第10話 ウ○コのつよさ

 異世界のトイレから――

 今日は、魔の森でウ○コと旅をします。



♪チャラッチャッチャッチャチャーララー



  ――――――――――――――――


      提     供


     カ  ク  ヨ  ム


  ――――――――――――――――



    ♪チャーラー ラー








 この異世界に来てから、私はずっと1人で旅をしてきました。

 トイレのレポートなんて、誰も一緒にしてくれるとは思わなかったからです。

 だからさっき勇者さんたちのパーティを見て、正直うらやましかったです。

 にぎやかで、笑いが絶えなくて、苦労するときもみんなと一緒で……。



 そんな私にも、ついに仲間ができました。



「ビチビチ、ビチグソー!」



 …………ウ○コですけど。




  BGM  ♬旅は道連れ、余は情けない




 くそリンは嬉しそうに、私の横に並んで跳びはねています。


 まだ生まれたてだからか、移動速度はそこまで速くないので、一所懸命私についてこようとします。近くに来られると臭いので、横に並ばれると私は自然と早足になってしまいます。そうしてくそリンが離れると、ひと息ついて速度を落としますが、くそリンはそれを逃さず追いついてきます。そうするとまた私が足を速めて……と、しばらくはそんなことを繰り返していました。


 くそリンは必死に汗をかきながら、私についてきます。


 ……ウ○コなのに汗かくんですね。


 私は匂いに耐えきれなくなって、くそリンに言いました。


 ――あの、臭いので少し離れてもらえませんか?


「ビチ……、ビチビチ……(しょぼん)」


 くそリンはしょんぼりすると、それからは私から3メートルほど離れてついてきてくれました。素直に言うことを聞いてくれるし、悪い子ではないと思うのですが。


 あれ……?

 ちょっと異変が起きてますね。


 くそリンが私から離れると同時に、なぜか魔物がうようよと私の近くをさまようようになりました。あ、これは危ないですね。私のスキル、チートエンカウンターを使わないと……。



【 チートエンカウンター:移動スキル 】

【 移動中に敵と遭遇する確率を極限まで減らす、女神から授かった特殊スキル。使用している間は体力も魔力も消費しないが、すぐにトイレに行きたくなるという弊害もあるため、長時間の使用には注意が必要である。 】



 これがチートエンカウンターのフレーバーテキストです。

 私が転生したときに女神から授かったのですが、しょっちゅうお腹が痛くなってしまうんですよね。まあ冒険者にとっては本当にチート級のスキルなので、仕方はないのですが。

 私がいつもトイレに行きたくなってるのは、このスキルがあるからなんですよ。


 ……いえ、嘘です。トイレに興味があるからです。


【 ジャーナリストは チートエンカウンターを つかった! 】

【 すこし トイレがちかくなった きがした! 】


 うむむ、さきほど用を足したばかりだというのに……。



 しかし不思議なのは、先ほどまでこのスキルを使っていなかったのに、モンスターがぜんぜん寄ってこなかったということですが……。

 そういえば、くそリンを仲間にしてからですね。


 もしや、このくそリンの臭い……。

 くそリンのステータスを見てみましょうか。



――――――――――――――――――――

 くそリン  性別・年齢 ともに不明

   モンスター:レベル1【できたて】


 ちから :8    最大HP:15

 すばやさ:25   最大MP:3

 まりょく:2


 スキル 無限チートエンカウンター(移動)

――――――――――――――――――――



 まあ、強さは予想通りという感じですが……。

 気になるのは、この【無限チートエンカウンター】ですね。



【 無限チートエンカウンター:移動スキル 】

【 移動中に敵といっさい遭遇しない。むしろ敵が逃げていく。場合によっては味方も逃げていくことだろう。消費するものは何もないが、使用不使用が選べない先天性のスキル。とにかく臭い。】



 味方まで逃げるって……気持ちはわかりますが。

 でも敵と遭遇しないのは素晴らしいスキルではないでしょうか。


 ――くそリン、先ほどはすみませんでした。私の隣を歩いてもいいですよ。


「ビチビチ!? ビチグソー!!(ぴょんぴょん)」


 くそリンは急に元気になったと思ったら、すぐに私の横まで跳んできました。そんなに私と一緒に歩くのが嬉しいのでしょうか。何かほほえましいです。


【 ジャーナリストは チートエンカウンターを かいじょした! 】

【 せまりくるべんいが おさまった きがした! 】




 さて、モンスターはどうでしょうか。

 私がスキルを使わなくても、モンスターはまったく寄ってきません。

 それどころか、私のスキルよりも有効範囲が広いようで、どんどんモンスターが離れていきます。


 このウ○コ、有能!!


 ――やりますね、くそリン!


「ビチビチビッチ!!」


 くそリンは私の役に立ったことが、とても嬉しいみたいでした。

 高く跳びはねて、私の肩に乗ってこようとします。


 ――あ、ダメですよ。私に触らないでください。


「ビチ…………」


 今の、ケチって言ったのでしょうかね。

 ふたたびくそリンはしょんぼりしてしまいました。




 ともあれ、私とくそリンの距離は少しずつ縮まっているようです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー