許嫁のS級お嬢様は、俺なしじゃ生きていけない吸血鬼~血を吸うと発情してしまうお嬢様を慰めるのも俺の役目なんですか?~

作者 海月くらげ@GA文庫ウラカオ9/15発売

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全34話

更新

  1. 第1話 吸血鬼お嬢様と許嫁の従者の夜
  2. 第2話 家族みたいなものですから
  3. 第3話 余計なお世話です
  4. 第4話 一番大切なのは誰ですか?
  5. 第5話 私だけを見ていたらいいんです
  6. 第6話 俺の何を削ってでも
  7. 第7話 世界一可愛いよ
  8. 第8話 ……欲を出してはダメですか?
  9. 第9話 いつもみたいに全部受け止めてやるから
  10. 第10話 むっつりは余計です
  11. 第11話 愛されている感じがします
  12. 第12話 その血の味は今でも鮮明に、鮮烈に
  13. 第13話 俺たちと変わらない普通の女の子だよ
  14. 第14話 わたし、負けませんから
  15. 第15話 私の身体を好き放題できる立場なのに食欲の方が上なんですか
  16. 第16話 じゃあ、ずっと離さないでください
  17. 第17話 私の膝を貸しましょうか?
  18. 第18話 人の目がない愛の巣でお嬢様といちゃらぶちゅっちゅっしたいお年頃なんですよね
  19. 第19話 自分にしか出来ないことを
  20. 第20話 依存
  21. 第21話 隣にいてくれたらすごく安心します
  22. 第22話 照れているんですか?
  23. 第23話 貴方のことが、焦がれるほどに
  24. 第24話 深夜、たった一人のティータイム
  25. 第25話 餌付けしてる気分だな
  26. 第26話 私を甘やかす義務があると思います
  27. 第27話 鬼畜従者の許嫁なんですっ
  28. 第28話 在りし日の憧れ
  29. 第29話 似た者同士ってことか
  30. 第30話 自分で優しいって言ってる人ほど疑わしいものってありませんよね
  31. 第31話 嫉妬と独占欲
  32. 第32話 世話の焼けるご主人様だよなあ、ほんと
  33. 第33話 私が嫌なんです
  34. 第34話 だから、ずっと俺の傍で笑っていてくれ