ストーカー勇者に愛されすぎて

作者 日富美信吾

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全24話

更新

  1. 01*さて。今日の夕食時、食卓に上るのはいったいなんだろうかとか。
  2. 02*九死に一生を得た翌日の朝、俺は
  3. 03*休み時間になったら、俺は
  4. 04*放課後。商店街食べ歩きツアーにいくという真耶を見送った俺は、
  5. 05*俺はホリエスさんの言葉を反芻した。
  6. 06*あたたかい飲み物を持たされ、俺は再び
  7. 07*教室に入って自分の席に着き、
  8. 08*弁当を持ってきていなかったので、食堂で食べるつもりだった。
  9. 09*放課後、学校からの帰り道。俺の隣には美少女がいた。
  10. 10*表通りを一本入った細い路地に面した公園の前を
  11. 11*次の日。朝、家を出ると、村時さんが待っていた。
  12. 12*それからあっという間に時間は過ぎ、沙里緒さんと一緒に
  13. 13*ついにその日がやって来た。今日、俺は、
  14. 14*どうしよう。今日は一日、沙里緒さんと過ごすつもりだったから、
  15. 15*女の子が声をかけてきたのは、落とし物をしたらしく、
  16. 16*俺の命が惜しかったら、言うことを聞け。そんな無茶な命令に
  17. 17*沙里緒さんはディアタナスとの距離を一瞬にして無にすると、
  18. 18*沙里緒さんが聖剣を手放すと、ホリエスさんは光となって、
  19. 19*翌日、新しい一週間が始まった。いつものように目覚め、朝食を食べ、
  20. 20*放課後。生徒たちが作る独特の喧騒をBGMに
  21. 21*屋上を飛び出した俺は階段を駆け下り、廊下を突っ走る。
  22. 22*そんなホリエスさんが声をかけてきたものだから、俺は
  23. 23*沙里緒さんは遠い眼差しをして、語り始める。
  24. 24*お互いの気持ちを伝え合ったあの日を境に、