改めて魏志倭人伝を読み解く ー 有象無象の珍説奇説を木っ端微塵に蹴散らす

作者 幸田 蒼之助

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全28話

更新

  1. 謎解きを始める前に
  2. なぜ、謎なのか
  3. 魏志倭人伝とは
  4. 漢字の読みが判らない
  5. 歴史学の問題点
  6. 考古学の問題点
  7. 魏志倭人伝を読み解く
  8. 倭人は帯方東南、大海の中に在り
  9. 1里とは? 千里とは? 万二千余里とは?
  10. 魏朝使者御一行様の渡航ルート
  11. 「伊都国」こそが混迷の元凶
  12. 伊都国が判れば畿内説は自然消滅する
  13. 有明海に面した佐賀平野こそが本命
  14. 遥かなる邪馬台国を目指して
  15. 邪馬台国の邪馬台国たる要件
  16. 言語学的視点と異文化コミュニケーション的視点
  17. 目に見えないものを互いに理解するのは難しい
  18. 総距離「万二千余里」の謎
  19. 投馬国も邪馬台国も南九州
  20. 「水行一〇日陸行一月」の謎が解けた!!
  21. 全員がのんべんだらりと歩き進んだ
  22. 「邪馬台国」即ち「本家ヤマトたる日向国勢力」!!
  23. 考古学視点と歴史観
  24. 邪馬台国と投馬国
  25. 邪馬台国を考古学視点で探る
  26. 卑弥呼の墓を探す手がかりとは
  27. 政治力学という新たな視点
  28. 最古級かつ最大サイズの前方後円型墳丘墓
  29. 魏志倭人伝の記述通りの墳丘墓が宮崎市にある!!
  30. 狗奴国と熊襲――記紀歴史観との調和
  31. 記紀歴史観と魏志倭人伝記述が繋がった!!
  32. 今後も未解明のまま放置される
  33. 学者達は魏志倭人伝の謎を解明する気がない