第21話 プロフィール欄のホームページ化について―私の作品コーナーの作成と掲載

ラブストーリーを書き始めてから(2016年11月23日)1年半を経過して、作品数もオリジナルストーリー11作品(うち4作品は裏ストーリー)、1作品はオリジナルの番外編、この「私の作品について」を含めてエッセイ等3作品の15作品になりました。


私の書いたすべての個々の作品を紹介する「私の作品について」を作成しました。https://kakuyomu.jp/works/1177354054885794339 ここでは、サイトの各作品の紹介欄では十分に書けない解説、裏話、自己評価などを書きました。適宜加筆改稿したいと思っています。


これは私の作品の備忘録でもあります。また、なかなかレビューを書いていただけないので、自分で書いてみたというのが本当のところかもしれません。こういうものを投稿してみましたが、投稿サイトの本来の趣旨に反しているかもしれません。


ただ、『カクヨムサービス利用規約 第1条(定義)7.「投稿作品」とは、本規約に同意し、会員が本サービスに送信した小説及び小説を構成する情報をいいます。』とありますので、抵触しないようにも思います。ジャンルは「詩・童話・その他」にしました。今のところ、事務局からの苦情はありません。


これはプロフィール欄のホームページ化の一環といったところでしょうか? 私の作品の全体像が分かるようにしたつもりです。各作品には必ず「カクヨム」のリンクを貼りました。これによって、読んでいただく機会が幾分増えたように思います。


先に「初心者ライターのひとりごと」https://kakuyomu.jp/works/1177354054883890348

を投稿していますが、これもプロフィール欄のホームページ化の一環と言えるかも知れません。


私の作品を読まれようとしている方、あるいは読んでいただいた方のご参考になれば幸いです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます