異世界トリップしたんですが私ではなく彼のほうがチート気味です。

ゆずりは

1:猫かぶりな美少女

 桐谷高校は入学するためにそれなりの偏差値が必要とされる都内有数の進学校である。

 現在の生徒数は904名、各学年は10クラス――つまり、1クラスの生徒数は30人前後。部活よりも学業重視、トップクラスの生徒は多くの進学校の例に漏れず有名大学へ進学するのだが、今年の新入生は特に頭の良い生徒が多いと教員も喜んでいた。

 そして、今年度入学した『頭の良い生徒』のうち女子筆頭として挙げられるのが、桜並木の道を歩く黒髪の美少女だった。

 時刻は八時十五分、登校するには少し早い時間。

 学び舎に続くなだらかな上り坂を彼女は他の生徒に混じって歩いていた。

 身長は女子にしては少し高めの162センチ。

 春の暖かな太陽の日差しを受けて浮かび上がる天使の輪。

 腰まで届く艶やかなストレートの黒髪。

 きっちりと着込まれたブレザーの制服。

 側頭部に結わえられた白いリボンがいかにも優等生然とした彼女の清楚な印象をさらに強くする。

 柔らかな睫に守られた大きな双眸。白くしなやかに伸びる細い肢体。大きすぎず小さすぎず、ごく平均的なサイズの胸。彼女は『学校で一番可愛い女生徒』と上級生どころか教員の間でも噂になっていた。

 ひらひらと桜が舞い散る。幻想的な風景の中を歩く美少女の姿は、道行く人々の目を釘付けにした。不意に吹き抜けた風に彼女がそっと髪を押さえる。

 その仕草にほうっと同性からもため息が漏れた。

「お、おはよう、立花さんっ」

 後方を歩いていた小柄で太めの男子生徒が、坂の中盤に差しかかったあたりで彼女に近づいた。彼女は黒髪を軽く揺らして振り返る。

 顔を赤らめて、いかにも勇気を振り絞りました、という様子の彼に、

「おはよう佐藤くん」

 彼女は動じる様子もなく微笑む。

 男子生徒が驚いたように目を丸くした。

「ぼ、僕の名前知ってるの? 隣のクラスなのに」

 ちなみに制服には名札がない。個人情報保護法や個人を特定した犯罪被害防止のため、小学生や中学生でも名札をつけることがなくなったのだ。

「うん。同じ学年の生徒の名前は覚えたから」

 事も無げに美少女は言ってのけた。お互い入学してまだ一週間しか経っていない。彼女の脅威の記憶力に周囲からどよめきがあがり、男子生徒は感服したように口を半開きにした。

