epilogue

<part :number=04:title=座談会を終えて/>

ななせ「全ての『座談会』が無事に終了しました! みなさん、おつかれさまです。この企画に参加してくださった作者のみなさん、そして、ここまで付き合って下さった読者のみなさん――本当にありがとうございます」


七瀬 「計35作品、34名の作者による〈カクヨム計劃トリビュート/〉だけど、初めに想像してたよりもだいぶ大きな企画に――そして、賑やかな企画になって嬉しい限りだね」


N氏 「うむ。当初は5~6名の参加だと思っていたのだが――蓋を開けてみれば予想とは大きく違ったな」


ななせ「まぁ、5~6名はかなり少なく見積もってましたけど、10作くらいは集まるんじゃないかなあと期待はしていました! しかし、35作品は予想外でしたね、当初は作者さんの別作品も読んで、『座談会』ももう少し書き込もうと思っていたのですが、これだけ作品が集まってしまうとなかなか難しかったですね」


N氏 「伊藤計劃氏のネームバリューを侮っていたということだな」


ななせ「ですね。『虐殺器官』も上映中ですし、『トリビュート企画』自体が一度は参加してみたいと思わせる夢の企画なこともあってか、初めましての作者さんだけではなく――わざわざ『カクヨム』のアカウントをつくってまで参加してくれる作者さんまで! まだまだ、伊藤計劃熱は冷めないといった感じですね」


七瀬 「そうだね!」


ななせ「そして、ここからは企画の『まとめ』というか――『編集後記』的な『名状しがたいなにか』を行おうと思います」


七瀬 「なんだか要領をえないなあ……」


ななせ「まぁまぁ。まずは、全35作品の『一覧』と、作品の特徴を『タグ』っぽい感じでまとめてみました! 作品の『全カタログ』になっていますので、次のページでご確認ください!」


七瀬 「これを見れば、今回どんな作品が集まってのか一発で分かっちゃうんだよ~!!」


N氏 「ちぇ~けら~!」



</body>

</etml>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料