影響を受けた作品達

作者 無月弟

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?へのコメント

    知ってますこのアニメ!
    よくあるほのぼのコメディーかと思いきや、
    ある猫(名前忘れた)の飼い主(若いお姉さん)
    が病気で死んでしまう話とか出てきて、
    そのお姉さんは猫に「アンタは生きろ」みたいな事をいうんですが、
    猫は飼い主が死んだ事が解らないのか爪でお姉さんの唇を突いて
    血が流れ出したのに驚いたのかそこから逃げ出してしまうんです。
    そのまま特にオチもなく終了。
    これ本当に「子供向けのアニメ」か!?
    と驚いた記憶が有ります。

    作者からの返信

    それは野良猫のノラが、飼い猫だった時のエピソードですよ(≧∇≦)

    命をテーマにした、子供心に強く印象に残った話でした。
    お姉さんが亡くなって。あと小さな仔猫も、命を落としていました。
    ショッキングなエピソードでしたけど、命の大切さを教えられました。

    2020年2月4日 22:16

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    現在の「泣ける映画」で1位になってますねー!
    無月弟さんの紹介を読んでいたら、急激に観ないのは損な気分になってきました。
    近所の映画館でやってるようなので、都合がついたら観に行きたいと思いますー。

    作者からの返信

    興味を持ってくださってありがとうございます(≧∇≦)

    作品の好みは人それぞれですから、当然全ての人が泣けるわけではないですけど、それでも子供から大人まで、幅広い層に受け入れられる作品だと思っています(*´▽`)

    可愛くて泣けるすみっコぐらし、是非ご覧ください(*≧∀≦)

    2019年11月26日 09:53

  • 四年霊組 こわいもの係、五年霊組 こわ…へのコメント

    これ面白そう!
    歴代怖い物係集合ってウルトラ兄弟大集合みたいで熱いですね笑

    どことなく学校の怪談(アニメのやつ)っぽいのもGOODですね!

    作者からの返信

    ウルトラ兄弟大集合、まさにそんな感じです!(^^)!
    作者様も歴代仮面ライダーやプリキュアの集合映画をイメージして書いていたそうで、読んでいて分かったのですが、この一大イベントのために何巻も前から少しずつ伏線を張ったりしていました。
    伏線ってこうやって、バレずに張るものなのかと、とても勉強になりました(#^^#)

    もちろん自分も、そんなヒーロー大集合を思い浮かべながら読んでいました。歴代ヒロイン勢ぞろいで、テンション上がりまくりです(≧▽≦)

    2019年11月25日 20:40

  • 『名探偵コナン』 愛すべきサブキャラク…へのコメント

    世紀末の魔術師なつかCー!!!!

    マルシェ、肉買ったべか?→ヴォルシェブニック・カンツァーベカ(ロシア語で世紀末の魔術師)の暗号は未だに覚えています笑

    どんなキャラクターが好き……うーん、難しい……
    自分はかっこよくありながらもユーモアのあるキャラが好きです。コブラとか、カウボーイビバップのスパイクとか。

    作者からの返信

    世紀末の魔術師、町のイベントで状特別上映があったのですけど、小さな町だったので滅多に見られない映画にみんな大盛り上がり。
    同級生も何人も来ていました(#^^#)

    カウボーイビバップのスパイクですか。最近ゲームで存在を知りましたけど、確かにユーモアがありますね!(^^)!
    人気キャラって、カッコイイや可愛いだけじゃなくて、どこか親しみやすさがある事が多いですよね。好きなキャラクターが何故魅力的なのかを考えて、自分の作品にも生かしていきたいです。

    2019年11月25日 20:34

  • 番外編 小学生の頃の作文へのコメント

    子供の頃に長い文章を書けるってだけで凄いですよ。
    私なんていつも作文には四苦八苦していました。

    「◯◯を読んで」
    とても面白かったです。

    から筆が進まないんですもん笑

    作者からの返信

    自分も感想文は苦手でした。話を考えるのは好きでも、感想文となると勝手が違いますよね。
    その名残でしょうか、今もレビューを書くのは苦手です(;^_^A

    物語を書きたい衝動は、その頃からありましたね。面倒だと思いつつも、ついつい長くなっていました。

    2019年11月25日 20:30 編集済

  • 学校であった怖い話へのコメント

    学校の怪談シリーズ好きだったなぁ。
    映画の方も大好きでした。学校の怪談シリーズを語れる人ってあんまりいないんですよね……

    映画版トイレの花子さんも懐かしい!
    あれですよね!犯人が鎌を持った変質者だったってやつ!あれは本当に面白かった!

    最近は子供が主演の映画ってあんまり作られないから寂しいなぁ……

    作者からの返信

    学校の怪談シリーズ。小学校の頃の友達は皆好きでした。
    少し離れた町の文化ホールに、映画「学校の怪談2」が一日限定上映されたのを皆で見に行ったのは、いい思い出です!(^^)!

    トイレの花子さんも、面白かったですよね。同時に、酷いイジメがあったり、犯人が窯を持った変質者だったりと、オバケよりも生きた人間の方が怖いって思いました。

    こんな感じの映画、また作ってほしいものです。

    2019年11月25日 20:01

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    映画は存じ上げなかったのですが、とてもいい作品なのですね。
    気になるのですが地元でやってない! Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
    レンタルを待ちます……。

    作者からの返信

    この映画は上映劇場数が少ないのがネックです。そもそも中には、近くに映画館が無い人だっていますし(;´・ω・)

    本当にいい映画なので、たくさんの方に見てもらいたいです。
    レンタル開始されたら、見れなかった多くの人に届いてくれることを願います(#^^#)

    2019年11月25日 19:48

  • 小学生の頃に読んだ、タイトルも覚えてい…へのコメント

    全然知らないけど面白そう!

    95年ですか……実はその頃はあかほりさとるというレジェンドがいたおかげで、ライトノベルとライトノベルからのアニメ作品がかなり盛り上がっていた時代なのですが、オタク文化自体がまだ世間に浸透していませんでしたね。

    私は世代ではないのですが、あの頃のラノベがなんか好きなんです笑

    作者からの返信

    当時ラノベという言葉すら知らなかった自分にとって、この作品は衝撃的でしたΣ(-∀-;)

    もうストーリーもうろ覚えで、キャラクターの名前も覚えていませんけど、面白かったという思い出だけはしっかり残っています。
    いつかまた、読むことができたら良いのに(^_^;)

    この年代のラノベはあまり読んだことがないのですけど、読み始めたら案外ハマるかもしれません。
    素敵な掘り出し物を見つけたいです!(^^)!

    2019年11月25日 17:50

  • 3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?へのコメント

    タマ懐かしー!
    アニメは見ていませんでしたが、食玩の指人形を集めていました。私が猫好きになったきっかけかもしれません。

    作者からの返信

    タマは本当にいろんなグッズがあって、自分も文房具やバッジを持っていました。
    タマをきっかけで猫が好きになった人は、多いと思います(*≧∀≦)

    2019年11月25日 17:45

  • かちかち山へのコメント

    カチカチ山グロ版読んだ覚えがあります笑

    今思えば下手なホラーよりよっぽど怖いですよね。

    作者からの返信

    かちかち山のグロバージョン、昔は普通に小学校の図書室にもありましたけど、今は無いのかもしれません。気持ちはわかりますけど(^_^;)

    お婆さんを食べてしまったおじいさんの受けたショックは、想像を絶しますね((( ;゚Д゚)))

    2019年11月25日 17:44

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    話題になっているそうですね!
    そんなに涙するとは……すごい興味ありますよー。

    ……レンタルで見ようかな。映画館はどこ行けばあるのやら……(ど田舎)

    作者からの返信

    田舎暮らしだと、映画を見に行くのは一苦労ですよね。
    自分も実家にいた頃は一日掛けて行っていました。せめて近くの施設で一日限定上映でもしてくれたら良いのですけどね(-_-;)

    今回映画館で見れたのは幸いです。
    ネットで話題になっているのも納得できる、可愛いすみっコ達の、深みのある物語でした。

    2019年11月25日 17:38

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    人気があるみたいですね。すみっコぐらしの会社で作るキャラクターものはどれもふんわりかわいくて、大好きなのです。ぜひ、すみっコぐらしも映画は無理でも、いつか見てみたいです。

    作者からの返信

    サンエックス生のキャラクターは、皆可愛くて癒されますね(*´▽`)

    すみっコぐらし。今回初の映画化でしたけど、他の物語も読みたくなりました。
    ゲームや絵本など多方面に展開しているので、入り口は広いですヽ(´▽`)/

    2019年11月25日 17:35

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    すみっこぐらし子供に人気ですね。ゲームもありますよね。かわいい!!

    作者からの返信

    すみっコ。おかしな生き物ですけど、妙に癖になるのですよね(#^^#)

    映画を見た後、スマホのゲームをダウンロードしてハマっています。
    ニンテンドースイッチでも出ているので、そのうち買うかもなんて思っています(  ̄▽ ̄)

    2019年11月25日 12:20

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    この映画、近況ノートで知った後にヤフーニュースにも取り上げられていてびっくりしました。もうこうなると絶対見たいですけど、映画館がある隣の市にまで車で50分くらい……。いや、50分なんてぶっちゃけ近いんですよ、ふらっと遊びに行くレベル(北海道感覚)。ただ、私が運転出来ないというだけで……(笑)

    画面の隅っこに固まっていたらそれはそれで可愛いんですけどね(笑)そこでもすみっこなのかよ!って。

    作者からの返信

    車で行ければ楽なのに、電車やバスだと、途端に面倒くさくなりますよね(-_-;)

    元々子供向けですし、町の体育館等で上映会をやってもいいのに(^_^;)

    画面の隅っこ。固まっていたら思わず吹き出しそうです。
    それがすみっコの醍醐味ですもの!(^^)!

    2019年11月25日 12:19

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    おおぅ、エッセイ復活させるほどよかったのですね。お兄さんのほうとあわせて近況ノートも拝見してたので気にはなってたんですが、うちのほうも上映してないんですよね……。今は、DVD化されるまえに小説版を買おうかどうしようか迷ってます(^_^;)

    作者からの返信

    小説、角川つばさ文庫から出ていて、こちらも面白いですけど、おそらく最初に映画をみた方が、より楽しめると思います。
    キャラクターのコミカルな動きがあった方が、楽しめる作品なので。

    上映劇場、増やしてはいるみたいですけど、まだまだ少ないみたいですね。
    あと100くらい、劇場数を増やしてくれてもいいのにって思います(^_^;)

    2019年11月25日 12:14

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    観たいです。
    私はすみっコぐらしの文房具をこっそり使ってて、好きなキャラクターの一つです。
    どんな映画なのか興味津々です。

    作者からの返信

    すみっコぐらし愛好家ですか。
    すみっコ可愛いですよね(ノ≧▽≦)ノ

    この映画の最大の特徴は、キャラクターが直接は喋らないで、ナレーションによる絵本の読み聞かせのように話が進んでいくことだと思います。
    ほのぼのした雰囲気に癒されて、うるっとくる感動もありました( ;∀;)

    2019年11月25日 12:11

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    映画があったんですね。
    良い作品は、大人にも子供にも感動をもたらしますね。
    すみっこぐらし自体をあまり知らないので、この機会に映画を見るのもよいかもしれませんね。
    興味を引かれました。

    作者からの返信

    今月公開された映画で、上映劇場数はそう多くないですけど、ネットで高評価を叩き出して、ぐんぐん人気が伸びているみたいです。
    自分が見に行った時は、ほぼ満席でした。

    可愛らしいすみっコ。見ていると、なんとなく癒されますヽ(´▽`)/

    2019年11月25日 07:47

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

     なんか「すみっコぐらし」というものが人気らしいというのは聞いていたのです。映画が爆発的にヒットしているまでは、なんとなく知っていました。

     で、「へー」と思って検索してびっくりしました。

     人間じゃないんですね! てっきり少女漫画原作のなにか、だと思ってました。

     そーか、すみっこに集まる習性があるのか。

     ……そういえば、先日、BARにいって、誰一人お客のいない中、なぜかカウンターの一番端に座ったなと、ふと思い出しました。

    作者からの返信

    隅っこに集まる習性。これは今の日本人に、結構見られると言われています。
    現に自分も、この返信を書いている今、会社の休憩所の隅っこでスマホを動かしています。ここが落ち着くんです(*´▽`)

    そんなちょっぴりネガティブな所が、共感を読んでいるのだと思います。

    そんなネガティブだけど可愛らしいすみっコの映画。大いに楽しめました!(^^)!

    2019年11月25日 07:44

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント


    会社の人の親戚が付き添いで観に行って「最後まで寝ないで観たわ。これは大人が観てもええ映画」と言ってましたね。

    酷評が多い映画批評サイトでも高評価ばかりだそうです。無月弟さんの紹介でも素敵な映画だとわかるので興味が湧いてきます。

    作者からの返信

    子供向け映画ですけど、子供しか楽しめない訳じゃなくて、子供も大人も楽しめる作品なのだと思っています(#^^#)

    ネットでやたら名前を見るようになって、興味が湧いたので見に行ってみたのですが。想像をを遥かに上回るお話で、まさかすみっコに感動させられるなんてと、ビックリしました。
    本当に素敵な映画です(*´▽`)

    2019年11月25日 07:40

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    この作品。
    弟さんが『近況ノート』で紹介されたときから、観たくて……。

    ただ、このあたりでしてないんですよね。

    で、レビューとか予告編をネットで観て……。
    すごい良いみたいですね! 
    時間も短め。
    観たいなぁ。

    でもDVD待ち、かなぁ……。

    作者からの返信

    映画すみっコぐらしの最大の弱点は、上映さらる劇場数が少ないことだと言われています。

    にも拘らず工業収入が多くて、急遽劇場数を増やしたり、中には仕事帰りの会社員をターゲットとした、夜の男性限定上映なんて言う、ビックリするようなイベントもあったそうです。
    こんなことなら、初めから上映劇場数をもっと増やしていればよかったと、関係者は言っていることでしょう(^_^;)

    たぶん自分も、DVD買います。もう一度見たいですけど、時間がないので。
    素敵なすみっコ達の物語。何度でも見返したいです(#^^#)

    2019年11月25日 06:44

  • 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみ…へのコメント

    おはようございます🍀
    すみっコぐらし映画になってるんですね‼︎
    観たいかも観たいかも‼︎



    原田知世さんが主題歌を歌われていることがまた素敵ですね‼︎😊🌸

    作者からの返信

    急な更新にも関わらず、読んでくださってありがとうございます!(^^)!

    映画化されたと聞いて、最初は子供向けだから見に行こうかどうか迷っていたのですけど、ネットで話題になっていたので見に行って。
    それから毎日のように、思い出しています(#^^#)

    主題歌はYouTubeで、何度も聞きました。とても優しくて素敵な歌です(*´▽`)

    2019年11月25日 06:20

  • 三毛猫ホームズへのコメント

    赤川次郎先生の作品は数多く親しんできました。
    その中でも三毛猫ホームズは長いシリーズものということもあり、思い入れがありますね。
    ほとんど内容は忘れていますが『三毛猫ホームズの騎士道』というのがタイトルのインパクトもあって記憶に刻まれています。
    私は小学生位のときに、読んでました。懐かしすぎる。

    作者からの返信

    『三毛猫ホームズの騎士道』、日本を離れて起きた事件と言う事もあって、三毛猫ホームズシリーズの中でも印象に残っています!(^^)!
    タイトルもカッコいいですよね。もう大分忘れてしまっていますけど、また読み返してみたいです(*´ω`*)

    2019年10月28日 03:58

  • ARIAへのコメント

    アリアは私も好きな作品の1つです。
    曲も癒されますね。

    アニメだと、前作のろまん倶楽部のキャラもさりげなく出て嬉しかったのを未だに覚えています。

    社長の可愛さは異常ですねw

    作者からの返信

    ARIAはアリア社長、ヒメ社長、まあくんの三人の猫が可愛いですよね。毎回癒されていました(#^^#)

    浪漫倶楽部、皆で不思議な事を調べていくあのスタイルは、自分も大好きです!(^^)!

    2019年10月20日 22:35

  • 『名探偵コナン』 愛すべきサブキャラク…へのコメント

    コナンの映画は前作から再び映画館で観るようになりました!

    今回は北斗の拳とのコラボで、久々にコナンで神谷さんの声が聞けたのも嬉しかったですね!

    作者からの返信

    コナンの映画、ここ数年は毎年のようにシリーズ興行収入記録を更新していますよね。テレビ放送まで待てないから早く見たい、スクリーンで見たいと言う人が多いのでしょうね!(^^)!

    神谷明さんが降板してからしばらく経ちますけど、映画限定とは言え、またコナンに帰ってきてくれたのは嬉しいです(*´▽`)

    2019年10月20日 21:53

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    ゆるキャラ、一般に「純粋に可愛い系」と「シュール可愛い系」の二種類に別れると思っているんですけど、無月弟さんの好みは純粋に可愛い系なんですね!私もそうなのですが笑
    しかし、あのハチミツ君が、ゆるキャラを原点に思い付かれた子だったとは……!

    作者からの返信

    純粋可愛い系は好きです。癒されます(*´▽`)
    シュール可愛い系の中にも、目を引くものはありますけど。メロングマなんかがそうです( ´∀`)

    ハチミツを書けたのも、ゆるキャラを見てあれこれ話をイメージしていたおかげです。
    何が話作りのヒントになるか分かりませんね(#^^#)

    2019年10月20日 12:48

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    もっともっと読みたいエッセイでした。
    色々な作品をもっと広めてほしいです。

    作者からの返信

    最後まで読んでくださってありがとうございます(*´▽`)
    エッセイはこれで終わりですが、これを読んで一人でも多くの人が、作品に興味をもってくれたら嬉しいです(#^^#)

    2019年10月13日 16:22

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    さまざまな作品の紹介お疲れ様でした。
    知ってるのと知らないのがやはりあって、どちらも興味深く紹介を読ませて頂きました。
    自分ゲームのテイルズシリーズはゼスティリアから始めて、ファンタジーの世界をより知ることができたんですよね。それまでマリオカートとかマリオパーティーならやったことありましたけど、そういう冒険系のゲーム自体それが初めてだったので新鮮でした!そこから昔のテイルズシリーズを買ってやったりしました。自分のファンタジーの基礎知識等々はテイルズと言えますね。(笑)
    まさか無月弟さまもプレイしていたとは!
    面白いを共有できる嬉しい作品をありがとうございました!!(o^O^o)

    作者からの返信

    テイルズシリーズは自分もファンタジー世界の教科書のように思っています!(^^)!
    冒険が主ですけど、サブクエストの中には町での暮らしのお手伝いをすることもあって、勉強になっています。もちろんメインストーリーも面白くて、買ったらいつも夢中になってやっています。カクヨムでも同士がいてくれて嬉しいです(*´▽`)

    長く続けてきた作品紹介。最後まで読んでくださってありがとうございます(≧∇≦)

    2019年10月13日 11:20

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    バリィさん!!
    鳥系のゆるキャラの中でもバリィさんは一際可愛らしいですよね!!
    あー可愛い!!
    それしか浮かばないほど可愛い!!
    大好きだあああ!!(o^▽^o)

    作者からの返信

    バリィさんはとっても可愛いです。一目惚れしてしまいました(ノ≧▽≦)ノ

    ぬいぐるみも買って、車に乗っけて癒されています(*´▽`)

    2019年10月13日 11:15

  • 学園ベビーシッターズ、LOVE SO…へのコメント

    子育てする話……、作品の中で子供を育てるのですね!(*゚∀゚*)

    『お隣の吸血鬼くん』気になるので、読みに行ってきます!

