鍋奉行に必要な、たったひとつのこと

作者 三衣 千月

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全25話

更新

  1. 第1話-1 再会した元彼が居候を申し出た日のこと
  2. 第1話-2 再会した元彼が居候を申し出た日のこと
  3. 第1話-3 再会した元彼が居候を申し出た日のこと
  4. 第2話‐1 日々の生活に鍋師がいるということ
  5. 第2話‐2 日々の生活に鍋師がいるということ
  6. 第2話‐3 日々の生活に鍋師がいるということ
  7. 第2話‐4 日々の生活に鍋師がいるということ
  8. 閑話 天狗の子孫だと嘯く男、琴科の休日
  9. 第3話-1 追憶の夢を見た日のこと
  10. 第3話-2 追憶の夢を見た日のこと
  11. 第3話-3 追憶の夢を見た日のこと
  12. 第3話-4 追憶の夢を見た日のこと
  13. 第3話-5 追憶の夢を見た日のこと
  14. 閑話 歓迎会後、Barで。思い出を待つ。
  15. 第4話-1 鍋師の作法を見た日のこと
  16. 第4話-2 鍋師の作法を見た日のこと
  17. 第5話-1 後輩のデートを覗きに行った日のこと
  18. 第5話-2 後輩のデートを覗きに行った日のこと
  19. 第5話-3 後輩のデートを覗きに行った日のこと
  20. 第6話-1 居候が消えた日のこと
  21. 第6話-2 居候が消えた日のこと
  22. 第6話-3 居候が消えた日のこと
  23. 第7話-1 鍋師として、鍋を披露するということ
  24. 第7話-2 鍋師として、鍋を披露するということ
  25. 終話 鍋奉行に必要な、たったひとつのこと