推しにダンジョン産の美味いもんを食わせるために、VTuberになってみた

作者 モノクロウサギ

12,690

4,442人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最近の推し活の一つであるVTuberものという事で読みました。
軽いノリかなーと読みましたが、Vの配信事情とか、現在に出現したダンジョンとそれに対する政府の法整備等、作品内で書かれない、とても細かい設定が垣間見れます。現実味があってわかりやすく、とても面白いです。主人公のチートっぷりも読んでて気持ちいいです。
ですが、時々「これVものなの?」と思うこともあるので、そのへんも含めて先々の展開を楽しみに読みたいと思います。

★★ Very Good!!

 法律を作らせた主人公最高です!他の小説は、武器・食材・その他ぜ~んぶブッコンでる作品が多いですが、この作品は仄めかす事はあってもあくまで食材がメイン!かつ主人公最強!そして料理するのもやり過ぎ感があって良かった…ふぅ。とにかくご馳走様でした。    

 読者中毒(僕)はこれからの展開に超楽しみにはしています。出来れば過去編が読みたく候。

★★★ Excellent!!!

Vtuberとダンジョンという属性、この2つは私は初めて見つけた。しかも料理系。Vtuberの話は大体ゲームの話が多いがゲームの話が今の時点で全くない点が新しい発想だなと感じる。
話も読みやすいのでオススメ。見にくい訳でもないし。
25話目まで読みましたが、ヒロイン的存在もないけれど、なくても成立しそうな小説。
日本社会を正確に判断している感じでその点も高評価な部分だと感じます。

★★★ Excellent!!!

まるで「寿司と焼肉とラーメンは全部美味しいんだから一緒に食っても美味いだろwwwwww」的な脳筋思考のもと誕生したような第一印象を受ける本作だが、読んでみるとその印象は覆った。

それぞれを料理のまま大雑把に混ぜ合わせたのではなく、食材としてきちん仕立て上げ調理した上で提供されている。
各々の要素が相互作用を引き起こすように吟味されており、特に「現代」である点から逃げない事で作品に深みを与えてくれていると感じた。

主人公は超越者らしくちょっと浮世離れした性格だが、嫌悪感を覚えたり共感しにくいということはなく、自分の力をわきまえた安心感のある動きを見せてくれている。

まだ20話と少しの段階で紹介させてもらっているが、今後も非常に楽しみな作品。

★★★ Excellent!!!

VTuber物は今までにもいくつか出てたけどVTuber兼ダンジョン探索者っていう今までにないジャンルでしかも内容が面白い!!ライバーどうしの絡みリスナーとの絡みもだしスレで今の全体の状況説明があるから話が分かりやすくていいです。
この作品は長寿になってほしい!!
作者さんが他の作品もしっかりかけてる人だから安心して読んでられる。
これから頑張ってください

★★★ Excellent!!!

自分小説サイトとか書籍などで本読む方だと思うけどここ最近呼んだ物の中で一番新しいジャンルやわぁ、『現代ドラマ(ファンタジー要素あり)×ダンジョン×Vtuber×食レポ(食テロ)』食テロなんて普通にお腹減ったし頭に完成品が浮かんできた…、やべっ、思い出したらまた腹減ってきた…、というわけで、続き首と手を長くしながら待っとります!

★★★ Excellent!!!

最近、いい感じの変化球のなかったVTuber小説ですけど、現代ファンタジーと飯テロの組み合わせでこんなに面白くなるとは…!
動機が不純なのもリアリティあってよいですし、絶対に現実で見れないVTuberものとしてよく出来てると思います!


(1月22日追記)
なんかノリが見たことあるなぁと思ってたんですがMZMとかあのへんのノリを感じます。これでピンと来たら見る価値ありと思います。