    と、思ったら、作品が見当たりませんでした。(;_;)

    作者からの返信

    子育てする話、立て続けに読んでいたら、自分でも書いてみたくなっちゃいました。可愛い子供を見ていると、幸せな気持ちになれます(#^^#)

    『お隣の吸血鬼くん』に興味を持ってくれてありがとうございます。作品数が多いので、分り難いのかもしれません。実は自分も、探すのに一苦労しました。検索機能を使えば、すぐに見つかりました。
    長編小説なので、決して無理はしないでください(*´▽`*)

    2019年10月10日 01:07

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    完結おめでとうございます!
    まさかのゆるキャラ&マスコットキャラが最終回で、びっくり仰天でした!

    わたしが唯一集めた事があるキャラクターグッズは、ティム・バートン「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のジャックでした。
    季節的にもまたこのビデオを見たくなりました。^-^

    これからの無月弟さんの作品も楽しみにしております。執筆お疲れ様でした!

    作者からの返信

    最後は変化球を投げてみました。作品と言えるかどうかは分かりませんけど、自分の作品には影響を与えています(#^^#)

    ジャック、一見すると怖い容姿ですけど、よく見てみるとどこか愛嬌があるように思えてきますね。不思議と可愛く見えてきます(*´ω`*)

    たくさんの作品を紹介してきたエッセイ、最後まで読んでくださってありがとうございます!(^^)!

    2019年10月10日 01:12

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    おはようございます🍀

    連載お疲れ様でした‼︎
    ぬーぼー美味しかったですし、いつか期間限定でもいいから復活してほしいなぁと願ってしまいます。
    コメントにも書かれていますが、《地獄先生ぬ〜べ〜》の連載前の読みきり版ではぬーぼーだったんですよね。懐かしいなぁ……ゆきめちゃんが好きでした(可愛いは正義です✨)


    色々な作品や多彩な人物への敬意と愛情が感じられた素敵な連載でした😊🌸

    作者からの返信

    ぬーぼー、生産中止になってからだいぶ経つのに、未だに覚えている人が多いお菓子ですよね!(^^)!
    《地獄先生ぬ〜べ〜》のぬ~ぼ~、思った以上に多くの方が知っててビックリしました。自分も昔聞いて覚えていましたけど、きっと皆凄く印象に残ったのでしょうね。《地獄先生ぬ〜べ〜》はこのエッセイでちゃんと紹介していないにもかかわらず、コメント欄で度々名前が出てきていました。こんな形で皆さんの読んでいた作品が分かるなんて驚きです(≧▽≦)

    プレゼンもレビューを書くのも苦手な自分ですが、毎回作品の良さを伝えようと書いてきたエッセイ、最後まで読んでくださってありがとうございます(#^^#)

    2019年10月9日 11:57

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    ぬーぼー懐かしいですね。小学校でぬーぼーの消しゴムで遊んでいたら担任に没収されました。先生、返してほしい(T_T)
    すみっコぐらしは私も大好きです。好きなキャラクターの一つです。ファミマで一番くじをやってるとつい一回くじを引いてしまいます。シールのガチャもついやります。ちなみに「やま」が一番好きです。すみっコのLINEスタンプ・鉛筆✎・綿棒などいろいろ持ってます(*^^*)
    ちょっと悲しい感じが、昔の柿ピーの袋の裏に印刷されてた「けなげ組」に似てると思います。けなげ組知ってますか?
    メロン熊は衝撃的でした。小さい子は泣きそうですね。


    作者からの返信

    ぬーぼーの消ゴム、とられちゃったのですかΣ( ゚Д゚)
    先生返してください。消ゴムはオモチャじゃなくて文房具ですよ(>_<)

    すみっコぐらし、入ったコンビニで一番くじがあるとついテンションが上がりますよ(*´▽`)
    けなげ組は初めて知りましたけど、確かに似ていますね。こっちも不思議なかわいさがありますね。

    メロン熊、きっとインパクト重視で作ったのでしょうね。実際に子供が怖がってるのを見たことがあります。中の人、案外ノリノリで怖がらせてたのかも(^_^;)

    このエッセイはこれにて完結ですが、最後まで読んでくださってありがとうございました!(^^)!


    2019年10月8日 20:50

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    ぬーぼー、今は無いのですね。食感が楽しいさっくりふわふわとしたお菓子でしたよね。時々買ってました。
    私が好きなのはペコちゃんです。ペコちゃんはおまけつきのことも多く、人形全種そろえるまで買ったこともあります。

    たくさんの作品をご紹介して下さりありがとうございます。
    執筆お疲れさまでした。

    作者からの返信

    ぬーぼーはキャラクターがかわいくて美味しかったので、再販されたらきっとまた買うと思います(*´▽`)
    ペコちゃんも宣伝効果抜群のキャラクターですよね。知らない人なんていないんじゃないかって言うくらい、浸透しています(≧∇≦)

    最後まで読んでくださってありがとうございます。また機会があればどこかで、作品紹介をしていきたいです!(^^)!

    2019年10月8日 18:46

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    ぴーにゃっつ知りませんでした。可愛らしいネコさんですね。
    ゆるキャラで有名になった自治体もあるのではないでしょうか?
    上手くいけばかなりの宣伝効果がありそうですよね。

    作者からの返信

    ゆるキャラのPRが成功すれば、一気に財政難を打開できるとも言われています。商品を売り出す時も、可愛いキャラクターがいた方が印象に残りますしね(*´▽`)

    ぴーにゃっつは 思わず一目惚れして、ぬいぐるみも買いました。可愛いです(ノ≧▽≦)ノ

    2019年10月8日 18:43

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    完結、お疲れさまでした。
    キャラクターもの、可愛いですよね。私も好きでいまだにぬいぐるみをクレーンゲームで捕りたくなります。おかげさまで散財しておりますが。むずかしいですね、アレは……
    弟さんとは好みの傾向が似ている気がしているので、紹介して頂いた作品はいくつか読みましたよ。また、どこぞで楽しい作品を教えてくださいねー。

    作者からの返信

    クレーンゲームはコスパが悪いですよね。実は昔はまあまあ取れていたのですが、十年くらい間を置いてチャレンジしてみたら取れない取れない。千円つぎ込んだところで諦めました( ̄▽ ̄;)

    紹介した作品を読んでくださってありがとうございます!(^^)!
    また何らかの形で、作品紹介をしていきたいです(*´▽`)

    2019年10月8日 13:40

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    完結おめでとうございます!!

    いろいろと知らなかったジャンルを教えていただき、とても勉強になりました。

    すみっコぐらしは、ほんとうにね、はまりますよね。

    私が最初にはまったキャラものはスヌーピーで、今でも好きです。大好きだったワンちゃんが亡くなった時にはスヌーピーのぬいぐるみが増えます。そうして手放すこともできず、また増えます。しばらくの間は、増えませんように……。

    連載お疲れ様でした。

    作者からの返信

    最後まで読んでくださってありがとうございます(#^^#)

    すみっコぐらしは雑誌の裏表紙に書いてあったのがきっかけで知りましたけど、本当に可愛いです。昔から可愛いものが好きだったので、すぐにハマってしまいました(*´▽`*)

    ぬいぐるみは、買い始めると止まらなくなってしまいますよね。ワンちゃんが亡くなってしまったのは悲しいですけど、きっと沢山のぬいぐるみを見て笑っていると思います。

    2019年10月8日 12:24

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    完結お疲れさまでした。

    知ってる!というものあれば、何それ気になる!もあり、楽しいエッセイでした。
    また何かの折にでも、お勧めのお話等あればお聞きしたいですヾ(*´∀`*)ノ

    作者からの返信

    みんなが知っている有名作品や、マイナーだけど面白いお話、紹介できて楽しかったです!(^^)!

    まだまだ語れていない作品もありますけど、いずれ何らかの形で紹介していきたいです(#^^#)

    2019年10月8日 12:21

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント


    「すみっコぐらし」会社の同僚の姪っこさんの間でも流行っていておこづかいの大半をグッズに使ってると行ってましたね。いまの文房具の定番のひとつとも行ってました。僕らの時代の「3丁目のタマ」のポジションにいまいるキャラクターなのかな。
    「ぬ~ぼ~」は十年くらい前からキャラクターとして活動してますね。「ぬ~ぼ~なこころ」って公式アカウントもありますよ。

    まだまだ紹介したい作品も知っているのと面白そうなタイトルがいっぱいですね。執筆お疲れさまでした。

    作者からの返信

    以前は「3丁目のタマ」や「けろっぴー」が活躍していたように、今は「すみっコぐらし」が人気みたいですね。いつの時代も、可愛いらしいキャラクターは人気がありますよね(*´▽`*)

    「ぬーぼー」、未だにひっそりと活動を続けているのが凄いですね。不思議と癖になってしまうキャラクターです!(^^)!

    今まで読んでくださってありがとうございます。また何らかの形で、作品紹介をしていきたいです(^O^)/

    2019年10月8日 12:15

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    ぬーぼー! 懐かしい! あのお菓子すごい好きで、一時期どハマりした記憶があります( ̄∇ ̄)

    そして『すみっコぐらし』かわいいですよね。わたしも好きです(*´艸`*)

    完結お疲れさまでした。みなさんおっしゃってますが、気が向いたときにでもまた語っていただけたらと思います(#^^#)

    素敵な作品に、ホントたくさん出会わせてもらえて。ありがとうございましたο( ^_^ )ο

    作者からの返信

    ぬーぼーのデザインが可愛くて面白くて、ついついお菓子売り場で手を伸ばしていました!(^^)!

    すみっコぐらしは一目ぼれしたキャラクターです。前に訪れた本屋で、たまたますみっコぐらしのキャラクターが来ていた事があって、さすがに子供に混ざってそばに行くことはできませんでしたけど、遠巻きに見ていました(*´▽`*)

    この作品を読んだというコメントは、とても励みになっていました。また何らかの形で、作品を紹介していきたいです!(^^)!

    2019年10月8日 12:12

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

     完結おつかれさまでした。

     「ぬーぼー」いましたね。たしか短編掲載時『地獄先生ぬーぼー』だったのが、版権の関係で「ぬーべー」になったというあのお菓子。

     そして、未解説リストの作品も気になります。知らないものがほとんどなんですが、え?「コールドゲーム」? あれに影響受けているんですか? また『ガンダムX』。あそこに行くんですね。
     とまあ、気になる作品はあるのですが、それはまた、いずれかの機会で語って下さい。

    作者からの返信

    「ぬーぼー」と「ぬーべー」、有名なエピソードですよね!(^^)!

    「コールドゲーム」の緊張感や怖さは、ホラーを書く時に活かしています。向こうはミステリーですけど、得体のしれない怖さがありましたから。後は人間の身勝手さや、怨みの恐ろしさを参考にしています。
    「ガンダムX」、大好きな作品なので語りたかったのですけど、ガンダムシリーズ全般が有名すぎて、今更自分がどう紹介すればいいんだという壁にぶち当たってしまいました(^_^;)

    いずれ近況ノートかエッセイ第二弾でも書いて、作品を紹介していくかもしれません。

    2019年10月8日 12:09

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    執筆お疲れ様でした。
    まだまだネタは尽きないようですが、次の作品も楽しみにしています。
    私も次に進みたいのですが、今はなにも思いつかず( ̄▽ ̄;)。
    ご紹介いただいた作品を糧に、次のステップを踏みたいです。
    参考になるお話の数々、ありがとうございました。

    作者からの返信

    最後に羅列した作品も、本当はもっとちゃんと紹介したかったですけど、書いてみたら散らかって要点がまとまらなかったり、短くて簡素な物しか掛けなかったりしたので断念しました(^_^;)

    話が思い浮かばない時って、焦ってしまいますよね。自分はそう言う時に、一度読んだ物語を読み返すことが多いです。読んでいて、自分だったらこうする、こんな展開があっても面白いかもって思うので、創作意欲が湧いてきます(#^^#)

    最後まで読んでくださってありがとうございました!(^^)!

    2019年10月8日 12:04

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    ありがとうございました。
    とってもたくさんの様々な分野で、まだ知らない世界を知ることが出来ました。
    懐かしい作品を思い出してまた読みたくなったり、面白そうだなと興味が湧いたりしました。
    私も愛されキャラや、誰かの心に残る言葉や物語を紡げたらなと思いました。
    また気が向きましたら、第二弾お待ちしております。
    (*´∀`*)

    作者からの返信

    今まで読んでくださってありがとうございます!(^^)!
    たくさんの人に愛されるキャラクターや物語、自分でも描いてみたいですよね。たくさん読んでインプットして、描く作品にも反映させていきたいです(*´▽`*)

    2019年10月8日 11:59

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    お疲れ様でした!
    たくさんの物語の紹介、大変参考になりました。

    本音では、これで終わりにならず、気が向いたときにでも、お願いします、とお伝えしたいのですが……(^_^;
    ※特に少女マンガ希望

    ありがとうございました!

    作者からの返信

    応援してくださってありがとうございます!(^^)!

    少女漫画、最後に記した『バディゴ』は、本当はしっかり紹介したかったのですけど、途中まで文章を書いて上手くできてないと思ったので断念しました。気弱な男装ダンサーの主人公が可愛くて、ハマった作品です(#^^#)

    影響を受けた作品、好きな作品はまだまだたくさんあります。今後も紹介したい作品があったら、近況ノートで紹介していくかもしれません。

    2019年10月8日 11:52

  • ゆるキャラ マスコットキャラ  後編へのコメント

    完結お疲れ様でした!
    いろいろな作品や、今回のみたいな好きなものなど、どんな風に好きなのかが興味深くて面白かったです。
    そういえば「ぬーぼー」は、実は『地獄先生ぬーべー』の読み切りパイロット版掲載時の名前が『ぬーぼー』だったんですけど、同名のキャラがいるんで連載時には『ぬーべー』に変わったんですよね。
    また何かの折にこういう話を書いていただけると嬉しいです。

    作者からの返信

    『地獄先生ぬーべー』と『ぬーぼー』、聞いた事があります!(^^)!
    読み切り版ではぬーぼーだったのですよね。確かにぬーぼーでは、読んでいる間にヤツの顔がちらつきそうです(;^_^A

    今後ももしかしたら近況ノートで、作品紹介をしていくかもしれません!(^^)!

    2019年10月8日 11:46

  • 『名探偵コナン』 愛すべきサブキャラク…へのコメント

    コナン君、何度か映画を見ましたが、毎回ハマります……。(°▽°)

    唐紅の恋歌を創作した時に、作者様は少女漫画を読みまくったと聞きました。

    やはり、懸命に勉強しているから魅力的な作品になるのですね!

    作者からの返信

    唐紅の恋歌を創作したときに読んだ少女漫画、ちはやふるでしょうか(≧∇≦)
    あれだけのヒット作を作るからには、たくさん読んでインプットしないといけないと言うことなのでしょうね。自分も頑張らないとって思います!(^^)!

    2019年10月8日 01:40

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    まさかのゆるキャラです。無月弟さんのあふれるゆるキャラ愛がすごいです。ぴーにゃっつも検索しました。なんで知らなかったんだろうってぐらいかわいらしいではないですかっ!!教えてくださりありがとうございますっ!!

    作者からの返信

    いつかゆるキャラを題材にした話を書きたいって思うくらい、ゆるキャラは好きです( ´∀`)
    イチオシキャラのぴーにゃっつ、思わず一目惚れしてしまう可愛さで、もっと広まってほしいです(≧∇≦)

    2019年10月7日 20:59

  • まんが日本昔ばなしへのコメント

    『まんが日本昔話』私も好きでした。
    特に『不思議な狛犬』はネット見たのですが印象深いですね。

    作者からの返信

    『まんが日本昔話』は、今見ても面白い作品がたくさんありますよね!(^^)!

    『不思議な狛犬』、見ました。怖い部分もありましたけど、和尚さんと子供を守る狛犬がとても優しく思えて。ホロリときました( ;∀;)

    2019年10月8日 01:36

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    ぴーにゃっつ検索しました。可愛いですね(*^^*)
    私もゆるキャラ好きです。以前地元から離れた少し田舎の工場に務めた時に、そこのご当地ゆるキャラが朝礼の時に挨拶にきました。ゆるキャラサミットの選挙のためです。優勝したらすごい経済効果ですもんね。お金かけてるなと思いました。駅前でお菓子も配ってました。

    作者からの返信

    ゆるキャラ選挙でもたらす経済効果は相当なものですからね。いつの間にかゆるキャラは、経済に大きな影響を与える存在になりました!(^^)!

    朝礼で挨拶に来てくれるのは嬉しいです。自分ならその日一日、張り切って仕事ができるでしょう(≧∇≦)

    2019年10月7日 13:48

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    ここでゆるキャラが来るとはっ。
    あ、でも、ゆるキャラはかわいいですよねぇ~。
    中の人は大変そ……いえ、中身なんてないんだ!

    動物系はかわいいですよね。たまに怖いのもいますが(笑)
    こちらは特に有名なゆるキャラはおりません……が。
    猫城主さんじゅーろーがいますよ。ゆるキャラじゃありませんけどね。
    まんま猫ですから。

    作者からの返信

    動物のゆるキャラでは、北海道のメロンぐまが迫力あってインパクトがありますね。けど大半は可愛くて癒されます。
    中の人……いえ、ゆるキャラたち頑張って(っ`・ω・´)っ

    猫城主さんじゅーろー、調べましたけど可愛いですね。マスコット的な存在ですよ(*≧∀≦)

    2019年10月7日 13:46

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

     むかしデパ地下で働いていたとき、ゆるキャラがなんどか来たことがありまして、で、くまモンが来たんですよ。当時すでに人気のくまモンだったんですが、へー、くらいで見てたら、だいたいゆるキャラって頭が巨大で、歩くときはガイドがついて、みたいな感じじゃないですか。棒立ちで握手だけする。そんなイメージだったんですが、くまモンは、もう動く動く。中に人が入っているのが信じられないくらい、動き回って身体くねらせて。ああこれは、人気あるはずだ、と大きくうなずいた次第です。

     ちなみに、ナマハゲも来たことあるんですが、あれは昼間明るい室内で見ても、マジで怖いです。

    作者からの返信

    くまモンは踊れるゆるキャラで、激しいダンスもこなしてくれますよね。夏の屋外なんかは中の人大丈夫かって思いますけど、本当に頑張ってくれています。
    地元熊本のキャラクターが、こんなにも活躍してくれることが嬉しいです!(^^)!

    ナマハゲは怖いですよね。あのビジュアルで「悪い子はいねえか」なんて言われたら、子供は悪さできなくなっちゃいますよ(;^_^A

    2019年10月7日 12:13

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    700キロ! なんという、ひこにゃん愛Σ(゚д゚*)

    ぴーにゃっつだけ知りませんでしたが、かわいいですね(∩´∀`∩)(検索しましたw)

    しかしここでゆるキャラとは。まさかの紹介でしたが、なるほどの紹介でした。明日のマスコットキャラも楽しみにしてます(o´∀`o)

    作者からの返信

    片道700キロ。往復1400キロを移動した後はくたくたでしたけど、行って良かったって思っています!(^^)!

    ぴーにゃっつはマイナーですけど、可愛いのですよね。ぬいぐるみも買ってしまいました(*´▽`*)
    昔から可愛いキャラクターが好きで、この子達を使った物語を、頭の中で作っていました。ゆるキャラにもマスコットキャラにも癒されています(#^^#)

    2019年10月7日 12:10

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    ゆるキャラと聞いて一発で思い浮かぶのはやはりくまモンですね。当初熊本のゆるキャラとは知らず、なんか可愛い熊いる!って注目した感じです(笑)

    ゆるキャラといえばそのご当地をPRしてくれる存在ですけど、我が東北のA県(なぜ伏せた)には、戦うご当地ヒーロー、超神ネイガーがおりまして、たぶんそっちの方が有名です。これがまた、ペラペラのコスプレヒーローではなく、かなりガチの作りなもので(怪人はちょっとあれですけど)、ヒーロー好きの私も大満足!めっちゃ応援してます。ちなみにネイガーはヒーロー活動の傍ら、田植えなどもしています。

    作者からの返信

    くまモンは作りこそ割とシンプルなのに、妙に印象に残るのですよね。あの頬の赤色が良いアクセントになっているのかもしれません(#^^#)

    超神ネイガー。自分の中では沖縄の琉神マブヤーと並ぶ、ご当地ヒーローの筆頭だと思っています。そのデザインは、ヘタな仮面ライダーよりもかっこいいかも。
    田植えを手伝ってくれるヒーローと言うのもいいですね。地元密着型で、人々に愛されますよ(#^^#)

    2019年10月7日 12:05

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント


    僕は愛媛県の「ダークみきゃん」というゆるキャラが好きですね。メインは県名産の愛媛みかんモチーフの「みきゃん」というキャラなんですけど、バイキンマン的な立ち位置のカビたみかんのライバルキャラです。

    うちの県には「ちょるる」てゆるキャラがいるんですけど、彼は元々県のゆるキャラではなくて国体のマスコットを再利用して県代表のゆるキャラになったという変わり種です。

    作者からの返信

    ダークみきゃん、あのみきゃんのライバルキャラですね(#^^#)
    悪そうなゆるキャラと言うのも、なぜか可愛く思えてしまうから不思議です。

    ちょるる、一度はゆるキャラグランプリで二位になった事のあるキャラクターですね!(^^)!
    うちの県でも、ヒックル、ミックル、モックルという国体のキャラクターが再利用されて県のマスコットになっていたりします。こう言う事って、結構あるのかもしれませんね(*´▽`*)

    2019年10月7日 11:59

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    ひこにゃんに会うために滋賀県までっ!?
    とはいえ、私も推しのために来月千葉から名古屋ドームまで行くので、同じようなものですね( ̄▽ ̄;)。
    ふなっしー、チーバくん、ぴーにゃっつ、、、千葉はゆるキャラの宝庫です。

    ガチャピンとムックはゆるキャラに含まれますか??

    作者からの返信

    自分のゆるキャラ好きはきっと、多分好きな歌手や芸能人の追っかけ、ライブや舞台を見に行くのと同じような感覚なのかなって思います。

    書いてて、千葉にはゆるキャラが多いなって気がしました。もしディズニーランドのキャラクター達をゆるキャラに数えるなら、その数は更にとんでもない事になりそうです(;^_^A
    ガチャピンとムック。個人的には、あれらもゆるキャラに入るのかなって思っています。激しく動けて、喋る事のできるゆるキャラです(≧▽≦)

    2019年10月7日 11:54

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    なんと、ここでゆるキャラ紹介でしたか!!

    ひこにゃん。
    確かにかわいいですが……。

    く、車か……。九州から……っ。

    お疲れ様でした(^◇^;)

    作者からの返信

    ゆるキャラ、実は連載を開始した当初からずっとやりたかったネタでした(^_^;)
    ひこにゃんは見た目も可愛いですけど、性格や動きも見ていて面白いのですよ。延々Youtubeで動画を見ていました!(^^)!

    九州から滋賀まで車で行った時は死ぬかと思いましたけど、今ではいい思い出です(;^_^A

    2019年10月7日 11:50

  • ゆるキャラ、マスコットキャラ  前編へのコメント

    ゆるキャラ‼︎
    これで来るとは予想外でしたが、確かに物語に登場する癒し(可愛い)キャラ作りのヒントになりますね‼︎


    私は群馬県のぐんまちゃんが大好きでして、ぐんまちゃんグッズいくつか持っていますよ(о´∀`о)

    作者からの返信

    ぐんまちゃん可愛いですよね(*´▽`*)
    実はぐんまちゃんを最初見た時、リスと勘違いしちゃっていました。だけどよく見たら馬で、あのつぶらな瞳に癒されています。

    ゆるキャラグランプリで一位もとった事のある、実力はゆるキャラ。自分も応援しています!(^^)!

    2019年10月7日 11:48

  • 夏目友人帳へのコメント

    地元が舞台になっているアニメ、間違いなく嬉しいですね!

    地元の方々も応援している素敵な関係、憧れます……。

    夏目友人帳、観てみたいと思いました。ヽ(^o^)



    作者からの返信

    最初はタイトルだけどこかで聞いて、興味はなかったのですけど、地元が舞台と聞いて見始めました。
    素敵なお話で良かったです。アニメにも良し悪しがありますけど、きっと地元が舞台で無かったとしても、見たらハマっていた事でしょう(*´▽`*)

    2019年10月7日 00:39

  • 番外編 小学生の頃の作文へのコメント

    なるほどです!
    どうして、無月弟さんは女の子の気持ちが分かるのだろう?と疑問に思ってました。( ̄^ ̄)

    小学生の頃の私は、作文も感想文も書いていて楽しいと思った事がないので、原稿用紙10枚書けるということだけで尊敬していたと思います。

    作者からの返信

    昔から沢山の物語を考えていました。形にしたものは少なかったですけど、考えるのは好きでしたね!(^^)!
    最近は少女漫画を読むようになって、女の子の内面を書く勉強になっています。これでいいのかと悩みながらですけど、女の子の気持ちが分かると言ってもらえて嬉しいです(#^^#)

    感想文は書くのが苦手でしたけど、作文は書いているうちに長くなっていました。
    今も小説を書いていると、大抵当初の予定よりも長くなってしまいます(;^_^A

    2019年10月6日 00:44

  • 学校であった怖い話へのコメント

    無月弟さんは、怖がりではないのですね……。( ̄▽ ̄;)
    それなら、きっと、最強ホラー小説が書けるのでは?

    お兄さんと割り勘で好きな物が買えたのは、とても羨ましいです!

    作者からの返信

    ホラーは何作品か書いてきましたけど、未だにこのゲームとの壁は厚いと思っています。衝撃的な怖さを持つゲームでした(^_^;)

    割り勘で物が買えるのは、兄弟ならではの強みだと思っています!(^^)!

    2019年10月5日 03:31

  • 3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?へのコメント

    キャラクターは知ってましたが、そんな深い話のアニメだとは知りませんでした。

    朝霧小学校に出てくる動物達がとても可愛らしく描かれているのも、納得です!ヽ(^o^)

    作者からの返信

    子供向け商品のマスコットキャラのアニメとは思えないほど、濃厚な内容の話が多かったです。

    自分の動物好きの原点は、ここにあります。『三丁目のタマ』に触れていなかったら、チョコやタヌキも誕生したかどうか分かりません!(^^)!

    2019年10月4日 01:41

  • 君は春に目を醒ますへのコメント

    もう終わりとは名残惜しいです。

    作者からの返信

    もうすぐ完結ですけど、どうか最後までお付き合いくださいm(_ _)m

    2019年10月3日 14:28

  • 君は春に目を醒ますへのコメント

    コールドスリープ、きっと数年、数十年後には当たり前になってるんでしょうね。でもちょっと入るのが怖いです(笑)目覚めなかったらどうしようって。

    作者からの返信

    コールドスリープ。眠っている人の感覚では一晩の出来事なのでしょうけど、眠るまでが怖そうですね。

    昔見た漫画だったかドラマだったかで、コールドスリープの途中の事故で、体は眠ったままなのに意識だけが戻って、声も出せないので誰にも気づいてもらえないまま何年も過ごしたと言う話を見た記憶があります。もしそうなったらトラウマものです:;(∩´﹏`∩);:
    目覚めなかった時も、意図せず目覚めてしまった時も怖いですね((゚□゚;))

    2019年10月3日 12:56

  • 君は春に目を醒ますへのコメント

    コールドスリープ、色々とイメージが膨らみますよね。
    無月さんの書かれたような歳の差を生かした恋愛でもいいし、起きたら地球が変わってたみたいなのでもいいですよね。想像は無限大です。

    作者からの返信

    目を覚ましたら、そこは眠った時とは全く違う未来の地球。それもロマンがありますね!(^^)!
    同じコールドスリープした人や、その時代に生きる人と交流を深めていく。少し想像しただけで、物語が広がっていきます(≧∇≦)

    2019年10月3日 12:51

  • 君は春に目を醒ますへのコメント

    現在4巻まで出てるんですね。おもしろそうだしすぐ追いつけそうなので読んでみます(*´ω`*)♪

    『好き』と『書ける』は別ですよね。わたしはそのうちぐいぐい系男子も書いてみたいんですが、書ける気がしません(;・∀・)

    次回も楽しみにしてます(#^^#)

    作者からの返信

    こちらにも興味を持って下さってありがとうございます。今イチオシの作品です!(^^)!

    好きな物が書けたら。常々そう思いますけど、それができたら苦労しませんよね。自分も年上男子を書きたいのに、同い年か年下ばっかりになって。
    だけどやっぱりいつか、思い描く理想の作品を書いてみたいです!(^^)!

    2019年10月3日 12:48

  • 君は春に目を醒ますへのコメント


    これは電子書籍で気になったけど、手を出していない作品。紹介文で面白そうなんでポチっとしときましょう。


    最後の紹介ですもんね。長くなっても良いです。存分に僕らに紹介してください。

    作者からの返信

    元々作者の縞あさと先生の大ファンだったので、雑誌掲載以前から注目していた作品でした。今連載が続いている漫画の中でも、一番好きかもしれません!(^^)!

    最後の紹介は力を入れようと思い、その結果他のエピソードの倍くらいの長さになってしまいました(;^_^A
    どうか最後まで、お付き合いください<(_ _)>

    2019年10月3日 12:45

  • 君は春に目を醒ますへのコメント

    おおぉ、コールドスリープ!
    わたしの中では「7SEEDS」が印象的なのですが、「君は春に目を醒ます」も読んでみたくなりました。
    前編、中編、後編、外伝、なんでもありで、次回も楽しみにしておりますー!^-^

    作者からの返信

    「7SEEDS」、調べてみましたけど、壮大なスケールの物語ですね。こちらも読んでみたくなりました!(^^)!

    次回はもしかしたら、「これって作品?」と思うかもしれないものを紹介します(;^_^A

    2019年10月3日 12:42

  • 君は春に目を醒ますへのコメント

    時を巡る深い想いの物語って、すごく胸を打つものですよね。
    またまた未読で恐縮ですがf^_^;
    素敵な物語を教えてくださりありがとうございます。

    いえいえ、書きたいものは自由な形でいいと思いますよ〜(*^o^*)

    作者からの返信

    コールドスリープ以外にも、タイムスリップして昔の、もしくは未来のあの人に会うと言う展開は自分も好きです。感動する話が多いのですよね。『君は春に目を醒ます』も、毎回読んでいて心が震えています!(^^)!

    最後は二話構成。どうぞよろしくお願いします。

    2019年10月3日 12:39

  • 君は春に目を醒ますへのコメント

    コールドスリープってこれまであまり知らなかったのですが、題材によく用いられているのですね。
    次回、長くなっても気になさらず、思い切り書いていただけたらと思います。
    次回も楽しみにしています。

    作者からの返信

    コールドスリープはSFに使われることが多いですけど、現代を舞台とした恋愛もので使用すると言う発想に驚きました。

    次回のエピソードは……すみません、他のエピソードの二倍くらいの長さになってしまったので、やっぱり分けようかなと思っています。内容がちょっと特殊で、二つに分割してもキリが悪くならないかなと思ったので。
    どうか最後までお付き合いください<(_ _)>

    2019年10月3日 12:35

  • 君は春に目を醒ますへのコメント

    『君は春に目を醒ます』
    すごく読んでみたくなりました。
    年の差が埋まってしまう発想がすごいです。
    三角関係にもドキドキ要素が満載ですね。

    作者からの返信

    好きだけど、妹としてしか見てくれなかった、お兄ちゃんみたいな人。だけど歳の差が埋まって、距離が近づいて、今度こそ勇気を出してみる。そんな健気な姿を見ていると、応援したくなるのですよね(#^^#)
    毎回読んでいて、ドキドキしています( *´艸`)

    2019年10月3日 12:32

  • かちかち山へのコメント

    かちかち山に、そんな残酷な別バージョンがあるとは知りませんでした。

    骨になったお婆さんまで描かれているとは驚きです!

    子供は素直に受け取るので、異常性は感じられないのかもしれません。( ̄▽ ̄;)

    作者からの返信

    骨になったお婆さん。子供の頃は案外すんなり、そう言うものとして受け入れられました。ただ大人になって思い返してみると、よくあんなものを出版できたなと、驚くばかりです(^_^;)

    今は絵本にも沢山の規制がかかるようになっているので、今後目にする機会はさらに少なくなっていくと思いますけど、子供への影響云々は置いといとくとして、原初の話なのですから。何らかの形で、ちゃんと残って行ってほしいです。

    2019年10月3日 02:21

  • 図書館戦争シリーズへのコメント

    図書館戦争。
    本屋さんでタイトル買いした一作で、あまりの面白さに別冊まで一気読みしました(^-^;
    その後、漫画化や映像化されて、そうでしょ、そうでしょと自分のことのように鼻が高くなった記憶があります(汗)
    賛否両論も多かった作品ですが、私は大好きでしたねー^_^
    何が凄いって、ちゃんと階級に沿った階級章があったり、カミツレに込められた想いとか、その設定の細かさ!(あ、マニアックでごめんなさい汗)さすが元自衛隊員って感心&尊敬でした。
    そして、死闘を繰り広げる一方で、日常に戻ればピュアな恋愛に悩んでたりっていう、等身大のリアルさがいいんですよね。

    今回のエピソードタイトル見ただけで心が踊りましたー。
    ありがとうございます!

    作者からの返信

    図書館戦争は、設定が細かく作り込んでいますよね。それにありえない世界観なのに、図書の規制による世間の声がやけにリアルに思えました。

    死線を乗り越えた後はまた図書館業務と言うのは、最初読んだ時はビックリしましたけど、激しい戦いと和やかな日常を上手く合わせているから、人気作になったのでしょうね。
    これは多くのライトノベルでも、使われているやり方ですよね。でも高校生が秘密裏に戦っているのと違って、国家資格を持った人達が合法的に銃を撃ちまくって、普段の姿は図書館員と言うのは斬新です。高校生を図書館員にして、戦う相手を変えただけで、印象がガラリと変わるのだから面白いです(#^^#)

    図書館戦争シリーズは人気作で、多くの人に読まれていて、わざわざ自分が紹介しなくても良いかなとも思ったのですが、やっぱり好きな作品なので、取り上げてみました。
    エピソードタイトルを見て心が躍ったと言ってもらえて、とても嬉しいです(≧▽≦)

    2019年10月3日 02:17

  • 影響を受けた作品達へのコメント

    確かに、影響された作品があるから、描きたいという気持ちになったのかもしれません……。

    無月弟さんが、どんな作品から影響を受けられたのか楽しみです!(^-^)

    作者からの返信

    好きな作品があるから、自分も書いてみたいって思うようになるのですよね(*´▽`*)
    小説や漫画やゲーム。たくさん影響を受けました(≧▽≦)

    2019年10月2日 02:11

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    懐かしいです。
    赤川次郎の『吸血鬼はお年頃シリーズ』は学級文庫にありました。
    みんなが読んで本はもうボロボロでしたね。

    無月弟さんのエッセイをすごく楽しんで読まさせていただいていました。
    私は無月弟さんに影響を受けました。(*^^*)
    紹介された本を買って読みましたよ。
    終わってしまうなんて残念です。

    作者からの返信

    ボロボロになるまで読まれるだなんて、やっぱり愛されている作品はちがいますね。本についた傷や汚れは、より多くの人に読まれた証です!(^^)!

    影響を受けたと言っていただけてとても嬉しいです(#^^#)
    エッセイはもうすぐ終わりますけど、もしかしたらこっそり近況ノートで、この作品が面白かった、なんて書くかもしれません( ̄▽ ̄)

    2019年10月1日 11:51

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    吸血鬼! 影響された作品があったのですね。
    しかし、たくさんの本を読むというのは重要なことだと改めて思わされました。
    楽しく本を読むということ、作品を好きになるということを教えて頂きました。
    あと、2話楽しみにしております(≧▽≦)!

    作者からの返信

    この本を読むまで、吸血鬼は血を吸う事とコウモリに化けることしかイメージになかったのですけど、念力を使ったり超能力で火を起こしたりと、多種多彩な能力を見て驚いたのを覚えています。
    そしてコミカルな吸血鬼もありだと、この作品を読んで思えたのです(*´▽`)

    残り二話、どうか最後までお付き合いください。

    2019年10月1日 00:48

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    吸血鬼シリーズ、ほんの数冊しか読んでいませんでしたが、とても好きな作品でした。パパがいいんですよね。まだ続いているとか。また読んでみようかな。

    エッセイ、一区切りつけるのですね。毎回とても勉強になっておりました。最後まで応援させてくださいっ!!

    作者からの返信

    この作品ほど主人公のパパが活躍する小説も珍しいのではないでしょうか。
    現在もオレンジ文庫で刊行されていて、実は自分も最近はあまり読めてはいないのですが、好きなシリーズなのでまた読んでいきたいです!(^^)!

    エッセイは一区切りつけますけど、応援してもらえてとても嬉しいです(*´▽`)

    2019年9月30日 14:04

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    これ、コバルト文庫でも最初期のシリーズなんですよ。
    私も小学生の頃に読んだことがあります(この時点ですさまじい古さ)。
    今調べてみたら、まだ現役で37作も出てるとか。凄い!
    私が読んだのは最初の方だけでしたね。

    50話で終わりとのことで、残り少ないですが最後まで楽しみにしております。

    作者からの返信

    コバルト文庫でも初期の作品。長きに渡って愛されていることがわかりますね!(^^)!

    これだけ書いているのに、まだ新しい話が作れるなんて、赤川次郎先生の想像力の大きさがうかがえます。

    残すところ後二回。どうか最後までお付き合いくださいm(_ _)m

    2019年9月30日 14:02

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    吸血鬼、数作ですが読んだことあります!
    お友達のキャラもいいですよね、個性的で。赤川作品は読みやすいので、朝読で読んでました、それが吸血鬼のやつだった記憶が。英語の先生のおすすめで教室の後ろに置いてあったんですよ。

    って、あら! 
    そうですかー、こちらで知って読んだ作品、実はけっこうあるんですよー。
    でも、もう五十話とはっ。あっという間ですねぇ、紹介文って難しいですよね。
    私もちょっとだけ書いたことありますが、ネタバレも気にしつつで大変でしたよ。
    最後、どんな作品なのか楽しみに待っています。

    作者からの返信

    『吸血鬼はお年頃』は、友達のキャラも良いですよね。単なるモブキャラではなくて存在感があって、友達ポジションのキャラを描く上で参考になります!(^^)!
    教室の後ろにおいてあっただなんて、羨ましいです(*´▽`)

    このエッセイはもうすぐ終了しますけど、紹介しているうちに、自分はこの作品が好きなのだと改めて思うことがでました。
    ネタバレをしないように、だけど重要情報を伏せすぎたら面白いポイントが伝わらないので苦労しながら書いていましたけど、大変だけど楽しかったです(#^^#)

    2019年9月30日 13:57

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント


    クロロックとエリカの吸血鬼親子は個人的にはスーパーヒーローなイメージも持ってますね。超能力を使う所も楽しみなんですよね。表紙絵も好きですよ。一度読んだんですけど新しいカバーのやつ買っちゃいました。後ろのほうに初代イラストレーターさんのインタビュー乗ってましたんで。

    終わってしまうのは寂しいですけど好きな作品の魅力を紹介するのが難しいのもわかります。
    知らない作品もたくさん紹介してもらえて作品を見る窓口が広がって楽しかったです。残りの作品紹介も楽しみにしてますよ。

    作者からの返信

    クロロックとエリカがスーパーヒーロー、自分もそう思います!(^^)!
    犯人を見つけるだけじゃなくて、超能力を使って大立ち回りすることも多くて。こう言う探偵ものもありなのだと、衝撃を受けました。それまで読んでいたのが三毛猫ホームズだったので、主人公の戦闘力の差が激しかったですね(^_^;)

    レビューを書くときもそうですけど、自分の紹介でどれだけその作品の魅力が伝わるだろうかと、よく考えます。
    ストーリーやキャラクターを書いただけでは情報は伝わっても、どれだけ面白いと感じたかが伝わらないような気がして。かと言って感情的になりすぎると、肝心の話が見えてこないかもしれなくて。いつもバランスを考えていました。
    残りの二話でも、好きな作品を全力で紹介していきたいです(#^^#)

    2019年9月30日 13:53

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    このエッセイがあと少しで終わりだと思うと寂しさいっぱいですー!

    優しくて繊細でカッコイイ無月弟さんが影響を受けたという数々の作品、ご紹介文を読みながら毎回すごく納得でした。

    でも完結させて一区切りしたいというお気持ちもよーく分かります!
    50話まであと少し、最後までがんばってください。更新を楽しみにしておりますー!^-^

    作者からの返信

    いつも読んでくださってありがとうございます(#^^#)
    レビューを書くのが苦手なので、作品紹介は向いていないと思いつつも、それでも一人でも多くの人に知ってもらおうと思って始めたエッセイ。みんな感動を与えてくれた素敵な物語ばかりなので、読んでもらえて嬉しいです!(^^)!

    最後まで全力で、作品紹介を続けていきます(*´▽`)

    2019年9月30日 13:46

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    赤川次郎先生、ほとんど単発モノと言いますか、シリーズで読んだのはマザコン刑事くらいなんですよ。でも、これも面白そう。

    たしかにこの手のお話で父親が活躍するって少ないかもですね。だいたい海外出張とか、死別とか……。親になったいま思えば、海外出張なら何が何でも子どもも連れて行くと思うんですけど、まぁそれは良いです(笑)

    エッセイ、終わっちゃうんですね。寂しいです(´;ω;`)

    作者からの返信

    物語を書く上で、家族の存在って時々邪魔になるような気がします。あ、憎いとか嫌ってるとか言う意味じゃなくて、いたら話が描きにくくなると言う意味で(^_^;)

    海外にいる、死別している、家にいるけど空気。皆さんあの手この手を使って、親を排除している気がしますけど、この作品は違います。娘と父親のダブルヒーローみたいに思えました!(^^)!

    このエッセイは終わりますけど、どうか最後までお付き合いください。

    2019年9月30日 13:44

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    懐かしー。エリカパパ、好きです(*´艸`*)

    って、終わっちゃうんですね。さみしいです(´・ω・ `)

    このエッセイをきっかけに、素敵な作品とたくさん出会わせていただけました。最後まで楽しみにしています(´ー`*)

    作者からの返信

    高校生を主人公とした小説では、主人公の親は目立たないことが多いですけど、エリカパパは存在感が強かったですよね。ちょっとずれた所はありますけど、ヒーローのような存在でした!(^^)!

    作品紹介に限界を感じて、完結させることを決めましたけど、やっぱりちょっと名残惜しいです。残り二回で、終わる前にこれだけはと思う作品を、紹介していきたいです。

    2019年9月30日 13:40

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    《吸血鬼はお年頃》赤川次郎先生の作品では、《三毛猫ホームズ》シリーズと同じくらい、私の中では存在感がありますよ🍀


    50話で完結なのですね。
    更新を楽しみにしていた連載なので寂しいですけど、私が知らなかった(わからない作品についてはほぼ、コメントを控えさせて頂きました)素敵な物語を沢山教えて頂けたひと時をありがとうございます😊🌸

    作者からの返信

    『吸血鬼はお年頃』、コミカルなキャラクターが多くて、高校の頃楽しく読んでいました。自分も赤川次郎先生と聞いたら、この作品をすぐに思い出します。

    世の中には素敵な物語が溢れていて、少しでもそれを知ってもらいたいと思って書き始めたエッセイ。更新を楽しみにしていたと言ってもらえて嬉しいです(#^^#)

    2019年9月30日 13:35

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    いやいや、続けてこそですよ弟様。
    週1、月1でもよいので読ませていただけたら、、、。
    とはいえご事情もありますよね。
    名残惜しいですが、次回も楽しませていただきますね。

    作者からの返信

    毎回更新のたびに読んでくださってありがとうございます!(^^)!

    元々レビューを書くのが苦手なのに作品紹介エッセイを書き始めて、書いてて間違いなく楽しかったのですけど、キリの良いところで終わらせることにしました。
    残り二回、どうか最後までお付き合いくださいm(_ _)m

    2019年9月30日 13:32

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

     えー、そうなんですか。結構楽しみにしていたので、残念です。自分だったら絶対手に取らないような作品が紹介されていたので、新鮮でした。
     が、50話になるというのなら、結構な分量ですね。
     あとでもう一度チェックして、じっさいに読む作品を選択してみます。いくつかはもう決めてはあるのですが。

    作者からの返信

    コツコツ続けてきましたけど、気が付けばもうすぐ50話です。
    有名作品ばかりだと、わざわざ紹介しなくても皆さん知っているでしょうし、かと言って誰も知らないマイナー作品ばかりだと、分からなさ過ぎて面白くないかなと思いながら、紹介する作品を選んでいました。
    このエッセイを読んで、興味を持ってくれたのなら嬉しいです(#^^#)

    2019年9月30日 12:33

  • 吸血鬼はお年頃シリーズへのコメント

    おお、そうなんですね……。
    残念です(´・ω・`)

    特に、少女漫画とか女の子向け小説なんかは、選ぶ基準にさせていただいていたので……。

    でも、50話まであと少し。
    どんな作品が登場するか楽しみです。

    作者からの返信

    もっと書きたい気持ちもあるのですが。紹介したくても上手く書き表せない作品も多くて。
    例えば少女漫画や少女小説だけでなく、少年漫画も紹介したいって思ってのですが、『ワンピース』や『ドラゴンボール』は有名すぎて紹介し難かったり、激しい動きが売りのバトルものは、どこが良かったかを文章で表し難かったりしました。元々バトル描写を書くのが苦手でしたけど、それがここでも響いてしまったのです(;^_^A

    少女漫画や少女小説の方が書き易かったのですが、切が良いので50話で締める事にしました。
    あと少しですが、どうか最後までお付き合いください<(_ _)>

    2019年9月30日 12:30

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    僕はクリスマスは、ワムのラストクリスマスと槇原敬之ですね。
    同級生2という冬休みの間に、何人かの女の子を口説けるか?という
    パソコンのエロげーを槇原敬之の涙のクリスマスや北風君に届きますようにや
    冬が始まるよといったクリスマスソングに、
    君は僕の宝物に、ズル休みやさみしい気持ちなどといった、
    クリスマスとは、何の関係もない歌を聴きながら、
    槇原敬之は、クリスマスソング歌手だという勝手な思い込みで、
    槇原敬之のイメージは、冬に、クリスマスというイメージが、
    勝手に定着しました。
    クリスマスの時期に、槇原敬之の歌を聴きながら、住宅街を徘徊するという行為が、
    マイブームでした。

    作者からの返信

    何度も聞いているうちに、自分の中でイメージができる事ってありますよね。特にクリスマスは季節だけではなく明確なイベントですから、よりイメージを定着させやすかったのかもしれませんね!(^^)!

    クリスマスと関係無い槇原敬之さんの歌を聞いても、ついイメージしちゃうのは冬景色。でも冬になる度に思い出せるって事ですから、いいですね(*´▽`*)

    2019年9月28日 02:35

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    うたは心をひきつけますね。素敵な歌がたくさんありますよね。米津さんの打上花火が好きです

    作者からの返信

    打上花火も名曲ですね(^^♪
    歌を聴いているとイメージが膨らんで来て、創作意欲を掻き立てられますね!(^^)!

    2019年9月27日 12:15

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    山下達郎さんいいですよね。どの世代でも1位というのはすごいことですよね。10代の子たちも聞くのかな。
    季節は秋ですけど、秋の曲ってあんまり思い浮かばないです。youtubeで探してこよう。

    作者からの返信

    聞こうとしなくても、どこかで聞いて耳に残っているのかもしれませんね。この歌の場合、CMでよく耳にしていました!(^^)!

    秋の歌。自分も考えてみたのですけど、中々浮かびません。『ちいさい秋みつけた』、『真っ赤な秋』……童謡なら浮かぶのですけどね。
    これだと思えるような秋の歌、探してみたいですね。

    2019年9月26日 14:02

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    山下達郎さん強いですね。オール世代から愛されるとは、さすがです。JRのCM効果でしょうか?

    そして井上陽水さんの「少年時代」もよく聴きました。

    作者からの返信

    JRのCM、やっぱりそこが強みですね。耳と一緒に目でも印象に残っているので、強く刷り込まれたのかなって思います。もちろん歌も素敵です(^^)/

    『少年時代』は、大人になってからより好きになりました。幼少の頃を思い出しながら、懐かしい気持ちになりますね(*´▽`*)

    2019年9月26日 13:07

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    タツローのクリスマスイブは有名ですけど、ちょっと楽曲的にイマイチ好みじゃないですね。
    個人的に好きなのは稲垣淳一のクリスマスキャロルの頃にはとか、中山美穂の遠い街のどこかで(ハッピーメリークリスマス!ってやつ)とか布袋寅泰のMerry Christmas,Lonely Heartとか。
    90年代のミュージシャンはみんないい曲残してますね。

    作者からの返信

    『クリスマスキャロルの頃には』、これも強く耳に残っています(≧▽≦)
    歌って年代によって、イメージがありますよね。90年代の歌、今度Youtubeでたくさん聞いてみようと思います。忘れてしまっている懐かしい歌と、また会って昔を懐かしみたいです(*´▽`*)

    2019年9月26日 13:05

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    少年時代、姉がCDを買ってきたんですよ。最初に聞いた時は、井上陽水さんなんて正直おっちゃんだし、声も独特だし(むしろそれが良いんですけど)、って思ったのに、なぜか子どもの私でも好きになっちゃう不思議な曲でした。
    それから夏になると毎年のように流れますけど、いつ聞いてもじんわり来るような、色褪せない曲ですよね。
    しかも、風あざみや宵かがりって造語だったとは知りませんでした。昔から当たり前にあるようなそんな言葉をさらりと作れるセンスに脱帽です。

    作者からの返信

    子供の頃の自分は歌にほとんど興味が無くて、好きなアニメやドラマの主題歌くらいしか聞かなかったのですけど、なぜか『少年時代』は強く耳に残っていました。
    そして大人になってから思い出してみると、とても心に響くのですよね。

    風あざみや宵かがりが造語と聞いた時は驚きましたけど、それでも違和感を持つこと無く受け入れられていたのが凄いです。センスが無ければ、これはできませんね(^^♪

    2019年9月26日 13:01

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント


    少年時代はカラオケの定番ですね。確かに夏を代表する曲のひとつですね。原作漫画と映画も結構好きです。

    クリスマスには必ず街中に流れる定番ソングですからね。どの世代の耳にも慣れ親しんでるのでしょう。
    クリスマスソングを思いだそうとしたらJR東海のCMを思い出してしまいました。

    作者からの返信

    少年時代。子供の頃からどこかで聞いていたので、すっかり刷り込まれているのだと思います。原作漫画は読んだことがないのですけど、ストーリーは調べた事があって、いつかちゃんと見てみたいって思っています。

    JR東海のCM。アレがあったからみんなの印象に残ったのではと言う声もありました。歌ももちろん素敵ですけど、CMの力も偉大です(≧▽≦)

    2019年9月26日 12:58

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    夏の歌というと、わたしは曲そのものではなく、サザンやTUBEが浮かびます(*´∀`)♪

    井上陽水さんの造語、おもしろいですね! 言葉に対するセンスがすごい(*'∀'*)!!

    そしてクリスマス。全世代1位とは。これまたすごい。でもわたしもクリスマスソングといえば真っ先に『クリスマス・イブ』が浮かんできます。

    ……なんかわたし、すごいしか言ってない(笑)言葉のセンス磨きたいです(´∀`;)

    作者からの返信

    夏と言えばこのアーティストって言う方はいますよね。もちろん秋も冬も活動しているのですけど、やっぱり一番盛り上がるのは夏なのでしょう!(^^)!
    『クリスマス・イブ』真っ先に思い浮かびますけど、ここまでぶっちぎりとは、誰も思わなかったのではないでしょうか? 凄すぎます(≧▽≦)
    ……「凄い」は自分も、つい連発してしまっています。特にカクヨムのコメントや、コメント返信で(;^_^A

    名前を間違えると言うとんでもないミスをしていました。山下達郎さんごめんなさい(>_<)

    2019年9月26日 12:55

  • 三毛猫ホームズへのコメント

    赤川次郎さんの文体、そして物語は、老若男女誰もを受け入れる懐の深さがありますよね。憧れです。
    三毛猫ホームズシリーズも面白いですが、「二重奏」「ふたり」なども凄く好きです。

    作者からの返信

    「ふたり」は最初読んだ時、こう言う幽霊の描き方もあるのかと感銘を受けました(^^♪
    赤川次郎先生の作品は、今までに無かった発想で描かれているものが多くて、読むたびに勉強になっています!(^^)!

    2019年9月26日 12:52

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    『クリスマス・イブ』は時期になると街でも聞くような気がします。
    クリスマスは私にとってはただの平日ですけどね( ̄▽ ̄;)。
    ビックカメラのおもちゃ売り場のレジにお父さんサンタがたくさん並んでいて、心が震えた思い出があります。

    作者からの返信

    自分もクリスマスはただの平日です(;^_^A
    あ、でも次の日にケーキが安くなっていたら買います。クリスマスはケーキを食べるための日です。それにしたって一日遅れですけど(;´・ω・)

    それでも町に流れるクリスマスソングを聞くと、少しだけ気分が高揚するから不思議です。

    2019年9月26日 12:48

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    ハニワ好きとしては、『東京サマーセッション』『東京ウインターセッション』は外せません(キリッ)

    作者からの返信

    『東京サマーセッション』と、『東京ウインターセッション』、鉄板です(≧▽≦)
    この二つの歌詞を比べると、『東京サマーセッション』と比べて、『東京ウインターセッション』の方が皆積極的になっているのですよね。夏から冬にかけて仲が進展していて、聞いているだけでドキドキする歌です。
    春や秋も出してほしいですね(^^♪

    2019年9月26日 12:46

  • 夏の歌とクリスマスソングへのコメント

    【少年時代】は秋になり始めに聴きたい曲ですね。じんわりした気持ちになります。
    《風あざみ》が造語だとは‼︎

    造語といえば、柴崎コウさんの【影】という歌だったかな?
    《偽日》という歌詞があるんですけど、これは柴崎コウさんの造語だと聞いたことがあります。
    いつか私もインパクトある言葉を作りだしてみたいです‼︎


    そして近づいてくるクリスマス……山下達郎さんの歌は鉄板‼︎ですけれど、素敵なクリスマスソングばかりですよね😊🌸

    作者からの返信

    秋にも合いますね。「夏が過ぎ」と「寒い冬が」と歌詞にありますから、その間の空きも連想されます(^^)/
    《風あざみ》や《偽日》。これを思いついて、歌に取り入れられるのが凄いですよ。小説と違って、当然説明なんて書けないですけど、それでも不思議と聞いているだけで、頭の中にイメージが広がっていくのですから!(^^)!

    クリスマスソングは山下達郎さん以外にも素敵な歌が盛りだくさんですよね。個人的には松任谷由実さんの『恋人はサンタクロース』や、ややマイナーかもしれませんけど、松田聖子さんの『ウィンターガーデン』がよく浮かびます(^^♪

    2019年9月26日 12:43

  • 似鳥鶏先生 市立高校シリーズへのコメント

    このシリーズおもしろいですよね。他の日常ものと比べて、謎の見せ方が凝ってるというか、けっこうトリッキーなことをやってると思います。核心となるネタをうまいこと転がして、話を作ってる印象ですね。個人的に、伊神さんがいなくなっちゃう話が好きです。

    作者からの返信

    おお、市立高校シリーズをご存知でしたか!(^^)!
    このシリーズは毎回、話の作り方が上手だと思います。伊神さんがいたらすぐに解決しちゃうから、なかなか出てこなくて。だけど頻繁に名前が出て来るから、影が薄くならなくて。構成が本当にお見事です(^^♪

    好きなエピソードは、伊神さんがいなくなっちゃうお話ですか。どこへ消えたのか、そしてこのままではシリーズが終わってしまうのではないかと、ドキドキしました。
    自分は『昨日までの不思議校舎』が印象に残っています。最初に本屋で目に付いたのがこれだったので。ストーリーも今までの集大成のような作りで、つい、これで完結なのかと思ってしましました(^_^;)

    2019年9月26日 01:58

  • 放課後は喫茶店でへのコメント

    キャラクターに限らずですけど、苦手なものを自分が好きになれるようアレンジすることで、新しいものが生まれるんじゃないかと思うときがあります。苦手なものがあるってことはそれだけ可能性があるってことなのではないかと。実際にはなかなかそこまで思い切れないんですけどね。

    作者からの返信

    苦手なものを好きになれるようにアレンジですか。例えば幽霊が苦手でも、可愛い猫の幽霊にアレンジする、とか?

    今までに作ったことの無いキャラクターが生まれそうなので、チャレンジしてみる価値はありそうですね。作っていくうちに、苦手なものを克服できたらいいなあ(*'▽')

    2019年9月26日 01:47

  • となりのトトロへのコメント

    あー、うちの親もこういう人だったのでわかります。ジブリとディズニーだけが例外でした。その反動でオタクになっちゃうんですけど。
    ジブリだったら、大人になってから見た『思い出のマーニー』が一番好きかもしれません。幻想ミステリが好きなんです。

    作者からの返信

    見てはいけないって言われても、興味をもったら見たくなりますよね。普段見せてもらえなかったのなら尚更。親が厳しかったせいで反動でオタクになる人は、少なくないと思います。
    良い作品かどうかなんて見ないと分からないのですから、沢山の作品に触れるのは悪いことじゃないって思います。

    『思い出のマーニー』。あの不思議な雰囲気には、見ていて引き込まれました。幻想ミステリは、自分も好きです(*´▽`)

    2019年9月25日 13:59