‪ミステリィ・イズ・ノット・イナフ〜ミステリィとモード系好き低身長女子と、感情豊かな後輩くん〜‬

作者 斉賀 朗数

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全21話

更新

  1. 古典推理小説愛好者の集いへの招待
  2. 二一一八年
  3. 六月二九日の一七時のご都合はいかがかしら?
  4. 行きます行きます行かせてください!!
  5. 旧阿嵩久里須邸へようこそ
  6. 胸なんて無いでしょ、先輩には
  7. オオサンショウウオは良いんだよー
  8. 開宴
  9. 気軽にジャックっていうてくれたらええから
  10. これただのカプレーゼじゃないね
  11. どこの馬の骨か知れない相手なんですのよ!
  12. 先輩、なんかにおいませんか?
  13. Mの悲劇
  14. 先輩。ちょっと、みんな変じゃないですか?
  15. なんだか、プロポーズみたいですね、今の台詞
  16. 政治の闇
  17. ミステリィにおいて定石といえますよね
  18. 面白いとは思うけどかなりの極論やな
  19. オキノ、鎮まりてあれかし
  20. 俺じゃない! 俺はやってない……
  21. 僕は君たちに殺されましょう
  22. 私生活補助労働機はオートマタの夢を見るか
  23. ごめんなさい、エトーさん。それは出来ないんです
  24. されど奇術師はサイを振る
  25. やっと辿り着きました
  26. 終宴
  27. ジャックが……嘘ですか?
  28. やめろ! ボクから離れろ! やめろー!
  29. 終宴〜改〜
  30. ベニー・グッドマンのシング・シング・シングですよね
  31. カーテンコール
  32. アキしか読んでないじゃんかー!