プール前の保健室【2】


「先生、適当に寝ますね。」


 聞き覚えのある声を四角い天井が吸収できず、聞く。


 気になって、起き上がって右側のカーテンを少し開いた。


「あ、」

「あれ、サボり?」


 隣のベッドには、体調の悪そうでない明日香がいた。

 





 明日香は、少し変わった写真家だ。


 被写体は、「女子校生」限定。


 しかし、顔は写さない。

 だから、正確には「女子高生の一部」と何か、が彼女の唯一の被写体なのだそうだ。




 サボテンの群れと私の一部の写真を見せてくれた時、「ついで」と言って、他の写真も見せながら説明してくれた。



 赤い郵便ポストと細い腕。セーラー服の袖口までが写っていて、今まさにはがきを投函するところだろうか。


 電車のホームの黄色のブロックとローファーと白靴下。


 錆びたフェンスを握る指輪のはまった女の子の手。ブレザーの袖口と舞い上がったスカートも写っている。




 どう反応して言いのか分らない。


「引いてるね。良いね。すごく良い。」


 明日香は、ただ嬉しそうに苦笑いの私を見て言う。


 良いね、と口の中で呟きながら、明日香は、自分の撮った写真を見る。

 さっきまでの怯えた猫はどこへやら。

 自信とおかしな雰囲気をまとっている。



「変わってるね」

「よく言われる」


 にっこり明日香が微笑む。

 嫌味のない良い笑顔だ。


 無邪気さにどきりとして、唾を飲み込む。



「あのさ…、人に変だって思われたり、人と違うことをするって嫌じゃないの」


 笑顔につられて思った言葉を口にする。


 私は。

 私には、無理だ。


 サボテンの群れの前で、向き合ったまま明日香は、ぽつりと答える。


「私は、たぶんわがままでナルシストなのかも」


 首からかけたカメラを大事そうに見つめて、明日香は続けて言う。


「みんなと同じように、自分のために自分の一番大切にしてるものを選んでるの。それが他人と違う。それだけだよ」





 明日香の言葉に、私はヒリヒリした。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます