第19話 恥じらいのんちゃん。

 異世界のトイレから――

 今日は、ついにシスターさんがトイレをします。



♪チャラッチャッチャッチャチャーララー



  ――――――――――――――――


      提     供


     カ  ク  ヨ  ム


  ――――――――――――――――



    ♪チャーラー ラー







 わたしが座っている席は、のんさんの斜め後ろ。

 わずかに表情が見える角度です。


「……………………っ」


 のんさんの顔がこわばりました。

 わたしにはわかりました。


 ああ、これはオシッコが出始めたのだな、と。




  BGM ♪♪キラキラ尿(オルゴールver)




 音は…………しません。

 どんなに耳をすませても、水音はまったく聞こえません。

 それはまさに、職人芸と言ってもいいほどのものでした。


 神の像は、そんなのんさんをただ静かに見守っています。


 わたしはその光景を、しっかりとこの目で見ていました。

 ジャーナリストとして、一瞬たりとも見逃さないよう。



 ふと、用を足している最中であろうのんさんが、顔を上げました。

 わたしの熱心な視線を察知したのでしょうか。こちらに振り向きます。


「…………なっ」


 のんさんが驚いたあと、すぐににらんできました。

 何、見てるのよ! と言いたげな表情です。

 しかも、ほんのりと頬が赤くなっています。


 村人のみなさんは目を閉じてお祈り中。神父さんも黙とう中。

 今のんさんを見ているのはわたしだけですが……まずかったでしょうか。

 でもほら、わたしは見ることが仕事ですし。


 と、そのときのことでした。




 チョロ……、チョロロ…………。




 これは、水の……音?

 ひかえめではあるものの、しっかりと聞こえてきます。

 音は前方、のんさんがいるところからです。


 これはもしかして、のんさんの…………?


「あ、あっ……、ダメ…………」


 のんさんは真っ赤になって、苦悶の表情を浮かべています。

 がんばって力を入れて止めようとしているようですが、一度出始めたものはなかなか止められない様子。その難しさは誰でも知っていることでしょう。


 チョロ、チョロチョロチョロチョロチョロ……。


「…………き、聞かないでぇ」


 ついにのんさんは、両手で顔を隠してしまいました。

 同時に、村人のみなさんから声が上がります。


「おおお、これは……」

「これが、シスターさんの音なのね」

「素晴らしい、ありがたやありがたや」


 初めて聞く、のんさんの音。

 感動を隠し切れず、神様への祈りもそっちのけ。

 むしろ神様よりもご利益がありそうだと、拝む人が続出です。


「な、なんと……、のんが失敗するとは……」


 神父さんは驚きを隠せない様子です。

 人間、たまには失敗もあるとは思いますが。


「あなたのように、祈りをせずにのんのトイレをジッと見ている人は、今までにも何人がいたのです。でものんは、まったく微動だにしなかった。のんには恥じらいの感覚がないんじゃないかと、わしは思っていたほどですじゃ。じゃからわしは、着替えをのぞいたり、お風呂をのぞいたり、おしりを触ったりして、のんに恥じらいの感情があるのか確認しておったのじゃが…………」


 ――神父さんのスケベな言動には、そんな理由があったのですね。


「まあ、半分はエロいことをしたかったからですがのう」


 ――そ、そうですか。


「でもそのすべてに、のんは怒るだけで恥ずかしそうにはせんかった。それが今日、顔を真っ赤にして両手で隠している……。あんなのんは初めてですじゃ。ジャーナリストさん、あなたがのんを見ていたからですぞ!!」


 ――あの、すみませんでした。


「いいえ、謝っていただく必要はないのです。失敗したのはのん自身の責任ですからのう。それよりわしが言いたいのは、ジャーナリストさん、あなたは――」


 ――はい、何でしょう?




「のんが特別な好意を抱いている相手、なのでは?」




 ――――は?


 わたしは神父さんの言葉に、固まってしまいました。

 それって、のんさんがわたしのことを……?


「…………ち、ちがっ! …………あっ」


 チョロチョロチョロ…………、ビシャ!


 のんさんが思わず立ち上がろうとしましたが、慌てて座り直します。

 あ、のんさんはまだ出してる最中だったのですね。


 チョロ、チョロロ……。…………。

 カラカラ、ふきふき。


 そして、のんさんがおトイレを終えました。


 のんさんは神の像を、気まずそうな表情で見上げます。

 このとき、驚くべきことが起こりました。

 像の両腕の部分が、ギギギッと動き出したのです。

 表情も変わりました。般若のような恐ろしい形相になったかと思ったら――


 バッテン。


 神は両腕で、×の字を作りました。

 どこからか、ブッブ~という効果音も聞こえてきます。


「……お祈りは失敗ですじゃ」


 ああ~、と残念そうな村人の人たちの声が上がります。

 それを見て、わたしは熱心にメモ帳に記入しました。



 素晴らしいシステムだ!…………と。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

異世界のトイレから ~異世界の様々なトイレを突撃取材~ 非常口 @ashishiF

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