第16話 教会のトイレ、登場

 異世界のトイレから――

 今日は、教会にあるすごいトイレのご紹介です。



♪チャラッチャッチャッチャチャーララー



  ――――――――――――――――


      提     供


     カ  ク  ヨ  ム


  ――――――――――――――――



    ♪チャーラー ラー






 視界は真っ暗。体はまったく動きません。


 わたし、このまま死んでしまうのでしょうか……それは嫌です!

 この世界には、まだ見ぬトイレがたくさんあるというのに!

 せめて、この教会のトイレだけでも……!

 

「神よ、この者に今ひとたび命の息吹を与えたまえ」

 チャーラーラーラ チャーラーラー♪


 これは、のんさんの声でしょうか。

 お、目が開きましたよ! 体も動きます!

 わたしの視界には、修道服を着てお祈りをしているのんさんの姿。

 隣にはまだ倒れたままの神父さん。ここは……先ほどの大聖堂ですね。

 すぐそばには神様の像と、その正面に綺麗な祭壇がありました。


「神よ、この者に今ひとたび命の息吹を与えたまえ」

 チャーラーラーラ チャーラーラー♪


 ふたたびのんさんがお祈りをすると、神父さんの目が開きました。

 なるほど、これは蘇生のお祈りだったんですね。

 教会は蘇生ができる場所。

 だからこそ殺しても大丈夫、ということなのでしょう。




  BGM ♪♪おい海苔、お祈りだ!




 神父さんがむっくりと起き上がりました。

 何やら怒っている様子。それはそうでしょう。

 いくら着替えを見てしまったからって、これはひどすぎます。


「こりゃ、のん! なぜ白の下着をつけておらんのじゃ!!」


 あ、怒るのそこなんですね……。


「……殺すぞ」


 のんさんも、もう殺さないであげてください。

 そう思いつつ、わたしは気になったことを聞いてみました。


 ――神父さん、修道女の下着は白っていうルールでもあるんですか?


「いいや、わしの趣味じゃ!! 白こそ至高!!」


 言い切った!

 うーん、のんさんにはピンクがすごく似合うと思いますが……。

 あ、のんさんがモーニングスター構えてる。怖い怖い。


 ――あの、のんさん。いくら何でも殺すのはやりすぎだと思うのですが。


「……日常茶飯事」


 ――え!? そうなのですか!?


 神父さんに尋ねると、グッと親指を立てています。

 部屋に入るとき、せめてノックするくらいすればいいのに。


「孫娘の成長を見るのは、祖父の使命じゃからのう。げへへ」


 ああ、この神父さん。ただのスケベじじいでしたか。

 のんさんはというと、あきれ顔でちょこんと祭壇に腰かけました。


 ん……? 祭壇に……??

 祭壇って、座ってもいいものなのでしょうか。

 バチ当たりな行為って感じがしますけど。


「これ……祭壇じゃない」


 え、祭壇ではないんですか?

 でも神様の像の正面にある台っていえば祭壇……って。

 そういえばのんさんが座ったところ、台の中央に穴が開いてますね。


 その穴、ちょうどお尻がすっぽりとのっかるほどの大きさで。

 しかも隙間から奥をのぞくと、何やら水がたまっている様子。

 あれ? これ、何かに似ているような……??


「これ…………トイレ」


 ああ、なるほど! 確かにトイレですね!

 って、トイレ…………、トイレ…………?

 えっと、ここ、大聖堂ですよね??




 なんでこんなところに――







 トイレがあるんですかああああああああああっ??

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー