クラスの女子がべったり甘々に迫ってくるんだけど、俺には迫られたら困る事情があるから全力で拒否します ~みんなはオタク女子だと思っているけど、実はめちゃくちゃ美少女でした

作者 波瀾 紡

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全43話

更新

  1. 第1話:御堂くん……見てしまったのですか?
  2. 第2話:好きで書いてるわけではなくて仕方なくです
  3. 第3話:今日は親はいません……って? え?
  4. 第4話:まったく実感がなくて悩んでるのです
  5. 第5話:お願いです御堂君。協力してください
  6. 第6話:あたしとイイコトしない?
  7. 第7話:御堂君のために色々と買ってきました
  8. 第8話:私とこんなことをするのはイヤなのですか?
  9. 第9話:そんなこと言われたら恥ずかしいです
  10. 第10話:御堂君、お待ちしていました
  11. 第11話:さすが御堂君、よくわかっていらっしゃる
  12. 第12話:どうしたのですか御堂君?
  13. 第13話:イヤです。お断りします
  14. 第14話:お褒めいただき光栄です
  15. 第15話:そんなことされたら力が抜けちゃいます
  16. 第16話:御堂、なに偉そうに言ってんの?
  17. 第17話:ご心配をおかけしました
  18. 第18話:なんなら揉んでやろうか?
  19. 第19話:これ、ヤバいです。気持ちよすぎ
  20. 第20話:御堂君ったら。もっと言ってください
  21. 第21話:女の子の裸を見たら……興奮しますよね?
  22. 第22話:品川さんってめっちゃお堅いらしい
  23. 第23話:男子達がエッチな話してただけだから
  24. 第24話:堅田さん、めっちゃかわゆいっっ!!
  25. 第25話:騙されちゃダメだ!御堂はスケベだぞ!
  26. 第26話:生まれたまんまの姿を見られてもかまいません
  27. 第27話:早く堅田のエロスイッチを切らないとまずい
  28. 第28話:私はドロドロしたもの持ってます
  29. 第29話:この方が御堂君が喜ぶと思いまして
  30. 第30話:あれれっ、御堂君!奇遇だね!
  31. 第31話:今日の私は気合い充分です
  32. 第32話:御堂君?変でしょうか?
  33. 第33話:作戦失敗しちゃいました
  34. 第34話:周りに人がいることを忘れてました
  35. 第35話:手伝ってあげる
  36. 第36話:御堂君みたいなタイプ大好きなんだ
  37. 第37話:真面目な女子がえっちなこと考えたらダメなの?
  38. 第38話:とても悲しい事実
  39. 第39話:美玖が風邪で寝込んでる
  40. 第40話:一世一代の……
  41. 第41話:キミはエッチなことばかり
  42. 第42話:俺のことをどう思ってるのかな?
  43. 第43話:キスしたい<最終話>