「友達に聞いたんだけど、今日、あなたのクラスは数学の小テストがあるのよね。勉強はした?」

「う、うん、一応ね。でも数学は苦手だから自信はないけど……あの、た、立花さん」

「はい」

 高嶺の花を前にして、男子生徒は挙動不審だ。それでも美少女は笑顔のまま応対している。度量の深さがよくわかる出来事だった。

「立花さんは数学得意だったよね。もし良かったら、今度教えてくれない、かな」

 この発言には男子生徒が殺気だった。

 あの野郎なに抜け駆けしてんだという凶悪なオーラがあちこちで渦を巻く。

「いいよ。都合が良い日を教えてくれるかな」

「ええっ、本当に!? 都合が悪い日なんてないです! あるわけがないです!!」

 男子生徒はすっかり舞い上がり、折れてしまうのを心配してしまうほどに激しく首を振った。

「ふふ。じゃあ、明日の放課後なんてどうかな。私のクラスまで来てくれる?」

「はいはいはい!! 行きます全力で伺います!!」

「俺も俺もいいですか!?」

 遠巻きに見ていた男子生徒が数人駆け寄って便乗してきた。

 それに気分を害するそぶりもなく、美少女は頷いた。

「うん、どうぞ。わからない問題をピックアップしておいてね。それじゃあ、教室で友達が待ってるから、またね」

 にこやかにそう言って、颯爽とその場を後にする美少女。風に吹かれて黒髪がひらひらと踊る。

 後に残された生徒たちは口々に彼女を褒め称えた。

「シャンプーかな? 香水かな? いい香りがしたぁ……」

「なに浸ってんだこの野郎、学校のマドンナに抜け駆けしてんじゃねえ!!」

「てめえ後で体育館裏に来い〆てやる!!」

「ひぃぃぃ!?」

「すげえな立花さん。学年全員の名前を覚えてるなんて。俺なんて同じクラスの奴さえまだ覚えきれてねーよ。さすが才女」

「容姿も成績も非の打ち所がないよねぇ」

「スポーツも万能らしいよ」

「マジで? もう完璧じゃん。天が二物も三物も与えてしまったんだな……」

 そして、囁かれるそれらの言葉を背中に受けた美少女は。


「……か・い・か・ん」


 美少女という言葉を撤回したくなるくらいの、顔面崩壊に等しいニヤけた笑顔を浮かべていたのだが、もちろん彼らが知る由もなかった。



 その出来事から約三ヵ月後、7月の半ば。

 雨の降る夏の日に、少女は窓の外を眺めていた。

 無数の雫が天から降り注ぐ。世界の輪郭が霞み、些細な雑音も雨が飲み込んで、聴覚は一定のノイズに包まれる。

 この感覚は結構好きだ。出かけるときには傘が必要になって煩わしく思うときもあるけれど、窓の内側から眺めている分には良い。

 立花希咲たちばなきさきは頬杖をついて、運動場に降る雨を眺めていた。登校してから着席してずっと、飽くことなく。

 長く艶やかな髪を垂らした少女が雨を見つめ、静かに物思いに耽っている。

 その様は絵になるらしく、後ろの席に屯している男子たちの密やかな囁き声が聞こえてきた。

「……美人だよなー、立花さんって」

「長い黒髪に大きな目。やまとなでしこっていうのは彼女を差すんだろうな」

 あくまで頬杖をついた姿勢ポーズを崩さないまま――ぴくりと膝に置かれた手が動いたことに男子たちが気づいたかどうか。

(……ふふ、そうでしょうそうでしょう。もっと褒めて。私はそのために死ぬほど努力してるんだから)

 彼らがほめてくれた髪は、毎日洗う前に丁寧に櫛を通している。シャワーの温度は40度と決まっているし、あがった後のタオルドライは念入りに行う。ドライヤーの前にツバキ油の塗り込みは必須だし、寝起きのブラッシングは髪を傷めないように霧吹きまでかけるのだ。

 一重しかなかったまぶただって日々の地道なマッサージによって二重を作り上げた。彼らは鏡に向かって何度も目を大きく見開く練習を重ね、優しく微笑みかける希咲の姿など想像すらできないだろう。

 字が綺麗だねと褒められるが、テキスト片手に腱鞘炎になるほど練習したのだ。

 運動会の花形競技、選抜リレーに選ばれるために体力テストの一週間前から走りこんでいたことも誰も知らない。

 希咲は決して天才ではない。

 並々ならぬ努力の末にそう見せかけているだけの凡人なのだ。

(そうよ――人は努力の過程なんか見ない。結果が物を言うのよ!)

 その結果としての羨望の眼差しを受けて、希咲はご満悦だった。褒められるのは快感だ。済ました顔で窓の外を見つめながらも、つい頬が緩んでしまいそうになる。

「頭もいいし、運動もできるし、凄いよなぁ」

「まさに才女だよな」

「でも、笠置には負けるけど」

 びしッ!!

 その瞬間、希咲の優越感には大きな亀裂が入った。

(笠置……ッ)

 握った拳がふるふると震える。彼らが言う笠置とは、クラスメイトの男子のことだ。いつも自信がなさそうに、黒縁眼鏡をかけた顔を伏せている。

 クラスに一人はいそうな、地味な眼鏡キャラの癖に、頭だけは並外れて良い。

 希咲は入学式で、新入生代表として挨拶するのは当然のように自分だと思っていた。

 壇上で優雅に微笑んで全校生徒に自分を印象付け、華々しく高校デビューを飾り、皆からちやほやされる……はずが、壇上にのぼったのは冴えない眼鏡だった。

 呆然としてしまって、彼がどんな挨拶をして、なんと名乗ったのかは覚えていない。

 でも、彼が同じクラスだと知って、無理やりに平静を装った。椅子に貼られたシールの『笠置』という文字を見て、希咲は友好的な笑顔で挨拶した。

「カサオキくんって頭良いんだね!」

「俺の名前、カサオキじゃなくてカサギっていうんだけど」

 その瞬間、沸き起こった周囲の失笑を、希咲は一生忘れられないだろう。立花さんって天然、と他のクラスメイトから笑われたのだ。笑われたのだ!! 穴があったら入りたいというかもう埋まらせてくださいお願いしますと土下座したくなった。ありえないミスだった。

 これもすべてがあいつがややこしい名字だからだ。

 ともかく、思い描いていた『素敵な高校生活~入学編~』のシナリオは初日で崩壊した。

 しかも屈辱を晴らすべく必死で頑張った一学期の中間テストもあいつに負けた。

 中学時代、常に学年トップだったことは希咲の自慢なのに、初めて2位に転落した。順位表で自分の上に誰かの名前がある――これ以上の屈辱はなかった。

(私は必死で勉強してるのに……)

 家に帰ったら、予習、復習。テスト前日は前髪はヘアーバンドで全部あげて、後ろ髪もくくり、打倒笠置を掲げて眠気覚ましのコーヒーを啜りながら猛勉強。

 それなのに、あいつはいつも希咲の上を行く。

 目の上のたんこぶ。まさに宿敵!

「あいつ地味なくせに頭だけはいいよなぁ」

「なんか、一度見たら覚えられるんだって。写真記憶だっけ? 写真を撮ったみたいに、教科書を『文』じゃなくて『面』で覚えてるんだよ。だから必要とあれば頭の中でページをめくればいいんだとさ。おれら凡人には無理な覚え方だよなー」

 あはははは。

 彼らは笑いあって、話題を別のものへと変えた。今週のジャンプがどうだの、流行のアニメがどうだの。

(……くそう、笠置め。あいつがいなければ私はこの学校でもナンバーワンだったのに……女王の如く皆から傅かれ、褒められ、讃えられたのに……っあいつのせいで私のプライドはずたずただわ!!)

 膝に置かれた手が引き絞られ、スカートに小さく皺が寄った。と、そのとき。

「希咲、おはよう」

 友達の吉岡理緒よしおかりおが歩み寄ってきた。

「あら、理緒。おはよう」

 希咲は頬杖を解いて背筋を伸ばし、優雅な微笑を浮かべてみせた。その所作を遠巻きに見ていた男子が惚けるほどの完璧な笑顔。

 しかし理緒は失礼なことにぶっ、と噴き出して、小声で警告してきた。

「顔面筋肉痛みたいな顔してたよ? いけませんよお、男子生徒の憧れの的がそんな顔しちゃあ。気品溢れるやまとなでしこが台無しよ」

 彼女は中学時代からの親友だった。中学校では生徒会長を務め、皆から羨望の眼差しを浴びていた品行方正な『立花希咲』は並々ならぬ努力で作られた偽りの姿だと知る唯一の人物だ。

 夕方のタイムセールで卵を買うために付き合ってもらったこともある。並み居るおばちゃんの群れを掻き分け、本日の激安商品を幾度となく入手できたのも彼女の協力があってこそだった。目玉の激安商品は基本的に1人1品までである。

「忠告どうも」

 希咲も笑顔を維持したまま、決して男子生徒には聞こえない声量で答えた。

「今日だもんね、一学期末の実力テストの総合結果が出るの。また笠置くんに負けるから憂鬱なの?」

「別にそんなんじゃないわよ。というか、負けると決まったわけじゃないでしょ、結果が出る前から決め付けないで」

 希咲は軽く睨みつけてから、ふふんと笑ってみせた。

「それにね、今回は自信があるの。聞いて驚きなさいよ、世界史も古文も数学も満点。間違えたのは化学の1問、つまり失点は全教科で2点だけ! 前回のテスト、あいつは失点7だったわ。つまり今回こそは私がトップ……」

「おお、今回も笠置がトップかー。全教科満点ってお前、どういう頭してんだよ」

「いや、たまたまだよ」

「謙遜するなよー。いやー、惜しかったなー立花さん」

「~~~~~!?」

 クラスの後ろから聞こえてきた声に、希咲は愕然と振り返った。

 この学校ではプライバシーが問題となる現代には珍しく、実力テストの結果が学年の上位100名まで掲示板に張り出される。

 いつの間にか教師がやってきて張っていったらしく、皆がわらわらと掲示に群がって騒いでいるが、希咲は確かめようとは思わなかった。

 クラスメイトの数人が気遣わしげにこちらを見ていれば、嫌でもさっきのやり取りは真実だとわかってしまう。

(全教科満点……だと……!? そんな怪物じみた結果を出せる人間が存在するのは漫画の中だけだと思ってたのに)

 呆然と今回も1位の座に輝いた人物を見る。

 眼鏡の奥の目と視線が合うと、彼はなんだか申し訳なさそうに顔を伏せて、自分の席に戻ってしまった。

 彼は目立つことが嫌いらしく、いつも個性を消して『クラスメイトその1』の端役に収まっている。同窓会で『そんな人いたっけ?』と聞かれる人間の典型だと思う。

「……今回も残念だったみたいだねー」

 ぽん、と理緒が肩を叩いてきたが、なんの慰めにもならなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます