第11話 「カクヨム」と「小説家になろう」への同時投稿で分かったこと

2017年10月11日から「嫁にするなら訳あり地味子に限る!(全22話)」を「カクヨム」と「小説家になろう」(以後「なろう」)に同時投稿したときに、PVの獲得の違いが大きかったので、「カクヨム」と「なろう」の両投稿サイトの考察をしてみました。


前作の「春の雨はあたたかい」が「カクヨム」で好評だったので(恋愛週間ランキング1位)、今回の「嫁にするなら訳あり地味子に限る!」でも「カクヨム」でのPV獲得を期待していました。なお、この前作は「なろう」でも同時公開していましたが、PVは「カクヨム」には及びませんでした。


ところが、投稿開始後「カクヨム」でのPV増加は期待ほどではなく、一方「なろう」のPVの増加が著しく、21話目投稿の10月31日には「カクヨム」PV1059に対して「なろう」PV4853で約5倍もありました。


ただ、いままで投稿した小説は前作「春の雨はあたたか」以外、「パパと恋人のはざまで」「赤い糸にむすばれて」「春の雨に濡れて」「パパか恋人かはっきりさせて!」のいずれも「なろう」のPVが「カクヨム」のPVより、2~3倍程度は獲得しておりました。これは「カクヨム」と「なろう」の全読者数の違いによるものと考えていました(ただし、「カクヨム」と「なろう」のPVのカウントの方法の違いによる可能性もあります)。


11月19日時点での「嫁にするなら訳あり地味子に限る!」の「カクヨム」のPVは2113(★15、ラブコメ月間ランキング22位、同累計ランキング399位)、「なろう」のPV45510(総合評価245)と約20倍となっています。これだけの違いは読者層の違いによるのではないかと考えました。


「なろう」について調べてみました。

2004年のサイト開設当初は個人サイトとしての運営だったが、その後のアクセス数の増加により2008年よりグループによる運営に移行し、2010年に正式に法人化した。2014年12月現在、アクセス数は月間約9億5000万PV、ユニークユーザー数は約400万人。また、2015年3月15日朝、登録者数が55万人を突破した。

とありました。


また「カクヨム」について調べてみました。

2015年10月7日:ティザーサイトオープン、2015年11月18日:サイト名称が「カクヨム」に決定、2015年12月25日:プレオープン、投稿受付開始、2016年2月29日:正式オープン。

とありました。


「なろう」については13年以上の歴史があり、スマホが一般的になるまえからのサイトですので、読者の年齢層が幅広いのではと考えられます。一方、「カクヨム」は新しい投稿サイトであるので、読者層が高校生など比較的低年齢層に偏っているのではないかと、考えられます。


これら両サイトの存続期間による読者層の違いを考えると、「春の雨はあたたかい」と「嫁にするなら訳あり地味子に限る!」の「カクヨム」と「なろう」のPV獲得の差異はありそうです。


「春の雨はあたたかい」はJKものです。「カクヨム」ではJKものが受けると言われていましたので、読者層が厚い高校生などに読まれやすいのではと推察します。一方、「嫁にするなら訳あり地味子に限る!」はオフィスラブです。高校生にはオフィスラブはまだ関心がなく、年齢層の幅広い「なろう」のPV獲得が多いのではと推察できます。


すなわち「カクヨム」はサイトができてから2年位で日が浅く、現時点では高校生などの読者層が主体の投稿サイトとなっているように思われます。おそらく今後時間の経過とともに、高校生が大学生に、大学生がサラリーマンへと年齢層が広がって行くと考えられます。


一方、「なろう」でも異世界転生ものやファンタジーが主流なのはやはり高校生、大学生などが読者層の主体であると考えられますが、10年以上も続いているサイトであるので、読者層が幅広い年齢にあるということが言えます。サラリーマン層に読まれると考えられるオフィスラブが読まれるのもこの層がいるからと考えられます。


したがって、JKものなら「カクヨム」、オフィスラブなら「なろう」でしょうか。?


次は、「カクヨム」「なろう」に同時投稿して気付いたことの2点目です。「なろう」では投稿が完了すると、PVが非常に増加しました。ちなみに「カクヨム」では投稿完了前日(21話)の1日のPVは249、投稿完了日(22話)は208、その後139と次第に減少していきました。


一方、「なろう」では、投稿前日10/31(21話)PV269、投稿完了日11/1(22話)2770、11/2 4858、11/3 5591、11/4 6716、11/5 5595、11/6 3554、11/7 1996、11/8 2931、11/9 2011、11/10 1787、11/11 535、11/12 370とおよそ10日間もPVが1桁多い日が続きました。このような現象は前作「春の雨はあたたかい」にも認められておりました。


この間、「なろう」現実世界〔恋愛〕日間ランキングは11/2に43位にランクインし、11/11にランクアウトするまで最高28位(11/4)から最低64位までをキープしました。週間ランキングは11/4に67位にランクインし、11/15にランクアウトするまで、最高41位(11/9)から最低81位をキープしました。ただ、月間ランキングには総合評価の点数が満たず、入れませんでした。


参考「なろう」ランキング:ジャンル別、現実世界(恋愛)日間(1日3回4時~7時、11時~12時、18~19時はシステム更新時刻)週間(毎日朝6時)月間(毎日朝6時)、4半期、年間、累計それぞれ100位までが掲載される。


なぜ、「なろう」では投稿が完結するとPVが急増するのか? 

1) 投稿サイトを見ていて分かりますが、継続中の小説が多くて、投稿も不規則な作品が非常に多いようです。読者は完結した作品を最初から通して一気に読みたいのではないでしょうか?

2) 「なろう」では読もうとする場合に「なろう」と「読もう」にサイトが別れています。「読もう」では小説Pick Upがトップに掲載されていますが検索が中心のサイトになっています。「なろう」では、トップに新着の短編小説、完結済みの連載小説、更新され連載中の小説の順に紹介されていますので、完結済みの連載小説(読者はここを見ている)が見つけやすくなっています。一方、「カクヨム」では注目作品、新着おすすめレビュー、新着小説、おすすめレビュー、コンテスト…と最近完結した小説は下位に掲載されて目につきにくくなっています。


したがって、「なろう」では投稿が完結するとPVが急増する理由は、完結済みの連載小説が見つけやすくなっているためと考えています。


その他の「なろう」と「カクヨム」の違いについては、以下のとおりです。


「カクヨム」は、サイト画面がスマホに対応している。読者とライターの距離を近づける工夫がある。また、ライター相互の距離も近い感じがして、コミュニティ感がある。一方、「なろう」はサイトがパソコン向けでスマホに十分対応していない。「カクヨム」と比べて、読者とライターの距離が離れている感がある。


「カクヨム」は、キャチコピーなどで、ライターは読者を増やす工夫がしやすい。また、★がつくと露出が増す仕組みがある。すなわち、★が着くと週間ランキングにランクイン(1週間)、月間ランキングにランクイン(1か月)して露出が増える。また、★が付くと、翌日の注目作品コーナーに掲載される(注目作品はランダム5分で変わる:昨日★獲得1個でも最上位に掲載されることもある)。


一方、「なろう」は実力本位で、配点システムが明確でこれによりランキングをしている。ライターの工夫の余地が少ない。小説の質が大切である。


参考「小説家になろう」のランキングは総合評価ptでなされている。

① ブックマーク(1件):2pt

② 評価(一人):文章評価最大5pt+ストーリー評価最大5pt=合計最大10pt

① +②の合計が総合評価ptとしてランク付けに使用されている


以上です。ライター方々の参考になれば幸いです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます