水中の曖昧世界【2】



 次の日も、昨日と似たような一日が始まる。



 ホームルーム。

 先生の伝達事項は特になくてお開きになる。


 立ち上がって友達の所にいく子、ロッカーに教科書や辞書を置きに行く子、予習を写させてもらっている子、机に伏せている子。


 いつもと同じ。



 みんな、もう知っているだろうか。

 私が透明人間になったこと。


 知らないのなら私はまだ完全な透明人間ではないのかもしれない。


 でも、陽子たちは目立つし、きっとみんなに知れている。

 私はどうあがいても透明人間には変わりないか。




 二時間目の体育は、保健室に行ってサボることにした。



 水泳の授業はもう終わったから、きっと「自由時間」。


 教室が体育館に丸ごと移動して、一時間の休憩をもらったようになるだけだ。

 好き勝手に体育館でスポーツをして良いことになっている。


 私は、ひとりぽつんとするだけだろう。

 広くて大きい体育館で、机と言う隠れ家もなく、ぽつんと佇むか、壁際に座ってみんなの笑顔を眺めるか。

 苦痛すぎる。




 保健室に行くと、ドアに「職員室にいます」という札がかかっていた。

 ためしにドアを引くとピクリともしなかった。


 なんだか何もかもめんどくさくなって、保健室の前の廊下に座り込む。

 おしりに廊下の木の冷たい感触。


 目を瞑る。


 セミの声、遠い喧噪、車の石をはじく音。



 ぎゅっと生徒が詰められた校舎。

 私もその一員のはずなのに、ひとりなんだなと思う。



「つらいなあ。」



 ひとり呟いて、つらいのかと思う。





 膝を抱えて、ひたいを膝につける。

 そのまま目を瞑って、少し眠ってしまおう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます