第12話 うちのウ○コ知りませんか?

 異世界のトイレから――

 今日は、魔の森で迷子のウ○コを探します。



♪チャラッチャッチャッチャチャーララー



  ――――――――――――――――


      提     供


     カ  ク  ヨ  ム


  ――――――――――――――――



    ♪チャーラー ラー








 ――くそリン、くそリン! どこですか!?


 私は至る所をかけずり回って、くそリンを探しました。

 森の中は障害物でいっぱいです。

 草をかき分け、落ちている葉っぱをどかし、木陰を探します。


 それでも……見つかりません。

 そのときのことでした。


「ビィィィィィィィィィィ――ンッ!!」


 木陰を探したときに触れていた木から、大きい蜂が出現しました。

 耳障りな羽音を鳴らして、こちらに飛んできます。



【 キラーホーネット が あらわれた! 】



  BGM  ♬うん、こどもが泣いている



 ――――あっ!


 くそリンを探すのに夢中で、チートエンカウンターを使っていませんでした。

 私のレベルはたった1。しかも武器防具はいっさいなし。

 まともに戦ったら、勝てるはずがありません。



【 ジャーナリストは にげだした! 】

【 しかし まわりこまれてしまった! 】



 くっ……。ど、どうする……!?

 しかし、考える時間はありませんでした。

 巨大蜂が私にむけて、尾の針を刺そうと突撃してきます。



【 キラーホーネットの こうげき! 】

【 ジャーナリストは ひらりと みをかわした! 】



 蜂の攻撃が、体勢を崩した私の頬をかすめていきました。

 あ、あぶねーっ!

 

 さあ、今のうちにもう一度逃げないと!!

 次のターンに移り、ふたたび私の行動が選択できるはずです。

 ところが――次に出たメッセージウインドウは私を絶望させました。



【 キラーホーネットの こうげき! 】



 ま、まさか……、このモンスター、2回攻撃なんですか!?

 攻撃をかわすなんて幸運が、連続で起きるはずがありません。


 蜂の針が、私の目の前に迫ってきます。

 私は――――死を、覚悟しました。







 ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン…………ドガッ!



【 くそリンの こうげき! 】

【 キラーホーネットに 31のダメージ! 】



 …………え!?


 どこからか飛んできたブーメランは、巨大蜂にぶつかりました。

 蜂は体勢を崩しています。私への攻撃も中断しました。


 私は見ていました。

 飛んできたブーメランの持ち手に、ウ○コがついていたのを。



 ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン…………パシッ!



 私はブーメランをキャッチした人物を見ます。

 そこにいたのは、ブーメランをくわえたくそリンでした。


 ――くそリン!


「ビチビチ、ビチグソーっ!」


 私はくそリンとの再会を喜びたい気分でした。

 しかしまだ戦闘は終わっていません。巨大蜂は生きています。

 巨大蜂は、私には目もくれずくそリンへと飛んでいきました。

 攻撃対象を、くそリンへと変更したようです。



【 キラーホーネットの こうげき! 】

【 くそリンは 20のダメージを うけた! 】



 くそリンが敵の針攻撃を受けて、倒れました。


 私はギョッとしました。

 たしか最後に確認したくそリンのHPは、15。

 今の攻撃で、くそリンは……。



「ビチグソー!」



 しかし、くそリンは起き上がりました!

 くそリン、どうして……。


【 くそリン HP 2/22 】


 最大HPが22……?

 そうか! レベルが2に上がってたのか!!


 それでも依然、くそリンがピンチであることに変わりはありません。

 しかしくそリンは、果敢に敵を攻撃していきました。




【 くそリンの こうげき! 】

【 キラーホーネットに 22のダメージ! 】


【 キラーホーネットの こうげき! 】

【 ミス! くそリンに こうげきできない! 】


【 くそリンの こうげき! 】

【 キラーホーネットに 25のダメージ! 】


【 キラーホーネットの こうげき! 】

【 ミス! くそリンに こうげきできない! 】


【 くそリンの こうげき! 】

【 キラーホーネットに 28のダメージ! 】


【 キラーホーネットの こうげき! 】

【 ミス! くそリンに こうげきできない! 】


【 くそリンの こうげき! 】

【 キラーホーネットに 31のダメージ! 】





【 キラーホーネットを やっつけた! 】

【 くそリンは けいけんち 50をかくとく! 】






 …………やった。


 やりましたよおおおおおおおっ!!



 それにしても、なぜ敵の攻撃はくそリンに当たらなかったのでしょうか。


【 くそリンは スキル:かぐわしい香り を覚えた! 】


【 かぐわしい香り:戦闘スキル 】

【 相手の嗅覚を刺激して、集中力を低下させる。名称にはかぐわしいとあるが、特によい香りである必要はない。相手の攻撃を9割以上無効化する。】



 なるほど、すごいスキルですね。

 敵の攻撃が当たらないだなんて、無敵じゃないですか!



 ――くそリン。


 戦闘も終わり、私はくそリンに声をかけます。


 ――くそリン、私のことを守ってくれてありがとうございます。


「ビチ、ビチビチビチ……」


 ――どうして魔の森に戻ってきたのか、ですか? それはもちろん、くそリンを探しに来たからですよ。くそリンこそ、どうして逃げたりしたんですか?


「ビッチ、ビチビチ! グソ?」


 ――自分がいなければ、私が街に入れるから? ……確かにそうかもしれません。でも私は、たとえ街に入れなくても、くそリンと一緒にいたい。だからこうして、追いかけてきてしまいました。


「ビチビチ……?」


 ――それでいいのか、ですって?


 私は答えを言うかわりに、自分の肩をぽんぽんと叩きました。


 ――さあくそリン、どうぞ。


「…………ビチーっ!!」


 一瞬、くそリンは驚いた様子を見せると、すぐにぴょんぴょん跳びはねて、私の肩に乗ってきました。まるでそこが定位置だったかのように、くそリンは私の肩の上ににピッタリとおさまります。


「ビチビッチー」


 くそリンもすごく嬉しそうでした。

 私はそんなくそリンの頭を、撫でてみました。

 くそリンは私の手にすり寄って、くすぐったそうにしています。



 私もとても嬉しかったです。

 しかし同時に――


 私はこの手の感触に、一抹の不安を覚えていました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー