第17話 教会メシ

 異世界のトイレから――

 今日は、教会で出会った素敵な団らんのご紹介です。



♪チャラッチャッチャッチャチャーララー



  ――――――――――――――――


      提     供


     カ  ク  ヨ  ム


  ――――――――――――――――



    ♪チャーラー ラー







 大聖堂の、本来なら祭壇がある場所にトイレ……?

 正面には神聖な神様の像があります。

 もしここで用を足したら、神様に丸見えじゃないですかー!


「その通り、神にすべてを見せるという意識こそが大切なのですじゃ。犯してしまった悪事を隠すのは愚かなこと、神はどこかで必ず見ております。ならば隠すのではなく我らが自ずから見せていく、この精神こそ神は望んでおられるのです。日ごろから汚い部分を見せることで、我々人間は成長できるのですぞ!!」


 神父さんが熱意をこめて、演説をしてくれました。

 隣でのんさんもウンウンとうなずいています。

 なるほど、そういうものなのですか……。




  BGM ♪♪神もトイレに行くのかな




 ふむ、トイレジャーナリストとして、とても興味がわいてきました。

 ぜひともこのトイレで用を足している様子を見てみたいですね。


「よろしければ、毎朝おこなわれる礼拝に参加されてみませんかのう? そのときにこのトイレも使用しますでの」


 ――え、いいんですか?


「村人全員が参加するので、ひとりくらい増えても平気ですじゃ」


 ――ありがとうございます! ぜひ参加させてください!


 しかし礼拝の最中に、どのようにトイレが使われるというのでしょうか。

 気になりますが、ここで聞くのはヤボというもの。

 明日の礼拝を楽しみにしておきましょう。


 あ、でもそれなら、今晩はどこかで宿泊しないといけませんね。


 ――あの、この村に宿屋はありませんか?


「すみません、宿屋はないんですよ。なにぶんただの農村なもので」


 ――そうですか。また今夜も野宿するしかないですかねえ。


「それなら、ぜひここに泊まっていってくだされ。迷える子羊を安息に導くための宿泊部屋が聖堂の奥にございます。わしとのんもここで暮らしておりますゆえ、何も遠慮はいりませんぞ」


 ――えっと、のんさんもそれでいいんですか?


「…………いい」


 のんさんはわたしから目をそらすと、こくんとうなずきました。


 ――じゃあ、お願いします。


 というわけで、今夜は教会に泊まらせてもらうことになりました。

 夕食は神父さんやのんさんと一緒に食べました。

 なんと、のんさんの手作りだということです。

 優しい家庭料理の味に、舌鼓を打ちました。


 ――のんさん、とても美味しいですよ。


「…………殺すぞ」


 とてもほのぼのとした団らんですね。

 ここ最近は、誰か他の人と一緒に食事をするなんてありませんでした。

 なので、とても楽しいひとときを過ごすことができました。


 のんさんは、いくつか自分のことを話してくれました。

 普段はこの教会でシスターをしていること。

 クエストがあるときは、僧侶として冒険に出かけること。

 ぽつぽつとした語り口調でしたが、そんな日々が充実しているということが、聞いているわたしにも伝わってきました。


 そして、翌朝。



 わたしは参列席の1番前に座っていました。

 礼拝に来た村の人たちが次々と入ってきます。

 そんな中、神父さんとのんさんは礼拝の準備を終えたようでした。


 いよいよ――トイレを使った礼拝が始まるのです。


「みなさま、本日もお越しいただきありがとうございます。それでは朝の礼拝を始めたいと思います。まずは黙とうからお願いいたします」


 神父さん、昨日のエロじじいっぷりはどこへやら。

 落ち着いた声に、神聖な雰囲気をまとっています。

 その横には、修道服姿ののんさんも立っていました。


 黙とうに続いて、神の書を朗読、讃美歌を歌ってからお祈りへと移ります。


「それでは、神へ祈りを捧げます。皆様もどうぞご一緒に」


 神父さんのその言葉と同時に、のんさんはトイレの近くに移動しました。

 その面持ちは、いつも以上に真剣な様子。

 村人のみなさんも、静かにのんさんを見守っています。



 いよいよですね。

 あの祭壇のようなトイレで、いったい何が起こるのでしょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー