うろおぼえで本を語る。

作者 ピクルズジンジャー

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全24話

更新

  1. 第1話 はじめに。
  2. 第2話 キュンとした物語(『川のほとりのおもしろ荘』)
  3. 第3話  変なものを読んだという体験(『幻魔大戦』)
  4. 第4話 復刊してほしい(『あの年の春は早くきた』)
  5. 第5話 2017年に読んだ本から。
  6. 第6話 あの人が何故苦手なのか(『タッチ』)
  7. 第6話 ラブストーリー……なんだった。(『うる星やつら』)
  8. 第7話 六人+一人といえば(『行け! 稲中卓球部』)
  9. 第8話 「可愛い」だけで何故いけない?(小林深雪さんの小説)
  10. 第9話 記憶されることも無く(『金欠の高校生がバフェットに「お金持ちになる方法」を学んだら』)
  11. 第10話 頼むから誰か続きを(『一輝まんだら』)
  12. 第11話 ほんとうは怖いジャガイモ剥き生活(『大どろぼうホッツェンプロッツ』)
  13. 第12話 「全て戦争が悪い」で片づける(『アドルフに告ぐ』)
  14. 第13話 女児の性癖を歪めた恐ろしい名作(『じゃりン子チエ』)
  15. 第14話 現代社会が舞台で魔法を使う女の子が出てくる古いラノベ二編。
  16. 第15話 彼女の第一印象(『悲劇の少女アンネ』)
  17. 第16話 未来くんの思い出。あるいは、京都、そのバックヤード(『ナマの京都』)
  18. 第17話 魔女と戦うプリンセスといえば(『プリンセスブートキャンプ』)※ほぼ本の話をしていない
  19. 第18話 「あんたは好きだけど、あんたが書く小説はきらい」(『冒険はセーラー服をぬいでから』)
  20. 第19話 2018年に読んだ本から。
  21. 第20話 所有欲、またはきっと信じてもらえない話(『トリックthe novel』)
  22. 第21話 書く人は勝手に書いている(『リンドグレーンの戦争日記 1939-1945』)
  23. 第22話 拷問に使える小説であっても(『ミシシッピ・シークレット』)
  24. 第23話 2019年に読んだ本から。