お揃いのプールバッグ

お揃いのプールバッグ【1】


 本当に良いの、と母に念押しされた。

 私が、良い、と言った。




「ぶっちゃけ、目障りじゃない?」


 お皿に残った、甘い人参をつつきながら陽子が唐突に言う。


 場所はいつものファミレス。

 紙ナプキンで、ツルを折っていた私はびくんとする。


 陽子以外の三人が次の言葉を待つ。


「あのぶりっこ。癇に障らない?」


 陽子が言うのは、プールの飛び込みを嫌がったクラスメイトのことである。

 近頃、陽子はことあるごとにあの子の悪口を言う。


 ストローの入っていた紙をきれいに折りたたんでいた実花が、「そうかも」と答える。「そうかも」なんて曖昧な言葉じゃ陽子は満足しない。


「実花は、嫌じゃないの?あの子、なんでも他人のマネ、するんだって。」


 他人のマネの「マネ」のところを少し大きく発音して陽子は悪口を続ける。


「例えば?」


 千紘が、アイスティーのなくなったコップを傾けて氷だけ食べながら聞く。


「あいつといつも一緒にいるあの地味な子いるじゃん?あの子が、二人で遊んだ時に着てたワンピース、可愛いからってあいつも同じの買って、わざわざ学校に持ってきたんだって。」


 きもくない?と付け加えて、目を吊り上げる。


「うわー、それやだわ。」


 服とかネイルとかそういうものに、こだわりがある千紘。

 自分がマネされることを想像したようで、陽子にとって満点に近い回答が出来た。


「マネってなんか嫌だよね。私だけ頭使って、マネした奴は頭使ってないから。」


 折って小さくなったストローの紙を灰皿に投げ込みながら実花が言う。

 彼女は本当に後のフォローがうまい。

 陽子が何を言ったら喜ぶか、あるいは黙るか分っている。


 私は、実花のように何もかも分かるわけじゃないけれど、分ってもフォローしたくない。

 どうして私が言ってあげなくちゃいけないのだろう。

 そんな見え透いた問いに、用意された回答。


 たかだか、ワンピースひとつ。

 ワンピースは、この世でたった一つの特別なものなんかじゃない。

 大量生産された、「可愛い!私も買おう!」と思った瞬間に誰でもすぐ買えてしまうようなモノだ。

 あの子と、その友達の地味なあの子以外にも、そのワンピースを持つ人はたくさんいるのだ。

 そのようなものを、マネした、マネしてない、なんてどうでも良くないか。

 しかも、マネされたとかどうとかの感情を揺さぶられたのは、地味なあの子だけ。

 陽子じゃない。



 「みんなと一緒」じゃないと不安なくせに。

 同じような気持ち、考え、行動、服装、髪型。

 少しでもズレると強く不安を感じるのは、いつだって陽子だ。




 だから、私たちに「あの子のことが嫌い」という認識を共通のものにしようと必死なんでしょう。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます