冷血と噂される女騎士団長は、なぜか僕にだけ乙女の顔を見せてきます。

作者 ななよ廻る

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全19話

更新

  1. 第1話 貧乏で平凡な貴族の僕は、冷血と噂される女騎士団長との婚姻を断りたかった……。
  2. 第2話 血も涙もないと噂の婚約者は、僕の前では稀によく泣きます。
  3. 第3話 厳格な女騎士団長は、僕にだけは甲斐甲斐しいです。
  4. 第4話 感情に乏しい新妻は、部下から僕が好きだと指摘されるのは恥ずかしようです。
  5. 第5話 おノロケ夫婦の近くでコーヒーを飲む時は、超甘党だってブラック無糖を飲むに決まっている。
  6. 幕間 寂しがり屋の妻に「一緒に王都へ行きましょう」とせがまれたら、貴方は断れますか?
  7. 第6話ー① 王都で迷子になった僕は、再会した騎士団長を妻と紹介して照れさせてしまう。
  8. 第6話ー② 王都で迷子になった僕は、再会した騎士団長を妻と紹介して照れさせてしまう。
  9. 第7話ー① 小悪魔メイドのせいで、妻の柔肌を覗いてしまいました……。
  10. 第7話ー② 小悪魔メイドの計略によって、前のめりな妻と初めての夜を共にすることなってしまいました。
  11. 第8話ー① 僕のトラウマである金髪縦ロールのレトロな悪役令嬢と街中で再会してしまった。
  12. 第8話ー② 金髪縦ロールのレトロな悪役令嬢から、颯爽と現れて僕を守る騎士団長は格好良いけど、僕には可愛い。
  13. 第9話ー① 朝食を取っていただけなのに、なぜか妻の職場に同伴出勤が決まっていた件ついて。
  14. 第9話ー② 心配性な女騎士団長が職場に夫を連れ込んだ結果、部下の前で惚気られてしまい羞恥の海に沈んでしまう。
  15. 第10話ー① 旦那に贈り物をしたい妻と初デート。見慣れぬ女性らしい姿にドキマギです。
  16. 第10話ー② 夫から贈られた安物の髪飾りは、女騎士団長にとって何者にも代え難い宝物です。
  17. 第11話ー① 新婚旅行で温泉に向かうと、美女二人に挟まれ修羅場になりました。
  18. 第11話ー② おほほ令嬢は夫略奪の宣戦布告としてキスをする。
  19. 第12話 恋や愛を知らない僕だけど、妻を好きになるため頑張りたい。