第5話 体裁を気にしない!?

人生、何事も体裁を気にしていたら何もできない。自分が思っているほど、周りは自分を見ていないし、気にしていない。でもしっかりと見られていることもある。ここが難しいところ。


小説を書いて投稿するに当たって、気にする体裁には2とおりあると思う。1つは外面的な体裁。つまり、文章が上手いかどうか気になる。読むにたえる文章か? かっこ悪くないか? この1つ目の体裁は容易に克服できている。過去の体験から。


私は英会話が不得手だった。結構、努力したつもりでも面と向かうとだめだった。言葉が出ない。体裁を気にしていたからだと思う。ところが、突然、米国への赴任が決まった。米国の事務所には日本人スタッフがいたが、日常生活、出張、会議出席などすべて一人でしなければならない。買い物、食事、電話、タクシー、地下鉄、飛行機、打合せ等々、もちろん英語で。


このような状況になったらもう体裁など考えていられない。ただ、生き抜くために会話する。時制も複数形も3単現も受動態もあったものではない。まず、単語を羅列して意図を伝える。でも開き直って体裁を気にしなくなると言葉が出てきて意外と通じる。通じるとゆとりができて少しずつ文法にも気が配れるようになった。いまでも英会話は得意ではないが、いつでもとっさに英語で対応できる自信はある。


つまり、体裁を気にしなければ、結構なんでもできるということを体得した。大体、どんどん何かをやっている人は、体裁なんか気にしていない。周りの人はそんな体裁など見ていない。やっていることに圧倒されているから。体裁はやっているうちに自然と整ってくる。


だから、文章の上手下手は気にしないことにしている。これはしようがないことだから。読みやすく、意図が伝わるように書くこと、それに誤字脱字が無いようにしている。


2番目は内面的な体裁の克服。これが曲者。読まれると体裁がわるい。作品には自分のこれまでのすべてが現れる、自分の集大成と思うから。これは少し大げさか? でも自分の見聞したことと、それをもとに考えたこと以外は書けないし、全くの想像で書くには、おのずから限界がある。当然説得力にも欠ける。


実はこれはいまでも克服していない。自分が思っているほど、周りは見ていないと思いつつ、誰にも小説投稿のことは話していない。自分の足跡を残しておきたい思いと、ペンネームが匿名だから、かろうじて克服できているだけ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます