者選考期間中の読者による評価が、ランキングに反映されます。

選考委員
カドカワBOOKS編集部

その他、詳しい応募要項はコンテストページをご確認ください。