まわる洗濯機【3】

「こないだのあれさ、どう思う?」



 千紘が、隠しきれなかった笑みを、口の端に置きっぱなしにして言う。

 悪い言い方。


「なあに?何のこと。」


 私も聞きたかったけど、なんとなく怖くて言えなかった質問を、実花がいとも簡単にしてしまう。


「こないだの、飛び込みの時のあいつ。ありえなかったと思わない?」


 もう隠しきれなくなった笑みを全面に押し出して、千紘が目配せする。

 目線の先には、クラスメイト。

 仲良くもないし悪くもない。本当にただのクラスメイト。


 彼女は、水泳の授業のとき、「飛び込み台」の上で怖くなって泣いてしまったのだ。


「ああ、わかる。あれはすごいぶりっこだった。『むりー、こわーい、私、やだー。』ってやつでしょ。」


 興味なさそうに、でもきちんと悪口で、実花の言い方は完璧だった。


「去年も飛び込み台の上で泣いて、最後の最後まであいつだけ飛ばなかったでしょ。あれで、体育の単位もらえるって、どうよ。」

「ない でしょ。」

「わかる。ない よね」


 共感は女子の潤滑油だ。

 私たちは、できるだけ多くの「わかる」を集めなくてはいけない。

 からっぽで、反射で言っているだけの「わかる」だと理解していても。



 悪口は、必須アイテムだ。

 ぽんと放り込んだ悪口に、誰かが「分かる」と言って、受け止める。

 悪口は、本気度を増して、憎しみや怒りを生む。

 憎しみや怒りは、共感のための、一番の近道だ。

 悪口で、共感を確認する。強める。


 私の仲間のあなたも、そう思うよね。私と同じでしょ、と。

 私たちは、同じでないとだめなのだ。



「女子校でぶりっこするって、なんなの。あの体育教師にでも色目使ってんのかな。で、単位もらおうって魂胆なんだろうね。」



 私は、脳を介さず、「わかる」と返事をする。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます