砂時計は、もう落ちた。

作者 夜薙 実寿

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全34話

更新

  1. 第一章 六年ぶりの再会
  2. 1-1 時任 砂音
  3. 1-2 更科 朱華
  4. 1-3 幼馴染
  5. 1-4 変化
  6. 第二章 初恋の人
  7. 2-1 邂逅
  8. 2-2 時任家の夕飯
  9. 2-3 慚悔
  10. 2-4 言葉の塗り薬
  11. 第三章 君にもう一度、恋をする。
  12. 3-1 不器用な優しさ
  13. 3-2 噂
  14. 3-3 好きな人の好きな人
  15. 3-4 縺れる心
  16. 3-5 手遅れの恋に落ちる。
  17. 第四章 朱い傷痕
  18. 4-1 秘めた決意
  19. 4-2 約束の終わり
  20. 4-3 戒め
  21. 4-4 フラッシュバック
  22. 4-5 清算
  23. 4-6 告白
  24. 第五章 罪過
  25. 5-1 覚悟
  26. 5-2 雨音の記憶
  27. 5-3 思慕
  28. 5-4 堕ちる。
  29. 5-5 身代わりの恋人
  30. 5-6 幸福な人魚姫
  31. 5-7 水面に浮かぶ泡沫
  32. 5-8 弾けて、散った。
  33. 最終章 砂時計は、もう落ちた。
  34. 6-1 君の影
  35. 6-2 扉一枚の距離
  36. 6-3 見えない救援信号
  37. 6-4 一筋、射し込む。
  38. 6-5 砂時計は、もう落ちた。
  39. 6-6 一直線に、君に落ちた。
  40. おまけページ
  41. あとがき