偏執狂の猿にタイプライターを無限に打鍵させたとき、猿のテキストが偶発的にレイ・ブラッドベリを凌駕する確率に関する実験報告

作者 D坂ノボル

109

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

時にグロテスクに、時に社会風刺を交えて描かれる恐ろしくて不条理な物語集です。

筆者さんの優れた文章力で描かれる奇妙な世界に読んでいるうちにどんどんひきこまれました。

それは単に恐ろしいだけでなく、その底辺に人間が抱える悲しみも描かれているからかもしれません。

特に後半の「片眼のリンネ」は設定と心理描写に唸らされながらも、心の琴線に触れる切なさが込められた素晴らしいエピソードだと思いました。

是非ご一読を。

★★ Very Good!!

 文章が密集しててノリをつかむのに時間かかったけど、えらくテンション高い作品だなと思ったね。
 特に目を惹いたところは食事の内容かな。えらく残虐描写が描かれていてこれでもかって感じで書けててよかった。
 密集度の高い文面なほど濃い内容が籠もってて、こういう作風なんだなって思えて楽しかったね。
 黒メイドの衝撃的な真実とか割と楽しめたし。
 期待してますね。

★★★ Excellent!!!

『片眼のリンネ』(2)にあったコギトのシャウトに心を打たれました。
抒情するにはある程度の設定が必要なんですよね。それが小説というものなんでしょうか? この作品が一番読み応えがありました。
あと「童貞のまま死す(童貞は南極に走れ)」には笑いました。こういうバカなの好きです。いえ、作者にセンスがあるというべきですね。
その他のどの作品も何かしらの読むべきものがあると感じ、どの作品も楽しんで読みました。第一話の「限界世界」を読んだだけでも、D坂ノボルさんが作家として豊かな特質に恵まれているのがわかったくらいです。

★★★ Excellent!!!

残念ながら、自分は今までにブラッドベリの作品を読んだことはない。
しかし、これだけは言える。
これは面白い。
すべての作品が面白い。
どの作品もグロテスクな恐怖や突拍子もない設定に溢れ、しかし溢れさせることなく上手に短編の中でまとめている。
Web小説らしからぬ表現の重厚さ、にも関わらずするすると読めるのは作者の文章力の賜物か。
素晴らしかった。

★★★ Excellent!!!

SFタグを徘徊しても、SFファンの人口の少なさからか、あるいはカドカワだからか、どうしてもこういうSF小説に遭遇する機会は少ない。だからこそ、このレビュー欄で同じ徘徊している同好の士に訴えたい。
読みたかったやつはこちらですよー!
こちらがSFショートショート集になりますー!

★★★ Excellent!!!

 The Birthdayは「夜明けのホラーが好きさ 救われたような気がして その後見る夢がどんな ひどいものだったとしても」と歌ったが、そういう意味では日曜の深夜(あるいは月曜の早朝)にはうってつけと言える。
 
 暗い、いわゆるところの怪奇小説であり、SFというよりはホラー色が強いような気もするが、内容の質の高さは凄い。恐怖を単に「怖い」「気持ち悪い」だけで済ますではなく、なんというか、絵画的に示しており、そこに美しさまで発生している(と俺は感じる)のはお見事。

 ただなんというか、俺が知る限りのブラッドベリはもうちょっと幻想的なまさに「怪奇」を描いているイメージで、目指すのはブラッドベリ、であっても猿の偶然によって(言い忘れていたが、タイトルもいかしている)成立したものがこれである、ということであろうから別に問題はないのだけれど、ブラッドベリをイメージして読むとちょっとその具体性と現実性には打ちのめされるかもしれない。
 単に俺のブラッドベリ観が偏っているのかもしれないし、もちろんそのことがこの作品の価値を毀損するものではないことは申し添えておきたい。


 追記:めちゃくちゃどうでもいいことだが、「ショートショートの花束」今6巻まで手元にあるのだが、7、8巻は未読であったので、遅くとも今月中にはどこかで入手したいところである。

★★★ Excellent!!!

タイトルに釣られてホイホイ読んでしまった。
ブラック・ユーモアによって、思いも寄らない視点から社会を風刺するのはSFの専売特許と言えるかもしれない。
「こんなことあるわけない」とゲラゲラ笑いながら同時に、「マジでありうるかもしれん」とゾッとする。

一点。他の方がすでにレビューで指摘したことだが、似たことを思った。そこが絶望であるならば、どんな形であれ希望のアクションを期待してしまう。黒い希望というのも見てみたい。

なにはともあれ、おもしろかったです。これからも期待しています!

★★★ Excellent!!!

最近の若い人に、果たしてシュールなキレ味のことをレイ・ブラッドベリと表現して伝わるのだろうか。かくいう私も映像関係でしかその名前を意識したことはないのだけれど……。

近況ノートの着眼点を読むまでもなく、『限界世界』で想起されるのは巷をにぎわせるあの人間味溢れるチャーミングな男性です。
ゆえに、読む人が読めば怒りだすような論旨や設定が展開されていくのですが、その怒りすら踏み台にして「そんな程度のこと」と切り捨て、さらに人間社会の深いところまでぶっこんで行く様はシュールで穿った視点の賜物です。
……まあ、設定自体はなんというか、オープニングシーンからセックスするようなエロ漫画やエロゲーで良く見られるものなんですが。
ただ個人的に、暗さを照らし出した上で糾弾するに留まるよりは、その理屈の上でなんらかのアクション・リアクションが欲しいかなとは思いました。短編(ショートショート?)で収まりきらない可能性はありますが、もう少しアクションで表現してくれるとのめり込めるような気がします。ニヒルな視点で見つめるだけでは、やはり物語にはなりえないのではないか。見つめるだけ、毒を吐くだけの人間は、物語を見るまでもなく実社会にいくらでもいてしまいますから。
否定的な言葉を並べてしまいましたが私はこういうのが好きです。濁らない瞳で描かれる黒い部分は貴重な才能ですので、是非ご一読をとお勧めの一品です。

4/12 追記
やらかしてきたなぁ……(誉め言葉)。
引き出しの多い作者でしょう。ゆえにジャンル分け不能。呆れかえるようなネタすらきっちりとした物語にして笑いに向けられる、次何出てくるかまったく判らない一際異彩を放つタイプです。フォローして追いかける価値あり。