みんな並んで準備体操【2】



「適当なことばかり言わないで。」




 自分の発した声が震えていた。



 目の周りが痺れた。

 血が足りない時のように、チリチリ焼け付く。


 耳が、両方一斉にわーんと鳴りだして困惑する。


 唇の血流が良くなったように、突き出す感覚に襲われる。



「え、やだ、どうしたの。」



 千紘のおろおろする声がする。

 少し笑みが含まれている。



「大丈夫だって!レズじゃないよ!そんなに嫌だったのー?」



 そんなんじゃない。


 心がじゅくじゅくになっている。



「やだ、もう!泣かないでよ。」



 陽子と実花も笑っている。

 言われて、私は泣いているのだと気が付く。



 泣き止みたくて、

 ちょっとー、と言って笑いながら差し出された紙ナプキンごと、

 テーブルをどんと叩く。


 肘を張って、手首の上のあたりで思いっきり叩いたので、思ったより大きい音がする。




 千紘が黙る。

 陽子も実花も笑うのをやめる。





 心のどこかが、あぁーあと言う。

 理性だろうか。





「明日香のこと何にも知らないくせに。」




「は?あんたどうしちゃったの?」


 心なしか、ファミレス全体がしんとする。



「なに?私たちは、あんたのこと考えて言ってんじゃん。」



 テーブルの上でこぶしを握る。

 息をつく。



「友達面しないでよ。」



 吐く息がそろそろとふるえる。


 黙っていた陽子が口を開く。






「あんた、馬鹿なんじゃないの?」



 陽子の言葉にすっとお腹の底が冷える。



「立場考えたら?

あんた、私たちが、わざわざ拾ってあげたんだからね?」



 わざわざ拾ってあげたんだからね。




 脳が一気に冷却され、思考が落ち着いていく。



 馬鹿だ。私。



 私は、人数合わせだ。分かっていた。


 ひとりぼっちの寂しさより、人数合わせの寂しさをとったのは私だ。



 でも、寂しいなら、どちらも寂しいなら、同じじゃないかとはじめて気付く。








 陸の上の慣れた準備体操は終わった。



 みんなそろって、屈伸、腕伸ばし、首を回して、ジャンプ、柔軟、深呼吸。

 みんなできる。

 みんな同じ。





 いざ、水に入る。

 そこからは個人の作業だ。


 視界も、音も、感覚も全て自分のもの、自分次第。

 ある意味解放されて自由、そして孤独。






 あぁ、独りだ、と思う。




 プールの中と同じだと思えば、少しは楽だろうか。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます