泳ぐのに邪魔なロングヘアー【2】



 私たちは、いつか来た川にまた来ている。



 いつもの冷たい岩に腰かける。

 足を川に浸す。



「絶対、後悔しない?」



 明日香が、また同じ質問を繰返す。

 私は同じように「しない」と答える。



「女の子の特権なのに、馬鹿だねえー、あんた。」



 呆れ顔であろう明日香の顔面は、カメラに支配されて表情はよく見えない。



 おしりの下に、ひんやりとした岩の感覚。

 でこぼこしている。


 足元には川の流れがひそやかにある。


 夏用の制服の薄さ。

 右手にハサミ。




 息を吸って吐く。

 吐きすぎて軽い眩暈。


 足の親指にぐっと力を入れて、これは飛び込み台の上の緊張と似ているなと思う。



 耳元で、じゃきっという小気味よい音と同時に、耳慣れたジシャーっというシャッター音。




「あぁーあ。もったいない。」



 明日香が、カメラを顔面からはがして言う。

 本当に残念そう。



「撮った写真、見せて。」



 川から出て、覗き込む。


 明日香の持つカメラの小さい液晶に写る私。


 斜めに首を傾げて、長い髪を今まさにハサミで切り落としたところが写っている。

 もちろん顔は写っていない。



 私は見て、満足する。



「ひどい髪型。」



 呆れ顔の明日香。


 私の頭皮はもう痛くなくて、とても軽い。



「はい、変な髪型の君にプレゼント。」



 封筒に入ったそれは、写真で、サボテンの群れと私の一部を写したものだった。






 そうだ、私は明日香に話したかったんだ。


 妹がサボテンに突っ込んだこと。

 サボテンの群れと呼んでいること。

 それを立ち止まって見てしまうこと。



 マニキュアのこと。

 洗濯機のこと。

 保健室のこと。

 着衣水泳のこと。

 プールバックのこと。




 女が面倒だと言いながら明日香のことが気に入っていること。






 全部、今日、話してしまおう。

 幸い、夏の日が暮れるのは、遅いのだから。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます