第11話 ウ○コ生活100%

 異世界のトイレから――

 今日も、魔の森でウ○コと野宿をします。



♪チャラッチャッチャッチャチャーララー



  ――――――――――――――――


      提     供


     カ  ク  ヨ  ム


  ――――――――――――――――



    ♪チャーラー ラー








「ビチビチ、ビチグソー!」


 何でしょうか、くそリンが私の腰付近を見ています。

 私のベルトには、道中で拾った武器がはさんでありました。


 やいばのブーメランです。

 

 私がこの世界に来て初めて手に入れた武器で、見つけたときはそれはもう嬉しかったのですが……実はこれ、私には装備できないんです。それを知ったときには本当にガッカリしましたよ。

 仕方がないので、あとで店に売ろうと思っていたのですが……。


 ――もしかして、これを装備したいのですか?


「ビッチビッチ!!(こくこく)」


 くそリンが嬉しそうに跳びはねています。

 私はやいばのブーメランをくそリンに渡しました。



【 くそリンは やいばのブーメランを そうびした! 】

【 こうげきりょくが 8から 30に あがった! 】



  BGM  ♬恋のブーメラン



 くそリンは器用にブーメランを口にくわえています。

 なかなか様になっていますね。


 ちなみに私の攻撃力は10。私の3倍も強いです。

 私、自分のウ○コより弱いんですか……。


 くそリンは体をひねって勢いよくブーメランを投げました。

 ひゅんひゅんひゅんひゅん!!

 上空を飛んでいる鳥型モンスターに向かって、ブーメランは真っ直ぐ飛んでいきます。


【 くそリンの こうげき! 】

【 ビートバードに 30のダメージ! 】

【 ビートバードを やっつけた! 】

【 くそリンは 10の けいけんちを かくとく! 】


 ちゃらららっちゃっちゃっちゃー♪

【 くそリンは レベルが あがった! 】



 やりますね、このウ○コ!!

 自分のウ○コだけあって、私も鼻が高いです。



 ひゅんひゅんひゅんひゅん――ぱしっ!!


 くそリンは、戻ってきたブーメランを口でキャッチしました。

 いやー、本当に器用なものですね。


「ビチビチビチッ!」


 くそリンがブーメランを私に返してきます。

 そのブーメランはというと……すごく、ウ○コまみれでした。


 ――返さなくていいですよ。それはくそリンが使ってください。


「ビチグソー!!(わーい)」


 このブーメラン、もう売れないでしょうしね……。






 そのうちに日が暮れてきたので、私は休むのにちょうどいいスペースを見つけると、たき火をつけて食事をすることにしました。


 食事のメニューは、この世界の保存食でもあるほしにくです。

 固くて食べにくいですが、何度もかんでいると味が出てきて美味しくなります。

 もう何日もほしにくばかりですが、これもトイレレポートのため。

 それにこういうのも異世界っぽくて、いいですよね。


「ビチビチ、ビチグソー!!」


 くそリンが、私の手元を見て跳びはねています。


 ――もしかして、これを食べたいのですか?


「ビチビチビーッチ!!(こくこく)」




 え……っ?


 ウ○コなのに、ごはん食べるんですか?

 ウ○コって、ごはんのなれの果てなんですよ?



 それでもものは試しと、私はほしにくをくそリンにあげました。


「ビチーッ!(もにゅもにゅ)」


 くそリンは嬉しそうに、ほしにくをほおばります。

 とてもほほえましい光景に、私は思わずほほが緩んでいました。





 翌朝は、気持ちのいい快晴でした。

 くそリンと一緒に旅立つと、すぐに魔の森を抜けられました。

 空気中の瘴気がなくなります。くそリンがその身を保てるのかが心配でしたが、そこはだいじょうぶでした。一度魔物化してしまえば、もう瘴気は必要ないようです。


 私たちはそのまま道を歩き、街に到着しました。


 多くの冒険者が拠点としている、大きな街です。

 ぐるりと外壁に囲まれていて、入口の門には門番が立っています。

 通過するにはパスが必要なのですが、私はきちんと所持していました。


「そこの冒険者、パスを見せろ」


 ――はい、これですね。


「よし通れ。……むむっ、それにしてもお前臭いな」


 門番が鼻をつまんでいます。

 私にもくそリンの臭いが移っているのでしょう。

 私自身は慣れてしまったせいで、もうあまり感じなくなっているのですが。


 とにかく、さっさと通ってしまいましょう。


 ――くそリン、行きますよ。


 物珍しそうに門番をながめていたくそリンを急がせます。

 ところがそのとき、門番に呼び止められてしまいました。


「おいお前、ちょっと待て。そいつは何だ!?」


 ――外で手なずけたモンスターですが、それが何か?


 手なずけたあとのモンスターは、街に入れても構わない決まりになっています。それなのに、どうして呼び止められたのでしょうか。


「そいつはウ○コだろうが! パスを持っていようが街に入れるわけにはいかないな。モンスターはOKでも、ウ○コを路上に放置することは法律で禁止されている!! ウ○コが路上を歩いてたら、臭くてパニックになるに決まっているだろうが!!」


 ――くそリンはただのウ○コではありません! 武器を装備できるし、食事もします! 立派な魔物です!


「それでもダメだ、そいつは臭すぎる!! 汚物は消毒だ!!」


 でも……。

 私が再度反論しようとしたときでした。


「ビチグソー!!」


 くそリンが魔の森にむかって、一目散に逃げていってしまいます。


 ――くそリン!!


「ウ○コがいなくなったなら、街に入ってもいいぞ」


 門番が、私を街へと通します。

 これでやっと街に入れます。野宿をする必要はなくなりますし、ほしにくオンリーの食事ともおさらばです。あったかいベッドで眠ることもできます。



 でも、それでも……。




 気がつくと私は、魔の森へと走り出していました。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー