偏執狂の猿にタイプライターを無限に打鍵させたとき、猿のテキストが偶発的にレイ・ブラッドベリを凌駕する確率に関する実験報告

作者 D坂ノボル

フォロー 1話目から読む

カクヨム版SF怪奇劇場 D坂ノボル

1950-1965 ヒッチコック劇場
1959-1964 トワイライト・ゾーン
1985-1987 世にも不思議なアメージング・ストーリー
1985-1992 ブラッドベリの怪奇の館
1990-1991 世にも奇妙な物語

2016- カクヨム版SF怪奇劇場←new!

一話読みきり。オムニバス。よろしくお願いします。


「限界世界」…人口が激減した世界を描くディストピアもの
「列車が来ない」…飛び込み自殺が多すぎる駅
「実験室の悪夢」…医学ミステリ
「究極の刑務所」…星新一×筒井
「童貞のまま死す」…死ぬ
「サイレン」…治安の悪すぎる世界
「平和すぎて死ねる」…治安のよすぎる世界
「愛玩生体人形『片眼のリンネ』」…メイド喫茶で書いた

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

偏執狂の猿にタイプライターを無限に打鍵させたとき、猿のテキストが偶発的にレイ・ブラッドベリを凌駕する確率に関する実験報告

@DzakaNovol
執筆状況
完結済
エピソード
11話
種類
オリジナル小説
ジャンル
ミステリー
タグ
SF ディストピア ショートショート ミステリ 短編 ファンタジー カクヨムオンリー 短編集
総文字数
58,515文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
39人
応援コメント
0件
小説フォロー数
72

アクセス数

作者

D坂ノボル @DzakaNovol

twitter:DzakaNovol ワナビ。出版屋。写真家。 *favorit* 太宰治、坂口安吾、江…もっと見る

近況ノート

もっと見る 6

同じ作者の他の小説

もっと見る 7

この作者のおすすめレビュー

もっと見る 29